サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:C・ロナウド

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/09/07(木) 08:08:01.34 ID:CAP_USER9

    DJFUemRUQAAn89D


    ■ロナウドがマークに来たハンガリーのDFフィオラを蹴飛ばす“報復行為”

    ロシア・ワールドカップ(W杯)予選はアジアのみならず、ヨーロッパでも熱戦が繰り広げられているが、9月3日に行われたハンガリー対ポルトガルの一戦で飛び出したクリスティアーノ・ロナウドの“怒りの足蹴り”が物議を醸している。

     問題のシーンは、試合終了間際の後半44分。ロナウドは味方のパスをヒールでダイレクトにリターンし、ワンツーを狙った。しかし、パスをさせまいと猛チャージをかけたハンガリーのDFアティラ・フィオラが、勢い余ってロナウドの左足を蹴ってしまった。すると、ロナウドはフィオラの左足を蹴飛ばす“報復行為”に出て、両者は一触即発の睨み合いとなった。

     ダニー・マッケリー主審はロナウドとフィオラにイエローカードを提示。ただ、前半30分にはハンガリーのFWタマシュ・プリシュキンが競り合った際にポルトガルのDFペペの顔面に肘が入ったプレーを一発退場とされ、数的劣勢を強いられていただけに、ロナウドの行動とマッケリー主審の判定はメディアでもすぐさま議論の的となった。

     米ポータルサイト「ヤフースポーツ」英国版は、公式ツイッターに「クリスティアーノ・ロナウドがハンガリー戦で怒りのキックを放つ」と動画付きで投稿。ロナウドが所属するレアル・マドリードの永遠のライバルであるバルサ贔屓のスペイン紙「スポルト」が、「クリスティアーノ・ロナウドの信じられないプレーが許された」と伝えれば、英サッカーメディア「90min」やアメリカで伝統のある専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」も大々的に取り上げており、“怒りの報復キック”の波紋は世界中に広がっている。

    9/6(水) 12:33配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010022-soccermzw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170906-00010022-soccermzw-000-2-view.jpg

    動画
    http://www.football-zone.net/archives/72284/2

    続きを読む

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/08/14(月) 13:32:45.79 ID:CAP_USER9
    現地時間13日、リーガのスペイン・スーパーカップ第1戦が行われ、レアル・マドリーがバルセロナを3-1で下した。この試合で80分に追加点を決めたクリスティアーノ・ロナウドが、82分に相手ゴール前でサミュエル・ユムティティに倒されたものの、シミュレーションだったとして2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。

    この後のC・ロナウドの行動が思わぬ騒動に発展しつつある。退場処分を受けた後、C・ロナウドは主審の背中を押して頭を抱えながらピッチから退いた。

    しかし、複数の現地メディアの報道によると、この行為がスペイン連盟のサッカールールブック第96条「審判への暴力行為」に抵触する可能性があるという。わずかな形でも「主審をつかむ、押す、揺する」といった行為はプレーヤーからジャッジに対する侮辱行為として罰則が与えられる可能性があるようだ。

    この条項に該当すると見なされた場合は、4試合~最大12試合の出場停止処分が下されることになる模様。

    現在、C・ロナウドは退場処分に伴う公式戦1試合の出場停止処分は確実となっているが、スペインサッカー連盟の裁定によっては、さらなる長期出場停止処分が課されるというシナリオも現実味を帯びているようだ。

    8/14(月) 11:54配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000006-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/16(木) 17:45:07.68 ID:CAP_USER9

    48576d9c

     
     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、チャンピオンズリーグ(CL)で523分間無得点となった。イギリス紙『デイリーメール』が15日付で伝えている。

     同選手は15日に行われたナポリとのCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグにフル出場したものの、得点を奪うことはできず。同紙によると、これでC・ロナウドはグループステージ第2節・ドルトムント戦の17分にゴールを決めて以来、実に523分間CLでゴールを挙げられていない。チームはフランス人FWカリム・ベンゼマらのゴールにより3-1で逆転勝ちしたが、同選手にとっては不完全燃焼が続く形となった。

     CLでは2011-12シーズンから5シーズン連続で二桁得点をマークし、2013-14シーズンには17得点でCLのシーズン最多得点記録を更新。数多くのゴールでチームを救ってきたエースが、文字通りの不振に陥っている。

     3月7日にアウェーへ乗り込んで戦うセカンドレグで、C・ロナウドは久々のゴールを挙げることができるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00552791-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg  2016/07/19(火) 00:05:01.70 ID:CAP_USER9
    2015-16シーズンも終わり、束の間の休戦に入ったバルセロナとレアル・マドリードのスペイン2大クラブだが、
    現地メディアによるライバル争いは休むことを知らないようだ。

    スペインの各メディアがバカンスを過ごす世界最高選手と名高い2人の様子を“必死”に伝えている。

    バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、スペインのイビサ島でバカンスを過ごしている。

    『エル・ムンド』紙によると、メッシは定員10名、全長28メートルでの4つの船室、
    2つのユニットバスがあるヨットを借りており、1日のレンタル料は7800ユーロ(約90万円)だという。

    メッシは家族と友人のグループとともにヨットで沖へ出て、遊泳、水上バイクなど休暇を楽しんでいる。
    イビサ島は著名人が集まるバカンスの地として有名で、ハイシーズンの7月、8月はレストラン、ホテルも決して安くはない。

    メッシは脱税により、21カ月の禁錮刑を言い渡されているが、その影響は経済的に全くないようだ。
    脱税をしているメッシがこんなにも豪勢な休暇を送っているとマドリード寄りの『エル・ムンド』紙の意図が読み取れる記事だ。

    レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドもイビサ島でヨットを借りて、家族や友人らとバカンスを過ごしている。
    『アス』紙によれば、レンタルしているヨットは1週間で9万ユーロ(約1040万円)だという。C・ロナウドはヨットで見事な肉体美を多くのパパラッチに撮られている。

    また、『ムンド・デポルティーボ』紙によると、バルセロナ寄りのカタルーニャ州のテレビ局『TV3』は鍛えられたC・ロナウドが太ってみえるように
    試合後のユニフォームをまくり上げた腹筋の部分を写真加工ソフトのフォトショップでぼやかして報道していたとアメリカのテレビ局『CNN』に指摘されたという。

    マドリード寄り、バルセロナ寄りのメディアはライバルチームのエースを印象を少しでも悪く(もしくは、かっこ悪く)しようと互いに必死のようだ。

    2016.07.17
    http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20160717/469074.html

    テレビチャンネル“CNN”はクリスティアーノ・ロナウドの写真に加工を加えた
    カタルーニャのチャンネル“TV3”を非難し、論争を引き起こした。

    このアメリカのメディアは“TV3”によるレアル・マドリード所属
    ポルトガル人ストライカーの写真の加工疑惑を示す写真を拡散した後、このように訴えた。

    「カタルーニャのテレビはクリスティアーノ・ロナウドを本来よりも少し太った姿に変えることを試みた。」
    「素晴らしい試みだ、カタルーニャのテレビ」

    CNNはウェブサイトのスペイン語版でそのように皮肉っている。

    http://sport-japanese.com/news/2016/7/17/CR7%E5%A4%AA%E3%A3%E3%9F%3F%E7%BB%E5%8F%E3%8C%E5%BA%E5%9B%9E%E3%8B

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/07/11(月) 18:07:53.22 ID:CAP_USER9

    no title

     
    10日に行われたユーロ2016決勝で、ポルトガル代表がフランス代表を延長戦の末に1-0で破り、悲願の初優勝を果たした。同試合の前半途中に交代を強いられたポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)について、10日付のスペイン紙『マルカ』が負傷状況を報じている

     C・ロナウドはフランス代表戦の立ち上がりに相手選手と交錯し、左ひざを負傷。テーピングを巻いてピッチに戻ったものの、プレー続行不可能となり、25分に交代を強いられた。

     報道によると、ポルトガル代表のメディカルチームが初期診断を行った結果、C・ロナウドの負傷は左ひざ内側側副じん帯損傷と判明した。同選手は1カ月程度の離脱を強いられる見通しとなった。今後、精密検査を行って負傷状況の詳細が明らかになる模様だ。

     レアル・マドリードは17日からカナダのモントリオールでキャンプを始める予定。新シーズン最初の公式戦は来月9日、UEFAスーパーカップとなる。チャンピオンズリーグ王者として、ヨーロッパリーグを制したセビージャと対戦。日本代表MF清武弘嗣のデビュー戦となるか注目の試合だが、C・ロナウドは欠場が濃厚となった。

     キャプテンとして臨んだ今大会、ユーロ2004以来となる決勝進出を果たしたC・ロナウド。12年越しの悲願達成に向けて先発出場した決勝では負傷交代を強いられ、涙を浮かべながらピッチを後にすることとなったが、チームメイトの奮闘によって歓喜の瞬間を迎えることとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00467087-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/05(火) 17:58:59.85 ID:CAP_USER9

    no title

     6日にユーロ2016準決勝で激突するポルトガル代表とウェールズ代表。ともにレアル・マドリードでプレーするクリスティアーノ・ロナウドとギャレス・ベイルのエース対決に注目が集まるなか、UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイト『UEFA.com』が両者の比較や、周囲の人間のコメントを伝えている。

     ポルトガル代表のキャプテンを務めるC・ロナウドは準決勝を前に、「夢の実現が近づいてきて、ここまで来たらどんなことでも起こり得る。僕はあらゆる栄誉に恵まれてきたと思うし、自分のキャリアが今日終わったとしても後悔することはない。でも、これまでも言ってきたように、代表チームでトロフィーを獲得することができたら嬉しいよ。そして僕らは順調に、夢の実現へ向かっている」とコメント。クラブチームや個人として数々のタイトルに恵まれてきたキャリアに満足しているとしつつ、唯一手にしていない代表チームでの成功を切望している。

     そして、マンチェスター・U時代に同選手を指導したアレックス・ファーガソン氏は、「彼はすべてを備えている。両足でも頭でもシュートを決めることができ、ライオンのように勇敢だ。マンチェスター・Uを指揮していた時、私は何時間も特別練習に取り組むたくさんの選手たちに恵まれたが、C・ロナウドは完全に疲れ果てるまで努力していた。彼はとにかく、世界最高の選手になろうとしていたんだ」と、かつての教え子について語った。

     また、レアル・マドリードでともにチャンピオンズリーグを制したカルロ・アンチェロッティ氏は、エゴイスティックな一面を批判されることも少なくないC・ロナウドが、常にチームのためにプレーしていたと述べた。

    「C・ロナウドは常にチームのことを考えていた。試合後はチームメイトたちと一緒にいるのが好きで、試合で起きたこと、良かったことと悪かったことを話し合っていた。彼は監督を喜ばせる選手だよ」

     一方、初出場ながらベスト4進出と快進撃を続けているウェールズ代表の絶対的エースであるベイルは、「僕たちにとって、このユニフォームを着てプレーすること以上に名誉なことはない。(大会初戦の)スロヴァキア代表戦の国歌斉唱の場面を見てもらえばわかるだろうけど、僕らは互いに強く手を握り合っていた。鳥肌が立ったし、ピッチに立った瞬間は目に涙が浮かんだ。それこそまさにウェールズだね。僕らはこのユニフォームのために、すべてを尽くして戦うよ」と、大会への思いを語っている。

     そんなベイルについて、アンチェロッティ氏は「レアル・マドリードに加入した選手は、こう自問する。『自分はここでやっていけるのか?』とね。だがギャレスは違ったんだ。彼は(レアル・マドリードで)最初にボールを触った瞬間から、まるで我が家のようにくつろいでいたよ」と、2013年にベイルがレアル・マドリードに加入した時の様子を振り返った。

     また、ウェールズ代表のキャプテンを務めるアシュリー・ウィリアムズ(スウォンジー)は、「僕はギャレスをほかの誰とも交換したくない。本当に最高の選手だよ。ピッチ上でのプレーもすごいけど、キャプテンとしては、彼がチームにいてくれることが、とにかく嬉しいね。代表の合宿にいるときの彼の振る舞いやチームメイトを手助けする姿を見ていると、そう思うんだ」と、プレー以外の面でもチームの中心として重要な存在だと称賛している。

    ■クリスティアーノ・ロナウド
    代表通算出場数:131(歴代最多)
    代表通算得点数:60(歴代最多)
    代表デビュー:2003年8月20日 vsカザフスタン/18歳
    代表初ゴール:2004年6月13日 vsギリシャ/19歳

    ■ギャレス・ベイル
    代表通算出場数:60
    代表通算得点数:22
    代表デビュー:2006年5月27日 vsトリニダード・トバゴ/16歳
    代表初ゴール:2006年10月7日 vsスロヴァキア/17歳

    ※データは7月4日時点

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00464865-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/22(水) 22:12:44.11 ID:CAP_USER9
    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ご立腹だ。
    ユーロ2016で不振にあえぐポルトガル代表のエースは、取材陣に対して怒りを爆発させている。

    グループFの突破最有力とみられたポルトガルだが、現在3位で決勝トーナメント進出が危うくなってる。
    C・ロナウドは今大会まだ無得点。前節ハンガリー戦ではPKを失敗していた。

    このような状況でC・ロナウドの怒りは頂点に達したようだ。

    22日、午前中にチームが湖のわきを散歩する中、取材陣が近づき
    C・ロナウドに質問を投げかけると、同選手はマイクを湖に投げ込んで無言の抗議を行った。

    C・ロナウドに質問したのは、『Correio da Manha』の記者だったようだ。
    「(グループステージ最終節の)ハンガリー戦に向けて調子はどう?」との問いに対し、
    C・ロナウドは今回のような態度を取っている。

    GOAL 6月22日(水)21時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000014-goal-socc

    眠れぬロナウドはご機嫌ナナメ? 記者のマイクを取り上げて湖に投げ捨てる
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160622-00010038-footballc-socc



    写真 
    no title


    動画
    https://www.youtube.com/watch?time_continue=20&v=JnkIjzDUq6Q

    今大会無得点のC・ロナウド
    no title


    【サッカー】<EURO2016>PK失敗で2戦連続不発…C・ロナウドに敵サポーターが「メッシ!」と野次
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466513136/

    【サッカー】<EURO2016>「C・ロナウドのパフォーマンスはゴミ。マラドーナの方が100倍優れてる」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466516036/

    【サッカー】<EURO2016>F組 ポルトガル対オーストリアはスコアレスドロー C.ロナウド痛恨のPK失敗
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466283002/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/21(火) 22:33:56.23 ID:CAP_USER9
    オーストリア戦のパフォーマンスに不満

    EURO2016グループステージ初戦のアイスランド戦、続くオーストリア戦と不発に終わった
    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドには、期待を裏切ったと批判的な意見が集まっている。

    特に今回ロナウドは2試合で20本ものシュートを打っているため、チャンスを外しすぎているとの意見が多い。

    英『Sky Sports』によると、元イングランド代表のポール・マーソン氏もロナウドを批判している人物の1人だ。

    同氏はロナウドのオーストリア戦でのパフォーマンスが非常に悪かったと感じたようで、
    チームを背負う力がないと厳しく批判。アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナの方が100倍良いとコメントした。

    「周囲の人間はロナウドはマラドーナよりも良い選手だと私に言ってくる。
    私はオーストリア戦のロナウドのパフォーマンスを見たが、あれはゴミだ。マラドーナは100倍良いよ

    。確かにロナウドがレアル・マドリードで毎週9-0で相手を打ちのめしているのは素晴らしく見えるが、
    彼はチームを背負うことはできない。何人かの人はロナウドのPKが不運だと言っていた。
    ポストに当たったからね。だが、PKに運を含めるべきではないよ」

    レアルとポルトガル代表ではチームメイトのクオリティにも違いがあるため、
    ロナウドとて得点を奪うことに苦労することは多い。

    今回もロナウドは得点を奪うことに苦労しており、
    レアルのような圧倒的力を持つチームメイトがいないと結果を残せないと批判されるのも仕方がないのかもしれない。

    まだロナウドにはグループステージ最終戦で批判を跳ね返すチャンスが残されているが、
    チームを背負って上の舞台へと導けるか。

    写真
    no title


    theWORLD(ザ・ワールド) 6月21日(火)10時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00010005-theworld-socc

    【サッカー】<EURO2016>PK失敗で2戦連続不発…C・ロナウドに敵サポーターが「メッシ!」と野次©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466513136/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/19(日) 13:06:27.48 ID:CAP_USER9


     no title
    ◆PKの名手のはずが今季は失敗続き

    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が欧州選手権(EURO)グループステージ第2戦オーストリア戦で決勝点となるはずのPKを外す痛恨のミスを犯した。

    レアルで6シーズン連続で公式戦50得点以上決めている稀代のゴールマシーンだが、今季はキャリア最多の失敗数を記録。成功率も61%と自身ワーストの数値を叩き出してしまったことが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

     23本のシュートを嵐のように浴びせながらも、スコアレスドローで2戦連続の引き分けとなったポルトガル。勝てない戦犯はこの男なのだろうか。

     後半35分、左サイドのクロスにロナウドがペナルティエリア内に飛び込んだ際、相手マーカーのDFマルティン・ヒンテレッガーがファールを犯し、PKの判定が下る。このチャンスでキッカーを務めたロナウドだが、恒例の仁王立ちから放った痛烈なシュートは左ポストに弾かれて、まさかの失敗に終わった。

     ロナウドといえば、PKの名手というイメージがある。今季の欧州チャンピオンズリーグ決勝では延長120分間で全く輝けなかったが、PK戦の最後のPKを成功させるとユニフォームを破ってド派手に大喜びし、主役の座を手にしていた。

     2005年、2008年、2010年シーズンは成功率100%を誇った。11年シーズンには15回成功で失敗は2回と成功率は88.2%。13年シーズンには10回成功で失敗はわずか1度だった。そうしたPKのゴールの多さもあいまって、欧州では“ペナウド”というニックネームをつけられてもいる。

    ◆ワーストフリーキッカーの不名誉な称号も

     だが、今季は悪夢の数字となっている。レアルとポルトガル代表の合算の成功率でキャリア最低の数字を叩き出している。ポルトガル代表では3月のブルガリア戦で失敗。レアルではセビージャ、マラガ、ソシエダ相手に失敗しており、この日の一撃が今季5度目の失敗となった。 キャリアワーストの数字だ。一方、成功は8回で成功率は61.5%。PKキッカー失格の成功率だ。

     ロナウドはワールドカップと欧州選手権という主要国際大会でのキック精度の無さが酷評されたばかりだった。データ会社「オプタ」はロナウドが34回の直接FKを蹴りながらノーゴールというデータを紹介。枠内に飛んだのはわずかに8本だったという。英地元紙「サン」は「ワーストフリーキッカー」の烙印を押したばかりだった。

     オーストリア戦では圧倒的な攻勢に出たポルトガルだったが、エースによるPK失敗で動揺したのか、得点を奪いきれないままタイムアップ。スコアレスドローに終わった。

     グループFの首位は勝ち点4のハンガリーになった。ポルトガルはアイスランドと勝ち点2で並びながら総得点の差で3位となってしまった。最終節ハンガリー戦に勝てば、決勝トーナメント進出を果たせるが、負ければグループを最下位で終える可能性もある。

     仁王立ちで観衆の視線を独り占めにしながらも、失敗を続けるエースのPKとFKには改善の余地が大いにありそうだ。

     ロナウドのシーズンごとの所属クラブと代表を合計したPK成功率

    シーズン 成功 失敗 成功率
    15年 8回 5回 61.5%
    14年 14回 3回 82.2%
    13年 10回 1回 90.9%
    12年 7回 1回 87.5%
    11年 15回 2回 88.2%
    10年 9回 0回 100%
    09年 4回 1回 80% 
    08年 6回 0回 100%
    07年 6回 2回 75%
    06年 5回 1回 83.3%
    05年 2回 0回 100%

    Soccer Magazine ZONE web 6月19日 12時10分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160619-00010006-soccermzw-socc

    【サッカー】<最悪FKキッカー>英紙がC・ロナウドを「最悪FKキッカー」に認定! W杯やEUROで34回蹴って無得点…
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466247488/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ