サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:Cロナウド

    1: YG防衛軍  2017/01/22(日) 22:12:25.47 ID:CAP_USER9

    1241

     
    レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、2017年に入ってから急激に調子を落としていると騒がれている。

    21日のリーガエスパニョーラ第19節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのマラガ戦(2-1)では、前半にGKイドリス・カメニとの1対1の場面でシュートを決められず、後半にはポストにゴールを阻まれたC・ロナウド。22日付のスペイン『マルカ』は、「失望」との見出しでC・ロナウドの不調を報じた。

    同紙は「C・ロナウドはセルタ戦で1トップを務めたが機能せず、昨日(マラガ戦)は普段通り左サイドでプレーしたものの、それでもゴールと再会する手助けにはならなかった。決定機を決め切れないばかりか、そのプレーレベルも疲れ知らずの、飽くことのないあの選手とは程遠い。ベルナベウは彼を待ち続けている」と記している。

    『マルカ』はさらに、C・ロナウドの得点率についても記載している。ポルトガル代表FWはレアル・マドリーの選手として、371試合に出場して382得点を記録。1試合あたりの得点率は1.03となっている。しかしながら2017年には4試合で2得点と、得点率は0.5と激減している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000018-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/16(月) 18:34:42.70 ID:CAP_USER9

    48576d9c


     
    レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、リーガ・エスパニョーラにおけるPK通算成功数で歴代1位に並んだ。15日、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

     同日開催されたリーグ第18節で、日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャと対戦したレアル・マドリード。試合はスコアレスで迎えた67分、レアル・マドリードはスペイン代表DFダニエル・カルバハルが倒されて獲得したPKを、C・ロナウドがしっかりと決めて先制に成功した。

     同サイトによると、C・ロナウドは同得点で、リーグ戦のPKによる得点数を56へ伸ばした模様。この数字はかつてレアル・マドリードなどで活躍した元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏に並んで、リーグ歴代トップであるという。C・ロナウドは65本のPKで56ゴールを記録しており、成功率は約86パーセント。レアル・マドリードの全公式戦では、PKで71ゴールを挙げているという。

     同ランキングにおいて、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは5位。同選手は42得点をPKで決めている。また、8位に入った現ニューヨーク・シティFC所属の元スペイン代表FWダビド・ビジャは、PKを32回成功しているが、バルセロナ在籍時代はPKで得点を挙げたことがなかったという。

     なお、試合はレアル・マドリードが終盤に2失点を喫し、セビージャに逆転負け。公式戦無敗記録が40でストップした。

    ■リーガ・エスパニョーラPK成功数ランキング(所属は現役選手のみ)
    1位 クリスティアーノ・ロナウド(56得点/ポルトガル/レアル・マドリード)
    1位 ウーゴ・サンチェス(56得点/メキシコ)
    3位 ロナルド・クーマン(46得点/オランダ)
    4位 リュボスラフ・ペネフ(43得点/ブルガリア)
    5位 リオネル・メッシ(42得点/アルゼンチン/バルセロナ)
    6位 ダニエル・ルイス(34得点/スペイン)
    6位 ラファエル・マラニョン(34得点/スペイン)
    8位 ダビド・ビジャ(32得点/スペイン/ニューヨーク・シティFC)
    9位 アンデル・ガリターノ(31得点/スペイン)
    10位 キニ(30得点/スペイン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00542242-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/26(月) 19:31:30.96 ID:CAP_USER9

    Cb73hfMUcAAr4vC

     
    スペイン紙『マルカ』が、リーガ・エスパニョーラに所属する全20チームそれぞれの年間最優秀選手をファン投票で選ぶ特別企画を実施。トータルで2万を超える票が集まり、各チームの“2016年バロンドール”を25日付の記事で紹介している。

     第16節を終えた時点で首位を走るレアル・マドリードでは、12日にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が選出する“本家”バロンドールを受賞したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドではなく、クロアチア代表MFルカ・モドリッチがファン選出のバロンドーラーとなった。今年10月にクラブとの契約を2020年まで更新した同選手は、全体の37.79パーセントの票を獲得。28.50パーセントの票を得たC・ロナウドを抑えて、見事1位に輝いた。

     チームのエースが1位を譲る格好となったレアル・マドリードとは対照的に、バルセロナとアトレティコ・マドリードでは、“チームの顔”が順当にトップ当選を果たした。バルセロナではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが65パーセントの得票率を獲得して1位に。一方、アトレティコ・マドリードでは、フランス代表FWアンワーヌ・グリーズマンがチーム最多となる71パーセントの支持を集めた。

     なお、いくつかのチームでは、今夏に退団した選手がファン選出の“2016年バロンドール”を受賞した。MF乾貴士が所属するエイバルでは、昨シーズンのリーグ戦で18ゴールを挙げて、今夏にスウォンジーへの移籍を実現したスペイン人FWボルハ・バストンが最多42.8パーセントの票を獲得。またデポルティーボでは、今夏にアーセナルへのステップアップを果たしたスペイン人FWルーカス・ペレスが得票率69パーセントで年間MVPの座に輝いている。

    ■全20チームの2016年MVP
    (チームはアルファベット順。括弧内は各チーム内での得票率)

    アラベス:MFマルコス・ジョレンテ(37%)
    アスレティック・ビルバオ:FWアリツ・アドゥリス(73.85%)
    アトレティコ・マドリード:FWアントワーヌ・グリーズマン(71%)
    バルセロナ:FWリオネル・メッシ(65%)
    ベティス:FWルベン・カストロ(44.4%)
    セルタ:FWイアゴ・アスパス(55.7%)
    デポルティーボ:FWルーカス・ペレス(69%、現アーセナル)
    エイバル:FWボルハ・バストン(42.8%、現スウォンジー)
    エスパニョール:MFマルコ・アセンシオ(41.3%、現レアル・マドリード)
    グラナダ:FWアイザック・サクセス(28.2%、現ワトフォード)
    ラス・パルマス:MFロケ・メサ(44.7%)
    レガネス:MFアレクサンデル・シマノフスキ(37.3%)
    マラガ:MFカマーチョ(27.7%)
    オサスナ:MFロベルト・トーレス(27.5%)
    レアル・マドリード:MFルカ・モドリッチ(37.79%)
    レアル・ソシエダ:MFアシエル・イジャラメンディ(31.8%)
    セビージャ:MFビトーロ(55.9%)
    スポルティング・ヒホン:MFホニー(35.5%、現マラガ)
    バレンシア:GKジエゴ・アウヴェス(43.5%)
    ビジャレアル:MFブルーノ・ソリアーノ(36%)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00531378-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2016/09/26(月) 19:14:41.01 ID:CAP_USER9
    「スペイン1部リーグ、ラスパルマス2-2レアル・マドリード」(24日、ラスパルマス)

     レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナウドが、途中交代でピッチを離れた後にベンチで口汚く不満を示していたことが分かった。スペイン紙のマルカ、アスなどが報じている。

     スペインのテレビ局クワトロの映像によると、72分に交代となったロナウドはベンチで怒り爆発。チームスタッフの制止をよそに、英語の「F××K YOU」に相当するポルトガル語を吐き捨てた。

     交代のため自身の背番号が示された際には信じられないような表情で電光掲示板に目をやってスコアを確認しており、その後の激怒につながったもようだ。

     もっともロナウドもいつまでも怒ってはいない様子。試合翌日には息子、さらに新たに飼うペットの犬とともに笑顔で撮影した写真を自身のSNSに掲載している。

    デイリースポーツ 9月26日 19時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000091-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/09/11(日) 10:37:03.64 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、
    アル・サッドMFシャビ・エルナンデスの先の発言に反論している。

    465507522cr7-500x334


    シャビは先にスペイン『カデナ・セール』とのインタビューに応じ、C・ロナウドについて言及。
    「馬鹿にサッカーなんてプレーできない。クリスティアーノはまったく馬鹿じゃない。

    彼は並外れた選手で、一時代を築ける存在」だとしながらも、
    元チームメートのバルセロナFWリオネル・メッシには敵わないとの見解を示していた。

    「彼の問題は同時期に歴史上最高の選手がいることだ。(メッシとの)比較は意味がないよ。
    マドリーファンでない限り、どちらが優れているかは明白だからね」

    C・ロナウドは10日のリーガエスパニョーラ第3節オサスナ戦(5-2)直後に、この発言に反論。
    ミックスゾーンに現れたC・ロナウドは、シャビが注目を浴びようと自分を出しにしたとの考えを述べている。

    「インターネットで最も検索されている選手は自分だ。
    一面を飾りたかったり、何かをプロモーションしたかったりする人間が僕について話すんだよ。

    シャビが自分について話したとして、それが一体何だと言うんだ? 
    僕は彼がカタールか、それとも違う国でプレーしているかも知らないんだ」

    「シャビはすべてを勝ち取った。だけど、バロンドールは1回も獲得していない」

    GOAL 9月11日(日)6時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000017-goal-socc

    【サッカー】チャビ「C・ロナウドはこの時代に生まれて不運だった」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473425415/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/07/13(水) 06:03:30.17 ID:CAP_USER9


     
    スペイン紙マルカなどは11日、欧州選手権決勝で左膝を負傷したC・ロナウドについて、
    ポルトガル代表ドクターの初診では左膝内側側副じん帯損傷で全治約1カ月の見込みだと報じた。

    正確なCm9wgTqVUAAqdzT
    診断は今後発表されるが、日本代表MF清武が新加入した欧州リーグ王者・セビリアと対戦する来月9日の欧州スーパー杯には間に合わない可能性がある。
    この日は、米経済誌フォーブスが世界のセレブ100人の年収ランキングを発表。
    C・ロナウドは8800万ドル(約91億円)で、サッカー界No.1の4位に輝いた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/07/13/kiji/K20160713012953180.html
    2016年7月13日 05:30

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/06/25(土) 14:12:57.32 ID:CAP_USER9

    no title

     
    ◆欧州選手権 ▽決勝トーナメント1回戦 クロアチア―ポルトガル(25日、ランス)

     欧州選手権は25日、決勝トーナメント1回戦が行われる。D組1位のクロアチアとF組3位のポルトガルがランスで激突する。過去3度の対戦ではすべてポルトガルが勝利しているカード。クロアチアは負傷で戦列を離れていたMFルカ・モドリッチ(30)=Rマドリード(スペイン)=と、FWマリオ・マンジュキッチ(30)=ユベントス(イタリア)=が復帰する。

     1次リーグでクロアチアは3連覇を狙うスペインに欧州選手権で15戦ぶりの黒星をつけた。アンテ・チャチッチ監督(62)は「満足はしていない。我々はこのトーナメントでできるだけ長く、前に進み続けたいんだ」と話した。予想スタメンは次の通り。

     ☆クロアチア(4―5―1)

     ▽GK スバシッチ

     ▽DF スルナ、チョルルカ、ビダ、ストリニッチ

     ▽MF モドリッチ、バデリ、ブロゾビッチ、ラキティッチ、ペリシッチ

     ▽FW マンジュキッチ

     ☆ポルトガル(4―4―2)

     ▽GK ルイパトリシオ

     ▽DF ビエイリーニャ、リカルド・カルバーリョ、ペペ、ゲレイロ

     ▽MF ウィリアム・カルバーリョ、モウティーニョ、アンドレ・ゴメス、ジョアン・マリオ

     ▽FW ナニ、C・ロナウド

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000085-sph-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2016/06/20(月) 17:21:12.23 ID:CAP_USER9

    48576d9c

    窮地に追い込まれたスーパースターの言動を巡って波紋が広がっている。
    サッカーの欧州選手権1次リーグF組のポルトガルは18日(日本時間19日)のオーストリア戦でスコアレスドローに終わり、
    2戦連続の引き分けで決勝トーナメント進出に黄信号がともった。
    後半34分にPKを獲得したが、エースのFWクリスチアーノ・ロナウド(31)がまさかの失敗。勝利を逃した戦犯となった。
    2試合連続ノーゴールと結果を出せないエースに対して批判が高まっているが、それはピッチ外でも同様だ。

    今大会初戦の14日アイスランド戦で1―1の引き分けに終わると、イラ立つC・ロナウドは「彼らは守っていただけ。
    サッカーをしようとしていない」「小心者だ。ムカつく」などと相手を罵倒。
    この“逆ギレ”に英紙「メトロ」は「口を閉じたほうがいい。相手を非難するより自分を見つめ直せ」と手厳しく報道。
    当のアイスランドからもDFカウリ・アウルナソン(33)が
    「彼の言動こそ、FWリオネル・メッシ(28)が一歩前にいる理由だ」と、屈辱的な反撃を食らってしまった。

    そんな状況の中、PK失敗で戦犯となったロナウドに対してはさらに批判の声が集中。
    同僚のMFジョアン・モウティーニョ(29)は名前こそ出さなかったが「チャンスはしっかり決めないと」とあきれ気味にコメントした。
    さらに相手のサポーターからは「メッシ! メッシ!」とまたもライバルの名前を大合唱される屈辱を受け、
    試合後には乱入した観客に写真撮影を求められるなどアクシデントにも巻き込まれた。

    スポーツ界トップの年収80億円を稼ぎ出すストライカー。
    汚名返上のためには決勝トーナメント進出がかかる22日のハンガリー戦で、起死回生の一発を見せるしかない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/555608/
    2016年06月20日 16時30分

    続きを読む

    1: ゴーリキー ★ 2016/06/19(日) 05:50:02.10 ID:CAP_USER9

    no title

     

    続きを読む

    1: Egg ★2016/06/18(土) 19:58:08.23 ID:CAP_USER9

    1241

     
    アイスランド戦の終了間際には“壁当てFK2連発” ドロー発進の一因に…

    ポルトガル代表の絶対的エースFWクリスティアーノ・ロナウドが、「最悪FKキッカー」の烙印を押された。代表戦での国際主要大会で34回ものチャンスがありながらノーゴールに終わっていると、英紙「サン」が報じている。

     優勝候補の一角として臨んだ欧州選手権(EURO)の初戦、現地時間14日のアイスランド戦でロナウドはシュート10本を放ちながらも無得点に終わり、チームのドロー発進を招いてしまった。特に槍玉に挙げられたのは、後半終了間際の“壁当てFK2連発”だった。後半アディショナルタイム3分過ぎ、ゴールから33メートルのFKを得たロナウドだったが、思い切り壁にぶつけた。

     ただ、これはアイスランドの選手のハンドを誘ったため、約24メートルの位置で再びチャンスを得たが、またしてもミスキックで壁に当てた。その瞬間、試合終了のホイッスルが鳴るという締まらない結末となった。

     このミスショットを受けて、同紙はデータ会社「オプタ」のあるデータを紹介している。それはワールドカップやEUROといった主要国際大会での、FKシュート数とゴール数だ。

    ここでは名手として知られながら、代表の大舞台で決められなかった選手が紹介されており、シニシャ・ミハイロビッチ氏やジネディーヌ・ジダン氏ら豪華メンバーが名を連ねるなかで、ロナウドは34回もFKを蹴りながらノーゴール。うち13回は壁に当てており、枠内に飛んだシュートの数はわずか8回しかないとのことで、その精度の低さは群を抜いていると酷評されている。

    同僚のベイルは史上3人目のFK2発の快挙

     奇しくもレアルでチームメートのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、16日のイングランド戦で30メートルのブレ球FK弾を叩き込み、初戦のスロバキア戦に続いて2試合連続でFKからゴールをマークした。史上3人目となる「1大会FK2得点」の快挙をマークした同僚の正確無比な一撃を、CR7はどんな気持ちで見つめていたのだろうか。

     以下は、同紙が掲載した“代表戦で決められない名FKキッカー”の顔ぶれだ。

    クリスティアーノ・ロナウド(34回/0ゴール)
    ゲオルゲ・ハジ(27回/0ゴール)
    ミシェル・プラティニ(25回/2ゴール)
    ロナルド・クーマン(22回/0ゴール)
    ジネディーヌ・ジダン(21回/2ゴール)
    ウェズレイ・スナイデル(18回/0ゴール)
    フランチェスコ・トッティ(18回/0ゴール)
    フリスト・ストイチコフ(17回/2ゴール)
    フェルナンド・イエロ(17回/1ゴール)
    シニシャ・ミハイロビッチ(16回/1ゴール)

    Soccer Magazine ZONE web 6月18日 19時37分ゆ
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160618-00010017-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ