サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:モイーズ

    no title


    ジャマイカ率いるドイツ人監督、香川のマンU時代を擁護
    14/10/9 19:45

     10日に日本代表と対戦するジャマイカ代表が9日、試合会場のデンカビッグスワン
    スタジアムで公式練習を行った。練習後、ビンフリート・シェーファー監督が公式
    会見に出席。カメルーン代表を率いて2002年の日韓W杯に出場した際、新潟でアイル
    ランドと対戦しており(結果は1-1)、「このスタジアムには来たことがある。素晴
    らしいスタジアムで、みなさん親切にしてくれた」と、12年前の思い出を語った。

     日本代表については「日本の試合は何度も見たことがある。アジアで最も強い
    チームで、ドイツにもイタリアにも優れた選手がいるし、香川や岡崎といった有名な
    選手もいる」と、MF香川真司(ドルトムント)、FW岡崎慎司(マインツ)の名前を挙げて
    警戒。「私たちは100%集中して、ファイティングスピリットを持って試合をしたい」
    と意気込んだ。

     ドイツ人監督であるシェーファー監督は香川、岡崎ら日本人選手が数多くブンデス
    リーガでプレーしている現状について「もともとは奥寺(康彦)氏が道を切り開いたが、
    ドイツのサッカーは規律があって、戦術的だ。そこが日本とうまくマッチしている
    のだと思う」と指摘。マンチェスター・ユナイテッド在籍時に思うような活躍ができ
    なかった香川に関しても持論を展開した。

    「香川はドルトムントで活躍したが、大金を払ったマンチェスター・ユナイテッドは
    モイーズ監督になった途端、嫌われて使われなかった。あれだけ動きが良くて、アイ
    デアのある選手を使わないのはもったいないと思っていた」

     香川を高く評価し、ユナイテッド時代の不遇を擁護するドイツ人指揮官は「香川は
    ドルトムントにいたほうがチャンピオンズリーグでもプレーできるし、よりレベルを
    上げることができる。日本人はドイツの水に合っているのではないか。その水も
    どんどんレベルが上がり、日本の選手をさらに向上させている」と語った。

     日本は過去にジャマイカと3度対戦し、結果は1勝1分1敗。初対戦は98年フランス
    W杯のグループリーグ最終戦で、1-2で敗れた。直近ではジーコ元監督時代の02年10月
    16日に国立競技場で対戦し、1-1の引き分け。最新のFIFAランキングでは日本の48位に
    対し、ジャマイカは100位となっている。

    (取材・文 西山紘平)
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?148981-148981-fl

    続きを読む

    no title


    ウエスト・ハムのサム・アラダイス監督が、不振にあえぐマンチェスター・ユナイテッドの“迷走ぶり”に言及した。英紙『サン』が報じている。

    今季からルイス・ファン・ハール監督が就任したユナイテッドは開幕から5試合を終え、1勝2分2敗の勝ち点5で12位に低迷している。
    21日のレスター・シティ戦は3-1から4失点を喫し、3-5の大逆転負け。プレミアリーグで2点リードをひっくり返されたのはクラブ史上初めてのことだった。

    27日に敵地でユナイテッドと対戦するアラダイス監督は「普通のユナイテッドであれば、レスターには5-3で勝っていただろう。負けではなくね。
    ユナイテッドがあんな負け方をするなんて、だれにとっても予想外だったはずだ。彼らが“移行期”だとしてもね」と語った。

    ユナイテッドは今夏、FWラダメル・ファルカオ、MFアンヘル・ディ・マリア、MFアンデル・エレーラ、DFダレイ・ブリント、DFルーク・ショー、DFマルコス・ロホを獲得。
    移籍金の総額は1億5000万ポンド(約267億円)以上に上るとみられている。

    アラダイス監督は、友人でもあるユナイテッド前監督のデイビッド・モイーズ氏がなぜファン・ハール監督のようにクラブのバックアップを受けることができなかったのか
    疑問に感じているようだ。実際、モイーズ時代の目立った補強は、昨夏のMFマルアン・フェライニと今年1月のMFフアン・マタぐらいだった。

    「もしも私がデイビッド(・モイーズ)なら、なぜクラブが自分のために1億5000万ポンドを使ってくれなかったのか不思議に思うだろうね」。

    26年間に渡って指揮を執ったアレックス・ファーガソン元監督の後任として13年夏にユナイテッドの監督に就任したモイーズ氏。
    6年の長期契約を結びながら、成績不振により今年4月22日に解任された。

    「彼は自分が何をすべきか、どういう選手を獲得すべきか分かっていた。しかし、『希望した選手を一人も獲得できなかった』と私に話していたよ」

    と明かしたアラダイス監督は「アレックス・ファーガソンのあとを引き継ぐのは難しいことだ。もしも自分の希望する選手を獲得できなければ、それはより難しくなる。
    ひどい話だよ。彼(モイーズ)はエバートンで素晴らしい仕事をした。サー・アレックスはその事実を見たうえで、彼がエバートンでしてきたようにユナイテッドでも
    仕事をしてほしいと思っていたはずだ」と指摘した。

    9月25日(木)18時47分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00139500-gekisaka-socc

    9月27日(土) 23:00 マンチェスター・ユナイテッド×ウェストハム・ユナイテッド 試合会場:オールド・トラフォード
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=52

    続きを読む

    no title


    日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uで昨季、シーズン終了を待たずして
    4月22日に解任されたデイヴィッド・モイーズ前監督が、17日付のイギリス紙『デイリーメール』の独占インタビューに応じ、4か月間の沈黙を破った。

    メディアを通じて解任を知らされたモイーズ氏は「一睡もしなかった」と語る解任前夜、
    クラブの代表取締役を務めるエド・ウッドワード氏に翌朝8時に練習場まで来るよう電話で伝えられたが、
    メディアの目を避けるために4時に練習場に入り、面会までの4時間、「ランニングをして気持ちの整理を付けた」と言う。

     モイーズ氏はマンチェスター・Uへの思いを次のように述べている。

    「ユナイテッドに移籍したのは、(チーム作りに)時間を与えてくれるクラブに入団できると思ったからだった。
    それが大きな理由だったし、すぐに変化をもたらしたくはなかった。
    必要だと思ったことに時間を費やしたかった。結果的に、私は成否を測る時間を与えられなかったと感じた」

    「ユナイテッドは未知の世界だったし、今思い返すと、ほぼ不可能な仕事だった。
    成功を築けると感じていただけに、失職には困惑した。
    プレシーズンに参加しないのは16歳以来初めてだし、私は今51歳 だから、本当に久々のことだ」

    「ユナイテッドの試合を観るのは心が痛むが、(今後も)観るつもりだ。
    フットボールは少年時代からずっと携わってきたことだから、目をそむけたりはしない」

    「解任された日、私は練習場で選手全員と話をした。朝10時に選手たちを集合させ、失望と驚きの気持ちを話すとともに、
    選手たちが偉大なクラブでプレーしているという大切さを改めて伝えた」

    「アレックス(ファーガソン)とは解任してから何回か会ったが、(解任理由を)説明してくれ、私はそれを受け入れた。
    彼も難しい立場にいたと私は理解した。彼からは常に100パーセントの支持を受けていたし、就任中は定期的に話し合い、何回か面談の場を持った。
    彼は常に私にとって前向きな存在であり続けた」

    「唯一の後悔は、7月1日まで待たず、エヴァートンでシーズンを終えた翌日からユナイテッドで仕事をしたかったということだ」

    「私は(解任理由を)自己分析している。ルイス・ファン・ハールのコメントを聞いているが、
    彼も私と同じようなことを言っている。例えば、彼が選手たちに実力を見せる機会を与えるという点だ」

    「私は夏の移籍市場で選手を補強しようとしたが、できなかった。報道に出た通り、我々はファブレガス、ベイル、(クリスティアーノ)ロナウドを狙っていた。
    私が就任した当初、ロナウドの話が上がっていた。我々はもう少しで2人の大物選手を獲得するはずだった。

    責任逃れをする訳ではないが、補強は失敗した。私は史上最も成功した監督から引き継ぎ、その状況は代表取締役も同じだった」

    現在はカタールのサッカー番組でテレビ解説者を務めているモイーズ氏は、トルコ1部リーグのガラタサライから打診を受けたことも明言
    「私は前よりも良い監督になれると確信している」と、監督業への復帰も見据えるモイーズ氏の今後が注目されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140817-00222187-soccerk-socc

    続きを読む

    2074206_w2


    1: 動物園φ ★@研究者投稿日:2014/06/23(月) 21:52:32.22
    フットボールチャンネル 6月23日(月)18時10分配信

     マンチェスター・ユナイテッドの元監督デイビッド・モイーズ氏がブラジルW杯開幕前に
    スペインの優勝を予想していたことが嘲笑の的となっている。

     モイーズ氏は1日付のサンデータイムズ紙のコラムで、「今回のW杯でカギとなるのは
    選手たちが最大限に花開くシステムを使用し、的確に選手を起用することだ。ブラジルでは
    スペインこそがその代表チームであり優勝最有力だ」と話していたが、スペインはまさかの
    2連敗で歴史的敗退を喫した。

     昨季ユナイテッドで史上最低成績を築いたモイーズ氏の悪運はスペインにまで飛び火したように思われる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140623-00010021-footballc-socc

    続きを読む

    2014-06-06-22-15-33


    1: ブリーフ仮面(第四十一期次席卒業生)φ ★@\(^o^)/ 2014/06/21(土) 17:02:17.82 ID:???0.net
    [ブラジルW杯2014]ポストザックはこの3人 すでに動き出している日本代表次期監督選考

     W杯本大会前からザッケローニ監督(61)の退任は既定路線だった。
    穏やかな性格で義理堅く、日本生活にも完璧に馴染んでいる。ザック本人は
    「代表監督を続けたい」と話していたようだが、マンネリ化を避けるために
    代表監督の任期は「W杯開催年に合わせて最長で4年」がサッカー界の習わし。
    代表監督選任の権限を持っている日本サッカー協会技術委員会・強化担当の
    原博実委員長が、後任候補をリストアップ済みである。

    「原委員長はスペインのスペクタクルな攻撃サッカーの信奉者。FC東京の監督時代から
    何度もスペインを訪れ、それなりの人脈もある。4年前もスペイン人監督、スペインリーグで
    指揮を執った監督たちと折衝を重ねたが、条件面などが折り合わなくて断念した
    という経緯がある」(サッカー専門誌『フットボールライフ・ゼロ』編集長の中山淳氏)

    ◆年俸2億円の条件提示された

     有力候補といわれているのが、スペインリーグで実績を残したメキシコ国籍の
    ハビエル・アギーレ前エスパニョール監督(55)である。両親がスペイン・バスク地方からの
    移民。現役時代はメキシコ代表として86年W杯に出場。メキシコ代表監督として02年、
    10年W杯で16強に入った。クラブではオサスナ、アトレチコ・マドリード、サラゴサで采配を振り、
    エスパニョールを今季限りで退団したアギーレは「スペインリーグからひと息つき、次はサッカーの
    歴史の浅い国の代表チームを率いたい」と発言。スペインメディアが「日本行きが決まった」
    と報じた。海外サッカーに詳しい田崎健太氏(ノンフィクション作家)がこう解説する。

    「W杯15回出場のメキシコは、伝統的に攻撃重視の国です。アギーレも攻撃サッカーを推し進める
    指導者として知られ、メキシコ特有の豊富な運動量をベースにしながら速いパス回しで
    主導権を握っていく。アギーレについてスペイン人のサッカー関係者に連絡を取ってみたら、
    『日本サッカー協会関係者と接触して年俸として2億円前後の金額を提示された』と言っていた。
    日本協会が払える年俸の上限は2億円といわれ、条件的にも妥当な人選だと思います」

     対抗馬がポルト監督時代の04年にトヨタカップを制し、世界クラブ王者に輝いた
    スペイン人指導者のビクトル・フェルナンデス(53)。サラゴサの監督時代には、
    EL(欧州カップウイナーズカップ=当時)とスペイン国王杯を制覇し、02年に就任したベティスでは、
    欧州トップといわれた超攻撃サッカーで一時代を築いた。前出の中山氏がこう言う。

    「専門誌の記者時代にベティスのホームで試合を観戦し、そのファンタスティックな攻撃サッカーに
    感銘を受けた。当時の指揮官フェルナンデスに取材を申し込むと快諾してくれて、クラブハウスで
    じっくり話を聞いた。柔和で気さくな紳士。話し方も丁寧だし、自身のサッカー哲学を
    理路整然と語ってくれた。人柄的にも日本の代表監督に適しているという印象が強い」

     大穴として前出の中山氏は、セビリアで指揮を執っているスペイン人監督ウナイ・エメリ(42)を
    挙げる。06年に2部アルメリアを率いてクラブ史上初の1部昇格を実現し、
    08年に強豪バレンシア監督に引き抜かれた。就任時は36歳。クラブ史上最年少監督である。
    ここでCL3回出場など輝かしい戦績を残した。13年にセビリアの監督に就任すると
    1年目(13―14年シーズン)のELを制覇。オフにクラブと契約延長のサインを交わした。

    「希代の戦略家として知られ、攻撃サッカーの戦術的引き出しも多く、欧州では
    非常に高く評価されている指導者です。EL優勝で年俸相場もハネ上がり、
    契約を延長したセビリアに違約金も必要となり、金銭的には獲得が難しいが、
    ある程度の犠牲を払ってでも獲得する価値のある監督といえます」(中山氏)

     ポスト・ザッケローニについて日本サッカー協会は「年齢的には50代中盤まで。健康体」という条件を
    付けたという。これでコロンビア代表を率いるアルゼンチン出身のペケルマン(64)、母国のアルゼンチンを
    率いたビエルサ(58)、元鹿島のオリベイラ(63)、元C大阪のクルピ(61)ら有力候補は姿を消した。
    ハビエル・アギーレ、ビクトル・フェルナンデス、そしてウナイ・エメリの三つ巴決戦なのである。

    日刊ゲンダイ 2014年6月20日
    http://i.imgur.com/17NSvA4.jpghttp://v.gendai.net/q?uid=1&sid=A817&i=article%2Fdetail&aid=315034&p=1

    続きを読む

    wpid-Bf_K1CnCYAAMeYC

    モイモイ来たらJ盛り上がりますねーw
    グランパスがいいのではという声多数ですね、あのクロスの嵐でJにイングランドの戦い方を教えてくれそうですw

    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 19:19:10.58 ID:???I.net
    元マンU指揮官モイーズ氏、Jリーグや南アフリカでの指揮に興味
    2014.06.08. 18:09

     元マンチェスター・U指揮官のデイヴィッド・モイーズ氏が、Jリーグに興味を持っている。イギリス紙『ガーディアン』が同氏のコメントを伝えた。

     2013-14シーズンの終盤にマンチェスター・Uの指揮官の職を解任されたモイーズ氏は現在、アメリカのフロリダで休暇を取っている。
    以前には、「チャンピオンズリーグ出場レベルのクラブで指揮を執りたい」と語っていた同氏だが、これまでに親しみのない国での指揮にも興味を持っていると報じられた。

     モイーズ氏は「私は常にチャンピオンズリーグを見てきた。自分もそれを経験することができて興奮したよ。対戦相手や、そのチームのスタイルに心を動かされた」とコメントをしたうえで、
    「ただ、そのレベルでチャンスを得ることは、イギリスの指揮官にとって、より難しい状況になってきている。他の国に出て行くこともあるかもしれない。

    続く

    http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20140608/197679.html?view=more

    続きを読む

    2014-06-06-22-15-33
    モイモイダメ監督だったな。 マンUで放り込みサッカーは勘弁。
    1: ぽてぽん ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 16:57:58.21 ID:???0.net
    モイーズ氏:「CLに出場するクラブで指揮を執りたい」

    元マンチェスター・ユナイテッド監督のデイビッド・モイーズ氏は、監督就任のオファーを受けたが、
    現時点ではそれを断ったと明かしている。
    昨年夏にユナイテッド監督に就任したが、シーズン終了を待たずに解任される結果に終わったモイーズ氏。
    クラブの名前は明かさなかったが、複数のクラブからのオファーがあったようだ。
    イギリス『ガーディアン』が同氏のコメントを伝えている。
    「(現場に)復帰するチャンスが2件ほどあったが、今のところは何もしないことを選んだ。
    自分にとって何が適切なチャンスであると感じられるかを見極めるつもりだ」
    「ユナイテッドでのことは、私の監督としてのキャリアの中で重要な経験として生かしたい。
    もっと時間が必要だったと感じてはいるが、それを自分のためにプラスにして、今後の仕事に生かしていくつもりだ」
    ユナイテッドではチャンピオンズリーグ(CL)で準々決勝進出を果たした。
    新たなクラブでも、CLの舞台で戦うことが希望だと語っている。
    「私はエヴァートンでの11年間で自分自身の力を証明してきたと考えたい。
    今年は初めて本格的にCLを経験したが、そのレベルで指揮を執れると証明できたと思う」
    「CLで戦うチャンスを提供してくれる場所、あるいはCL出場を目指しているクラブで指揮を執りたい。
    それは自国かもしれないし、海外かもしれない。自分の地平線を広げたいという考えはいつも持っていた」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140606-00000012-goal-socc

    続きを読む

    130712


    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/01(日) 21:33:51.59 ID:???0.net
    マンチェスターUの監督を解任されたデービッド・モイズ氏(51)が、しばらく監督業から離れ
    充電期間にあてる可能性があることを明かした。

     同氏は英サンデー・タイムズ紙にコラムを寄稿。
    「(解任後)いくつかとても良いオファーをもらい、意欲をかきたてられたこともあった。今でも英国内外で監督を続ける可能性を
    閉ざしたわけではない」とした上で
    「充電期間をとり、世界のサッカーを観戦し、エンジョイするかもしれない。今、分かっていることは、前に進み出したということだ」と記した。



    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140601-1310914.html

    続きを読む

    moiz_20131027040607b86

    モイーズ・・・、確かに成績は悪かったがこんな末路とは。
    きっと20代に成績を煽られて腹がたったんだろう。
    残念なニュースです。。


    1: 発狂くんφ ★@\(^o^)/ 2014/05/23(金) 03:52:28.32 ID:???0.net
    ユナイテッド元監督モイーズ氏、暴行事件で事情聴取を受ける

    2014/05/23 02:30 編集部K

    5月22日、『Skysports』は「マンチェスター・ユナイテッドの監督を務めていたデイヴィッド・モイーズ氏が、
    暴行事件に関与した疑いで事情聴取を受けている」と報じた。

    記事によれば、当該の事件は水曜日の夜22時頃、クリザーローのエンポリアム・ワインバーで発生したという。
    詳細な状況は書かれていないものの、23歳の地元の男性が、51際の男性に暴行されたことを警察に訴えているとのこと。

    ランカシャー警察は防犯カメラの映像を解析するとともに、目撃者の話を収集して捜査を進めている。
    なお、被害者であると訴えている23歳の男性は、病院での治療は必要としていない。

    メディアではこの加害者であると疑われている51歳の男がデイヴィッド・モイーズ氏であると報じている。

    ランカシャー警察
    「警察は、クリザーローのエンポリアム・ワインバーで発生した暴行事件の報告を調査している。
    報告では、水曜日の午後22時、23歳の地元の男性が51歳の男性に襲われたとのことだ。
    捜査は進行中であり、我々は事件を目撃した人物の証言を集め、状況を確定しようとしている。
    何が起こったかを正確に把握するために動く必要があり、現状ではいくつかの違った供述がある。
    なお、現段階では誰も逮捕されてはいない」

    http://qoly.jp/2014/05/23/david-moyes-faces-police-probe

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ