1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 05:26:32.02 ID:???*.net


バイエルン・ミュンヘン 5 - 1 ヴォルフスブルク

   0 - 1   26 カリジューリ
   1 - 1   51 レヴァンドフスキ
   2 - 1   52 レヴァンドフスキ
   3 - 1   55 レヴァンドフスキ
   4 - 1   57 レヴァンドフスキ
   5 - 1   60 レヴァンドフスキ

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786882

22日に行われたブンデスリーガ第6節、バイエルン・ミュンヘン対ヴォルフスブルクの一戦は、5-1でホームのバイエルンが勝利した。
バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、ブンデスリーガ史上最速ハットトリックを達成している。

前半はアウェーのヴォルフスブルクが良い形で試合を進める。
バイエルンの一強体制に終止符を打ちたいヴォルフスブルクは、26分に先制した。敵陣中央からドラクスラーが右へ展開すると、
走り込んだカリジューリが右足でトラップ。ペナルティーエリア右で右足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。

バイエルンはその後も集中力を欠く場面がある。それを象徴するのが38分のプレーだ。
守備範囲の広さに自信を持つGKノイアーがかなり高い位置まで飛び出すが、ボールをクリアしきれない。

すると、ヴォルフスブルクはハーフウェーライン手前からギラボギががら空きとなったゴールを狙う。
このシュートは左ポストに当たって枠を外れ、ノイアーが安堵した。

1点を追うバイエルン。グアルディオラは後半のスタート時にチアゴとベルナトを下げて、
レヴァンドフスキとハビ・マルティネスを投入する。この交代策は、指揮官の予想を上回る効果を生んだ。

51分、右サイドからグラウンダーのボールが入ると、ビダルがヒールで落とし、ミュラーが引き取ってゴールを目指す。
これはDFにブロックされるも、ゴール前のレヴァンドフスキが押し込んで同点に追いついた。

続く52分もレヴァンドフスキ。自身の前が空いた瞬間にペナルティーエリア手前から右足でミドルシュートを放ち、あっという間に逆転する。
さらに55分にもレヴァンドフスキがゴールを挙げて、ハットトリックを達成。3分19秒でのハットトリックは、ブンデスリーガ史上最速とのことだ。

だが、まだ止まらない。57分、左からのクロスがDFに当たって中に入ると、レヴァンドフスキがボレーでとらえて4点目。
60分には右からのクロスに鮮やかなジャンピングボレーで合わせて5点目を挙げてしまった。途中出場から15分で5得点という離れ業に、グアルディオラ監督もただ驚くばかりだった。

一気に勝負を決めてしまったバイエルンは、落ち着いてボールをキープしつつ、さらなるゴールをうかがう。レヴァンドフスキが6点目に近づくこともあったが、その後はスコアが動かない。
レヴァンドフスキの強烈なゴールラッシュの余韻が冷めやらぬまま、5-1で試合終了のホイッスルが鳴った。

GOAL 9月23日(水)5時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000037-goal-socc

動画
http://www.ballball.com/ja-jp/

続きを読む