327452_heroa

2014年W杯は現地時間12日(以下現地時間)に3位決定戦が予定され、ホスト国ブラジルとオランダが対戦する。
しかしオランダ代表のルイス・ファン・ハール監督はこれを無意味な試合と位置付け、戦いたい人間は誰もいないとの見解を示した。

オランダはグループリーグ初戦で前大会王者スペインを5対1で粉砕するなど、好パフォーマンスを披露して勝ち上がってきたが、
9日の準決勝でアルゼンチンに敗戦。スコアレスのまま迎えたPK戦で涙を呑み、3位決定戦に回ることになった。

しかし、ファン・ハール監督はアルゼンチン戦後、「3位決定戦などやるべきじゃない」「もう10年もそう言い続けてきた。
まあとにかくやらなくてはならないが」と述べ、オランダの前日にドイツとの準決勝を戦ったブラジル側が1日多く休めることについても「フェアじゃない」と語った。

その上で同監督は「なかでも最悪なのは、2連敗で大会を終える可能性があるということだ。
ここまで素晴らしいプレーを見せてきたチームが、最後の2試合に負けたというだけで、敗者として国に帰ることになるかもしれない。
だから、3位決定戦は競技の上で何の意味もない」とコメント。

4強まで辿り着く実力を披露したチームのうちどちらかが、
3位決定戦があるがゆえに「2連敗」という形で大会を終えなくてはならないことが非常に腹立たしいと述べた。

7月11日(金)12時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000013-ism-socc

1:2014/07/11(金) 14:35:13.05

前スレ 【サッカー】オランダ代表ファン・ハール監督、3位決定戦に憤り 「無意味な試合、やるべきじゃない」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1405056913/