サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:香川真司

    1: 動物園φ ★ 2018/08/21(火) 08:02:09.87 ID:CAP_USER9
    8/21(火) 7:58配信

    DkD_y11VAAA5rqG


    時事通信

     サッカーのドイツ・カップは20日、各地で1回戦が行われ、香川真司のドルトムントは敵地で2部リーグのフュルトに2―1で逆転勝ちし、2回戦に進んだ。香川はベンチ入りしなかった。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000024-jij-spo







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    205: 風吹けば名無し 2018/08/07(火) 14:20:45.83 ID:8BrX2fIR0
      ソン ケイン エリクソン 

          アリ 

      デンベレ ダイアー 
        ↑ 
      ここじゃないと試合出れない







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2018/08/05(日) 00:50:05.47 ID:CAP_USER9
    ▪ 2012年から14年までユナイテッドに在籍した香川、確かな足跡を残すもインパクトは小

    3AB



     多くのワールドクラスを輩出してきたイングランド屈指の名門マンチェスター・ユナイテッド。その一方で、このビッグクラブへ移籍しながら、成功を収められなかった選手も数多くいる。英サッカー専門メディア「Squawka」は「ユナイテッド加入後に苦境に陥った15選手」を特集。2012年から14年まで所属していた日本代表MF香川真司(現ドルトムント)も名を連ねた。

     この特集では、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(2014~15年所属/現パリ・サンジェルマン)や元スペイン代表GKビクトール・バルデス(2015~16年所属/引退)、元イングランド代表FWアラン・スミス(2004~07年所属/無所属)など錚々たる顔ぶれが登場している。

     その中に現在ドルトムントで活躍する香川の名前を挙がっている。ユナイテッドでは2012年から14年まで2年間在籍し、通算57試合に出場。アジア人として初めてハットトリックを記録し、1年目にはリーグ優勝も経験するなど確かな足跡も残した。しかし、ドルトムントでブレークした時ほどのインパクトは与えられず、最終的には古巣へ出戻り移籍を果たした。

     記事では「ボルシア・ドルトムントで印象的な活躍が背景にあったシンジ・カガワの獲得は、あらゆる方面から称賛された」と当時のユナイテッドにとって大きな影響を及ぼしたとされた一方、「カガワはユルゲン・クロップ監督の下で驚かせたのと同じ人物ではなかった」とパフォーマンス面では不足感があったと指摘されている。

     とりわけ、アレックス・ファーガソンの後継者に指名されたデイビッド・モイーズ元監督の下で戦った2年目のシーズンは出場機会がさらに限られたものとなり、本領発揮には至らなかった。

     香川の他では現所属選手のフランス代表FWアンソニー・マルシアルやイングランド代表DFルーク・ショー、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンなどの名前も取り上げられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00126321-soccermzw-socc









    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2018/07/30(月) 18:29:06.92 ID:CAP_USER9
    DdAqc6kV0AIoI4w


    ドイツ紙『ビルト』が新シーズンを前にブンデスリーガ各チームの状況を分析。ドルトムントにフォーカスが当たっている。

    ドルトムントは今夏、アンドリー・ヤルモレンコやアンドレ・シュールレが退団した一方で、アブドゥ・ディアロやトーマス・ディレイニー、マルヴィン・ヒッツといったブンデスリーガで実績のある選手を獲得。日本代表MF香川真司の去就も含めて戦力的に大きな入れ替えがある。

    そんな中、『ビルト』は各ポジションの選手層について数値付け。6を最高として「ワールドクラス」、5を「強固」、4を「良い」、3を「平均的」、2を「弱い」、1を「弱点」として6段階評価。ドルトムントはGKが3、DFが3、MFが5、FWが3、監督が5、マネージメントが5という“採点”になった。

    また、想定される今季のスタメンも紹介。マキシミリアン・フィリップが最前線に据えられ、トップ下にはマルコ・ロイス、そして3列目には若手のジェイドン・サンチョが入った一方で香川の名前はなかった。新加入のディレイニー、ディアロといった選手たちも予想スタメンに含められている。

    香川には今夏、ベジクタシュなどが獲得に興味を示していると伝えられ、ドルトムントを離れる可能性も少なくない。そういった報道も予想スタメンに入らなかった要因の一つかもしれない。

    以下、『ビルト』が予想した今季のスタメン。

    GK
    ビュルキ

    DF
    ゲレイロ、ディアロ、アカンジ、ピシュチェク

    MF
    サンチョ、ゲッツェ、ディレイニー、プリシッチ、ロイス

    FW
    フィリップ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000018-goal-socc





    ☆今日の人気記事






    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/30(月) 13:23:15.21 ID:hvNTAgkvM
    DedQlElVMAAYVnl




    今の香川真司「トルコからしかオファーないやん。
    ドルトムント残留するしかないけど
    ドルトムントの放出候補1位になってるやん」





    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/07/30(月) 11:57:02.61 ID:CAP_USER9

    20180714_Shinji-Kagawa


    ドルトムントMF香川真司は、新天地を求めることになるのだろうか。トルコ『westline』は、放出される可能性が高いと伝えている

    昨シーズン、一度レギュラーの座を掴んだが、足首のケガの影響で後半戦をほぼ棒に振ってしまった香川。ドルトムントではブンデスリーガ19試合の出場にとどまったが、日本代表として参加したロシア・ワールドカップではスタメンとしてプレーし、2大会ぶりのベスト16進出に貢献した。

    しかしドイツ『シュポルトバザー』などは、今季から体制の変わったドルトムントは中盤の刷新を図っているとし、放出候補になっていると伝えているなど、去就に注目が集まっている。

    中でもトルコの強豪ベジクタシュが獲得に熱心と見られており、すぐに正式なオファーを提出するとも伝えられている。『westline』は移籍する可能性が高いとし、「シンジ・カガワはすぐにでもトルコでキャリアを続けられる」と伝えた。

    「アンドレ・シュールレを放出した後でも、ドルトムントのスカッドは少し大きすぎる。移籍市場が閉まるまでに、数人が放出されるだろう。カガワは、明らかに退団候補だ」

    「W杯のオフから戻ったばかりの日本代表だが、ベジクタシュの買い物リストに載っているのは間違いない。トルコのクラブはプレーメーカーを探しており、ドルトムントMFをねらっているのは明らかだ」

    トルコのシュペル・リガでは、王者ガラタサライに長友佑都が完全移籍を果たした。新シーズンでは、日本代表の盟友がトルコの地でしのぎを削る事になるのだろうか。

    7/30(月) 7:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000025-goal-socc



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: れいおφ ★ 2018/07/25(水) 08:58:00.35 ID:CAP_USER9

    no title


    はやるベジクタシュ・サポが怒涛のラッシュを

    トルコのメディアがこぞって報じているのが、日本代表MF香川真司を巡る異常事態だ。
     イスタンブールの名門ベジクタシュが、香川の獲得に乗り出したという一報が舞い込んできたのは、7月23日月曜日のことだった。
    ベジクタシュ側はレンタル移籍を希望し、1年間200万ユーロ(約2億6000万円)のオファーを提示をしたものの、
    ドルトムント側はその倍額を要求したうえで、700万ユーロ(約9億1000万円)の買い取りオプション付帯を条件にしたとの報道もある。
    情報そのものはどうやら絵空事ではなさそうだ。

    いずれにせよ、香川は今日水曜日に日本を発ち、一路ドルトムントのキャンプ地に向かうが、
    この2日間で熱狂に近い盛り上がりを見せているのがベジタクシュのサポーターたちだ。
    ワールドカップでも活躍したプレーメーカーの獲得に、超が付くほど特大の期待を寄せているのだ。
     
    全国紙『Fanatik』が伝えたのは、彼らサポーターの過剰な行動だ。
     
    「シンジ・カガワへの関心が報じられてから、ベジクタシュのサポーターたちはクラブを強烈にバックアップしている。
    なぜそうなったのかは判然としないが、カガワのツイッターとインスタグラムにはおびただしい数の“Come To Besiktas(ベジクタシュにおいで)”
    というメッセージが寄せられているのだ。すでに数千件に及んでおり、カガワはもはや逃げられないだろう!」
     
    数千どころではない。香川が投稿したここ最近の記事にはこれでもかと“Come To Besiktas”が書き込まれ、ざっと見積もっても数万単位だ。
    一般のフォロワーがなにかメッセージを寄せても、香川本人が探すのが大変なほど埋め尽くされている。
    ここまでくるともはや“呪い”であり迷惑行為なのだが……。
     
    なんとツイッター上でも「#ComeToBesiktas」「#ComeToBesiktasKagawa」は人気ワードとなっており急上昇中。

    同じイスタンブールが本拠地のライバル、ガラタサライには僚友・長友佑都が籍を置くが、
    普段から彼のSNSにも尋常ではない数のトルコ語のメッセージが投稿されている。
    香川はベジクタシュ・ファンにとって、すでに「マイ・プレーヤー」なのかもしれない。

    はたして、この緊急事態はいつまで続くのだろうか。まさに半端ない熱狂ぶりである。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=44508

    関連記事
    香川獲得キャンペーン!? SNSのコメント欄に「ベジクタシュに来て」とラブコール殺到
    https://www.football-zone.net/archives/124148




    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    688: U-名無しさん (ワッチョイ ff76-7YKF) 2018/07/24(火) 14:52:24.00 ID:5g0bWfkb0





    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ