481131_heroa


ゴールはいずれも「中央寄り」でプレーしている時に生まれた。

ミランは昨季、セードルフ監督の下で4-2-3-1、今季はインザーギ監督の下で4-3-3を採用しており、監督とシステムが変わっても、
本田は右の攻撃的ポジションで起用されてきた。しかし昨季と今季では、本田自身のパフォーマンスに雲泥の差がある。

昨季は1月からの5か月間で18試合(先発16試合)に出場し、1ゴール・2アシスト。ところが今季は6試合で4得点・2アシスト(>>10月17日時点)。この違いはどこから生まれたのか。

結論から言えば、最大の理由は起用法や戦術ではなく、ミランやイタリアサッカーへの順応だ。パフォーマンスの点では、現在のそれが本来の姿であり、
昨季は様々な要因が絡み、能力を十分に発揮できなかった。

現在のミランにおける本田の位置付けは「攻守に貢献する左利きの右ウイング」。ビルドアップでは右サイドに開き気味の位置を取り、
SBまたは中盤から足下にパスを受ける場面が多い。重心が低く、強靭な肉体を駆使したキープ力を備えるため、滅多なことではボールを失わない。

そして、そこからライン際を縦に持ち上がるのではなく、ゴールに向かって斜め方向に仕掛けるのが、最も多いパターンだ。
ただ、この形からフィニッシュの場面を作り出しているかと言えば、そうではない。

これは、相手DFが左足で仕掛けるコースを切って対応してくるうえ、本田が相手をドリブルやフェイントでかわしても、完全に抜き去るだけの瞬発力がないため、
1対1の突破からシュートやアシストまで持って行くのが難しいからだ。

本田の重要なレパートリーのひとつが、近くの味方を使ったワンツーであり、パス交換からエリア内に侵入し、シュートやアシストにつなげる。
しかし、ワイドに開いたポジションでは近くに味方がおらず、コンビネーションで突破を試みる機会は少ない。

それゆえ右サイドでボールを持った時、相手を抜き切らずにクロスを入れるか、
そうでなければ安全策を取って、サポートに入ったSBやインサイドハーフにボールを戻すか、そのいずれかを選んでいる。

いい形で攻撃に絡むのは、むしろ前に攻め残っている状況からのカウンターだ。4ゴールのうち、キエーボ戦の直接FKを除く3ゴールは、
いずれもカウンターでゴール前に入り込み、フィニッシュに絡んだもので、持ち前の得点感覚やシュートセンスが生きたゴールだった。

 とはいえ、ここで強調したいのは、どのゴールも「右ウイング」というポジションには関係なく、中央寄りでプレーしている時に生まれたものだということ。
そして、6試合で6本という本田の総シュート数が示すように、残念ながらフィニッシュに絡む頻度が高いとは言えない。

 一方の守備に関しては、相手SBが上がった時に自陣深くまで戻る仕事をこなしており、攻撃陣のなかで守備の貢献度は最も高い。
インザーギ監督が右ウイングで起用している理由のひとつも、この献身的な守備にあると見て間違いない。

>>2以降につづく

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141028-00010001-sdigestw-socc

2: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:05:03.29 ID:???0.net
本田の能力を最も生かせるのは、やはりトップ下だ。

総合的に見れば、右ウイングとしての本田のプレーは、間違いなく及第点を上回る水準にある。しかし、ここまでの分析を見ても分かるように、
本田にとってこのポジションが、持ち味を発揮するうえでベストかと言われれば、疑問符が付く。

本来、「左利きの右ウイング」に期待されるのは決定的な場面を作る仕事だろう。具体的に言えば、サイドから単独でエリア内に入り込んでフィニッシュに絡む突破力、
オフ・ザ・ボールで裏のスペースに走り込んでスルーパスを引き出す動きだ。しかし本田には、まさにその部分で物足りなさが残る。
カウンターからのフィニッシュでは貢献しているが、ビルドアップからの攻撃では、決定機につながるプレーをほとんど見せていないのは動かしがたい現実だ。

しかしそれは、本田の能力が「足りない」のではなく、このポジションに「向いていない」のが原因だ。
本田は瞬間的なスピードに欠けるが、優れたキープ力と傑出した戦術眼を持ち、狭いスペースでも連係ですり抜ける技術、シュートとアシストのセンスも備えている。
そうした長所を最も発揮できるのは、ピッチ中央のゾーン、つまりトップ下だ。

相手のライン間で数多くのボールに触り、コンビネーションからアシストやシュートなどフィニッシュに絡む形でこそ、本田は“違い”を作り出せるのだ。
しかし、右ウイングでプレーしている限り、本田が持つ本来の能力を発揮する機会は、極めて限定的なものにならざるを得ない。

現在、本田が右ウイングで見せているパフォーマンスは、おそらく最大値に近いだろう。限られた機会で結果を残しており(シュート6本で4得点は素晴らしい確率だ)、
これ以上は期待できないと思う。

それほど適性がない右ウイングでこれだけやれているのだから、トップ下でプレーする姿を見てみたい。そのためには、インザーギ監督が現在の4―3―3から4―2―3―1に
変更する必要があるのだが……。

9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:14:42.00 ID:YBm3luil0.net
ついこないだのW杯の惨劇をもう忘れたと見える。

11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:24:45.33 ID:wyQiW/Pl0.net
香川中央、本田右が見てみたい
機能しないだろうけど、どうなるか見てみたい

25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:56:22.23 ID:XHf2h15Y0.net
>>11
香川が邪魔
トップ下なんか置いたらスペースが無くなる
ドルトムントの人らも香川のポジショニングでスペースなくなって苦労してるだろ

12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:29:41.64 ID:cYz0DIag0.net
これくらい詳細まで具体的に書いてくれたら読む方としては有り難いわ
でもひとまず右で

13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:43:58.03 ID:n5DSbSPO0.net
素晴らしい記事なのに
伸びないねえ…悲しいわw
そりゃ代表は弱いし、マスコミは低レベルだわ
国民がサッカー知らんもん

14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:44:53.28 ID:pVBXQS9n0.net
このイタリア人監督って誰だ?

20: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:51:53.23 ID:C3baHjzD0.net
>>14
ロッシ

16: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:50:20.26 ID:hGQJNB3W0.net
イタリア人監督のZさんか

17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:50:50.33 ID:NmhmSu2P0.net
もうセリエに興味湧かないんじゃないかな

18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:51:03.96 ID:Hgv3i51y0.net
ネメズ、ムンタン、ボナペンなんちゃら、ポーリあたりの本田無視率は異常
フィニッシュの時だけ1番ターゲットになるけどw

19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:51:28.03 ID:LOjzhbK40.net
一体何ローニ監督なんだ・・・

21: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:53:41.53 ID:KKsDSyHI0.net
本田に複数のタスクは無理
遅くなる
右FWなど決め事がある方がいい

49: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:31:09.07 ID:FzIN6gfq0.net
>>21
CSKAでのプレー見ていたら出ない感想ですね。

23: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:55:36.99 ID:F+8hg3x40.net
本田がトップ下でいまいちになったのは病気になってキープ力が落ちてから
一年半くらいその状態だったからほとんどの人が前の本田のプレイを忘れてて
悪くなってからの印象しかないんだと思う

今の以前に近いコンディションまで戻ってきた本田なら前みたいにバイタルの真ん中で
楔のパスを受けてパスさばいたり決定的な仕事したりできるよ

24: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:56:03.57 ID:noFo5JDz0.net
やっぱザックいいな

46: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:25:38.64 ID:Og1KfziQ0.net
>>24
ロベルト・ロッシだってばw

27: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 19:58:28.18 ID:q25j6jPi0.net
右サイドの連携が計算できてるし動かせないだろ

28: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:00:59.31 ID:Y48r2mE70.net
右封じられたら何もできなくなったんだからまた4231試すこともあるだろう
メネズがスタメン確定じゃなくなった現状、本田トップ下戦術は十分ありえる

33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:06:39.78 ID:/pVe0IB50.net
向いてないポジションでの最大値、ってのは的を射た評価だと思う

34: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:07:06.34 ID:fkN/PMwJ0.net
右サイドから攻める本田は単体じゃ脅威じゃないよなぁ

35: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:09:39.24 ID:F+8hg3x40.net
右サイドだとこの前の試合みたいにアバーテが一対一で相手をぶち抜けないと
攻め手がなくなる

36: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:10:04.21 ID:+ymWZ7mG0.net
セードルフ期と役割違うと思うんだが
ロシア時代の右サイドと似てる
ロシア時代より縦への突破は増えたが

37: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:12:11.74 ID:Bg70NktY0.net
ヴィオラ戦は絞りすぎてたな。アバーテがやりにくそうだった
相手のマークも関係あるんだろうが次で修正してくるだろう

38: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:13:09.31 ID:9DRgVKph0.net
なんでCF て言わないんだ?

39: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:16:05.13 ID:etpusm/z0.net
トップ下だとマークされるからあんまりね。

40: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:17:27.50 ID:ajXuH6B70.net
右で調子いいからそのままでいいだろに
いじるのはまだ早い

41: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:18:02.90 ID:2kKCJlLx0.net
活かせるのはトップ下だけど
もうトップ下なんてポジションは無くなりつつあるし
適応していくしかないよね

48: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:30:48.65 ID:6pZzwVGp0.net
トップ下と細かいパス交換で抜け出すようなフォワード居ないし。

50: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:31:16.41 ID:L0D0diUl0.net
流石ザック。見る目あるわ

52: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:39:02.44 ID:2M+5DSzaO.net
適性はトップ下だと思うよ
でもミランの選手は走らねえからパスの出しどころがない

53: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:41:29.09 ID:vDZ7lzUx0.net
本田にとってはトップ下が一番いいだろうけどそれがチームにとっていいわけではないからなぁ

55: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:47:21.66 ID:nz5xHhaL0.net
本田は敵のディフェンスがそろってなくてカウンター状態で裏抜けるのが一番得意っぽい
ディフェンス真正面にいるトップ下だとほぼ横パスしちゃう

56: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:56:09.38 ID:BW3oUkhp0.net
トップ下で全然ダメなのはもう分かってる

58: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:56:35.41 ID:1ch4uxXX0.net
トップ下だったらもう15ゴールしてる

59: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:56:47.96 ID:SNpvBpaRO.net
カウンターからの攻撃が一番あってるんだよな。
代表でもゴールはできなくてもカウンターからの攻撃が一番光ってた。
瞬発力がないから加速をつけられるカウンターという状況は本田に向いてるんだよね。

60: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 20:59:50.88 ID:8xr3ginq0.net
ウイングこそサッカーの花形だろ。
ロッベンになれよ。

61: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 21:01:42.71 ID:rlGUrO8S0.net
>>60
ロッベンのスピードはどうあがいても無理