サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:韓国

    1: 風吹けば名無し 2018/06/24(日) 01:59:59.84 ID:6Fl207Ob0
    DL0ycBnVQAITfWl



    酷い



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    107: 名無しさん@恐縮です 2018/06/24(日) 06:37:47.79 ID:ofoghFc90

    韓国 1-0 ドイツ 
    メキシコ 2-0 スウェーデン 

    これだと1位メキシコ、2位韓国




    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/24(日) 09:26:07.41 ID:82KCywEq0

    no title



    ドイツ戦楽しみやなー





    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    5: 名無しさん@恐縮です 2018/06/23(土) 16:05:56.83 ID:/be1L6cC0
    db62ce4e


    韓国が勝ちそうな予感がするの俺だけ?

    続きを読む

    211: 名無しさん@恐縮です 2018/06/19(火) 00:26:26.63 ID:MMMTvnv10
    no title



    海外でこの試合、両チームも審判もボロ糞に言われてた。 

    ・私の意見では、今大会最低の試合だ。 
    ・メキシコとドイツではなく、このどちらかのチームが勝ち進んだら、サッカーを見るのを止める。 
    ・これほど韓国らしい試合を見たことがない。 
    ・このチームがイタリアを予選敗退に追い込んだの?恥ずかしいね。 
    ・↑誰にとって?イタリアにとって? 
    ・今のところ、今大会で最低の試合だ。両チームとも酷い。審判も酷い。 
    ・スウェーデンは汚いファウルとビデオ判定システムに救われた。 
    ・めちゃくちゃ退屈な試合だった。 
    ・韓国人はパスが出来ない。 
    ・この試合での勝者はズラタンのみだ。
    ☆今日の人気記事


    続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/03/24(土) 20:59:05.06 ID:CAP_USER
    DY-ey1MVAAA9zMl


     3月23日にベルギーで行われたマリとの親善試合を1-1の引き分けで終えた日本代表。この結果は、韓国でも報じられている。

    「日本、“W杯予選・無勝脱落国”のマリに1-1の脂汗のドロー」(『スター・ニュース』)
    「マリに辛うじて引き分け……依然として暗雲の中から抜け出せない日本」(『Best Eleven』)
    「“終了直前に同点ゴール”日本、マリに1-1でギリギリの引き分け」(『sportalkorea』)

     など、ロシア行きに失敗した相手に苦戦を強いられたと強調するメディアが多い。

    「日本、マリ戦の結果が衝撃的でしかありえない理由」と見出しを打ったのは、『スポーツ韓国』だ。

     記事は、マリは日本がロシア・ワールドカップのグループリーグで対戦するセネガルを想定した相手であったと紹介。さらに「日本にとっては意味が小さくない試合でもあった。昨年12月のE-1選手権の韓国戦で1-4の惨敗を喫して以来、初のAマッチだったからだ」と、昨年12月の日韓戦の結果も改めて振り返りながら、「日本の立場からすれば、ワールドカップの仮想敵を破り、E-1選手権以降の流れを断ち切ることが理想的なシナリオだったはずだ」と、この日の試合の位置付けを説明した。

     そのうえで、「アフリカ予選“無勝”の脱落チームであり、しかも主力が招集されていない状態のマリを相手に見せた無気力なパフォーマンスは、ワールドカップに向けて準備している日本にとっては衝撃的な結果でしかありえない」と指摘した。
     
     また、『Best Eleven』は、「ハリルホジッチ監督は、ロシア・ワールドカップまで外部からの厳しい批判にさらされ、茨の道を歩むことは避けられないように見える」と、指揮官の責任の重さを強調している。他紙と同様に、この日の試合が日韓戦の大敗以降初のAマッチであったと前置きしながら、「まして今回はE-1選手権とは異なり、ハリルホジッチ監督が呼びたがっていた海外組も十分に招集した状態だった」と綴り、日本のメディアから相次いで批判が挙がっていると報じた。
     
     もっとも、試合の内容に対する視線も厳しい。

    『スポーツ・トゥデイ』は、「“ロスタイムに同点ゴール”日本、苦戦の末にマリと1-1でドロー」とヘッドラインを置き、ゲーム序盤は日本も着実に試合を展開していたとしながら、「一つのファウルが試合の雰囲気を変えた」というPKで失点した以降の試合内容については、「日本は後半45分までじれったいパフォーマンスを見せ、なかなかチャンスをつかめなかった」と酷評した。
     また、前出の『スポーツ韓国』は、より詳細に日本の試合展開を分析している。「日本サッカー、鈍い矛に錆びた盾まで“総体的難局”」と題した記事では、「ハリルホジッチ監督は1.5軍レベルのラインナップで試合に臨んだ」としながら、日本の攻撃について、「ことごとく決定力が欠けていた」と指摘。

     守備については、「日本はサイドや守備の裏のスペースを突くマリのスピードに危なっかしい展開が続いた。GKの好セーブで失点を免れた」と綴っている。また、同メディアは「狙いを外したキックがPKに、あっけなく崩れた日本の守備」とした記事も掲載し、この日の失点について、「日本の立場からすれば、無意味に与えてしまったPKだった」としている。

     ただ、それでも韓国メディアが高く評価した選手もいた。「接戦の日本、慰めは帰ってきた本田と浮上した中島」と報じたのは、『SPOTVNEWS』だ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14479864/





    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/03/12(月) 20:21:07.64 ID:CAP_USER9

    C3ndnHxVYAAm1Qe



    サッカー韓国代表のシン・テヨン監督は、最近挙がったスウェーデンの看板FWズラタン・イブラヒモビッチの代表復帰説について、
    「むしろ、代表復帰してほしい」として、スウェーデンにとって否定的な影響が多いと見込んだ。

    イブラヒモビッチは、今月初めから各メディアとSNSを通じ、12年ぶりにW杯に出場する意思を示している。
    ただ、スウェーデン代表のコーチングスタッフがこれを一蹴しており、今後、イブラヒモビッチの復帰は大きな話題となる見通しだ。

    イブラヒモビッチはユベントス、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドなどを経た世界的なFW。しかし、年齢が36歳となり、昨年には大きな怪我もした。

    「イブラヒモビッチは一匹狼だから…」

    シン・テヨン監督は、イブラヒモビッチの代表復帰説に関する質問を受け、次のように語った。

    「主旨を超える言葉になるかもしれないが、
    そんなベテラン選手が代表チームに入り、スタメン出場できなかった場合、チームを瓦解させる部分が大きい」

    シン・テヨン監督は、「年齢を重ねた選手が献身しない部分が見えれば、問題が生じる可能性がある。
    そのため、個人的には、代表復帰してほしいと思っている」として、イブラヒモビッチの代表復帰を恐れないと話した。

    2018年3月12日 13時23分 S-KOREA
    http://news.livedoor.com/article/detail/14421086/

    続きを読む

    53: 風吹けば名無し 2018/03/10(土) 10:20:00.17 ID:fEgRKdTN0
    no title

    ちな韓国はマルディーニの頭で隼ボレーシュートを放ったもよう


    続きを読む

    734: 風吹けば名無し 2018/01/09(火) 23:48:38.21 ID:YEP2Ulgl0
    news_211433_1

    ハリルは韓国代表の監督やった方が幸せだったんちゃうか。ハリルのやりたいサッカーは韓国の方が合ってるで
    続きを読む

    18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/16(土) 22:02:12.00 ID:kZwXT0j2

    DRLniEiUQAAKurZ

    歴史的大敗北とか言われてるぞwww

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ