サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: Jリーグ

    1: 名無し@サポーター 2024/05/25(土) 07:37:24.05
    d973e6b9-s

    なお


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    53: 名無しさん@恐縮です 2024/05/26(日) 18:12:48.29 ID:nIKgitmT0
    町田が強いだけだな
    青森山田が優勝するなw情けないJ1の雑魚クラブ共だw

    54: 名無しさん@恐縮です 2024/05/26(日) 18:12:51.74 ID:dlumJWZc0
    浦和は縦パス入るタイミングでも横パス、
    町田は迷いなく縦パス入れてくるし、
    ゾーンに入ったら迷いなくシュート打つから
    シンプルに強いよな。





    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 名無し@サポーター 2024/05/26(日) 18:03:05.16
    37e4cc52-s

    浦和 1-2 町田
    [得点者]
    52'平河 悠  (町田)
    54'伊藤 敦樹 (浦和)
    90+6'下田 北斗(町田)PK
    スタジアム:埼玉スタジアム2002
    入場者数:39,460人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2024/052605/live#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    3: 名無し@サポーター 2024/05/22(水) 09:54:42.41
    691f1df0-s




    町田はヒール役に徹するとJ全体のレベルが向上するんじゃね
    嫌われ者チームであり続けることだな








    続きを読む

    238: 名無し@サポーター 2024/05/26(日) 02:03:42.36
    52466e305d0470969041086e47facbc6

    2失点から1点返して合計3-3もGK退場








    続きを読む

    1: 名無し@サポーター 24/05/24(金) 07:58:22
    ebdc2090




    町田監督「1-0でも勝ちは勝ち。蹴るよりロングボールぶん投げた方が強い」

    やったぜ!!








    続きを読む

    1: 名無し@サポーター 2024/05/23(木) 10:50:46.14


    ebdc2090



    <YBCルヴァン杯:町田2-0鹿島>◇3回戦◇22日◇Gスタ

     リーグで首位を走るFC町田ゼルビアがターンオーバーをしながらも、FWミッチェル・デュークの2発で鹿島アントラーズを下した。

     町田は19日のリーグ戦から先発10人を入れ替えた。序盤こそ意思疎通が欠けるミスが見られたが、プレスや球際の強度は変わらず。高い位置でボールを奪い、カウンターからFWデュークが2得点。守っても、鹿島を無得点に抑え、常勝時代の相手のお株を奪う「誰が出ても町田」のスタイルで快勝した。

     町田の黒田剛監督(53)は「誰が出ても町田のサッカーをできるか。我々が意図するサッカーをできなかった時点で席はないと言って臨んだ」と競争を促していたことを明かした。「前半はシュートは1本も打たせていない。奪ってからのカウンターもできた。鹿島も疲労がたまっていた印象だったが、試すことができた」と収穫を口にした。

     3月のリーグ戦でも鹿島に1-0で勝っており、今季は公式戦で鹿島に2戦2勝。国内最多20冠を誇る名門に、J1に初めて昇格したばかりの町田が果敢に挑み、強さを見せている。

     町田イレブンは鹿島の伝統である球際、堅守速攻、ハードワーク全てで上回っていた。黒田監督は「伝統と歴史を刻んでいる」と敬意を表した上で「今の若い選手はそういう印象はないみたいで…。若い選手はその時代を覚えていない。時代は変わった。Z世代の子たちなのか、違う発想があるのかな。我々の方が意識をしてしまう」と笑った。

     この日の鹿島は、青森山田の教え子である鹿島MF柴崎岳(31)が後半19分から途中出場し、今季初めてピッチに立った。J1の舞台での再会に「シーズンスタートから大きいけがに悩まされてピッチに帰ってきた。まだ100%ではないが、鹿島の中心になる選手。彼のプレーを目の前で見られたのは良かったと思います」と万感の思いも口にしていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fe7ee813d630d3ec9ddca4e0d15c413788a6015












    続きを読む

    853: 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ 02e6-WQ+c [240d:1e:2ba:dc00:*]) 2024/05/22(水) 20:07:28.40 ID:YaRyc+Xg0

    691f1df0-s


    監督達も情けないよな
    高校サッカーの監督に手も足も出ないんだ😅





    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2024/05/22(水) 22:52:59.60 ID:hr82+Wuo9
    コリンチャンスとの契約は6月まで
    今夏、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに続き、FIFAワールドカップ出場、元バルセロナ所属選手という大物がJリーグに参戦する可能性がある。

    ブラジルの移籍市場に精通するブルーノ・アンドラーデ氏によると、ブラジル1部コリンチャンスに所属する元ブラジル代表MFパウリーニョにヴィッセル神戸移籍の可能性が浮上してきたという。

    現在35歳のパウリーニョは、現在アル・ヒラルでプレイするFWネイマールらとともにブラジルW杯、ロシアW杯に出場した実績の持ち主。同選手は、トッテナム・ホットスパー、
    中国の広州FC、バルセロナ、サウジアラビアのアル・アハリ・サウジFCなど様々なクラブを渡り歩いており、2021年12月に自身が2010年から2013年まで在籍していたコリンチャンスへ復帰している。

    ただコリンチャンス復帰後は左膝の靭帯損傷という大怪我で2度の長期離脱。今年4月10日開催のコパ・スダメリカーナ・グループステージのナシオナル戦で約1年ぶりに復帰すると、その後は公式戦9試合でプレイしている。

    そんな中21日、パウリーニョの去就についてアンドラーデ氏は、同選手には現在クルゼイロEC、グレミオFBPA、そして日本のヴィッセル神戸からオファーが届いており、コリンチャンスと契約延長をしない可能性があると報道。中でもヴィッセル神戸は経験豊富なパウリーニョに以前から注視しており、
    1番良い条件を提示しているという。また、同選手はコリンチャンスを除くサンパウロ州のクラブでプレイすることは考えておらず、現所属コリンチャンスとの契約は6月までとなっているとのこと。

    神戸はJ1第15節終了時点で、首位の町田ゼルビアと勝ち点差僅か3の2位。中盤ではMF齊藤未月が負傷離脱中であるが、シーズン途中で大物選手の獲得に動くのだろうか。

    https://www.theworldmagazine.jp/20240522/03domestic/406691
    no title






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 征夷大将軍 ★ 2024/05/22(水) 06:11:38.48 ID:Q5o8P3Aj9
    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/05/22/kiji/20240522s00002000062000c.html
    [ 2024年5月22日 05:00 ]

     ポルトガル2部オリベイレンセの元日本代表FW三浦知良(57)が今夏、国内復帰することが決定的となった。複数の関係者によれば移籍先は22年まで在籍したJFLのアトレチコ鈴鹿への復帰が最有力。カズは21日、ポルトガルでの2年目のシーズンを終えて帰国した。

     注目の去就について「たくさん選択肢があるわけではない。自分の中に決める条件はある」と話した。鈴鹿は昨年10月にかつて読売クラブなどでプレーし、カズをよく知る斉藤浩史氏がオーナーに就任し、経営体制を一新。継続的にラブコールも受けてきた。カズ自身も鈴鹿には愛着があり、環境も熟知している。

     横浜FCから期限付きで移籍したオリベイレンセでは今季公式戦出場6戦のみ。刺激に満ちた時間を過ごした一方で出場機会は限られた。来月末で契約は満了。残留については「可能性は低い」と明言し、この日も複数の巨大スーツケースとともに帰国した。今後はつかの間のオフを挟み、国内復帰に向けた自主トレを始動する。





    続きを読む

    ↑このページのトップヘ