サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:SB

    1: YG防衛軍  2016/10/08(土) 17:49:43.42 ID:CAP_USER9
    オーストラリアの高さ対策を最優先するなら…。

    hasebe-500x333


     累積警告で出場停止の酒井宏樹に続き、7日の練習で負傷した長友が途中離脱。ふたりに代わる選手の追加招集はない、となると、オーストラリア戦の注目ポイントのひとつが「SBのスタメンが誰になるか」だ。

     オーストラリアの高さ対策を最優先するなら、右に酒井高徳、左に槙野という可能性が高い。槙野は6月に行なわれたキリンカップのボスニア・ヘルツェゴビナ戦で槙野は途中出場ながら左SBで使われているが、浦和では3バックの一角を担っており「SB」という印象はもはや強くない。
     
     スペシャリストという点からすれば、左SBの本命は太田になる。ただ、代表経験の浅さは気になるところ。FC東京では左SBでプレーした時期もあった丸山もここまで代表キャップゼロと、さすがにアウェーのオーストラリア戦で起用されることはないだろう。
     
     選択肢のひとつとしては、右SB・長谷部も考えられる。所属先のフランクフルトではそこで使われ、チームの勝利に貢献した実績があるからだ。とはいえ、クラブはクラブ、代表は代表。さすがにハリル政権下で「不動のボランチ」と言える長谷部が、このタイミングでボランチにコンバートされるのは現実的ではない。ちなみに、同じドイツ組では原口がワールドカップのアジア2次予選で右SBに起用されたことがある。
     
     いずれにしても、酒井宏と長友が戦線離脱したことで「代役は間違いなくこの選手!」と浮かび上がってこないところからも、ハリルジャパンの厳しい現状が窺える。果たして、ハリルホジッチ監督は、この緊急事態をどんな策で乗り切るのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00019487-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 13:41:16.20 ID:???*.net

    post-1096

     
    【日本 6-0 アフガニスタン 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

    日本代表は8日、イランのアザディスタジアムで行われたロシアW杯アジア2次予選第3戦でアフガニスタンと対戦し、6-0で勝利した。

    「選手にはブラボーと言いたい」

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「素晴らしい勝利だった」と喜んだ。
    新体制発足後、最多となる6得点を挙げ、アウェイでの初勝利を掴んだ。

    「美しいゴールも、素晴らしいアクションもいくつかあった」と多くのチャンスを作ったことを評価した指揮官だが、
    「まだ向上の余地がかなりあると思う」と述べた。
    「我々は発展のためにトレーニングを続けるが、それは今日よりもさらに高いレベルに行けると信じているから」というように、
    選手たちの可能性に期待を持っている。

    後半途中から原口元気を右SBに移した。
    この采配は多くの人が想像していなかったと思われるが、ハリルホジッチ監督は「原口のサイドバックはセンタリングを増やすためだった。
    リスクを負ってもいいような点差だったので」と、攻撃的なトライだったこと明かした。

    またアフガニスタンのサッカーについては「非常に素晴らしく戦う意識を持ったチームで、クオリティを高かった。
    国内情勢も踏まえて難しい状況もあると思うが、フットボールに関してはしっかり向上してほしいと思う」とエールを送った。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150909-00010006-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ