サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: ACL

    2: 名無しさん@恐縮です 2024/04/24(水) 21:56:39.71 ID:w8zWh6mb0
    27420


    ACLは価値がある!世界に繋がってるから!
    という割にはいつもガラガラだな




    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: それでも動く名無し 2023/10/25(水) 07:42:45.31 ID:bZisVVf30

    続きを読む

    1: 愛の戦士 ★ 2022/08/23(火) 09:25:43.16 ID:CAP_USER9
    東スポWeb 8/23(火) 6:15
    準決勝はどうなる(東スポWeb)

     アジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝(埼スタ)が22日に行われ、全北(韓国)が神戸戦で延長の末に3―1と勝利。一方で、選手によるパフォーマンスと指揮官の発言を巡って大きな波紋が広がっている。

     1―1で迎えた延長前半14分に勝ち越し点を決めた全北のFWグスタボは、スタンドに向けて両手を頭に付ける〝ウッキーポーズ〟を披露。ネット上では「今得点者お猿さんポーズやってなかったか?」などと批判が噴出。韓国で猿まねポーズは日本人に対する侮蔑として知られ、2011年アジア杯準決勝の日韓戦でMF奇誠庸がゴールパフォーマンスで行ったことで大騒動になったことがある。

     また、3点目を決めたFW文宣民(ムン・ソンミン)は両足で飛び跳ねながら両手を交互に回転させたり前で組むなどする独特のダンスを披露。これは韓国の人気司会者であるガムストの代名詞「管制塔ダンス」だが、挑発的なポーズと受け取った日本のファンからは「うざすぎやろ」などと反感の声が上がった。

     全北の金監督は神戸戦前の公式会見で、過去にMF朴智星が日韓戦で行った〝散歩セレモニー〟の敢行を予告して物議を醸したが、この日の試合後にも「今日は散歩セレモニーが出なかったが、次の試合でファンの方々に選手たちが見せてほしい」と浦和との準決勝(25日、埼スタ)に向けて屈辱パフォーマンスを再び〝指令〟。再び不穏なムードが高まりそうだ。

    東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c8b566039cd7c4d5f69ef799c293ccfd5ecf316






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    277: 名無し@サポーター 2022/08/25(木) 22:32:05.68

    6a782ed3



    恒例のイチャモンきたでw

    「日本の放送はゴールパフォを打ち切った」全北のレッズ戦同点弾後の中継に韓国メディアが苦言!「長く見られなかった」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d740bfd73e81af4603e5e5e08622f9b899a1b36


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: それでも動く名無し 2022/08/25(木) 22:18:34.84 ID:izVjGynpH
    これはPK外すわ

    no title



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2022/08/26(金) 00:23:50.09 ID:CAP_USER9
    <アジア・チャンピオンズリーグ(ACL):全北2(1PK3)2浦和>◇決勝トーナメント準決勝◇25日◇埼玉


     浦和レッズが、17年以来5年ぶりのアジア制覇へ王手をかけた。

     全北現代とのPK戦にもつれこむ熱戦を制し、準優勝した19年以来の決勝進出を決めた。延長後半終了間際の土壇場に、FWキャスパー・ユンカー(28)が同点ゴール。
    赤いサポーターの大声援に劇的な勝利で応えた。ACL決勝は来年2月19日と26日に、ホーム&アウェー方式で西地区を勝ち上がったチームと対戦する。

    ▽浦和FWユンカー ものすごくタフで、ローラースケートのような試合だった。運をこっちが持ってきたような形。(2日前に好物のラーメンを食べ)味のみならず、運も運んでくれるので素晴らしい。明日も食べようと思うよ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/102b5f57860e16273ec951d4a51d28d2d7e5ab49






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    8: 名無しさん@恐縮です 2022/08/25(木) 22:17:07.34 ID:hN7XYvbI0
    MVP




    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2022/08/22(月) 18:34:52.97 ID:CAP_USER9
     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準々決勝が22日に行われ、ヴィッセル神戸と全北現代モータース(韓国)が対戦した。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響から、決勝トーナメントは準決勝までの全ラウンドがシングルエリミネーション(1発勝負)方式となっているACL。今回は埼玉県での集中開催となっており、神戸と全北現代の一戦は『埼玉スタジアム2002』で行われた。

     神戸は、ラウンド16で実現した“日本勢対決”で横浜F・マリノスを3-2で下して準々決勝に進出した。一方の全北現代も、ラウンド16では大邱との“韓国勢対決”を経験。延長戦に突入した耐久戦を2-1で制した。

     2大会ぶりのベスト4進出を狙う神戸と、過去に2度ACL制覇の経験がある全北現代の一戦は、一進一退の攻防が続く。両チームともほとんど決定機を生み出すことができず、前半はスコアレスで終了した。

     後半中盤になって、試合が動き出す。先にスコアを動かしたのは神戸だった。64分、左CKの流れから小林祐希がペナルティエリア左脇から速いクロスを送ると、尾崎優成がペナルティエリア左からシュート。これは相手GKに弾かれたが、汰木康也がこぼれ球を押し込んだ。だが、全北現代もすぐさま反撃。直後の66分、モドゥ・バーロウがスピードに乗ってペナルティエリア内に侵入すると、相手GK前川黛也との一対一を制して同点ゴールを決めた。その後、両チームともに追加点はなく、1-1で後半終了。試合は延長戦に突入した。

     次の1点が生まれたのは105分、全北現代が逆転する。左サイドからバーロウが柔らかいクロスを送り、ファーで酒井高徳に競り勝ったグスタヴォが頭で合わせて押し込んだ。

     さらに終了間際、全北現代がコーナーキックのカウンターで3点目を獲得。3-1で逆転勝利した全北現代がベスト4に進出した。準決勝は25日19時30分に行われ、22日20時キックオフの浦和レッズvsBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)の勝者と対戦する。なお、西地区は2月に決勝トーナメントを実施。決勝は来年2月19日に西地区で第1戦、2月26日に東地区で第2戦が開催される予定となっている。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 1-3 全北現代モータース

    【得点者】
    1-0 64分 汰木康也(ヴィッセル神戸)
    1-1 66分 モドゥ・バーロウ(全北現代)
    1-2 105分 グスタヴォ(全北現代)
    1-3 120+2分 ムン・ソンミン(全北現代)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3adedf46131ab7fdbac7c19bcdfd38a3a32d1f94







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 名無し@サポーター 2022/08/18(木) 21:56:13.09 _USER9
    1f46ff27121095588fd298d775cbbf5c

     AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)・ラウンド16が18日に行われ、ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスが対戦した。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響から、3年連続で決勝トーナメントの全ラウンドがシングルエリミネーション(1発勝負)方式となっているACL。今回は埼玉県での集中開催となっており、Jリーグの首位を走る横浜FMと16位に沈む神戸のJクラブ同士の一戦は、埼玉スタジアム2002で行われた。

     試合は開始早々に動く。7分、神戸は高い位置でのインターセプトでボールを奪うと、汰木康也が持ち運んでラストパス。最後は右サイドから駆け上がった飯野七聖が華麗なチップキックでゴールを陥れ、神戸が幸先よく先制に成功する。

     序盤から1点ビハインドとなった横浜FMだったが、失点直後の9分にビッグチャンスを創出。スムーズな連携で右サイドを崩すと、仲川輝人がゴール前にクロスを上げる。これに西村拓真がダイビングヘッドで合わせ、すぐさまゲームを振り出しに戻した。

     追いつかれた神戸は勝ち越しゴールを求め、立て続けにチャンスを迎える。だが、14分に山口蛍が放った強烈なミドルはクロスバーに弾かれると、20分には大迫勇也の落としから再び山口がゴールに迫るも、ここはGK高丘陽平が立ちはだかった。それでも28分、神戸は大迫のクロスに佐々木大樹が合わせると、これが相手のハンドを誘いPKを獲得。これを佐々木が決め、神戸がまたもリードを手にして前半を終えた。

     後半は1点を追いかける横浜FMがポゼッション率を高め、神戸がカウンターを狙う展開に。58分と59分には、永戸勝也とエウベルが立て続けに強烈なシュートで神戸ゴールを脅かしたものの、GK前川黛也が好セーブで得点を許さない。その後の横浜FMは、攻撃的な姿勢を崩さないものの、なかなか決定的なチャンスを作ることができず試合は終盤に差し掛かる。

     すると80分、神戸は高い位置で飯野がボールを拾うと、大﨑玲央、山口とつないで最後は小田裕太郎。クロスに途中出場の小田が右足で合わせ横浜FMを突き放す3点目を獲得した。

     それでも最後まで諦めない横浜FMは、89分に左サイドを崩し、最後はゴール前への折り返しに途中出場のアンデルソン・ロペスが合わせる。左足のシュートがネットを揺らし、アディショナルタイムを前にその差を1点とした。だが反撃もここまで。試合はそのまま3-2で終了し、逃げ切った神戸が準々決勝への切符を手にした。

     この後東地区のラウンド16では、19日にBGパトゥム・ユナイテッドvs傑志、ジョホールvs浦和レッズの2試合が行われる予定。20日に準々決勝の抽選が行われ、22日に準々決勝の試合が、25日に準決勝が実施される。また、西地区は2月に決勝トーナメントが行われる。決勝は来年2月19日に西地区で第1戦が、2月26日に東地区で第2戦が開催される予定となっている。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス

    【得点者】
    0-1 7分 飯野七聖(ヴィッセル神戸)
    1-1 9分 西村拓真(横浜F・マリノス)
    1-2 31分 佐々木大樹(PK/ヴィッセル神戸)
    1-3 80分 小田裕太郎(ヴィッセル神戸)
    2-3 89分 アンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2db3f6f51f1c56f78ed49f674e67d31ea7d753e1


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: それでも動く名無し 2022/08/03(水) 20:56:08.40 ID:O5t24p0c0
    クソワロタ








    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ