サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年03月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 09:50:46.68 ID:CAP_USER*.net
     “新ルール”を決めた二人の約束は惜しくも(?)果たされなかった。

     日本代表は29日に2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選でシリア代表と対戦。2点リードで迎えた86分、FW本田圭佑(ミラン/イタリア)が鮮やかなヘディングシュートを決めた。左サイドからMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)が放ったクロスを、ペナルティエリア内でフリーの背番号4が頭で押し込んだ。

     ゴールが決まった瞬間、本田はバックスタンド側のコーナーフラッグに向かって走って行く。追いかけるようにアシストした香川が後ろから抱きつき、サポーターとともにゴールを祝福した。

     その反対サイドに目を向けると、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督だけでなくスタッフ、ベンチメンバーが大喜び。実は、24日のアフガニスタン戦で出番のなかった本田とDF槙野智章(浦和レッズ)が、「点が入ったら、ベンチメンバーも含めて全員で喜ぶ」という新ルールを作っていた。さらにDF昌子源(鹿島アントラーズ)は「(アフガニスタン戦では)後半に4点入ったけど、誰も来てくれなかった。次はお願いしておきます(笑)」と得点者はベンチに来るよう求めていた。

     シリア戦でもこのルールは適用され、点が入る度にベンチメンバー全員が立ち上がり得点を喜んだ。しかし、この日も誰一人ベンチにはやってこない……。

     チーム3点目が決まった時、ルールの共同発案者である槙野はラインギリギリに立ち、ゴールを決めたヒーローを大きく手招きをした。だが、逆サイドにいる本田は申し訳なさそうに右手を挙げながら、定位置へと戻っていった。

     そのやり取りが気になり、試合後にミックスゾーンを足早に通り過ぎる槙野を「一つだけ」と止めて、あの場面について尋ねると、思いの丈を吐き出すように「『約束してたのに!』って言っといて」と一言。

    この思いを本田に伝え、「やっぱり遠かったですか?」と聞くと、「そうですね」と苦笑いで申し訳なさそうな表情を浮かべていた。次の日本代表戦は、6月に開催されるキリンカップ。もちろん同時にピッチに立つ可能性もある。果たして二人の約束が果たされる日は来るのだろうか。

    文=高尾太恵子
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00415790-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 02:18:40.71 ID:CAP_USER*.net
    Group A
    Palestine 7-0 Timor Leste
    UAE 1-1 Saudi Arabia

    Group B
    Australia 5-1 Jordan
    Tajikistan 0-1 Kyrgyzstan

    Group C
    China 2-0 Qatar
    Maldives vs Bhutan(試合中)

    Group D
    India 1-2 Turkmenistan
    Iran 2-0 Oman

    Group E
    Afghanistan 2-1 Singapore
    Japan 5-0 Syria

    Group F
    Iraq 1-0 Vietnam

    Group G
    Lebanon 1-1 Myanmar

    Group H
    Philippines 3-2 DPR Korea
    Uzbekistan 1-0 Bahrain

    http://www.the-afc.com/asian-cup-2019-2018-world-cup/russia-2018uae-2019-qualifiers-md10-results-reports

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 02:02:59.80 ID:CAP_USER*.net
    no title


    スポーツ報知 3月30日(水)1時54分配信

     2018年ロシアW杯アジア2次予選が29日、各地で行われ、最終予選に進出する12チームが出そろった。日本はホームでシリアに5―0で快勝したが、オーストラリア、イランが勝って、最終予選進出を決めたため、4月7日発表のFIFAランキングではアジアで4番手(現在はイランに次ぐ2番手)に転落することが確実になった。

     12日の最終予選ドローではFIFAランクの高い順に第1~6ポット(シード)に振り分けられ、A、B組に分かれる。日本は韓国とともに第2ポットに入ることになり、韓国との対戦は避けられる。

     サウジアラビアとUAEは1―1のドロー。サウジアラビアがUAEに勝っていれば、アジア5番手に転落し、第3ポットに入ることになっていただけに、第2ポットにとどまれたのは追い風だ。

     最終予選に進出する12チームとポット分けは次のようになる。

     ▽第1ポット イラン(672)、オーストラリア(601)
     ▽第2ポット 韓国(579)、日本(577)
     ▽第3ポット サウジアラビア(559)、ウズベキスタン(549)
     ▽第4ポット UAE(521)、中国(423)
     ▽第5ポット カタール(416)、イラク(333)
     ▽第6ポット シリア(316)、タイ(297)
     【注】カッコ内は4月7日発表時点のポイント。同ポットのチームは最終予選では別の組に振り分けられる。

     最終予選は9月1日に開幕。6チームずつ2組に分かれ、上位2チームがW杯出場権を獲得。3位チーム同士がプレーオフを戦い、勝者が大陸間プレーオフに進出し、そこで勝てばW杯切符をつかむ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000038-sph-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 21:25:33.97 ID:CAP_USER*.net
    後半11分の競り合いで倒れ込む

    日本代表は29日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選シリア戦に臨んだが、MF山口蛍が相手選手のラフプレーによって負傷退場する事態が起きた。

    山口は長谷部誠とのダブルボランチで先発出場し、持ち前のボール奪取力でシリアのカウンターを未然に防いでいた。
    しかし1-0でリードした後半11分にアクシデントが起こった、山口はヘディングでボールをクリアしに行った際、相手MFハレド・アルムバイドが遅れ気味で競ってきた。
    ここで山口は顔面を頭突きされる形になり、もんどりうって倒れ込んだ。

    このラフプレーに対して長谷部らを中心にレフェリーに猛抗議。
    鼻からも出血し、倒れたままの山口を治療したメディカルスタッフから「×」マークが出て、担架に乗せられての退場となった。
    この緊急事態にバヒド・ハリルホジッチ監督は原口元気を投入し、ボランチとして起用した。

    山口は今年1月にセレッソ大阪からブンデスリーガのハノーバーに移籍した。
    残留を争うクラブの中にあって出場機会を伸ばしていたタイミングだけに、負傷の状況が非常に気がかりだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160329-00010015-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 3月29日(火)21時6分配信

    no title


    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1623340.html

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 00:34:22.34 ID:CAP_USER*.net
    ロシアW杯アジア2次予選E組(29日、日本5-0シリア、埼玉)すでに最終予選進出を決めている日本は2次予選最終戦でシリアと対戦し、
    前半17分に相手のオウンゴールで先制。後半はMF香川真司(27)=ドルトムント=が、2発を決めるとMF本田圭佑(29)=ACミラン=も追加点を奪い、
    E組1位で最終予選進出を決めた。香川は代表通算25得点とし、元日本代表の中村俊輔(37)=横浜Fマリノス=を超えた。日本は9月1日からアジア最終予選を戦う。

    香川は試合後、「(予選の)最初からあんまりゴールを決められていなかった。結果として点が取れてよかった」と、2得点にホッとした表情を見せた。
    後半21分にゴール前で胸トラップから反転して華麗なボレーシュート。「なかなか2点目が入らない中で、しっかりと(得点を)取れたのは大きかった」とうなづいた。

    前半の相手のオウンゴールも香川のシュート性のクロスを相手GKが弾き、それがシリアのDFに当たってゴールしたもの。
    チーム3点目の本田の得点もクロスで演出し4得点に絡んだ活躍に「これからも継続していいパフォーマンスを見せたい」と、最終予選を見据えた。

    サンケイスポーツ 3月29日(火)21時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000560-sanspo-socc

    写真
    no title


    【サッカー】日本、香川の2ゴール1アシストや本田の6戦連続弾などでシリアに5-0快勝!E組1位突破 岡崎通算100試合 W杯アジア2次予選★5
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1459262022/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 21:29:50.47 ID:CAP_USER*.net


    CRNcqdtUkAA1B_J

    3月29日、日本対シリアの一戦が行われ5-0で日本が勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    グループ首位での最終予選進出
    【日本 5-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

    西川周作 6.5 持ち味である足元のプレーに安定感。数少ない被シュートはしっかりと捌き、決定的なシュートもセーブ。
    吉田麻也 5.5 コーナー付近へ効果的で精度の高いパスを供給。攻撃では貢献するも、不用意なスライディングでピンチを招く。
    森重真人 5.5 大ピンチになりそうなカウンターを阻止。結果的にうまく防いだ格好だが、リスクの高いプレーだった。致命的となりかねないパスミスも。
    長友佑都 6 アフガニスタン戦よりも効果的な攻撃参加。宇佐美とのコンビネーションは良好。
    酒井高徳 7.5 ほぼ完璧と言える出来。タイミングの良い攻め上がりで何度もチャンスに絡む。決定機はものにしたいところだった。
    長谷部誠 6.5 攻守ともに安定感のあるプレーを見せる。相手の攻撃の芽を摘み、攻撃に厚みを加える。決定機も身体を張って阻止。
    山口蛍 5.5 地味ながら攻守に気の利いたプレーを見せるも、普段よりもミスが多かった。
    香川真司 6.5 リンクマンとしての仕事は果たす。他の選手と良い距離感でプレーし、持ち味を発揮。難易度の高いシュートでゴールを奪う。
    本田圭佑 7.0 機を見てインサイドに入り、相手の守備にズレを生む。プレーの確実性はチーム随一。
    宇佐美貴史 6.0 高確率のドリブル成功率は称賛に価する。だが、中に合わせられたクロスは少ない。そして守備のプレー強度が低いのは要改善。
    岡崎慎司 7.0 記念すべき代表100試合目でゴールこそあげられなかったものの、多くのチャンスに絡む。ゴール前だけでなくクサビを受けるプレーでの貢献も見逃せない。

    原口元気 6.5 速攻時に見せた長い距離のスプリントは目を見張るものがあり、アディショナルタイムにはゴールも奪う。本人の問題ではないが、ボランチで良さが発揮される選手ではない。
    金崎夢生 5.5 それほどボールに絡めなかったが、素早い動きだしで見方が使うスペースを生む。
    清武弘嗣 6.5 カウンター時に香川へつないだダイレクトパスは秀逸。

    ハリルホジッチ監督 6.5 就任から1年が経ち、シンプルなプレーでゴールに迫るスタイルをチームに落とし込んだことは高く評価されていい。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160329-00010025-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3月29日(火)21時26分配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 21:56:22.55 ID:CAP_USER*.net
    [3.29 W杯アジア2次予選 日本5-0シリア 埼玉]

    頼れる10番が苦しい中で重要な得点を挙げた。日本代表は前半17分にオウンゴールで先制するも、その後は再三の好機を生かせないでいた。
    しかし、後半21分にFW本田圭佑の浮き球パスをMF香川真司が胸トラップから素早く反転し、左足のボレーシュートをゴール右隅に突き刺した。

    試合後のインタビューで「埼スタで、ホームであまりゴールを決めれてなかったので、結果として決めれて良かったです」と安堵した香川。
    「なかなか2点目が入らなかった中で、相手のカウンターがすごかったので、あの2点目はすごい大きかったのかなと思います」
    と自身の得点が試合の流れを変えたと強調した。

    香川はこの1点にとどまらず、後半41分の本田の得点をアシストすると、
    同45分には一度はGKイブラヒム・アルメに防がれるも、こぼれ球を自ら左足で押し込み、この日2点目を奪った。
    日本はさらにアディショナルタイムに加点し、5-0で完勝。2次予選全8試合完封を達成した。

    香川は「結果が何より重要だったので、この勢いを最終予選に持っていけるように継続して頑張っていきたい。
    (サポーターが)素晴らしい雰囲気を作ってくれたので、これを弾みにキリン杯と最終予選をしっかり頑張っていきたい」と意気込んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-01625921-gekisaka-socc
    ゲキサカ 3月29日(火)21時54分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggNaF44qf4xaZbQ9hNzNdOjg---x400-y279-q90/amd/20160329-00000086-mai-000-2-view.jpg

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ニククエ 3e9f-PLe6) 2016/03/29(火) 21:24:06.75 ID:0s/7/RvN0NIKU.net BE:455830913-2BP(1001)
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    代表戦 29日19時34分開始 埼玉スタジアム2002

    日本 5-0 シリア

    前半17分(日本)オウンゴール
    後半21分(日本)香川
    後半42分(日本)本田
    後半45分(日本)香川
    後半47分(日本)原口

    警告:後半20分 長友佑都

    日本
    GK
    西川周作

    DF
    酒井高徳
    吉田麻也
    森重真人
    長友佑都

    MF
    山口蛍 → 原口元気 後半13分
    長谷部誠
    香川真司

    FW
    本田圭佑
    岡崎慎司 → 金崎夢生 後半33分
    宇佐美貴史 → 清武弘嗣 後半40分

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/score/2016/2016032901.html

    続きを読む

    no title
    続きを読む


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ