サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:UAE

    1: 動物園φ ★2016/09/07(水) 02:39:09.05 ID:CAP_USER9
    U.A.E. 0-1 Australia

    75' Tim Cahill

    http://www.livescore.com/worldcup/match/?match=1-2223824

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/09/04(日) 11:57:32.16 ID:CAP_USER9
    釜本邦茂コラム【ズバッと言わせてもらう!】

    W杯アジア最終予選のUAE戦は「まさかの敗戦」というのが、世間一般の感じ方だろうね。

    しかし、これが「今の日本の実力」だよ。選手たちが「やることをやった。
    しかし、運がなかった」と思っているとすれば、それは大間違いだ。

    確かに浅野が蹴り込んだボールは、ゴールとして認められなかった。

    失点は「微妙な判定の末のFKとPK」によるものであって、決して守備網を崩されて失点したわけではない。
    それでは日本はどうして負けたのか? 答えは明白だ。

    たった1点しか取れなかったからである。

    早い時間帯でFW本田が先制点を決めた。日本はUAEを攻めたて、2点目、3点目は時間の問題のように思われた。
    しかし、追加点は生まれなかった。
    後半に入ると本田を筆頭に1トップのFW岡崎、トップ下のMF香川、左サイドのMF清武のアタッカー陣たちは、ひたすら同じような攻めを繰り返した。

    右に左に丁寧にサイドチェンジを行い、UAE選手を動かしてギャップをつくろうとした。
    サイドにボールを運んだら、UAEのゴール前にフワリとクロスを放り込む。たまにサイドから相手DFを抜き去り、
    ゴール前に低い弾道のクロスを入れるシーンもあったが、ゴールにつながるような効果的なプレーはなかった。

    時にドリブル突破を仕掛けたり、短いパス交換でペナルティーエリアの近辺まで近づいたら、そこで初めてシュートを放つ。
    そしてクリアボールを拾い、丁寧にサイドチェンジを行い……。ひたすら同じことを繰り返しているだけ。そこには創意工夫というものが、まるで見られなかった。

    UAEのDF陣は、特に試合終盤、日本の猛攻にさらされていたように見えるが、日本の単調な攻撃に対して
    「最後のシュートシーンだけ体を張ってしっかりブロックすればいい」としっかり学習し、その通りに実践して失点を1に抑えた。

    たとえばサイドに展開すると見せかけてミドルシュートを放つとか、ドリブル突破を図るのならペナルティーエリア内に進入し、
    あわよくばPKゲットのチャンスを探るとか、どうしていろいろな攻撃パターンを頭に浮かべないのか?

    試合をテレビ観戦しながら「もしかして彼らは何も考えないでプレーしているのではないか!?」とまで思ってしまった。

    最後にゴールを決めた本田について――。

    日刊ゲンダイ紙上で何度も指摘してきたが、彼のダメなところは「パスを出した後に動かない」ことである。
    特に疲労が蓄積した後半途中から顕著になる。動けない本田はピッチ上に必要ない。

    なぜ本田をベンチに連れ戻さないのか? 不思議でしょうがない。

    (日本サッカー協会顧問)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000012-nkgendai-socc
    日刊ゲンダイDIGITAL 9月4日(日)9時26分配信

    https://www.youtube.com/watch?v=ERnIbXxGFAU


    釜本邦茂 サッカー (68`メキシコ五輪)

    続きを読む

    1: TEKKAMAKI(韓国) 2016/09/04(日) 09:30:44.69 ID:DpH1YKqN0● BE:565421181-2BP(3000)
    サッカー協会関係者「試合後に文書で抗議する日本サッカー協会、世界的に珍しい」

    日本、ホームでUAEに負けパニック

     「レベルの低い中東の審判が試合をメチャクチャにした。審判を交代させられるルールを作れ!」
     1日に行われたサッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選B組第1戦。日本とアラブ首長国
    連邦(UAE)の試合が終わった後、日本はパニックになった。

    日本はこの日、ホーム(埼玉スタジアム)で比較的弱いと言われていたUAEに1-2の逆転負けを喫した。
    日本のサポーターたちは「試合で納得の行かない判定が相次いだ。誤審のせいで負けた」と激怒している。
    日本のメディアは「中東の笛に泣いた」と報道した。

     日本サッカー協会は2日、「判定に納得できない」という意見書をアジア・サッカー連盟(AFC)と
    国際サッカー連盟(FIFA)に提出した。

    サッカー協会が正式に判定に抗議したのは極めて異例だ。サッカー協会関係者は
    「試合が終わった後、文書により判定に抗議するのは、世界のサッカー界でも珍しい」と言った。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/03/2016090300372.html

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/09/02(金) 12:44:24.68 ID:CAP_USER9

    no title

     日本代表は1日にロシアワールドカップアジア最終予選でUAE代表と対戦したのち、6日にはアウェイでタイ代表と対戦する。

     “タイのメッシ”の異名を持つタイ代表FWチャナティップ・ソングラシンは、FIFA公式サイトのインタビューで日本戦に向けた自信を語っている。

    「難しい試合になると思う。だけど、フットボールに不可能なんてないんだ。日本代表は強い。だけど、負けることだってある。オーストラリア代表だってそうさ。フットボールとはそういうものだ」

     日本が属するグループBの中で、タイ代表はFIFAランキングで最も低い120位に位置している。タイは過去に一度もワールドカップに出場したことはなく、最終予選では苦戦する試合が続くことが予想される。

     日本戦はタイにとってのホームだが、「監督は、ホームでは勝たなければならないと言っている。アウェイでは1ポイントでOKだけど、負けてはならない。ホームでは3ポイントが必要だ。難しいかもしれないけど、僕たちはできるはずだ」と大一番での勝利を誓っている。

     タイ代表は1日にアウェイでサウジアラビア代表と対戦し、6日に日本代表をホームに迎える。

    フットボールチャンネル 8月31日 18時1分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160831-00010035-footballc-socc

    続きを読む

    37: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2016/09/02(金) 07:06:06.89 ID:2AkD6enu0

    no title

     
    あのシーンはラインは割ったかもしれないが 
    シュートとしては完全に止められてるからね 
    流れでみたらノーゴールにされるわ
    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2016/09/02(金) 00:54:44.88 ID:CAP_USER9
    W杯最終予選の初戦で2-1と会心の逆転勝利 「UAEが日本に衝撃を与えた!」
     
    日本代表は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選でUAEとホームで対戦。

    1-2と1点ビハインドで迎えた後半32分、FW浅野拓磨のシュートはゴールラインを越えた後でGKに掻き出されたが、
    ノーゴールと判定された。決まっていれば同点となっていただけに、試合の結果を分ける大きなワンプレーとなった。

    UAE紙「ガルフニュース」電子版も問題のシーンについて触れ、
    「日本は不当な扱いと感じているに違いない」と不可解な判定があったと指摘している。

    日本は前半11分、MF清武弘嗣のFKからFW本田圭佑が頭で押し込み先制した。
    本田は2次予選から7試合連続ゴールとなった。しかし、UAEの反撃を受けた日本は、直接FKとPKによる失点で逆転された。

    1点を追うなか、疑惑のシーンは後半32分に訪れた。
    右サイドのDF酒井宏樹のクロスをFW本田が必死に体を伸ばして頭で落としたところに浅野がフリーでシュート。

    やや当たり損ねたボールはゴールラインを超えたかに見えたが、GKがライン上ではじき出したと判定されノーゴール。
    こぼれ球に詰めた香川のプッシュも相手DFにクリアされた。日本は大きな同点チャンスをフイにされた。

    同紙はこの試合の結果を「アウェーでの2-1勝利で、UAEが日本に衝撃を与えた」と大々的に報じている。そして、疑惑の判定についても触れている。

    勝利に歓喜も審判団の判定には首を傾げる
     
    「後半、タクマ・アサノがゴールに近いところで奮闘した。UAEのGKハリド・エイサが必死に掻き出す前にゴールラインを割ったように見えた。
    日本は不当な扱いと感じているに違いない」とし、勝利に歓喜するUAE側もカタールの審判団による判定には首を傾げているようだ。

    また、UAEの英語メディア「The National」は、「日本が同点に追いついたはずの77分に放たれた浅野のシュートは、
    エッサがクリアする前にゴールラインを割ったが、審判団が見逃した」と、誤審であるとハッキリ指摘している。

    地の利を生かして戦いたかった日本だったが、これまでに何度も悩まされた“中東の笛”によって敗戦を喫するというまさかの展開となった。
    気持ちを切り替え、6日の敵地タイ戦では白星を手にすることができるだろうか。

    Football ZONE web 9月1日(木)23時44分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160901-00010027-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    48: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2016/09/02(金) 01:17:53.84 ID:xbO3oCP10

    no title

     
    いきなり使われるってことはハリルに期待されてたんだろうけど、 
    A代表にはまだ早かったかもな
    続きを読む

    1: Egg ★2016/09/01(木) 22:59:11.06 ID:CAP_USER9
    フル出場した香川真司(ドルトムント)は、「絶対に勝たなきゃいけない試合でこういう結果に終わってしまったことはすごく悔しいですけど、次に切り替えてやっていくしかないと思います」とコメントした。

     この試合では大島僚太(川崎フロンターレ)がA代表デビューを飾り、大島とともにリオデジャネイロ・オリンピックを戦った浅野拓磨(シュトゥットガルト)も、初めて最終予選のピッチに立った。だが、香川は「若い選手もそうですけど、それ以上に長い間でている選手がいる中でこういう負け方をしたことは、やっぱり自分たちに責任があると思います」と、最終予選を経験している選手としての責任を口にした。

     2015年のAFCアジアカップ準々決勝でもUAEに敗れている日本。同試合でPKを失敗した香川にとってはリベンジのチャンスだったが、勝利をつかむことはできなかった。香川は、「自分たちが負けたのでこれ以上僕たちに言うことは何もないですし、これを受け入れてやるしかないので。厳しい戦いが続くと思いますし、スタート負けましたけど、次やるしかないので」と悔しさを露わにしつつ、次の試合を見据えている。

     日本は6日に最終予選第2戦でタイ代表とのアウェーゲームに臨む。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00487906-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/09/01(木) 22:16:02.97 ID:CAP_USER9
    日本代表は1日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の初戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦し、1?2で敗れた。
    アジア最終予選の初戦を落としたチームは歴史上、本戦の出場権を獲得できていない。
    日本代表にとって、厳しい船出となった。

    フル出場した本田圭佑は試合後、以下のように語っている。

    「最悪のシチュエーションですよね。こういった結果になったというのは非常に受け入れがたい。
    ただ、終わってしまったことは仕方がない。しっかりと切り替えていきたい。次、タイ戦があるので」

    「この後、全勝するぐらいの気持ちでやっていきたい」

    「入り方は悪くなかったと思います。ただ90分で負けたら意味が無い。厳しい結果になりました」

    「最後までしっかりやります。結果を出さないといけないことは分かっているので。前を向いていきます」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000021-goal-socc
    GOAL 9月1日(木)22時0分配信

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@2016/09/01(木) 22:28:11.87 ID:OAeZVLMG0

    CrRerspUIAE5At2

     
    決定力不足が課題よな

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ