サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:香川

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/03/22(水) 06:21:09.08 ID:CAP_USER9

    CzUbIYMVIAEgk-X

     
    今の香川は心身ともにコンディションが良好のように映る。

    最近の香川は調子が良さそうだ。2月のダルムシュタット戦から出番を増やし、
    3月11日のヘルタ・ベルリン戦、同14日のDFBカップ準々決勝に続き、同17日のインゴルシュタット戦にもフル出場。
    持ち前のテクニック、クイックネスを生かし、複数のチャンスに絡み、
    直近のインゴルシュタット戦では強さと上手さが融合したチャンスメイクから先制点のきっかけを作った。
     
    清武にトップ下の座を譲った11月の代表戦の頃と違って、心身ともにコンディションは良好。
    ポジションを争うライバルの清武がC大阪でいまひとつ輝けていない現状を踏まえると、UAE戦で先発出場するのはおそらく香川だろう。
     
    ただ、クラブで調子が良くても代表戦であまりパッとしないのが近年の香川だ。
    その意味で、今、このアタッカーを信じていいのか、という疑問はあるだろう。
     
    香川がハリルホジッチ政権下で輝いたのは16年3月29日のシリア戦(ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選)などわずか数試合。
    どちらかと言えばネガティブな印象のほうが強いかもしれない。日本代表の10番に相応しい活躍をしていないのではないか、と。
     
    代表での香川はどうも球離れの悪い選手と相性が悪そうに映る。
    前線に良い形で走り込んでもパスをもらえず、絶妙なフリーランニングが無駄走りに終わってしまうシーンは少なくなかった。
    ドルトムントで輝けても、代表であまりインパクトを残せない。
    ということは、香川は“周囲のキャラクターに左右されるプレーヤー”という見方もできなくないわけだ。
     
    となると、今度のUAE戦では“新しい香川”が見られるかもしれない。
    3トップとして久保、大迫、原口が先発出場すれば、トップ下の香川を含む前線の4人は今回のワールドカップ予選で初めてのユニットとなるからだ。
     
    ある意味、香川にとってはチャンスだ。
    今予選で最大のターニングポイントになるだろうアウェーのUAE戦で、しかも新しいユニットで結果を残せば、その実力を改めて評価されるはずだ。
     
    もしかすると、香川にとってUAE戦は今後の代表での立ち位置を左右する試合になるかもしれない。
    こういう状況で実力を発揮してこそ、日本の10番と言えるが、果たして……。
    香川の爆発を、期待して見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00023706-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/22(水) 6:00配信

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2017/03/13(月) 17:56:58.26 ID:CAP_USER9
    日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、ヘルタ・ベルリンとの上位対決で敗れた。それでも、香川個人のパフォーマンスは称賛を受けている。『ユーロスポーツ』が報じている。

    ドルトムントは11日、ブンデスリーガ第24節で原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、1-2の敗戦を喫した。公式戦での先発出場が10試合ぶりとなった香川であったが、55分にはピエール・エメリク・オーバメヤンの同点ゴールをアシストするなど、ドルトムントの攻撃をけん引した。『ユーロスポーツ』は、ドルトムントで「唯一の勝者」として香川のプレーを以下のように褒め称えた。

    「ファンのお気に入りとなった頃のプレーを彷彿とさせ、しなやかなボール捌きが素晴らしかった。序盤はピエール・エメリク・オーバメヤンやアンドレ・シュールレと近い高い位置でプレーしていたが、その後ポジションを落としチャンスを量産した」

    チームは敗北を喫したが、香川自身は久々の先発出場で、大活躍していた頃のようなプレーを披露。ドルトムントは14日、ピッチコンディションの影響で延期となっていたDFBポカール準々決勝でシュポルトフロインデ・ロッテと対戦し、17日にはブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットと戦う。中2日の厳しい日程が続くが、香川にとってはレギュラー奪取のチャンスとなるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000016-goal-socc

    続きを読む

    20: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/03/12(日) 08:28:22.24 ID:n+z3LVrj0
    香川キレキレ 
    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/03/08(水) 23:14:22.64 0
    jpg-thmbnail2

     
    調子はどうなの?

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/02/10(金) 12:43:46.38 ID:CAP_USER9

    Goetze_kagawa_01c

     
    ベンチで見守る機会増える

    ドルトムントがこれほど若い集団になると予想した人がどれだけいただろうか。

    開幕前は新たに獲得したドイツ代表のアンドレ・シュールレ、復帰したマリオ・ゲッツェが2列目の主力になると考えられていたが、
    2人はポジションを確保できていない。日本代表MF香川真司もそうだ。

    主役になっているのは18歳のクリスティアン・プリシッチ、19歳のウスマン・デンベレ、21歳のユリアン・ヴァイグル、
    23歳のラファエル・ゲレイロといった選手たちで、今のドルトムントは信じられないほど若い集団になっている。

    英『sky SPORTS』もドルトムントの「若さ」にスポットを当てており、
    4日のライプツィヒ戦でも「クオリティと経験のあるゲッツェ、シュールレ、香川真司がベンチにいたが、
    指揮官のトゥヘルは18歳のパスラックを選択した」と中堅組より10代の選手が信頼されていることを伝えている。

    パスラックは後半40分に最後の交代カードとしてマルセル・シュメルツァーに代わってピッチに入っており、
    結局この試合で香川、ゲッツェ、シュールレに出番は回ってこなかった。

    それは8日のDFBポカール3回戦のヘルタ・ベルリン戦でも変わらず、香川は出場機会なし、
    シュールレは4人目の交代選手として延長前半から出場しただけだ。

    開幕前に主力になると期待された実力ある中堅組がベンチに座っているだけの状態となっており、
    これは予想外の展開と言える。

    若手の活躍でドルトムントが勢いを取り戻しているのは確かだが、
    このままゲッツェや香川ら実績のある選手たちは若手に潰されてしまうのだろうか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/10(金) 11:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00010005-theworld-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170210-00010005-theworld-000-view.jpg

    ■順位表※第19節終了時点
    1. バイエルン(46)+31
    2. ライプツィヒ(42)+19
    3. フランクフルト(35)+10
    4. ドルトムント(34)+18
    5. ホッフェンハイム(34)+16
    6. ヘルタ・ベルリン(33)+6
    7. ケルン(32)+12
    8. フライブルク(26)-9

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?192324-192324-fl

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/05(日) 12:40:48.77 ID:CAP_USER9

    CPZMPvnVEAAJYli

     
    ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、快進撃を続けるライプツィヒを1-0で破った。

     ドルトムントは35分にフランス代表MFウスマン・デンベレのクロスをガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で決めて先制。その後もオーバメヤンやドイツ代表FWマルコ・ロイスらを中心にゴールへ迫り、出場停止のスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリや風邪のドイツ人FWティモ・ヴェルナーら主力選手を欠いたライプツィヒを圧倒。追加点は遠かったものの、1-0で2017年ホーム初戦を白星で飾った。

     香川はベンチでチームの勝利を見守った。「白熱したレベルの高い試合だった」。チームは2試合ぶりの勝利を収めたが、香川は今節で2試合連続の出場なし。それでも、DFBポカールやチャンピオンズリーグの再開を前に、「試合が多いんで。次のカップ戦に備えます」と切り替えた。コンディション不足も懸念されるが、本人は「練習はいいんで」と断言。「しっかりと準備して頑張ります」と静かに意気込んだ。

     ドルトムントの次の試合は、中3日で行われるDFBポカール3回戦。今節のインゴルシュタット戦で今シーズン初得点を決めた日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンをホームに迎える。

    SOCCER KING 2/5(日) 10:45配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549349-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/27(金) 20:21:34.44 ID:CAP_USER9

    Goetze_kagawa_01c

     
    ブレーメン戦は出場機会なく

    21日にブレーメンと対戦したドルトムントは、2-1で勝利して良い形で後半戦をスタートさせた。しかし、話題になっているのは得点を決めたアンドレ・シュールレやウカシュ・ピシュチェクではなく、この試合で90分間ベンチを温め続けたMFマリオ・ゲッツェだ。ゲッツェは昨夏ドルトムントに復帰したものの、ここまではリーグ戦1得点と満足のいく成績を残せていない。


    この状況に独『WAZ』は、ゲッツェを起用する場所はあるのかと疑問を投げかけている。

    サイドではエースのマルコ・ロイス、若手のクリスティアン・プリシッチにウスマン・デンベレ、エムレ・モルまでいる。今回のブレーメン戦でもロイス、プリシッチ、デンベレが出場しており、同メディアはサイドでゲッツェがポジションを掴むのは限りなく難しいと見ている。

    では、インサイドハーフではどうだろうか。同メディアはここでも、日本代表MF香川真司がいると主張。負傷離脱しているラファエル・ゲレイロを含め、インサイドハーフの層も厚い。

    残るアイディアとしてはドイツ代表やバイエルンが時折使用したようにゲッツェを偽9番として中央で起用する手もあるが、最前線ではピエール・エメリク・オバメヤンが構えており、オバメヤンがいない場合でもアンドレ・シュールレがいる。ゲッツェをこの位置で起用する理由はないだろう。

    こう見ていくと、ゲッツェを使える場所がなかなか見当たらない。インサイドハーフでのパフォーマンスは満足のいくレベルとは言えず、よりゴールに近いエリアで起用したくともポジションはすでに埋まっている。

    同メディアはワールドカップ制覇まで成し遂げた男はどこで先発するのか?と伝えているが、今のところベンチとしか答えられないかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/27(金) 17:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00010014-theworld-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/01/20(金) 12:03:30.05 ID:cfnaiWEV0

    E9A699E5B79D2015E38381E383A5E3838BE382B8E382A2E688A6E38391E382B9

     
    本田とか香川って何がどう凄いん?

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@ 2017/01/09(月) 01:01:14.22 ID:d84M09XF0

    カズ→中田→中村→本田→香川と続いたスター選手の系譜が途絶えそう

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/01/08(日) 11:31:21.07 ID:CAP_USER9

    CzUbIYMVIAEgk-X

     
    ブンデスリーガの前半戦で出場機会に恵まれたなかったドルトムントMF香川真司やアウクスブルクFW宇佐美貴史、怪我により離脱していたマインツFW武藤嘉紀が、後半戦に向けてアピールした。なお、ブンデスリーガは今月20日に再開する。

     7日、ドルトムントは親善試合でPSV(オランダ)と対戦。ここまでリーグ戦7試合の出場にとどまっている香川は、先制して迎えた前半40分、MFウスマン・デンベレのパスをPA左で受け、ニアに右足シュートを流し込み、追加点。前半のみの出場に終わったが、PKを獲得するなど4-1の勝利に大きく貢献した。

     今季アウクスブルクに加入もベンチ外の日々が続き、5試合の出場にとどまった宇佐美は、7日に行われたAZ(オランダ)との親善試合に先発出場。前半21分、MFジョナタン・シュミットの折り返しを右足で流し込み、先制点を決めた。チームは1-1の引き分けに終わり、宇佐美は後半22分までプレーした。

     また、昨年9月29日のヨーロッパリーグ(EL)ガバラ戦で内側側副靭帯を損傷し、前半戦は怪我に苦しめられた武藤は、6日にADOデンハーグ(オランダ)との親善試合で先発出場し、前半19分にFWジョン・コルドバの先制点をアシスト。ハーフタイムで交代したが、後半戦に向けて指揮官に猛アピールした。なお、ADOデンハーグのFWハーフナー・マイクはベンチ外だった。

    ゲキサカ 1/8(日) 10:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01635606-gekisaka-socc

    ドルトムント香川真司、新年に好調なスタート…PSV相手に1ゴール&PK獲得
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000003-goal-socc

    香川、先発で1G! ドルトムントはPSVに4発快勝
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000010-ism-socc

    宇佐美、テストマッチでゴール!アウクスブルク2017年初ゴールでアピール
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000000-goal-socc

    アウクスブルク宇佐美 練習試合でゴール 逆襲だ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01762374-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ