サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:Jリーグ

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 19:21:48.00 ID:???*.net
    神戸 1 -1 浦和 ノエビアスタジアム神戸(18,143人)
     前半27分(浦和)梅崎司
     後半39分(神戸)渡邉千真

    川崎 2 - 0 松本 等々力陸上競技場(21,490人)
     前半45分(川崎F)レナト
     後半20分(川崎F)エウシーニョ

    横浜M 0 - 3 鹿島 日産スタジアム(28,928人)
     前半8分(鹿島)カイオ
     前半40分(鹿島)土居聖真
     後半39分(鹿島)赤崎秀平

    湘南 1 - 3 新潟 Shonan BMWスタジアム平塚(11,175人)
     前半33分(湘南)三竿雄斗
     後半18分(新潟)加藤大
     後半20分(新潟)ラファエル・シルバ
     後半40分(新潟)山崎亮平

    清水 0 - 2 甲府 IAIスタジアム日本平(13,288人)
     前半11分(甲府)オウンゴール
     後半6分(甲府)伊東純也

    名古屋 1 - 0 柏 豊田スタジアム(15,848人)
     後半30分(名古屋)ノバコビッチ

    G大阪 1 - 1 仙台 万博記念競技場(14,616人)
     前半33分(G大阪)今野泰幸
     後半43分(仙台)奥埜博亮

    広島 5 - 1 山形 エディオンスタジアム広島(12,286人)
     前半26分(広島)佐藤寿人
     前半28分(広島)佐藤寿人
     前半35分(広島)佐藤寿人
     前半39分(広島)柴﨑晃誠
     後半24分(山形)中島裕希
     後半48分(広島)野津田岳人

    鳥栖 1 - 2 FC東京 ベストアメニティスタジアム(16,871人)
     前半17分(鳥栖)金民友
     後半24分(東京)中島翔哉
     後半30分(東京)森重真人


    Yahoo! J1試合速報:http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j1/16/1st
    J.league.jp J1順位表:http://www.jleague.jp/standings/j1
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague
    明治安田生命:http://www.meijiyasuda.co.jp/

    前スレ ★1=2015/06/20(土) 17:59:10.05
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1434790750/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 06:48:44.27 ID:???*.net
     
    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の組み合わせ抽選が18日、マレーシアのクアラルンプールで行われた。初制覇を狙う柏は、
    13年覇者の強豪・広州恒大(中国)との対戦が決定。
    エースFWレアンドロ(30)の今夏の神戸移籍が濃厚であることも判明し、厳しい状況に陥った。7年ぶりの優勝を目指すG大阪は全北(韓国)と対戦する。

    ACL準々決勝の組み合わせ決定日に、衝撃の事実が判明した。
    柏がエースFWレアンドロの流出危機に直面。関係者によると、既に07、08年に在籍した古巣・神戸から水面下でオファーを受けており、移籍が濃厚な状況になっている。
    今季のレアンドロはACLで工藤、武富と並ぶチームトップタイの3得点を挙げ、リーグ5得点も工藤と並ぶチーム最多。
    ゴールだけでなく前線でボールを収める攻撃の軸でもあるだけに、移籍が決定すれば大打撃となる。

    神戸はリーグ15節終了時点で4勝5分け6敗の12位。
    15得点は甲府、山形に次いで3番目に少なく、得点力アップが課題となっている。昨季まで柏を率いたネルシーニョ監督が指揮しており、
    特徴を知り尽くすレアンドロの獲得を熱望。現在、外国人枠は埋まっているが、中東クラブからオファーを受けるペドロ・ジュニオールを放出する方向で調整しており、支障はない。
    その移籍金でレアンドロの獲得資金を補てんする算段だ。

    初のACL制覇を目指す柏の準々決勝の相手は広州恒大に決定。過去4度の対戦で1分け3敗と未勝利の天敵だ。
    第1戦はホームで8月25日、第2戦はアウェーで9月15日に行う。並行して戦っているリーグ戦は15位に低迷。
    レアンドロの穴が埋まらなければ、ACLの8強敗退だけでなく、J1残留争いに巻き込まれる可能性も現実味を帯びてくる。
    吉田達磨監督(41)の就任1年目。アジア舞台を順調に勝ち上がってきたチームに暗雲が垂れ込めた。

     ◆レアンドロ 1985年2月12日生まれの30歳。ブラジル出身。サンパウロから05年に大宮、06年にJ2山形でプレーし、
    07年に神戸入り。2シーズンで22得点を挙げ、09年にG大阪移籍した。
    同年9月にカタールのアルサドへ移籍、アルラヤンを経て12年にG大阪に復帰した。
    13年7月に再びアルサドへ移籍した後、14年から柏でプレー。J1通算140試合出場で64得点。
    J2通算59試合36得点。1メートル76、70キロ。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/19/kiji/K20150619010566210.html
    2015年6月19日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/19/gazo/G20150619010567130.html
    今夏の神戸移籍が濃厚な状況となっている柏FWレアンドロ

    続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 22:04:35.97 ID:???*.net
    今季からJ1で採用されている2ステージ制のうち、第1ステージが佳境を迎えている。
    浦和が残り2試合のうち、どちらかを引き分け以上で終えるか、
    数字上優勝の可能性を残すG大阪が残り3試合で3連勝できなければ浦和の第1ステージ優勝が決まる。
    だが、浦和の選手たちは、第1ステージ優勝をどの程度重要なものとしてとらえているのだろうか。

    まず、7日の清水戦で決勝ゴールを決めたFW興梠慎三。
    ヒーローインタビューで「年間優勝を取りたいので、ファースト(第1ステージ)とかどうでもいいです」
    とあっけらかんと宣言してしまった。文字通り、通過点にすぎないというわけだ。

    前節まで4試合連続ゴールと浦和移籍でブレークしたMF武藤雄樹も「優勝が近づいてるぞ!っていう感じはないです」
    と冷静に受け止めている。

    ペトロビッチ監督は「第1ステージというくくりならば、ほぼほぼ手中に収められたかなと思っている」と
    実質的な勝利宣言も出したが、これも年間勝ち点1位を最終的な目標としているからこそ出た発言だろう。

    ベテランのMF鈴木啓太は、もう少し具体的にステージ優勝のとらえ方について語ってくれた。

    「ファーストステージ優勝!だけど…みたいな。前までの大会の方式が違うので。
    (以前は)チャンピオンシップがあって、セカンド(第2ステージ)も優勝すれば完全制覇なんだけど、
    今回はそれでも(チャンピオンシップが)あるわけじゃないですか。
    優勝すればその次の試合が消化試合的なイメージがあったと思いますけど、今はないので」

    Jリーグは96年以外は93年から04年まで2ステージで行われた。
    このうち97年以降は2ステージ両方で同じクラブが優勝した場合は「完全優勝」となり、
    02年の磐田と03年の横浜Mが完全優勝でリーグタイトルを手にした。

    今年から行われるチャンピオンシップはルールが従来のものと大きく異なる。

    まず、各ステージの1位チームが年間勝ち点2位、3位チームと1回戦を行い、勝者が準決勝を行う。
    その勝者と「年間勝ち点1位」のクラブが対戦し、勝者が今年のJ1王者となる。
    もしも、年間勝ち点1位と各ステージの優勝クラブが同じだった場合は年間勝ち点1位として決勝にシード。
    年間2位、3位と各ステージ優勝が同一だった場合はステージ優勝クラブが準決勝にシードされる
    (2位、3位がそれぞれ第1、第2ステージで優勝していた場合は年間勝ち点上位のチームがシード)。

    浦和イレブンの共通した目標は「年間勝ち点1位を目指す」こと。そのため、
    仮に次節20日の神戸戦で第1ステージ優勝が決まったとしても、27日に行われる新潟との最終節は“勝ちにいく試合”となる。

    04年に第2ステージ優勝、06年には1ステージ制の優勝を経験している鈴木は、
    今年の第1ステージ優勝について、「タイトルはタイトルだと思いますけど、
    年間で勝ち点を多く取っているチームがスーパーシード(チャンピオンシップの決勝から出場)ということなので、
    そこを目指さないといけない」と断言した。

    また、個人的な意見として「年間通してやらなきゃいけないと思うし、それこそがリーグ戦というものだとは思っていて。
    小さな声かもしれないけど、やっている選手は言っていかないといけないんじゃないかなとは思います」
    と1ステージ制復活を望んでいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150607-00000097-dal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 15:55:14.26 ID:???*.net
    ハリルVSJクラブのバトルが再燃だ。日本サッカー協会は1日、
    国際親善試合イラク戦(11日、横浜)とロシアW杯アジア2次予選シンガポール戦(16日、埼玉)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。
    いよいよ2018年W杯への戦いがスタートするが、
    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は会見でJリーグへの不満を訴えて大暴走。指揮官の“逆なで発言”にはJクラブ側も当然反発し、緊張感が高まっている。

    千葉県内で行われた代表メンバー発表会見。いつものように熱弁をふるったハリルホジッチ監督は、勢いそのままにJクラブへの“不満″まで吐露した。

    「日本代表の位置がそこまでプロテクトされていないんじゃないか」とズバリ切り出すと、こうまくし立てた。
    「次にまたミニ合宿をやりたい。カレンダー(日程)についてもアイデアを送りたい。
    例えば今回、国内組が8日に(合宿に)着く。何人かの選手(海外組)は1週間前に着くが…。できるだけ私は選手と過ごしたい。彼らとトレーニングする時間がほしい。
    私の考えや手段、方法を伝えたい。ただ、いつもそんなに時間があるわけじゃない」

    一方、クラブ側はこれまでハリルジャパンに譲歩してきた。
    先月12~13日の国内組合宿は、年間予定になかったうえにJリーグやアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の過密日程の最中に開催。
    各クラブとも本音ではもちろん選手を休ませたかったが、指揮官の強い要望に折れる形で選手を派遣した。
    にもかかわらず、ハリルホジッチ監督は、協力姿勢がまだまだ足りない!と主張したのだ。

    これには、ある強豪Jクラブの社長もあきれ気味。
    「監督がどういったことを考えているのか分からない部分も多いし、我々が直接会って意見交換する場を定期的につくっていったほうがいい」と話し、
    クラブトップがハリルホジッチ監督との“直接対決″に乗り出す可能性を示唆した。

    Jクラブ側が反発を強めるのは、指揮官には就任からわずか2か月半の間で数々の“前科”があるからだ。
    5月の合宿では、腰やヒザの状態が悪かったFW武藤嘉紀(22=FC東京)の招集を強行。
    クラブ側は初日の練習を休ませることを条件に送り出したが、あっさりとほごに。
    しかも練習で右ヒザを負傷するアクシデントに見舞われた。
    普段温厚なFC東京のマッシモ・フィッカデンティ監督(47)も「なぜそうなったのか。
    結果は皆さんの知っている通り」と珍しく怒りをあらわにしたほどだ。

    さらにはクラブ側の強化方針を無視し、選手個々にトレーニングを指示したり、選手の個人情報である体脂肪率を“一般公開”し物議を醸した。
    武藤の移籍問題についても「チェルシー(イングランド)には行くな」と介入するなど、暴走は止まらなかった。
    こうしたなか、在京Jクラブ関係者が「影響力のある日本代表監督が、こういう発言を続ければ今後は(代表に)協力しないこともある」と話すなど、対立は深まっていた。

    日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(48)は以前から「監督は熱中すると周りが見えなくなるタイプなので…。
    決して悪気があるわけじゃない」と擁護しているが、ロシアW杯アジア予選を前にクラブ側の怒りは爆発しかねない状況。
    それでも、ハリルホジッチ監督は一切の妥協をせず己のやり方を貫くのか。きな臭さは増すばかりだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000008-tospoweb-socc
    東スポWeb 6月3日(水)10時2分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000008-tospoweb-socc.view-000
    今回も合宿初日に選手のランニングに加わったハリルホジッチ監督(手前)

    続きを読む

    1: VIB ★@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:56:06.46 ID:???*.net
    日本人に昔から馴染みのあるスポーツといえば、ゴールデンタイムで放送されてきた野球である。サッカーがいまいち日本で人気がでないのは、その野球と比べて得点シーンが圧倒的に少ないことが大きな理由のひとつだろう。
    友達に連れられて初めてJリーグを観戦しに行っても、90分間で0-0。面白いことが何もなかったという経験をした人は、大勢いるに違いない。しかし今、Jリーグに、いつ行っても必ず面白いといわれている激闘必至の対戦カードがあるという。
    「川崎フロンターレvsサガン鳥栖ですね。1998年に初対戦を迎えて以来、17年間、得点が多く入る乱打戦しか行われていないんです。今シーズンのJリーグ一試合の平均ゴール数は、2.5ゴール。しかし、川崎vs鳥栖は、7.1ゴールもあるんです。
    前半の45分間だけで3ゴール以上見られちゃう計算なんですから、観ているファンを飽きさせませんよね。」(スポーツライター)

     川崎vs鳥栖の過去の対戦を振り返ってみると、7-0、5-2、2-4、4-2、6-1、6-3、7-1、4-5、3-2と、まるで野球の試合のようなスコアが並ぶ。両チームのファンの中でこの乱打戦は有名で、一種の風物詩的な位置づけになりかけているという。
    「この試合は必ず盛り上がるから楽しみ、というサポーターは多いみたいですね。一部では『勝っても負けてもいいから、必ず観にいく!』『下手なW杯の試合より断然面白い!』『サッカー好きじゃない人にも、絶対にオススメ!』と大盛り上がりですよ。
    どっちのファンでもないけど、この試合は観に行くようにしているという話もちらほら聞くようになりましたし、もしかしたらこの先、Jリーグの伝統の一戦になっていくかもしれないですね」(同ライター)
     スポーツ観戦というものは「もしかしたら盛り上がらないかもしれない。だから盛り上がった時が最高に面白い」という考え方が往々にしてあるものだ。
    しかし、なかなかスタジアムに足を運ばないライトなファンからすると、確実に盛り上がる試合ほどありがたいものはない。ぜひ、興味のある方はスタジアムで観戦してもらいたい。
    (文=沢野奈津夫)
    http://www.cyzo.com/2015/06/post_22231.html

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 05:21:02.76 ID:???*.net

    miyaichi1

     
    サッカーのオランダ1部リーグ最終戦で17日、トウェンテはアウェーのヘーレンフェイン戦で3-1で逆転勝ちした。
    今季限りでトウェンテを退団する宮市は最終戦でピッチに立てず、出場機会に乏しかったシーズンを終えた。
    昨年9月にイングランド・プレミアリーグのアーセナルから期限付き移籍で加入したが無得点で
    「結果が残せず残念。申し訳ないという気持ち」と無念さをにじませた。

    今後については日本でのプレーも「興味はある」と語り、「どこへ行こうとも自分のやるべきことをやるだけ。
    しっかり考えて決めたい」と締めくくった。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150518/sci15051800430002-n1.html
    2015.5.18 00:43

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 06:50:35.74 ID:???*.net
    5.14 J1第1ステージ第12節 柏0-0湘南 柏]

     湘南ベルマーレのチョウ・キジェ監督が、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督の発言に対し、自虐的な反応を見せた。

     湘南は14日に敵地で柏レイソルと対戦。結果は0-0と互いに無得点に終わったが、がっぷり四つで組み合った好ゲームを演じた。

     チョウ監督は現役時代にチームメートとしてプレーした吉田達磨監督との初対決も楽しんだ様子。

     「悔しい気持ちはありますけど、柏さんに合わせることなく、我々のスタイルを全うできた。清々しい思いです」と充実の汗をぬぐった。

     そして自ら、先日行われた日本代表の国内組合宿でバヒド・ハリルホジッチ監督が「Jリーグのレベルには満足していない」などと発言したことに言及。

     「ハリルホジッチ監督が『Jリーグは甘い』だとか、『Jリーグは闘えない』だとか話しているのを新聞紙上等で確認した。甘く映っちゃうのかな…」

     と自虐気味に話すと、「いろんな意味で一指導者として責任を感じないといけない。闘わないといけない、自分たちで責任を負わないといけないというのは、

     常日頃から選手たちには言っている。今日はそういうところをお互いに出せたのではないかと思う」と胸を張った。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00547848-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 07:53:17.71 ID:???*.net

    no title
     
    12年6月に移籍した英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで失意の2年を過ごした日本代表MF香川真司(26)が、
    14年8月に古巣ドルトムントへの復帰を決めたのは、相思相愛の指揮官がいたからである。

    香川が初めて海外に飛び出し、10年7月に加入したドルトムントで活躍できたのは、すべてはクロップ監督のおかげである。
    「シンジは中盤の真ん中で生きる」と高く評価。守備などを免除して自由を与えることで香川の能力を引き出した。

    マンU時代にはサイドやボランチでプレーさせられ、ベンチを温めることも多かったが、
    「シンジが左サイドとは! 心が張り裂け、涙があふれてくる」と温情コメントを発していた恩師クロップの下、
    香川は再生を図り、かつての輝きを取り戻すハズ……だった。

    ところが15日、クロップ監督が緊急記者会見を開き、今シーズン限りで退団することを明かしたのだ。
    後任は14年5月までドイツ1部マインツを率いていたトゥヘル監督に内定していると地元紙が報じている。
    マインツといえば、香川の日本代表のチームメートFW岡崎慎司(28)が所属しているクラブ。
    親日家で知られるトゥヘル監督と香川はうまくやっていけるだろうが、
    トゥヘルは現役ドイツ代表MFケディラ(レアル・マドリード所属)を引き入れようと画策中。そうなると香川は、はじき飛ばされてしまう。

    「トゥヘルは00年から5年間、シュツットガルトのユース監督をやっていて、
    ケディラは当時の秘蔵っ子のひとり。
    中盤に君臨する絶対的エースとしてケディラを中心にしたチームづくりを進める意向を持っており、
    香川は完全に構想外となってしまう」(在欧サッカージャーナリスト)

    日本代表ハリルホジッチ監督は「所属クラブで控えは代表に呼ばない」と話している。
    香川に残された選択肢は、Jリーグ復帰しかない。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/159085
    2015年4月18日



    練習で香川をハグするクロップ監督

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 23:26:36.58 ID:???*.net
    文=安藤隆人

    CBbn7s_VEAAieiI


    鹿島アントラーズの日本代表MF柴崎岳が、Jリーグのプレースピードに警鐘を鳴らした。
    AFCチャンピオンズリーグのスケジュールに合わせて変則開催となった明治安田生命J1リーグ第6節、柏レイソル対鹿島アントラーズの一戦。

    試合は非常にテンポの早い展開となり、結果は3-1で鹿島が勝利。
    素早く攻守が入れ替わる見応え十分のサッカーの中において、柴崎岳の落ち着いたプレーの存在感は際立っていた。

    「最初は相手の攻撃に戸惑ったけれど、運動量を増やして、僕らボランチとサイドハーフでうまく連動しながら対応した」と振り返ったように、
    柏の3トップに対して4バックが対応するが、センターフォワードのレアンドロが引いてきてボールを受ける際は、
    センターバックではなく柴崎と梅鉢貴秀のボランチが対応。

    状況によっては武富孝介と大谷秀和という柏の2シャドーを含めた3人をボランチでケアをしなければならなかった。
    それでいて攻撃のスイッチを入れる役割もこなし、前線への飛び出しも狙う。かなりの負担が柴崎には掛かっていた。

    しかし、守備面では梅鉢と連携し、レアンドロを抑えながらも対峙する武富にプレスを掛ける。
    ボールを奪ったら一気にサイドや縦へ展開し、前線までスプリントして好機に絡む。
    37分にはカウンターから土居聖真がドリブルで運ぶと、右外側を猛ダッシュで駆け上がって相手DFを引き出した。

    前半アディショナルタイムには右FKから植田直通のJ初ゴールをアシスト。
    後半、さらに試合のテンポが上がる中でも運動量を落とすことなく、質の高いプレーを見せ続けた。

    「テンポが早く、プレッシャーが厳しい中でどれだけ質の高いプレーができるか。僕はそこにこだわっている」
    柴崎は青森山田高時代から常々こう語っていた。高校時代から図抜けた実力を持っており、同世代間でのプレーではどうしてもテンポの遅い展開になりがちだ。
    だが、それに甘えることなく、「より狭いスペースや予測が難しい状況でも普段のプレーができることを求めている」と自らに高いハードルを課してプレーしていた。

    いつしかその舞台がプロになり、鹿島の中心選手になると、今度はJリーグ自体が時として「物足りない」状況になり始めていた。
    「もっとJリーグも早いテンポでやらないと、もっと上には行けない」
    昨シーズンから彼のプレーを見ていると高校時代のように“より厳しい状況”を求めて前線へのスプリント回数を増やしたり、攻守においてよりストイックにフル稼働するようになった。

    一番のハイライトは、今年1月のAFCアジアカップ準々決勝のUAE戦で決めたゴールだ。
    本田圭佑(ミラン/イタリア)にクサビを当ててからの彼のゴール前の密集地帯に飛び込むスプリント、そして足下に来たボールをスピードを落とさずに狙いすまして打ち込む技術。
    まさしく瞬間的に訪れた「厳しい状況」で、そこで質の高いプレーを披露した。

    「もっとハイテンポに、もっと厳しく」
    この思いを抱いてプレーをする彼は、柏戦を楽しんでいるように見えた。試合後、彼に感想を伝えると、ハッキリした口調でこう返ってきた。
    「こういう試合は疲れるけど、やりやすい。でも、ハイテンポな試合をスタンダードにしてやっていかないと。Jリーグのあまりテンポの速くないサッカーよりも
    ハイテンポのサッカーのほうがより考えるし、上のレベルで通用することになると思う。いかにハイテンポの中で運動量を増やして、質の高いプレーができるかを常に考えていきたい」

    柴崎岳が欲するのは『厳しさ』だ。それも、ちょっとやそっとの厳しさではない。だからこそJリーグにもレベルの高さを求めている。
    日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も、Jリーグの実行委員会に出席した際にプレースピードの遅さを指摘していた。

    柴崎のコメントは、まさに高みを目指しているからこそに他ならない。こういったテンポの早い試合がJリーグのスタンダードになっていかなければならない。
    柴崎の言葉と姿勢は、Jリーグの現状に警鐘を鳴らしていると言っていい。

    SOCCER KING 4月16日(木)23時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00302901-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/15(水) 07:02:41.12 ID:???*.net

    url

     
    日本代表のハリルホジッチ監督が14日、都内で開催されたJ1、J2実行委員会に参加。
    Jリーグのレフェリングに改善を呼びかけた。

    J1視察を繰り返してきた中、日本協会の上川審判委員長も座る前で「審判にも疑問を持ちました。
    (体が)少し触れると笛を吹きます。少し適応が必要かと。欧州では吹かないものも吹きます。変化を起こさないといけない」と訴えた。

    選手とのミーティングや会見で「球際の激しさ」の必要性を訴えてきた指揮官は先日、マンチェスターC―マンチェスターU戦をテレビ観戦後に
    Jリーグを見てフィジカル面、プレースピードの差に驚いたという。

    ファウルが取られやすい日本のレフェリングも日本人が球際に弱い一因と考えているようだった。

    スポニチアネックス 4月15日(水)5時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000005-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ