サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: Jリーグ

    1: 名無し@サポーター 2024/06/20(木) 08:29:57.85

    8bf6be07

    さすがに無理っしょ
    続きを読む

    3: 名無しさん@恐縮です 2024/06/19(水) 17:07:12.53 ID:JHLMhRjx0

    7c57e45e-s


    黒田が正義!

    164: 名無しさん@恐縮です 2024/06/19(水) 19:33:56.64 ID:DOcvFxb80
    >>3
    レオザは黒田、町田はJリーグでデータとして荒くはないと事実だしてた。

    続きを読む

    1: 征夷大将軍 ★ 2024/06/19(水) 17:05:11.52 ID:6fMPZRvO9

    032f9bf1



    大学サッカー界の頂点に位置する名門・筑波大と、J1首位を快走する町田との間にバトルが勃発。有望な選手の獲得に向けて関係を築いてきたフロントの努力が水の泡と化しつつある。

    ことの発端は12日の天皇杯2回戦。町田は筑波大に1―1の同点から屈辱のPK戦負けを喫したうえ、4人の負傷者まで出した。うち3人は接触プレーによるものだが、試合後の会見で黒田剛監督(54)は筑波大にイエローカードを2枚しか出さなかった審判を非難しつつ、筑波大側にも「憤りを覚える」「非常にマナーの悪い一面が見られた」「指導教育もできていない」と強い批判をぶつけた。

    一連の発言を把握した筑波大・小井土正亮監督(46)は態度を硬化。15日の関東大学リーグ戦後には「黒田監督がおっしゃった『ラフプレーで3人も4人も』ということはない」と反論した。筑波大は日本サッカーを引っ張ってきた伝統校で、現役の日本代表に三笘薫、谷口彰悟らOBが名を連ねるだけでなく、Jリーグや高校サッカーなどにも多くの指導者を輩出。日本サッカー協会の田嶋幸三前会長、影山雅永技術委員長も同大出身だ。

    そんな一大派閥にケンカを売った形の黒田監督は大阪体育大のOBで、長く指揮してきた青森山田高を含めて〝筑波系〟と人脈は重ならない。長くJ2にいた町田もまた〝筑波系〟とは無縁のチーム編成で戦ってきた。ただ、今季J1初昇格を果たしたことで、選手の獲得に際しても「筑波大のような名門に相手にしてもらえるようになってきた」とクラブ関係者は明かし、水面下で筑波大側との距離を縮めてきたというのだが…。

    天皇杯での直接対決も信頼関係を深める絶好の機会だったはずが、逆に〝黒田発言〟で友好ムードはぶち壊し。和解を図ろうにも、黒田監督は15日のJ1リーグ戦後に「町田は決して悪でない。われわれが正義」と強弁するなど、歩み寄る余地はなさそうだ。

    夕刊フジ2024.6/19 11:53
    https://www.zakzak.co.jp/article/20240619-KI2RT27U2VNXNE7HXZ24QH5ZVY/



    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2024/06/19(水) 23:05:36.83 ID:nda+pndI9
    川崎フロンターレは19日、ホームで29日に行われるJ1第21節・サンフレッチェ広島戦に俳優・写真家の市原隼人さんが来場することが決定したと発表した。

     同試合は「川崎市制100周年記念試合」として開催。川崎市出身の市原さんは2009年以来、15年ぶりの始球式に臨む。また、市制記念試合恒例の「Y.M.C.Aハーフタイムショー」への出演も予定しているという。

     市原さんはクラブ公式サイトを通じて「15年振りに始球式を務めさせていただきます。あの時を想いだすだけで、今でも凄まじい興奮が蘇ります。今までも、これからも、いつどんな時も私にとって川崎が世界の中心です。
    様々な喜怒哀楽をこの街と共に過ごして参りました。こんなに光栄な事は他にありません。サッカー界、全ての選手、サポーターの皆様、何より川崎に精一杯の敬意を払い務めさせていただきます。何卒、よろしくお願いいたします!」とコメントした。

    https://web.gekisaka.jp/news/jleague/detail/?409545-409545-fl



    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2024/06/19(水) 12:11:17.26 ID:+5N0x7yy9
    SC相模原は19日、戸田和幸監督を解任したことを発表した。また、高橋健二ヘッドコーチが暫定的にチームの指揮を取ることを併せて伝えている。

     1977年12月30日生まれの戸田氏は現在46歳。清水エスパルスや日本代表、欧州クラブでもプレーしたプロキャリアを引退した後、一橋大学サッカー部やSHIBUYA CITY FCで指導者キャリアを積み重ねた。すると2023年にSC相模原の監督に就任し、自身初となるJクラブでの指揮に。しかし1年目は、J3リーグで9勝14分15敗の18位低迷。2年目となった今シーズンは、第17節終了時点で6勝7分4敗の9位につけているものの、公式戦3連敗を喫していた。

     18日付で解任となった戸田氏は、クラブ公式サイトにてコメントを残している。

    「昨日付けでSC相模原の監督としての責務から離れる事となりました。1年半前『志を高く勇敢に大胆に』という言葉と共にスタートしたこのチームで自分と一緒に成長と成果の為に努力し挑戦し続けてくれた全ての人達に心から感謝しています。この世界で生き抜く為には常に結果が最重要となる中で成長にフォーカス出来る事は簡単ではありませんが、昨シーズンから共に目指し闘ってきてくれたスタッフと選手達に対しては長く勝てない期間があったにも関わらず、自分からの言葉を信じて勝ち抜いていけるチームになる為の土台作りに邁進してくれた事への感謝を忘れる事はありません。苦しかった昨シーズンを経て構築されてきたチームとしての土台と掴み始めた自信を持って2シーズン目に入りましたが、毎日の直向きな努力が成長に繋がっている事を実感出来る17試合でした。今シーズンここまで積み重ねてきた勝ち点はまさに昨シーズンからの積み上げと今シーズンのチームが続けてきてくれた努力の賜物だと言えます」

    「そして今シーズンは基準を上げて更なる成長を個人レベルから様々働き掛けも行ってきましたが、選手達はとても前向きな姿勢を持ち続け努力を続けてくれた事には感謝と尊敬の念しかありません。また今シーズンから新たに加わった選手達の適応と順応も各々タイミングは違えど進んできていた事は間違いなく、自分からのメッセージをしっかりと受け止めてここまで努力してくれてきた事に心から感謝しています。クラブからはここから先のシーズンで勝ち点を積み上げられる可能性の部分で今回の決断が下されたと説明を受けましたが、自分にこのポジションで働く機会を与えてくれ1年半監督としての自分にチームを任せてくれたクラブには感謝しています。そして監督として迎えていただいた自分に期待された職責から考えてクラブが求めるレベルの貢献が果たせなかった事に対して申し訳なく思っています。シーズン半ばのタイミングでクラブを離れる事となりましたが、これからのSC相模原の発展とシーズン目標の達成を心から願っています」

    「最後に。昨シーズンから毎試合、若く不安も多かった若い選手達を必死に励まし支え続けてくれたサポーターの皆さん、あなた達は僕にとってまさに文字通り同志だと言える存在でした。あなた達があなた達でなかったなら、僕はここまで頑張っては来られなかったと思います。若くプロとしてこれからの選手とチームを自分と一緒に励まし支えて欲しいという自分からの働き掛けに真正面から向き合ってくれたあの日から、自分と皆さんは同志となりました。どんな時も決して選手達を非難する事なく、出来るようになる事を期待し勝利出来るようになる事を期待し、とても忍耐強く笑顔を忘れず毎試合毎試合支えてくれた事を忘れる事はありません。選手とチームにはあなた達が必要です、是非これからも変わらぬ皆さんでいてください。自分を信じて共に闘ってくれた全ての人達に心から感謝しています、1年半ありがとうございました」

     また、監督解任に伴い、平野孝SD(スポーツダイレクター)もクラブ公式サイトにてコメントを残している。

    「今シーズンの目標であるJ2昇格に向けクラブとして今後も継続的に挑戦し続けるため、第17節を終えたこれまでの道程と現時点でのチームの状況に鑑みて総合的に判断しこの結論に至りました。1年半にわたり指揮を執りチームの成長に尽力していただいた戸田和幸氏には、心からの感謝と敬意を表します。ありがとうございます。クラブは更なる高みを目指してまいります。ファンサポーターの皆様、スポンサーの皆さま、クラブに関わってくださる多くの皆様におかれましては、引き続きのご支援とご声援を頂戴できますようよろしくお願いいたします」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a996f1867e750a12509ad936eefe5c25734ba28d



    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2024/06/17(月) 20:48:02.21 ID:7XPig+DK9
    J1首位の町田が12日の天皇杯2回戦・筑波大戦でPK戦の末に敗れた試合が、大きな波紋を呼んでいる。

     先制したのは町田だった。前半22分にコーナーキックからMF安井拓也が先制ゴールを奪ったが、昨年6年ぶりに関東大学1部リーグで優勝した筑波大は個々の技術が高い。
    球際の強さでも町田に屈することなく、後半終了直前にFW内野航太郎の同点弾で試合を振り出しに。延長戦で決着がつかずPK戦となり、筑波大が大金星をつかんだ。

    黒星を喫した町田は負傷者が相次いだことも大きな痛手となった。DFチャン・ミンギュ、先制点を決めたプレーでMF安井が共に骨折、さらに負傷交代したFWナ・サンホが左足関節じん帯損傷、FWミッチェル・デュークが病院で診断を受けた結果、左太腿肉離れと判明。
     報道によると、町田の黒田剛監督は試合後の会見で「ケガ人が4人出た。次やれるレベルではない。骨折もいます」「3人に関してはレイトタックル。
    対等なファウルであれば仕方ないが、全部遅れていた。ケガ人を出すことがサッカーにおいて選手生命に影響を与えるかをきちっと指導してほしい」と怒りを露わにして訴えたという。
     4人が大けがを負っただけに黒田監督は選手を守るために筑波大を批判したのだろう。 だが、大学サッカーの関係者は反論する。

    「試合開始直後、最初に厳しくチャージしてきたのは町田です。あのプレーが競り合いでの線引きになる。筑波大も競り合いに負けたくないというマインドになるでしょう。
    試合を見ればわかりますが、4人の負傷交代はすべてが筑波大の悪質なファールが原因ではありません。筑波の同点ゴールを決めた内野はU-23日本代表候補ですし、J1の舞台で今すぐ通用する選手が何人もいます。
    町田の戦術を細かく分析して、相手にペースをつかませない試合運びをしていた。決してダーティーなプレーをするチームではないですし、悪質なプレーを繰り返したと誤解してほしくないですね」

    町田の試合はネットが荒れる

     SNS上では筑波大に対する批判より、黒田監督の発言に対して批判的なコメントが目立つ。サッカー担当のスポーツ紙記者は、その理由をこう語る。

    全文はソースで
    https://dot.asahi.com/articles/-/225450?page=1



    続きを読む

    1: 名無し@サポーター 2024/06/17(月) 10:06:01.48

    8bf6be07

    JFLはアマチュアリーグやで
    続きを読む

    1: 阿弥陀ヶ峰 ★ 2024/06/16(日) 12:04:19.33 ID:iG4ULdtg9
    J3のツエーゲン金沢が限定発売を開始した「ラブライブ!コラボユニフォーム」の突き抜けたデザインが話題になっている。

    ■【画像】「ガチじゃねぇか…」「全振りしててすげぇな」の声! 金沢の限定1000枚、突き抜けたデザインの『ラブライブ!コラボユニフォーム』■
    no title


     『ラブライブ!』は、アニメの枠に止まらず、CD、ライブ、アニメ、ゲームなど、幅広いメディアミックスを展開し、『NHK紅白歌合戦』出場や東京ドーム公演など一大ブームを巻き起こした人気プロジェクト。その中のシリーズ『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ』の舞台が「金沢市」であることからツエーゲン金沢とのコラボが実現した。

    6月23日のJ3リーグ第18節・ギラヴァンツ北九州戦をコラボマッチとして開催し、試合当日はキャストの楡井希実(日野下花帆役)、櫻井陽菜(百生吟子役)が 新スタジアムである金沢ゴーゴーカレースタジアムに登場し、イラストを使用したグッズも展開される。そのコラボマッチの1週間前に、特製のコラボユニフォームが発表されたのだ。

    そのデザインが実に特徴的で、前面に日本の伝統的な柄である市松模様と『ラブライブ!蓮ノ空スクールアイドルクラブ』のアイコンの蓮を透かしで表現した上で、後面にはユニフォームを着たラブライブ!のメンバーのオリジナル描き下ろしをプリント。前面の胸番号の位置にはメンバーそれぞれのアイコンも施された。

    デザインはラブライブ!のメンバー別に全9種類。6月14日から7月1日まで、クラブ公式オンラインショップで限定1000枚の受注販売となる。
    ■「ラブライブダービーが楽しみです」

     この「ラブライブ!蓮ノ空スクールアイドルクラブ×ツエーゲン金沢コラボユニフォーム」のデザインに対して、SNS 上には次のようなコメントが寄せられた。

    「ユニでるのか!!!!まじか!」
    「ド直球で攻めてきますな~…」
    「全振りしててすげぇなこれ。」
    「金沢ガチじゃねぇか…」
    「直球ですね でも勢いがある蓮ちゃんなので瞬殺とみ見ました ラブライブダービーが楽しみです」

    また、『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台である「沼津市」をホームタウンの1つとするJ3アスルクラロ沼津でもコラボユニフォームが販売されており、今年2月25日のJ3開幕戦に続いて、今度は金沢ホームで10月20日のJ3リーグ 第33節で「ラブライブ!ダービー」が予定されている。コラボダービーでのコラボユニフォーム着用サポーター同士の交流も楽しみだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ae0647e31aab70169020c60f270a839626a1dfa4
    https://i.imgur.com/9Zr2HaP.jpeg



    続きを読む

    258: 名無し@サポーター 2024/06/15(土) 20:39:59.53
    becb531e-s

    そもそもファール数がJでダントツ1位とかでも無いのに叩きまくってたJサポが頭おかしいんだよ
    要するに新規昇格組にいきなり1位になられた僻みだろ?
    それならファール1位のチームは何なの?w
    それで首位にもなれないって
    続きを読む

    258: 名無し@サポーター 2024/06/13(木) 00:19:10.54
    GP4TJnZbcAAjvSs

    町田ってなんでこんなに嫌われてんの?








    続きを読む

    ↑このページのトップヘ