サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:Fトーレス

    1: pathos ★@^^ 2017/08/07(月) 13:17:35.43 ID:CAP_USER9
    GettyImages-820276720-800x576


     チェルシーは現地時間6日、FAコミュニティーシールド2017でアーセナルと対戦し、PK戦で敗れた。FWアルバロ・モラタに対してはファンから厳しい意見が出ているようだ。

     モラタは今夏、レアル・マドリーからチェルシーに移籍したFW。途中出場で入った大型新戦力は、PKを失敗している。

     英紙『デイリー・スター』は、インターネット上のファンのコメントを紹介。7000万ポンド(約101億円)という大金を投じたスペイン人FWがミスをしたということで、チェルシーで期待外れに終わった過去の選手を引き合いに出し、「モラタは(フェルナンド・)トーレスの再来か」といった声があるとしている。「7000万ポンドのモラタがPKを外した」など、高額な移籍金が活躍に見合っていないという厳しい見方があるようだ。

     現在アトレティコ・マドリーでプレーするF・トーレスは、リバプールで活躍したあと、2011年1月に5000万ポンドでチェルシーに移籍した。だが、プレミアリーグ110試合に出場して20得点とふるわず、ファンの期待を裏切る形になっていた。

     アントニオ・コンテ監督は試合後、「彼は加入したばかりで時間が必要だ。それは至って当然のことだね」とPKを失敗したモラタを擁護している。スペインから来た大物は、移籍金に見合う活躍ができるだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170807-00225278-footballc-socc

    続きを読む

    1: たんぽぽ ★©2ch.net 2017/05/11(木) 18:24:24.79 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000114-dal-socc
    デイリースポーツ 5/11(木) 18:14配信

    C_h8y1vUMAA9tqS


     「欧州CL・準決勝第2戦、Aマドリード2-1Rマドリード」(10日、マドリード)

     レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナウドが、2試合合計4-2として決勝進出を決めた敵地での試合で、対戦相手のFWフェルナンド・トーレスと小競り合いを演じるなど“闘争心”を示した。11日のスペイン紙マルカなどが報じている。

     まずは前半42分、MFイスコのゴールで事実上の決勝進出を決めたシーンだった。Aマドリードのファンで埋まったスタンドに向かって、右手人差し指を口に立てて静かにするよう挑発的なジェスチャー。この試合でロナウドはボールを触るごとにブーイングを受けており、それを受けての反応とみられる。他にも試合中にトーレスから「どうしたんだ、ピエロ」と至近距離で野次られた場面では、返す刀で「家へ帰れ、バカ」と反撃した。

     試合後のロナウドは「僕らは、また決勝で戦えるのをとても喜んでいる」とコメント。さらには「アトレチコが良い形で試合に入って来るだろうってことは分かっていたし、2点を挙げる幸運もあった。だけど僕らには経験があり、1点取れば勝負が決まるってことを分かっていた。僕らはレアル・マドリードで、より多くの経験があることを証明した」と胸を張った。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/05/30(月) 01:26:34.51 ID:CAP_USER9
    UEFAチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリーは欧州制覇にまたもあと一歩及ばなかった。
    試合後、ジュゼッペ・メアッツァのピッチで号泣するフェルナンド・トーレスの姿があった。

    https://www.youtube.com/watch?v=jq-GMQnV1Yk


    https://www.youtube.com/watch?v=VkAua2ea3Gc



    2011-12シーズンにチェルシーでCL制覇を経験しているトーレス。だが、自らが生まれ育ったアトレティコにビッグイヤーをもたらすことに相当な意気込みを持っていた。

    試合前にはこう口にしていたほど。

    “ フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリーFW)

    「最も重要な試合だということには何の疑いもない。自分のキャリアを懸けて、この試合をプレーする。

    僕はアトレティコ・マドリーのファンとして生まれ、5歳の頃からここでプレーを始めた。

    (チェルシーで優勝も経験しているが)
    アトレティコのもとでレアル・マドリー相手に勝利することは、違うものになるだろう。
    僕にとってはとても特別なものになるはずだ」

    それだけに去来する思いがあったのだろう。

    32歳になったトーレスは、今季でレンタル元であるミランとの契約が満了になる。
    来季も愛するアトレティコのもとでプレーを続けることになるのだろうか。

    http://qoly.jp/2016/05/29/fernando-torres-emotional-crying

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 23:27:31.85 ID:CAP_USER*.net

    CfUK1ZOUYAAz1Mq


     
    アトレティコ・マドリーに所属するスペインの悩める至宝フェルナンド・トーレスが今、輝きを取り戻しつつある。

    2位アトレティコは20日、ラ・リーガの第34節でアスレティック・ビルバオと対戦し1-0で勝利を収めたのだが、
    決勝ゴールを決めたのがそのトーレスだ。

    https://streamable.com/5hbq

    前半38分、あまり角度のない後方からのクロスをヘディングゴール!

    トーレスはこれがリーグ戦4試合連続となる今季9点目。
    今月5日のCLバルセロナ戦で先制点を決めながら退場したため、2ndレグは欠場を余儀なくされたが、
    出場した公式戦ではなんと5試合連続ゴールとなった。

    『Squawka』によれば、これはトーレスのキャリアで初めてのことだという。

    この日、他会場で勝ち点の並ぶ首位バルセロナも8-0と大勝したため、得失点の差で順位は2位のまま。
    しかし、アトレティコはCLでそのバルサを撃破しており、リーグ戦でも逆転優勝の可能性を残す。

    チームはもちろん、ここ数シーズン停滞していたスペインの至宝を再生させた
    ディエゴ・シメオネ監督の手腕には驚くばかりだ。

    http://qoly.jp/2016/04/21/fernando-torres-sets-new-personal-record

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 20:17:14.51 ID:CAP_USER*.net

    torres1-500x352

     
    欧州、南米の有名選手の“爆買い”を続ける中国だが、アトレティコ・マドリーのスター選手FWフェルナンド・トーレスは、
    現在も獲得目標であり続けているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

    ミランからのレンタル移籍でF・トーレスを在籍させるアトレティコは、この冬の移籍市場で同選手を買い取らず。
    FIFAの選手登録禁止処分が延期となることを見越して、同選手が今季終了までに残す成績から、
    来季もチームに残すかを決断する方針を取った。

    これを受けたF・トーレスもアトレティコで結果を残すことだけに集中しているが、中国からのオファーは一向に
    絶えない様子。同選手はこの冬に中国の5クラブからオファーを受け取り、中国リーグ最高額となる年俸までも
    提示されたようだ。

    2月26日まで補強が可能な中国のクラブは、今後もF・トーレスにオファーを送り続けることが予想されるが、
    『マルカ』は「中国がどれだけ執着しようと、彼は今季終了までアトレティコで続けるだろう…」との見解を記載。
    だが今夏にアトレティコが契約を延長しないことを決定した場合には、オファーを受け入れる可能性があることも併せて伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00000019-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:57:39.49 ID:CAP_USER*.net

    torres1-500x352

     
     Aマドリードのシメオネ監督は、ACミランから期限付き移籍で加入している元スペイン代表FWフェルナンドトレス(31)に、契約延長の意思がないことを伝えたという。27日付のスペイン紙アスが報じた。

     未成年選手の登録違反でAマドリードは、RマドリードとともにFIFAから16年夏と17年冬の移籍市場での選手獲得を禁止処分を受けている。そのため、今季終了までの契約となっている同選手に対して、今冬の移籍期限日最終日の2月1日までに契約をすることが、残留への唯一の手段となっていた。

     しかし、シメオネ監督はエンリケ会長とフェルナンドトレスと会談し、同選手に契約延長しないことを伝えたという。同会長は、FIFAの処分が17年冬の移籍からとなった場合、今後の活躍次第で延長する可能性を示唆したが、実質的には退団を意味するものだと報じた。

     同選手に対しては、バルセロナのほかに、アメリカや中国、日本のクラブも興味を示していると報じている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000145-nksports-socc

    続きを読む

    1: まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァー ★@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 07:02:25.56 ID:???*.net
    プレシーズンからフルスロットル…F・トーレスは今季こそ真価を発揮か

    torres1-500x352



    GOAL 7月20日(月)1時30分配信

    セゴビアのロス・アンヘルスでプレシーズンの合宿に励むアトレティコ・マドリーだが、
    最も存在感を放っているのはFWフェルナンド・トーレスのようだ。スペイン『アス』が報じている。

    2014-15シーズンの冬の市場で、心のクラブである古巣アトレティコに復帰したF・トーレス。
    同シーズンのアトレティコでは6得点(リーガ3得点、コパ3得点)を記録するにとどまった同選手だが、
    プレシーズンに充実した練習に取り組めれば、さらに良質なプレーを見せられるとも口にしていた。

    そうして迎えた2015-16シーズンのプレシーズン、F・トーレスは最も切れのある動きを見せ、
    チームの面々やメディアを驚かせている模様。
    名フィジカルコーチとして知られるプロフェ・オルテガ氏も、練習中に何度も同選手の名前を叫ぶなど、
    そのを動きを絶賛しているようだ。

    『アス』によれば、F・トーレスは近しい人物に対して、31歳という年齢では何週間も休んだ後に運動をしても、
    思うように動けないとの意見を口にしていたという。そのためにバケーション中にもトレーニングに励み、
    万全な状態でセゴビア合宿を迎えたと見られる。

    今夏にはユヴェントスに移籍したFWマリオ・マンジュキッチの後を継いで、馴れ親しんだ背番号9を取り戻したF・トーレス。
    アトレティコの公式戦得点数は97と三桁まであと3得点に迫っているが、
    プレシーズからフルスロットルの今季こそ、その真価を発揮するのかもしれない。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150720-00000032-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 18:23:57.84 ID:???*.net

    url


    元ポーランド代表GKイェルジ・デュデク氏は、最近発売された著書でレアル・マドリー在籍時代のチームメートたちやライバルチームなどについて語っている。スペインメディアが同著の一部を伝えた。

    2007年から2011年までマドリーに在籍したデュデク氏は、母国ポーランドで著書を発売。

    在籍したラストシーズンに指揮を執ったジョゼ・モウリーニョ監督が、チームからの情報漏えいに憤ったエピソードなどについても振り返った。

    一方で、当時のチームの得点源だったFWラウールとクリスティアーノ・ロナウドについては、ストライカーらしさをある意味では批判しある意味では称賛している。

    「彼らは自己中心的であって、最高の競争力を持った勝者だ。ほかのチームメートたちのゴールで5-0の勝利を収めるよりも、自分たちがゴールを決めて2-1で勝ちたいと思っていた」

    一方、デュデク氏はバルセロナFWリオネル・メッシを「偽物であり、挑発好き」と非難しつつ、ジョゼップ・グアルディオラ氏が率いていたライバルチームについて次のように述べた。

    「グアルディオラのバルサは挑発を得意としていて、完璧な域にまで達していた。モウリーニョはそのことにすごく心を痛めていた」

    「モウリーニョが言っていたのは、僕らはバルサに対して敬意を持ちすぎているけど、バルサは僕らにまったく敬意を持っていないということだ。
    0-5で敗れた試合の後に相手とユニフォームを交換したことに対しても彼は怒っていた」

    GKイケル・カシージャスについては「魅力的な人物で、偉大すぎるGK」だと称賛する一方で、同選手が発した辛らつな一言も明かした。

    デュデク氏によれば、2011年にFWフェルナンド・トーレスがリヴァプールからチェルシーへ移籍した際に、カシージャスはF・トーレスについて
    「スペインサッカー界で最も過大評価されている選手」と言っていたとのことだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000019-goal-socc

    続きを読む

    torres-500x361


    21日に行われたリーガエスパニョーラ第28節の試合で、アトレティコ・マドリーはヘタフェにホームで2-0の勝利を収めた。ディエゴ・シメオネ監督は復帰後のリーグ戦初ゴールを記録したFWフェルナンド・トーレスを称賛し、さらなる期待の言葉をかけている。


    1月にミランから古巣アトレティコに復帰したF・トーレスは、コパ・デル・レイではゴールを記録していたものの、リーガでは復帰後10試合目で初ゴール。リーガでのゴールは実に約8年ぶりとなった。

    試合後のシメオネ監督のF・トーレスについての発言をスペインメディアが伝えている。

    「トーレスの状態は良くなっている。チームメートとより連係も取れるようになってきた。我々はもっと彼を必要としているが、彼は必要とされることに慣れているよ」

    「ゴールが彼の生き甲斐なのは明らかだ。彼にはリーガでゴールを決める必要があった。非常に良い練習ができているし、(マリオ・)マンジュキッチとの競争もフェアなものだ」

    リーガでは3試合連続ドローだったアトレティコだが、この勝利で3位バレンシアとの1ポイント差を維持。5位セビージャと6位ビジャレアルの直接対決を前に、4位以内の確保へ大きく前進した。

    「我々はリーガで戦い続けており、欧州でも8強の中に入っている。クラブの歴史上、2年連続でこうなるのはあまりなかったことだ。自分たちの望む場所に到達したいのであれば、全員が良い状態でなければならない」

    「特に最初に25分間にはインテンシティーのある非常に良い試合をして、ゴールチャンスを生み出していた。セットプレーも再びうまくやれるようになっている。セットプレーは今でも有効であり、我々の武器であり続けるということだ」

    22日には首位バルセロナ対2位レアル・マドリーのクラシコが行われるが、シメオネ監督は相変わらず関心がないと主張。「セビージャ対ビジャレアルの方が興味がある」とコメントしている。

    http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2015/03/22/10069992/%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%8D%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E5%BE%8C%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E5%88%9D%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AEf%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%92%E7%A7%B0%E8%B3%9B-%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E5%BD%BC%E3%82%92%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B?ICID=HP_BN_4 続きを読む

    ↑このページのトップヘ