サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:解任

    1: Egg ★2016/10/24(月) 15:30:42.62 ID:CAP_USER9

    af91d8

     
    サッカー日本代表の綱渡りが続く。18年ロシアW杯アジア最終予選はB組3位と低迷。
    バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は進退問題を吹き飛ばすだけの采配を見せられず、いよいよ日本人監督への交代が現実化してきた。

    ハリルジャパンは最終予選前半戦のヤマ場、イラク戦とオーストラリア戦を1勝1分の勝ち点4でしのいだ
    ただし、その戦いぶりは、W杯5回連続出場中の貫禄が見られず、格下のイラクにロスタイムの辛勝。
    オーストラリア戦でも先制点を奪いながら逃げきれなかった。サッカーライターの渡辺達也氏も嘆く。

    「ここまで日本のサッカーが落ちてしまったかと思うと寂しいかぎりですね。
    特に(B組の)最大のライバルであるオーストラリアとは、常にがっぷり四つに組み、意地と意地のぶつかり合いの戦いをしてきた。
    それが(今回は)引いて守ってのカウンター狙い。アジアの戦いで、ここまで守備重視の試合なんて見たことがありません」

    監督続投の目安と言われた「勝ち点4」こそクリアしたものの、JFA(日本サッカー協会)関係者の顔色はすぐれなかった。スポーツ紙記者が話す。

    「戦術にしても選手交代にしても、JFA幹部は消極的な采配に首をかしげていました。
    2勝すれば、初戦敗戦のマイナスを取り返して、振り出しに戻れたのですからね。

    最高責任者の田嶋幸三会長(58)は続投を明言せず、西野朗技術委員長(61)はスケジュールを変更して帰国。
    11月15日のホームでのサウジアラビア戦(B組1位)が前半戦の大一番となるだけに、すぐにも今後についての会議が開かれる可能性があります」

    結論しだいでは、サウジ戦の結果にかかわらず電撃交代劇が現実味を帯びてきたのだ。まさに「解任ロスタイム」に突入。民放局スポーツ担当デスクが話す。

    「采配への疑問視は選手にも広がり、求心力が低下している。関係者から『選手の心が離れ始めていることが心配だ』という声が上がっているほどです。
    本田圭佑(30)のワントップという勝負手はみごとも、DF陣は監督の指示ではなく自主的に5バックの布陣に切り替えて守り、
    ハリル監督の審判団への激しいクレームにも『大人気なさすぎる。やりにくくてしかたない』と、不満が絶えない」

    ハリル監督がJFA関係者ばかりか、選手からも見限られ始めている中、
    次期監督候補に急浮上した手倉森誠コーチ(48)の動向も気になる。前出・民放局スポーツ担当デスクが続ける。

    「今月中にハリル監督の進退会議が行われるとも一部で報じられていますが、情報源は手倉森コーチ周辺だともっぱらです。
    選手と密にコミュニケーションも取っていて、『いつでも任せてくださいよ』といった雰囲気で、代行監督就任にやる気満々です」

     現在、次期指揮官候補に浮上しているのは、手倉森コーチの他に3人。川崎フロンターレを率いる風間八宏監督(54)とガンバ大阪の長谷川健太監督(51)、
    サンフレッチェ広島の森保一監督(48)だ。中でも、風間氏と長谷川氏が一歩抜けているという。サッカー専門誌編集者が話す。

    「全て日本人というのは、田嶋会長の意向が強い。就任後、母校の筑波大で行われた講演会で『日本のコーチレベルは上がっている。
    日本代表を日本人監督が率いる日も近いでしょう』という旨を熱弁していました。後日、懇親会の席では、後輩の風間氏と長谷川氏の名前を直接あげている。

    2人ともメダル獲りを託される20年東京五輪の代表監督候補として有力ですが、W杯出場ピンチとなれば承諾する可能性が高い。
    風間監督はタイミングよく、10月11日に今季限りで川崎退団を発表しました。長谷川監督も、契約が1年残っているだけで、JFAが違約金さえ払えば問題はありません」

    予断を許さない代表監督交代劇だが、前出・渡辺氏はこう話す。
    「日本はここまで全て先取点を奪ってきたにもかかわらず、まさかのB組3位と崖っぷちです。今、最も大切なことは、この悪い流れを変えること。監督交代は好手だと思いますね」

    ハリルジャパンの見納めが近づいている。

    Posted on 2016年10月24日 5:56 AM
    http://www.asagei.com/excerpt/68403

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 19:54:27.22 ID:CAP_USER*.net
    493620157-500x332

     
    レアル・マドリードの次期監督候補に現在スペイン代表の指揮官を務めるビセンテ・デル・ボスケ氏が浮上していることがわかった。
    18日、イギリスメディア『Tribal Football』が伝えている。

     レアル・マドリードは今シーズンからラファエル・ベニテス監督が就任したが、昨年12月に退任し、
    ジネディーヌ・ジダン氏が後任として指揮官を務めている。しかしながら、レアル・マドリードは
    現在リーガ・エスパニョーラで29試合を終えて、首位バルセロナと勝ち点差「12」の3位。
    4シーズンぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇は非常に厳しい状況となっている。

     同メディアによると、早くもジダン監督の後任候補としてデル・ボスケ氏が浮上。
    今夏にも指揮官交代が起きる可能性があると報じている。
    同氏は過去、1999年から2003年までレアル・マドリードを指揮していた経験がある。
    また、現在務めているスペイン代表監督も6月に行われるユーロ2016を最後に退任すると見られている。

     しかしながら、デル・ボスケ氏本人は「私の状況を考えると、レアル・マドリードに戻ることはない。
    監督としてのキャリアが終わりを迎えようとしているからね」と、就任の可能性を否定し、
    指揮官としての引き際を検討していることも明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00412346-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 13:48:31.69 ID:CAP_USER*.net

    B1bGJ-HCMAAWJqH

     
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が27日のチーム練習に現れなかったと英『ユーロスポーツ』などが報じている。

    土曜日にストークと試合をしたばかりのユナイテッドは、年末年始恒例となった中1日の強行日程で28日にチェルシーとの大一番を戦う。
    そのための唯一の練習日が27日だったが、キャリントンの練習場にV・ハール監督の姿はなく、ライアン・ギグス助監督が代わりにトレーニングを管理したという。

    ユナイテッドはニューヨーク証券取引所に上場しているため、株価に影響するようなビッグニュースは株式市場が開くイギリス時間28日14時半まで待たなければならない。
    それによってファン・ハール監督解任の発表が遅れていると『ユーロスポーツ』は伝えた。

    公式戦4連敗、7試合勝ちなしと一向に明る兆しが見えない”赤い悪魔”の監督交代はもはや決まったも同然といって差し支えないかもしれない。
    果たして後を引き継ぐのはギグス助監督か、また別の人材なのか、そちらの方に注目が集まっている。

    フットボールチャンネル 12月28日(月)13時10分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151228-00010011-footballc-socc

    【サッカー】崖っぷちのファン・ハール監督、チェルシーに勝っても退任?
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451275201/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 18:52:24.38 ID:CAP_USER*.net

    d953c7fa-s

     
    後任候補にプランデッリらの名が挙がる

    ミランの指揮官シニシャ・ミハイロビッチに残された時間は限りなく少なくなっている。

    伊『コリエレ・デロ・スポルト』は13日のヴェローナ戦、翌週のフロジノーネ戦がミハイロビッチにとって
    決定的な2試合になると伝えている。今季のミランは非常に不安定で、11月28日のサンプドリア戦で4-1と
    快勝して上昇気流に乗ったかと思えば、翌週のカルピ戦ではスコアレスドローで勝ち点2を失っている。
    カルピは昇格組のチームで明らかな格下であり、確実に勝ち点3を拾っておかなければならない一戦だった。
    今節のヴェローナ戦、翌週のフロジノーネ戦も同じで、両チームとも降格圏内に沈んでいるチームだ。

    クラブのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長は今季トップ3に入ってチャンピオンズリーグ出場権を獲
    得することを目標としており、今のままではトップ3に入れないと危機感を抱いている。
    同メディアはこの2試合の結果次第でミハイロビッチに代わる新たな指揮官を招聘することになると伝えており、
    ミハイロビッチは絶対に勝ち点6を獲得する必要がある。

    ミハイロビッチの後任候補にはイタリア代表やフィオレンティーナを指揮したチェーザレ・プランデッリ、
    ミランのU-19で監督を務めるクリスティアン・ブロッキらが挙がっている。ミランは今季終了後に
    現イタリア代表指揮官のアントニオ・コンテを招聘することも企んでいるようだが、こちらは限りなく可能性が低い。

    ミハイロビッチにとって最後のチャンスとなる最下位ヴェローナと18位フロジノーネの2試合で
    勝ち点6を回収できるのか、この2試合で再びミランが迷走することになるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00010009-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 22:46:05.01 ID:CAP_USER*.net
    名将の復帰もあり得るか

    レアル・マドリードの指揮官ラファエル・ベニテスはシーズン終了まで指揮官を続けていられるのだろうか。
    ここまでは攻撃に魅力がなく、選手との関係も良好とは言い難い。そしてクラシコでの大敗で解任される
    条件は整ったように見える。

    英紙『デイリー・ミラー』のアンケートによると、ベニテスがシーズン終了まで持つと答えた人は22%しかいない。
    80%近くの人間がシーズン途中での解任を予想しており、同メディアはさっそく後任候補5名を紹介している。

    1.ジネディーヌ・ジダン

    サポーターからも評価の高いジダンは、クラブのレジェンド的存在だ。ジダン本人はベニテスをリスペクトする
    発言をしているが、トップチームの指揮官に興味はあるはず。優秀な指揮官がくる前に名乗り出るのも手か。

    2.ジョゼ・モウリーニョ

    チェルシーでのリーグ連覇が難しくなり、やはりモウリーニョの3年目はチームが崩れてしまった。
    それでもフロレンティーノ・ペレス会長は攻撃的なモウリーニョの姿勢を好んでおり、チャンスがあれば
    呼び戻す考えも持っている。

    3.カルロ・アンチェロッティ

    やっぱり解任しなければよかったなんてことはレアルではよくある話だ。明らかにベニテスよりも
    アンチェロッティの方が優秀で、何より選手からの信頼も厚い。アンチェロッティもレアルに戻る可能性が
    0%ではないと語っており、1年もしないうちにマドリードへ帰ってくるかもしれない。

    4.ヨアヒム・レーヴ

    クラブで目立った功績を残していないレーヴがここまで評価されるのは、地道な努力でドイツ代表を
    世界王者まで押し上げたからだ。代表は招集期間が限られるため、連携の構築はクラブよりも難しい。
    ドイツ代表の連携を極限まで高めたレーヴにクラブを任せてみるのも面白いだろう。

    5.レオナルド・ジャルディム

    モナコを指揮するジャルディムはダークホースの1人だ。フランスではPSGに大きく差をつけられているが、
    ジャルディムは限られた戦力で結果を残してきた。昨季はチャンピオンズリーグでアーセナルを破って
    ベスト8にも進出しており、ジャルディムにとってもレアルは大きな挑戦になる。

    大物の復帰か、ジダンの昇格か、それともジャルディムのようなダークホースを引っ張ってくるのか。
    ベニテスの遅れを取り戻すには、それなりの経験値と実力が必要で、その点ではアンチェロッティが適任だ。
    それが難しい場合にはジダンを昇格させるだろう。まだまだ監督経験は浅いが、サポーターの期待感を
    煽ることはできる。

    早くも後任候補を巡る話題が出ているが、ベニテスはいつまでレアルの指揮官を続けられるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00010032-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 23:30:28.70 ID:???*.net


    images
     
     不調に喘ぐユベントスについに指揮官解任の噂が挙がっている。30日、イタリア『カルチョメルカート.com』が報じた。

     現在セリエAで12位と低迷しているユベントス。前節サッスオーロに敗れ、今季早くも4敗目を喫した。
    この不振によって、ついにマッシミリアーノ・アッレグリ監督にも解任の噂が挙がっている。

     後任候補に挙がるのはマルチェロ・リッピ、ファビオ・カペッロ、ルチアーノ・スパレッティ、
    そしてワルテル・マッツァーリの4名だ。リッピ氏とカペッロ氏はかつてユベントスの監督を務めている。

     マッツァーリ監督は昨季までインテルを指揮し、日本代表DF長友佑都も指導した。
    昨年11月に成績不振によってインテルの監督を解任され、現在はフリーの身となっている。

     現地時間の31日、ユベントスはトリノとの“トリノダービー”を戦う。宿敵に敗れることがあれば、
    一気にアッレグリ監督の解任報道は進むだろう。果たして、アレグリ監督は今季最後まで
    ユベントスの指揮官を務め上げることはできるのだろうか。

    http://www.footballchannel.jp/2015/10/30/post117175/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:47:41.66 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
     チェルシーがジョゼ・モウリーニョ監督の解任に向けて動いていると、25日付の
    英紙デーリー・メール(電子版)が伝えた。チェルシーは24日にウェストハムに1―2と敗れ、
    今季5敗目を喫してプレミアリーグ20チーム中15位。チェルシーはモウリーニョ監督を擁護するコメントを発表したが、
    同紙は今月3日にサウサンプトンに敗れてからクラブ首脳陣が監督交代をにらんで調査を開始したと報道。
    ウェストハム戦の敗戦で解任の準備を始めたという。

     同紙によると、候補の1人である前レアル・マドリード監督のカルロ・アンチェロッティ氏はチェルシー復帰に
    興味を寄せており、同じく前オランダ代表監督のフース・ヒディンク氏も候補になっているという。
    だが、この2人については今季終了時までの暫定監督とし、シーズン終了後にバイエルン・ミュンヘンの
    ジョゼップ・グアルディオラ監督や、アトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督の招へいに動く可能性もあるという。
    また、31日にホームで行われるリバプール戦に敗れると、モウリーニョ監督は解任される可能性が高いとしている。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/26/kiji/K20151026011393850.html

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 21:15:23.64 ID:???*.net

    13b401f6-s

     
     日本代表FW本田圭佑が所属するミランは今週末の日曜日、セリエA第9節でサッスオーロと対戦する。

     イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、本田は再びベンチスタートとなる見込みだ。
    先発の攻撃陣は前節と同じ3トップで、右からアレッシオ・チェルチ、ルイス・アドリアーノ、
    ジャコモ・ボナベントゥーラと予想されている。

     また、現地メディアによれば指揮官のシニシャ・ミハイロビッチ監督の解任は迫っており、
    サッスオーロ戦とキエーヴォ戦のサンシーロ2連戦で結果を出すことが要求されているとのこと。
    サッスオーロには天敵ともいえるFWドメニコ・ベラルディが所属し、ミランはこれまでセリエA4試合で
    1勝3敗となっている。

     サッスオーロ戦のミラン予想スターティングメンバーは以下。

    【4-3-3】
    GK:D・ロペス
    DF:アバーテ、サパタ、ロマニョーリ、アントネッリ
    MF:クツカ、モントリーボ、ポーリ
    FW:チェルチ、L・アドリアーノ、ボナベントゥーラ

    http://www.footballchannel.jp/2015/10/23/post115807/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 18:43:56.63 ID:???*.net
    1479322_heroa


     
     日本代表MF本田圭佑が所属するミランは4日に行われたセリエA第7節でナポリと対戦し、
    ホームで0-4の大敗を喫した。しかし、チームを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督は辞任の可能性を否定している。
    同日のイギリス誌『Four Four Two』が伝えた。

    「私は辞任しない」と話し始めた指揮官は、「クラブが決定することではあるが、
    私は問題の解決策を見つけることができると確信している」と復調に自信を見せ、
    「私が他のクラブで行ってきたことを、ここでもできると思っている。ただ時間を必要としているがね」と、
    チームの改革には時間を要すると主張している。

     そして、「これを言うべきではないとわかっているが、今夜、我々は自分たちよりも優れたチームに敗れたんだ。
    彼らの前線は違いを作ることができる」と、ナポリのほうが優れていたとコメント。続けて、
    「我々は精神的にあまりに弱いね」とチームの問題点について触れ、今後について語った。

    「私はここに来た時から、選手のメンタリティを改善しようと努めた。選手個々と、そしてチーム全体と話してきたが、
    改善するのは容易なことではないね。我々は働き続けなければならない。ハードワークが、
    このチームが持っている唯一のオプションだ。まだまだ十分ではない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356821-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ