サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年06月

    1: Egg ★@2016/06/29(水) 08:44:25.56 ID:CAP_USER9

    1468402_heroa

     
    コパ・アメリカ敗退を受け、アルゼンチン代表からの引退を表明したリオネル・メッシ。当然ながらその反響は大きく、同国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏は、メッシを擁護する姿勢を示している。27日、アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』が報じている。

     マラドーナ氏は愛弟子の電撃発表を受け「私はメッシを孤独にしたくない。だから彼と話したい。そして、彼を孤独へと追いやった全ての指導者たちと戦いたい」と怒りの気持ちを述べ、「私が思うにメッシの発表がもたらす唯一の事は、アルゼンチンサッカー界に存在する全ての災いを覆い隠すというものだ」との見解を示す。

     財政問題や、会長選の不正などで、司法のメスが入り、一時はコパ・アメリカへの参加も危ぶまれたほどの混乱下にあるアルゼンチンサッカー協会。マラドーナ氏も「アルゼンチンサッカー界を取り巻く多くの争いに非常に悲しんでいる。それによって、我々がゴールを量産したとでもいうのか?最低だ」と現状を嘆いている。

     そして、「メッシは代表でプレーを続けなければならない。チャンピオンになるためにロシアへと行かねばならないのだ」と愛弟子の代表続行を願った。メッシの早過ぎる代表引退宣言を翻せるとするならば、やはりマラドーナ氏しかいないのだろうか。腐敗したサッカー協会の問題も絡んでいるようであり根が深そうだ。

    フットボールチャンネル
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00010010-footballc-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ  2016/06/29(水) 06:56:12.71 ID:CAP_USER9
    2016年06月29日(Wed)5時31分配信

    ミラン監督に就任ヴィンチェンツォ・モンテッラ氏【写真:Getty Images】
    no title


     日本代表FW本田圭佑が所属するミランの来季指揮官に中田英寿氏の“元同僚”が就任した。28日、ミラン公式サイトが発表している。

     今季サンプドリアを率いたモンテッラ監督だが、来季よりミランの指揮官に就任する。契約期間は2年間。

     現地時間の28日に同監督の代理人とアドリアーノ・ガッリアーニCEOの交渉が合意に至り、またシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長による「ゴーサイン」も出たようだ。

     モンテッラ監督は現役時代にローマで中田氏とともにプレー。“小型爆撃機”の愛称で親しまれ2000/2001シーズンにはセリエA優勝にも貢献した。2011年より監督業をスタートさせ、2012年から就任したフィオレンティーナでは低迷期にあった名門を3年連続でセリエA4位と復活させヨーロッパリーグ(EL)ではベスト4に導いた。

     果たして、低迷する名門を再び復活させることはできるのだろうか。

    【了】

    http://www.footballchannel.jp/2016/06/29/post160902/

    続きを読む

    22: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2016/06/28(火) 22:20:31.73 ID:YHes2+3m0

    no title








    サッカー派つえええええええw 


               加藤ローサ 
      佐藤ありさ   平愛梨    田中美保 
           桐谷美玲   佐藤渚 
    潮田玲子                 堀北真希 
           小嶋陽菜   大島優子 

               川島嫁 

    ■サブ 
     上戸 彩 
     小島瑠璃子 
     青木愛 
     宇佐美蘭 
     片瀬那奈 
     森下愛子 
     松木里菜 
     柴咲コウ 
     蒼井そら 
     柚木ティナ

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/06/28(火) 22:11:20.40 ID:CAP_USER9

    no title

     
    サッカー日本代表MFの長谷部誠(32、フランクフルト)が28日、自身の公式サイトで来月結婚することを報告した。

     「いつも応援して下さる皆様へ」の書き出しで「このたびは突然のご報告となり申し訳ございません。私事ではこざいますが、来月入籍する運びとなりました事をどこよりも先にこちらでご報告させていただきます」と発表。

     「本来であれば入籍後にご報告する事が一番の形ではありましたが、残念ながら私の意に反して近日中に本件について報道される可能性が出てきた為、このような形でのご報告になりました」と、お相手については触れず「いつも応援して下さる皆様とはこれからも誠意を持って向き合い、共に歩んでいけたらと思っています」と決意を新たにしている。 

    2016-06-28 20:12
    http://www.oricon.co.jp/news/2074200/full/

    ★1 2016/06/28(火) 20:19:07.60
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1467112747/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2016/06/29(水) 06:57:18.56 ID:CAP_USER9

    ZX9-ogP9XN

     
    サンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨が、プレミアリーグの強豪アーセナルに移籍することで合意に近づいていると28日付の『copa90』が報じている。

    21歳の浅野にはガンバ大阪の宇佐美貴史も加入することが決まったアウグスブルクが220万ユーロ(約2億5000万円)の獲得オファーを提示したともいわれている。

    また、U-23日本代表のチームメイトである南野拓実が所属するオーストリアのザルツブルクやスイスのグラスホッパーなども興味を示していたが、アーセナルは他クラブよりも好条件を提示しているという。

    アーセナルは浅野を獲得した場合、他クラブへレンタル移籍させて武者修行を積ませる意向のようだ。

    過去にアーセナルは稲本潤一と宮市亮の2人の日本人が所属していた。今季のプレミアリーグでは2位で終え、来季は欧州最高峰の大会であるチャンピオンズリーグに19年連続で出場を決めている。

    クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は若手育成に定評がある名将でもある。スピードスタータイプの選手を好む傾向にあり、過去にはセオ・ウォルコットを発掘して重宝した。

    『copa90』はイングランドのロンドンを拠点とするメディアで、ニュースメディアとしてだけではなくサッカーに関するドキュメンタリー動画などを配信しており、世界各国の大手メディアとも業務提携している。

    編集部はこの驚くべき移籍報道について『copa90』にコメントを求めたところ、「現地(イングランド)関係者からの確かな情報を得た。この報道に自信を持っている」との回答があった。

    昨年のJリーグ最優秀若手選手にも輝いた浅野は、U-23日本代表候補としてリオ五輪での活躍にも期待がかかっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00010002-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月29日(水)6時30分配信

    続きを読む

    CEUDj1jWYAA_7jT



    27日に行われたユーロ2016決勝トーナメント1回戦の試合で、イタリアはスペインを2-0で下して準々決勝進出を果たした。DFジョルジョ・キエッリーニは勝利を喜び、GKジャンルイジ・ブッフォンのプレーに賛辞を送っている。

    王者スペインを相手に、4年前の前回決勝で敗れた雪辱を果たしたかったイタリアは、33分に先制点を奪う。FKからのボールをGKダビド・デ・ヘアが必死に阻んだが、最後はキエッリーニが押し込んだ。

    終盤のスペインの反撃を乗り切ったイタリアは、後半終了間際にFWグラツィアーノ・ペッレが決定的な2点目を追加。決勝点となったゴールを記録したキエッリーニは、試合後に次のようにコメントしている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』、スペイン『マルカ』などが伝えた。

    「ずっと前から引っかかっていたものを取り除けたよ。ウィーン(ユーロ2008)、キエフ(ユーロ2012決勝)、フォルタレーザ(2013年コンフェデレーションズカップ)で敗れていたからね。スペインは天敵だったけど、僕らが誰よりも勝利を望んでいたことを見せられたと思う」

    「今日の僕らは勝利を望んでいて、勝利を得る資格があった。もっと早く勝負を決めることができても良かったし、最後の15分間は苦しむことになった。でも後ろに聖人(ブッフォン)がいて、すべてを止めてくれたよ」

    準々決勝では世界王者ドイツと対戦。またしてもファイナル級の大一番が続くことになる。

    「まだスタートでしかないし、先は長い。1試合1試合考えていくよ」

    「有利だと予想されるのはドイツの方だ。3月には手厳しくやられたね(親善試合で1-4)。何か特別なことをやれるくらいじゃないとダメだし、今夜見せたような戦いではまだ不十分だろうね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000004-goal-socc


    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/06/28(火) 14:30:28.44 ID:CAP_USER9
     
    「Kリーグにはなぜ『バイエルン・ミュンヘン』のようなチームがないのか」。

    バイエルン・ミュンヘンは独ブンデスリーガの最高名門でありドイツサッカーの象徴だ。クラブ以上の価値を持つ。黄善洪(ファン・ソンホン)FCソウル新監督(48)の夢はまさにバイエルン・ミュンヘンだ。黄監督は「成績と内容、ファンまで、すべてが一つになってKリーグの象徴となるクラブを作りたい」という抱負を語った。

    崔龍洙(チェ・ヨンス)監督(43)が江蘇蘇寧の監督に就任することを受け、FCソウルの第11代監督に選任された黄監督が27日、ソウルワールドカップ競技場で就任記者会見を行った。

    この席で黄監督は自分が追求する確固たる哲学と目標を提示した。昨年浦項スティーラース監督から退いた後、ドイツで研修した経験から「Kリーグ版バイエルン・ミュンヘン」を誕生させると約束した。

    黄監督は「ドイツにいながら多くのことを感じた。中でも韓国にバイエルン・ミュンヘンのような独歩的なチームがないことに疑問を感じた」とし「バイエルン・ミュンヘンは幼い子どもが憧れ、すべての選手がプレーしたいチーム、ファンに希望と夢を与えることができるチーム」と説明した。続いて「Kリーグでソウルはバイエルン・ミュンヘンのようなチームに十分になれるという気がした。それでソウルを選択した」と語った。

    ひとまず黄監督はソウルが進行中のトレブル(リーグ、AFCチャンピオンズリーグ、FAカップの1シーズン同時優勝)を引き継ぐ計画だ。黄監督は「崔龍洙監督がチームをうまく作った。私のカラーを加えればより良いチームになる可能性がある。好成績も出すことができる」とし「3つの大会のうちチャンピオンズリーグ優勝が私の心の中で最も大きな部分を占めている」とアジアの頂点に向けた熱望を表した。

    成績とともに内容も伴わなければいけない。浦項(ポハン)時代に追求した短くて速いパスを前に出した攻撃サッカーがソウルでも続く。黄監督は「繊細で速いサッカー、躍動的なサッカーが私の哲学」とし「ソウルでも浦項スタイルと大きくは変わらないだろう。選手と努力し、よりおもしろいサッカーを見せたい」と強調した。

    ファンも考慮しなければいけない。黄監督は「FCソウルは首都圏のチーム。多くのファンがいる。ファンにはソウルにふさわしい成績と内容を見せなければいけない」とし「ファンのために水原サムスンとのスーパーマッチでも負けられない。成績が良くなければ当然ファンの批判を受けるべき」と話した。成績、内容、ファンまで、すべてつかむことができる核心の資源はやはりアドリアーノ(29)-デヤン(35)-朴主永(パク・ジュヨン、31)と続く「アデパクトリオ」だ。

    黄監督は「ソウル攻撃の象徴がアデパクだ。Kリーグを代表する攻撃陣と思っている」とし「一人の選手に依存せず3人が最大限シナジー効果を出せるようにしたい。そうなればKリーグ最強になる」と自信を表した。

    「Kリーグ版ミュンヘン」の開始は29日にソウルワールドカップ競技場で行われるKリーグクラシック(1部リーグ)第17節の城南(ソンナム)FC戦だ。黄監督のデビュー戦となる。黄監督は「昨日、城南の試合を見た。勝利のための腹案がある」とし「2日間練習して試合に臨む。選手たちとうまく疎通してデビュー戦で良い思い出を作りたい」と誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000043-cnippou-kr

    続きを読む

    1: Egg ©2ch.net 2016/06/27(月) 12:02:34.60 ID:CAP_USER9

    bale cr7 000

     
    2016年に入って伸びているベイル

    近年のレアル・マドリードは常にクリスティアーノ・ロナウドが主役であり、
    カリム・ベンゼマやアンヘル・ディ・マリア、カカといったタレントもロナウドを際立たせる存在でしかなかった。
    それは2013年に加入したガレス・ベイルも同じだったが、2016年に入って以降その状況が徐々に変わり始めている。

    ベイルは現在行われているEURO2016でもフリーキックの2得点を含む3得点を記録しており、
    すっかり大会の主役になっている。ベイルは今季度重なる負傷に苦しめられたが、
    レアルでも後半戦は大爆発していた。

    ヘディングからの得点も増え、得点力が大幅に上がったように見える。
    英『Squawka』もロナウドの影に隠れていたベイルが表舞台に出てきたと伝えており、
    レアルでロナウドの主役の座が揺らぎ始めている。

    同メディアの紹介したデータでも、ベイルはあらゆる点でロナウドを上回っている。
    今季はロナウドが1試合平均1・44回のドリブルを成功させているのに対し、
    ベイルは平均2・18回、チャンスを演出した数でもロナウドが1・41回なのに対してベイルは2・59回と差がある。

    ロナウドがベイルを大きく突き放しているのは1試合あたりのシュート本数のみだ。

    これはEURO2016でも変わらず、印象的なパフォーマンスを見せているのはベイルの方だ。
    ドリブルでもベイルが4・47回成功、ロナウドはわずか0・33回だ。

    同メディアは2016年に入ってからベイルが急激に成長してきたことを伝えているが、
    ベイルはロナウドを超え始めているのかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)11時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00010006-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/28(火) 23:14:16.84 ID:CAP_USER9
    歴史的な快挙の反響は大きかった。
    先日ユーロ2016でイングランドを破ったアイスランドで、桁外れの視聴率が記録されている。

    アイスランドはユーロ2016決勝トーナメント1回戦でイングランドと対戦。
    下馬評では、国際経験、擁する選手の質からイングランドが圧倒的に有利だった。
    だがアイスランドは先制されながらも逆転に成功し、見事サッカー大国を打ち破ってベスト8に名乗りを挙げたのだ。

    この偉業に、アイスランド国民は沸いた。
    ユーロを放映するテレビ局『Sjonvarp Simans』では、この試合の瞬間最高視聴率が99.8%を記録。
    当然、同国で史上最高の視聴率である。

    同テレビ局では、グループステージ最終節のアイスランド対ハンガリーで、瞬間最高視聴率98.5%を記録していた。
    イングランド戦で、その数字が塗り替えられた格好だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000020-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/06/28(火) 20:55:33.60 ID:CAP_USER9
    イングランドがアイスランドに1-2と歴史的敗戦 16強で姿を消す

     イングランドは27日、欧州選手権(EURO)の決勝トーナメント1回戦でアイスランドと対戦し、1-2と歴史的な敗戦を喫した。サッカーの母国が屈辱的な逆転負けによって大会から早々と姿を消すことになったが、これは同じ英国4協会のライバルには大きな喜びになったようで、この試合を観戦していたウェールズの選手が、イングランドの失点に歓喜を爆発させていたと、英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

     ウェールズは25日に行われた決勝トーナメント1回戦の北アイルランド戦で1-0の勝利を収め、ベスト8進出を決めていた。

     記事に載せられた動画では、ウェールズの選手一同はイングランド戦をホテルに設置されたスクリーン越しに観戦。

    前半4分にPKで先制点を取られていたアイスランドが、同6分にMFギルフィ・シグルドソンが同点弾を決めると、ウェールズの選手たちは狂喜乱舞。

    飛び跳ねて抱き合い、輪を組んで大合唱するなど、自分たちの勝利にも劣らぬ喜び様でアイスランドのゴールを祝った。

     プレミアリーグのアーセナルで活躍するMFアーロン・ラムジーも、イングランドのクラブに籍を置きながら、アイスランドの得点に有頂天となり、カメラに満面の笑みで叫び声を上げていた。

     イングランドの敗退により、ウェールズは英国勢で唯一ベスト8へ駒を進めたチームとなった。グループステージの直接対決ではイングランドに惜敗していたことから、ライバルの早期敗退に一層の喜びを感じていたのかもしれない。

    多くのタレントを揃えながら、低迷から抜け出せないまま大会を後にしたイングランドに反して、EURO初出場のウェールズの快進撃はいまだ止まるところを知らない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160628-00010014-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ