サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:Jリーグ

    257: U-名無しさん@実況・^^です (ワッチョイWW 3672-6VSt) 2017/09/07(木) 19:55:41.57 ID:DISFGoTF0
    720p-185472516

    J名将ランキングベスト10 
    1 アーセン・ベンゲル 
    説明不要。一年で名古屋を「プロ」チームに変えた名将。 
    2 ネルシーニョ 
    転々としながらも行く先々で手腕を発揮。 
    3 ミハイロ・ペトロビッチ 
    賛否は分かれるが、唯一無二のチームを作り上げる。 
    4 長谷川健太 
    戦術家としても優秀だが、モチベーターとしても日本人ではナンバーワン。 
    5 小林伸二 
    弱くても貧乏でも形は必ず作り上げる。話の長さはナンバーワン。 
    6 反町康治 
    五輪での失敗後、現実を直視してリアリズムを突き詰めた戦術家。 
    7 高木琢也 
    余裕のあるクラブで指揮を執ったことは無いが、必ず上々の結果を出す。 
    8 森保一 
    引き出しは少ないが地道にチームを作り上げる。モチベーターとしても優秀。 
    9 柳下正明 
    自ら動くサッカーが身上。基本的に受け身のサッカーはしない。 
    10 大熊清 
    戦術は凡庸。サポの評価も低く求心力も無いが何故か結果は残す。声がデカい。
    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/08(月) 08:02:03.59 ID:CAP_USER9
     Jリーグは7日、浦和DF森脇良太(31)が鹿島選手に侮辱的な発言をしたとされる問題に関して都内で規律委員会を開き、森脇と鹿島MF小笠原満男(38)から聞き取り調査を行った。関係者によると試合映像を使いながら尋問する形で進められ、先に小笠原から約40分、次に森脇から約90分の時間をかけて聴取を行った。今後は同委員会で調査協議し、処分の有無を判断していく。

     小笠原は4日の浦和―鹿島戦(埼玉)の後半33分、森脇が鹿島MFレオ・シルバ(31)に「くせえんだよ」と人種差別とも受け取れる発言をしたと主張。森脇は小笠原への発言で侮辱する意図もなかったと説明し、言い分が食い違っていた。2人はクラブ関係者とともに会場に入り、報道陣への対応はなかった。

    スポーツ報知 5/8(月) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000020-sph-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/04/22(土) 13:31:03.94 ID:CAP_USER9
     ついに日本のエースがJリーグ復帰へ――。イタリア1部リーグのACミランに所属し、今シーズン限りでの退団が確実となっている日本代表FW本田圭佑(30)に、J1クラブが獲得の意向を伝えたことが20日までに明らかになった。関係者によると、本田サイドもJ1クラブからの“オファー”に前向きだという。すでに獲得に乗り出している欧州クラブと合わせ、争奪戦となるのは必至だが、来夏のロシアW杯が日本復帰の追い風になりそうだ。

     2014年1月にACミランと3年半契約を結んだ背番号10も今夏で契約が満了する。現在までにミラン側から契約延長のオファーは届いていないため、このまま5月下旬のシーズン終了とともに退団することが確実な状況だ。

     今季の本田はACミランで出番が激減。特に17年に入ってからは公式戦で約3分しかプレーしていない。ロシアW杯アジア最終予選を戦う日本代表でも低調なパフォーマンスだが、契約満了により移籍金が発生しないため、かねてJクラブを含め海外クラブとの間で大争奪戦に発展する可能性が指摘されていた。

     すでに米メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズへの移籍が噂される一方、イングランド・プレミアリーグのエバートンや1月の欧州移籍市場でオファーを出したハルが獲得への興味を示していると地元メディアが報じている。またJクラブでは、豊富な資金力を誇るJ1神戸や鳥栖が本田の獲得に動くとささやかれている。

     そんな中、あるJクラブが本田獲得に向け動きだしていた。交渉途中のためチーム名を明示しないことを条件に本紙の取材に応じたJ1クラブ幹部は「本田のアニキ(代理人を務める兄の弘幸氏=33)とはもう会った。いろいろな話をしたし、向こうは『ありがたい申し出』と言ってくれた。いくつか欧州クラブから(獲得の)話はあるみたいなので、これから本田本人と検討してくれるそうだ」と明かした。

     さらに、獲得へ動いた経緯についても「ウチのクラブのことはもちろんだが、まずはロシアW杯に向け日本代表で出番(先発)がなくなった本田にも思うところがあるだろうということ。少なくとも日本でプレーすれば来年の夏(W杯本番)に備えて調整などもうまくできるだろうし、その辺を彼がどう考えるか」(同幹部)と説明した。本田はロシアW杯を「おそらく最後」と位置づけているが、出番のない現状では、いつ日本代表から落選してもおかしくない。

     仮に海外クラブへ移籍した場合、セビリア(スペイン)入りした日本代表MF清武弘嗣(27=現C大阪)のように、クラブの外国人枠問題などで構想外となってしまうことも珍しくない。

     新天地で再び出番を得られなければ、集大成と考えるW杯本番に大きな影響を与えかねない。しかしJリーグ復帰ならば、プラス材料は多い。8月から試合に出場し、コンディションや試合勘を早期に回復させることも可能。さらに通常は欧州組の選手が参加できない東アジアE―1チャンピオンシップ(12月、日本)を戦う日本代表にも参戦できるのだ。

     まだ欧州各国リーグはシーズン中のため、今後さらなるオファーが届く可能性もあるが、少なくとも日本復帰の可能性が高まったのは事実。果たして日本のエースはどんな最終決断を下すのか。

    【今年はリーグ戦出場なし】ACミランでの本田はビンチェンツォ・モンテッラ監督(42)の構想外となり、ベンチを温める日々が続いている。今季リーグ戦はチームワーストとなる92分間しか出場していない。2017年に入ってからはリーグ戦出場なし。唯一イタリアカップ準々決勝の後半アディショナルタイムから“敗戦処理”として投入されただけでプレー時間は約3分だった。

     所属クラブで試合に出られない影響は日本代表にも及んだ。エースとして君臨していたハリルジャパンでは、昨年11月のロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦からスタメン落ちが続いている。3月の同UAE戦前には、体調不良や試合勘の欠如が不安視される本田の招集可否が大きな話題となったほどだ。

     それでもバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が「経験が必要」との意向で強行招集。本田は「試合に出ていないとコンディションが上がらないというのはウソ」と強気に話していたが、同予選では代わりに出場したFW久保裕也(23=ヘント)が大活躍。エースは試合途中から出場も好パフォーマンスを見せられずに評価は急落した。

    東スポWeb 4/22(土) 11:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000001-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/04/15(土) 16:53:56.92 ID:CAP_USER9

    Cwe4E03UAAE7TA8

     
    Jリーグでの本格ブレイクを期待させる一発!

    [J3リーグ5節]C大阪U-23 0-1 FC東京U-23/4月15日/ヤンマー長居

     FC東京U-23の中村忠監督が試合後、Jリーグ最年少得点記録となる15歳10か月11日での初ゴールを決めた久保建英について言及している。

     久保の記録更新となるゴールについて問われた指揮官は「やはり本人の技術が出たゴールだったと思う」と話し、
    DF3人に囲まれながらも鮮やかにかわし、左足の強烈なシュートを叩き込んだ久保の能力の高さを改めて実感したコメント。

     さらに指揮官は、ここ数試合の久保のパフォーマンスにある変化を感じていたようだ。
    「前回、前々回ぐらいの試合から、よりアグレッシブにゴールを狙うようになっていた。
    本当にいいところでゴールを決めてくれたと思う」

     実際に、直近の4節・鹿児島戦ではゴールこそ生まれなかったものの、
    C大阪U-23戦の初ゴールで見せたような敵を翻弄するドリブル突破からシュートを狙うなど、
    随所にアグレッシブなプレーが見られていた。

     待望の初ゴールに本人は「目に見える結果を残せたことで、相当楽になった」と、記録更新への注目は、やはり重荷だった様子。
    プレッシャーから解き放たれた久保のプレーは、さらにアグレッシブさを増し、いよいよJリーグでの本格ブレイクの時を期待させる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170415-00024606-sdigestw-socc

    続きを読む

    185: U-名無しさん@実況・^^です (アウアウカー Sa95-jW0G) 2017/04/04(火) 01:09:02.23 ID:q5Zx7MNpa
    no title
    続きを読む

    1: 餡子先生  2017/02/05(日) 16:52:03.00 ID:CAP_USER9

    ph_ttl_clubflag01

     
     2月末に2017シーズンのJリーグが開幕します。今オフは中村俊輔の磐田移籍、清武弘嗣のC大阪復帰など移籍市場が大きく動きました。昨年末に行われたクラブW杯では鹿島がレアル・マドリー相手に大健闘、また2017シーズンからは賞金額がアップすることなどから、Jリーグへの注目度が例年より高まりつつあります。

     ただ日本国外に目を移すと中国超級リーグでは海外ビッグネームの“爆買い”が続き、昨季ACLは韓国の全北現代が制する一方で、日本勢はまたしてもアジア王者の座に辿り着けませんでした。

     UAEやサウジアラビア、カタールなど資金力豊富な中東勢のクラブも盛況を誇る中で、今現在のJリーグのレベルは、アジアで何番目のレベルにあると思いますか?

    (続きはソース元でお願いします。)
    http://number.bunshun.jp/articles/-/827382/feedbacks?per_page=10

    続きを読む

    768: U-名無しさん@実況・ ^^です (HappyBirthday! Sd47-2XGH) 2016/11/20(日) 04:42:09.31 ID:iUpJitvddHAPPY
    中スポ 
    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ