サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:評判

    1: 砂漠のマスカレード 2016/05/08(日) 22:08:17.27 ID:CAP_USER9
    低調なミラン攻撃陣を断罪する地元紙 「醜く、遅く、つまらない」

    CYDH6iYUkAA_XJn


    ACミランの日本代表FW本田圭佑は、1-0で勝利した7日の敵地ボローニャ戦でトップ下としてスタメン出場し、後半39分までプレーした。
    長い時間を数的優位で戦った試合は、ミランが1-0で勝利したものの、決定的な仕事ができなかった背番号「10」は、
    イタリアメディアからサイドで起点を作ろうとしたプレーについて「スヌーピーの毛布」と苦言を呈されている。
    地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    ベルルスコーニ会長就任30周年で名門ミランに名を刻む名手トップ10発表 そこに本田の名前は…

    本田は4-3-1-2システムのトップ下を務めた。
    前半12分で数的優位に立ったミランは、同40分のFWカルロス・バッカのPKでのゴールで勝利を収めた。

    「ミランはまだ生きている。開始12分に数的優位に立ち、そして醜かったが6位に戻った」

    「ミランはなんとかヨーロッパによじ登っているが、醜く、遅く、つまらない。しかし、サッスオーロを抜いた」

    記事では試合内容の悲惨なまでの乏しさについて、このように評されている。
    そんな試合で、本田のプレーもまた厳しい評価を受けている。平均点以下の5.5点となった。

    「バロテッリの不在で、中でより脅威となるはずが、
    サイドに出ては『スヌーピーの毛布』のように不足してしまう。ルイスにいいボールを渡した後、交代させられた」

    伊紙らしい比喩で本田の動きに苦言

    トップ下を務めた本田は、中央で好機を演出しようとした。だが、時間帯に応じてサイドに流れ、攻撃の起点を作ろうとしたが、その効果は乏しかったと指摘されている。
    人気キャラクター『スヌーピー』のお腹に申し訳程度にかかる毛布のように、
    他のエリアがむき出し状態になり脅威にさらされたとの独特の比喩で、本田のパフォーマンスを評している。

    シュートは1本。インターセプトは4回。パスは53回というプレー内容だったが、またも得点やアシストという結果を残せず。
    最高点はPKを奪ったルイス・アドリアーノの7点、最低点はMFクツカの4.5点だった。

    ベルルスコーニ会長が偏愛する4-3-1-2システムはいまだ機能不全のまま。
    本田もまた、トップ下の一番手であるイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが故障欠場している間に、結果を出すことができていない。

    今季はリーグ戦1得点3アシスト。暗黒期にあるミランの背番号10は、昨季の第8節以降でわずか1ゴールしか奪えていない。
    攻撃的MFとしては衝撃的に乏しい数字のまま、今季のリーグ戦も残り1試合となった。
    最終節の強敵ローマ戦で、意地のゴールを決めることができるだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160508-00010020-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 5月8日(日)19時16分配信

    続きを読む


    no title



    川島はブラジルで笑いの種。反応が遅く、常に躊躇 

    日本代表は14日、シンガポールのナショナル・スタジアムでブラジルと対戦。
    FWネイマールに4得点を決められて0-4と完敗を喫した。

    この試合について、著名なブラジル人ジャーナリストで
    英紙『ガーディアン』にも寄稿しているフェルナンド・ドゥアルテ氏に戦評を書いてもらった。

    ブラジルは良い試合をしたが、このスコアは日本選手の精神的な脆さが原因だ。
    選手の精神的強さは“アイスキャンディー”のように気まぐれなものだ。

    以前、私はジーコ氏と日本人選手について話をしたことがある。
    彼は「日本の選手はイライラすると精神的に非常に脆くなる」と語った。

    さて、この試合を見ると、私は彼の言っていた意味を完璧に理解することが出来た。
    日本の選手たちは90分を通して怯えているように見えた。
    彼らは、より懸命に働く必要がある。

    選手個々について、私が話をすることは難しい。
    しかし、川島永嗣はブラジルでは笑いの種となるだろう。彼のプレーには実に失望した。
    彼は反応が遅く、常に躊躇しているように見えた。

    武藤には好印象「常にチャレンジしていた」

    本田圭佑も同様に何も出来なかったが、彼1人を非難することは出来ない。
    なぜなら、チーム全体が酷かったからだ。あのような状況でピッチに投入されて何が出来るというのか? 
    他の誰でもチームを救うことなど無理だ。

    この試合で良いパフォーマンスをした日本の選手を挙げるのは実に困難な作業だ。
    それでも、1人推すのであれば武藤嘉紀だと言うだろう。少なくとも、彼はチャレンジしていた。

    結論として、ネイマールとブラジル(日本以外)にとって素晴らしい夜となった。
    日本人選手のナイーブ過ぎる心が、この試合を実に簡単なものとした。

    フェルナンド・ドゥアルテ
    ブラジルの大手ニュースサイト『UOL』の欧州サッカー通信員。で
    英メディア『ガーディアン』や『ESPN.com』にも寄稿。
    10年間ブラジル代表を追い続け、2度のW杯を取材している。
    ツイッターアカウントは@Fernando_Duarte

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141015-00010005-footballc-socc

    続きを読む

    458634_heroa


    サッカー日本代表МF本田圭佑について、所属するイタリア1部(セリエA)ACミランのインザギ監督は
    「練習態度と試合で私の評価を勝ち取った」と称賛した。12日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトのインタビューで語った。

    聞き手から「本田とDFアバーテが“インザギ組”の中で最も役に立っているのではないか」と問われ、

    「彼らは、ほめられるのに値する。真面目に練習しユニホームへの愛着を表現している。
    本田ついては否定的なコメントを聞いていたが、練習と試合で私の評価を獲得した」とチームへの貢献度を認めた。

    昨季8位に低迷したミランは、ここまで開幕6試合で勝ち点11で5位と上昇気配を見せている。
    「欧州リーグに帰り咲かなければならない。ミランが“欧州圏外”にいるべきではない」。

    新人監督は欧州チャンピオンズ・リーグか欧州リーグの出場圏内となる5位以上を目標としている。

    10月12日(日)17時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000058-dal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ