サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:英国

    1: Egg ★@2016/10/24(月) 13:47:13.98 ID:CAP_USER9
    語弊を恐れずに言えば、“岡崎祭り”はいささかやり過ぎ感が否めない。

    Cs0fdedUsAEQsuZ


    プレミアリーグ第9節のクリスタル・パレス戦に先発出場したレスター・シティの岡崎慎司は1−0で迎えた63分にゴールネットを揺さぶりチームの勝利に貢献した。この事実は日本人として喜ばしいことだ。

    もっとも、プレミアリーグは第9節まで進んでいる。EFLカップのチェルシー戦で2ゴールを挙げているとはいえ、リーグ9試合目にして初得点を挙げた選手を「救世主」として日本のメディアが報じるのは「身内びいき」と言われても仕方のない現象と言える。

    しかしながら、興味深いのは“岡崎祭り”を展開しているのが他ならぬイングランドのメディアということだ。彼らは過剰なほど、岡崎に対して称賛の言葉を並べている。

    地元紙の『レスター・マーキュリー』が「オカザキがすべてを一変させた」と書くのは平常運転としても、高級紙『ガーディアン』が「Shinji Okazaki」の名前を「Shine(輝く)」などの言葉とともに、複数の記事で見出しとして使っている。

    さらに世界で最も有名なフットボール番組である『BBC』の『マッチ・オブ・ザ・デイ』は岡崎をマン・オブ・ザ・マッチに選出。司会のガリー・リネカーは「レスターが低迷しているのは、2つのものがなくなったからだ。一つはヌゴロ・カンテがいなくなったこと、もう一つはオカザキの出場機会が減ったこと」と、チームが波に乗り切れない要因を挙げるとともに、岡崎への称賛を口にしている。

    裏を返せば、今回の岡崎の得点はレスターにとって「ただの1点」ではないということだ。

    付け加えるなら、現地メディアのほとんどは得点にフォーカスするのではなく、「レスターを活性化させた」という点にスポットを当てている。昨シーズン、奇跡の優勝を果たしたレスターで潤滑油として活躍した日本人ストライカーが再びチームに躍動感を与えることを、現地のメディアやファンは待っていたわけだ。

    クラウディオ・ラニエリ監督は「今日はとても良いプレーをしたし、素晴らしい得点も決めた」「私はチームのためにハードワークをするシンジが大好きなんだ。ファンタスティックだね」と称賛を送りつつ、それでもターンオーバー制の導入や他にもイスラム・スリマニやアメード・ムサといった素晴らしい選手がいるという姿勢を崩さない。

    果たして指揮官は今後、どのような起用を行っていくのか? 一つ確かなことは、岡崎がフル出場してゴールを挙げ、チームが3ポイントを獲得した試合が「今シーズン最高のパフォーマンス」(ラニエリ監督)を示したゲームだった、ということである。

    GOAL 10月24日 12時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00000006-goal-socc

    続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 12:20:37.64 ID:CAP_USER*.net
    16/3/22 17:06【海外 一覧】

     日本の世代別代表でも活躍し、トッテナムの下部組織でプレーするMFサイ・ゴダード(18)が、U-21チームの公式戦で豪快なボレーシュートを決めた。

     トッテナムU21は18日にレスター・シティU21と敵地で対戦。サイ・ゴダードは後半27分から途中出場した。すると2点リードの後半アディショナルタイム2分、ゴール前の浮き球に反応すると、ワンバウンドしたボールをボレーで合わせてゴール左隅に突き刺した。

     サイ・ゴダードは1997年4月2日生まれの18歳。イギリス人の父親と日本人の母親の間に生まれ、これまでトッテナムの下部組織で力を付けてきた。ユースチームでは10番を与えられるなど中心選手として活躍した。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: http://web.gekisaka.jp/news/detail/?185628-185628-fl


    ※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/24(日) 23:37:16.04 ID:CAP_USER*.net
    トゥヘルに代わって何が起こったのか

    今季前半戦、ドルトムントMF香川真司は覚醒したかのような動きを見せた。セレッソ大阪から
    ドイツへやってきたばかりの頃を知るドルトムントサポーターにとって、あの時の香川が帰ってきたといった
    心境だろう。後半戦の初戦となったボルシアMG戦には出場しなかったが、英『Trival Football』は
    前半戦絶好調だった香川を特集しており、ユルゲン・クロップからトーマス・トゥヘルに代わって
    どんな変化が起こったのかを伝えている。

    最も変わったのは、より司令塔らしい動きをするようになったことだろうか。当時は得点を奪うことでチームに
    貢献していたが、今はより攻撃全体に関わっているイメージだ。これについてミヒャエル・ツォルクSDは、
    「今のシンジはより高いレベルでプレイしている。彼は再び我々にとってとても重要な選手になったんだ。
    彼は当時より多くの得点を決めているわけじゃないが、多くのチャンスを作成している」と新たな一面を
    高く評価している。

    さらに、クロップ政権時とポジションも変わっている。トゥヘルはクロップの[4-2-3-1]から[4-3-3]に変更し、
    香川はイルカイ・ギュンドアンの隣でプレイすることが増えた。さらにトゥヘルは香川に継続性を
    身につけさせるため、ピッチ外でのトレーニングについてもアドバイスを送ったという。
    これらの変化について香川本人は次のように述べている。

    「クラシックなプレイメイカーを置かない4-3-3は今すごく流行ってますよね。新しい役割は僕に
    フィットしてると思いますし、今の僕は自信に満ち溢れていますよ。それに、監督は僕たちにとても
    リカバリーを求めるんです。これはとても重要なことです。今の僕にはトレーニング、試合、栄養管理、
    リカバリーの良いサイクルができていますし、監督のアドバイスで新しいリズムができたことを感謝してます。
    家の近くにジムがあって、ときどき自転車で行くようにもなりましたしね」

    セレッソ大阪から出てきたときの香川は結果を求める若武者のようだったが、マンチェスター・ユナイテッドや
    日本代表で苦しい経験も積んだ今はより落ち着いた選手になったように見える。得点数は減ったかもしれないが、
    攻撃に絡む回数は明らかに増えており、ムラが少なくなってきたところも大きな進歩と言えるだろう。
    そしてトゥヘルの下で新たなリズムを掴むことに成功し、リカバリーを意識するプロフェッショナルな
    姿勢も身についた。香川本人は「古い香川でも、新しい香川でもない。より良くなりたいと思うだけです」と謙虚だ。

    そんな香川は後半戦にどんなプレイを見せてくれるのか。完全復活した香川は毎試合のようにサポーターを
    楽しませてくれるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160124-00010033-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 15:28:54.58 ID:???*.net
    日本代表は13日、アウェイでの国際親善試合でイランと対戦し1-1の引き分け。
    この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

    「長谷部&山口は少し不安があった」

    ――ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、50%の選手を入れ替えると明言した通りにDF森重真人、米倉恒貴、
    MF柴崎岳、FW宇佐美貴史、武藤嘉紀の5人を先発に起用しました。

    「でも、思った以上に主力を揃えてきたね。親善試合なのに」

    ――今回、先発に起用された5人の中で注目する選手は?

    「森重と柴崎。今日の“オーディション”に合格できるかどうか」

    ――宇佐美が先発に復帰しましたね。

    「彼のパフォーマンスは、彼自身にも日本代表にとっても重要だね」

    ――ハリルホジッチ監督にとっても、今後のチーム作りに重要な一戦ですね。

    「CBの1人、ボランチの1人、そして左WGがまだ決まりきってないね。そのポジション以外は、もうセットになってる」

    ――では、チームとしてこの試合で期待したいことは?

    「オープンでポジティブ、アグレッシブでスピーディーなサッカーが見たい。そして、攻撃の選手はリスクを負わないといけない」

    ――そのほか、注目のポイントはありますか?

    「長谷部と柴崎のコンビネーションだね。前回の長谷部&山口は少し不安があった。
    どちらが守り、どちらが攻めるのか、役割はしっかり決めないといけない」

    ――ショーンさんはどちらにどの役割を与えるべきと考えていますか?

    「個人的には長谷部に守備、柴崎に攻撃を任せたほうが良いね」
    「日本国内での親善試合は“少し違うファン”だね」

    ――この試合は、約9万人収容のスタジアムでのアウェイということでしたが、キックオフ時点ではおよそ1万3000人だそうです…。

    「少ないな! 東京ヴェルディの味スタのパーセンテージと同じだね…。少し残念。
    フジテレビのビルドアップはすごく劇的だっただけに…」

    ――イラン側も日本側もこれほど少ないのは予想外だったと思います。

    「だろうね。イランでは代表チームはすごく人気がある。なんでこんなに少ないのか理解できない」

    ――やはり、あくまで親善試合だからですかね?

    「そうだね。一般的に、海外では親善試合の入場者数は非常に少ない」

    ――欧州の強豪国でもチケットがソールドアウトになったことがニュースになりますからね。

    「その通り。勝敗に意味がなければ、“テレビで観るだけで十分”と考えるんじゃないかな」

    ――しかし、日本では親善試合も超満員ですね。

    「日本国内での親善試合を観に行っている人たちは“少し違うファン”だね」

    続きは↓の記事から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151014-00010012-footballc-socc

    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 18:41:16.32 ID:???*.net

    1c749a52

    英紙『フォー・フォー・トゥー』は13日、「ベストアジア人選手トップ50」を発表した。
     1位にはブンデスリーガのレバークーゼンで11得点を挙げ、1月のアジア杯で母国を準優勝に導いた韓国代表FWソン・フンミンが選出。
    その他、トップ10にはアジア杯でPK戦の末日本を敗ったUAEから2選手、自国開催で優勝を果たしたオーストラリアから3選手が選ばれた。

     日本人選手からは全体で11人がランクインし、トップ10には岡崎慎司と本田圭佑が名を連ねた。
    同紙は岡崎選出の理由を「ヨーロッパでプレーしている他の日本人選手よりも常に結果を出し続けており、代表でもマインツでも得点を挙げている。
    “サムライブルー”にとっては、彼よりも頼れる選手はいない」としている。

     上位10選手とランクインした日本人選手は以下の通り。
    ▽上位10選手
    1位 ソン・フンミン(韓国/レバークーゼン)
    2位 岡崎慎司(日本/マインツ)
    3位 キ・ソンヨン(韓国/スウォンジー)
    4位 ティム・ケーヒル(オーストラリア/上海申花)
    5位 オマール・アブドゥルラフマン(UAE/アル・アイン)
    6位 ミル・ジェディナク(オーストラリア/クリスタル・パレス)
    7位 ナセル・アル・シャムラニ(サウジアラビア/アル・ヒラル)
    8位 マシュー・ライアン(オーストラリア/クラブ・ブルージュ)
    9位 本田圭佑(日本/ミラン)
    10位 アリ・マブコート(UAE/アル・ジャジーラ)

    ▽トップ50に選ばれた日本人選手
    17位 吉田麻也(サウサンプトン)
    19位 武藤嘉紀(FC東京)
    21位 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    28位 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
    29位 長友佑都(インテル)
    32位 長谷部誠(フランクフルト)
    36位 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
    41位 内田篤人(シャルケ)
    44位 香川真司(ドルトムント)

    http://news.livedoor.com/article/detail/10111753/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 22:23:49.89 ID:???*.net

    38CE4BCB8E381B3500

     
    ■日本人選手の海外移籍がもたらすものとは

    Jリーグ選手の欧州移籍話で常に議題にあがることは、それが日本のレベルの向上をどのように助長してくれるかということだ。

    武藤嘉紀がチェルシーの署名欄にサインすべきかどうかは意見が分かれるかもしれない。しかし、22歳の潜在能力を最大限に引き出すには、
    遅かれ早かれ欧州のどこかに移籍する必要があることには、ほぼ全員が同意見だろう。

    昨季のディエゴ・フォルランが見せたような、科学では証明できない移籍があった一方で、4大リーグにいる選手の質によって
    その国のフットボールのレベルの高さや成功の基準が判断されるという前提に反論するのは難しい。

    さらに、日本人選手の海外移籍は代表への連鎖反応にもなる。

    国際大会で日本代表として戦う選手は世界各国の対戦相手と戦うことを経験し、
    サムライブルーに足りない反骨心や厳しい環境を生き抜く術を身につけることができる。

    もちろん“日本のフットボール”がただ日本代表を意味しているわけではなく、
    洗練された経験豊富な選手たちもJリーグ全体に利益をもたらすであろう。

    今シーズンはすでに海外で数年間のプレー経験がありながらJリーグに戻ってきた選手がインパクトを残しており、
    止まらない連続得点で最もヘッドラインを飾っている宇佐美貴史はその一人だ。

    ■ドイツで苦しい時を過ごした宇佐美と金崎

    抜群の得点能力を見せるG大阪のアタッカーは、バイエルン・ミュンヘンのトップチームで出場機会を手に入れることができず、
    ホッフェンハイムでも際立った印象を残すことに失敗してドイツで難しい時間を過ごした。しかし、経験は彼に成長を促し、2013年シーズン途中にG大阪に戻ってきて以来、
    有無を言わせぬ調子の良さや自信を取り戻し、ゴール前で情け容赦のないプレーを見せている。

    2015年のJリーグで、復活を遂げた選手によって利益をもたらされているのはG大阪だけではない。
    先週の土曜日には、海外での経験によって成長したある選手がチームを成長させられる能力を証明した。

    私が日本に来たとき、金崎夢生は大分トリニータの選手で、西川周作、森重真人、家長昭博、
    そして若き清武弘嗣がいたチームだったにもかかわらず、説明のつかないJ2降格を経験した。

    金崎はこの時すでに技術的な能力は備えていたが、未熟な日本人アタッカーという印象で、決定力に欠けていた。
    翌年移籍した名古屋グランパスでは少し成長した姿を見せ、J1優勝のメダルを獲り、2012年にニュルンベルクとサインした。

    宇佐美のように、ブンデスリーガで思ったような活躍をすることはできなかったが、金崎は海外でのプレーを終えようとはしなかった。
    そして、ポルトガル2部リーグのポルティモネンセに移籍し、新たな挑戦を選んだ。

    そこでは47試合で16ゴールを挙げ、Jリーグ153試合で記録した合計ゴール数と同じだけの結果を積み重ねた。

    >>2以降につづく

    4月27日(月)11時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150427-00010013-footballc-socc

    続きを読む

    1: 真っ赤なキャベツ ★@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 03:51:41.95 ID:???*.net

    zltn

     
     不名誉な1位にバロテッリが選ばれる、「ピッチ外の愚行で新聞の見出し飾る」

     リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリがサッカー史上ナンバーワンの過大評価選手という不名誉
    な評価を下されている。イングランド地元紙「デイリー・テレグラフ」が過大評価選手20選手を特集したもの。

     1位に選ばれたバロテッリは寸評で「この移り気の激しいストライカーになぜ計5900万ポンドもの移籍金が費
    やされてきたのか謎のままだ。インテル、マンチェスター・シティ、ACミラン、そして、リバプール。バロテッリは
    ポテンシャルを満たすことに完全に失敗し、ピッチ上でのパフォーマンスよりも、ピッチ外の愚行で新聞の見出
    しを飾っている」と酷評されている。リバプールでは今季1得点と不発だ。

     2位はACミランからブラジル強豪サントスに期限付き移籍中のブラジル代表FWロビーニョが選出されている。
    寸評では「巨額な移籍金を必要としたが、期待されたキャリア序盤の活躍を見せないもう1人の選手。ブラジル
    人は2008年9月に3200万ポンドの移籍金でマンチェスター・シティにやってきた。スタートは良かったが、不調で
    消え、サントスに送還された。ミランの数シーズンで活躍できずに、再びサントスに期限付き移籍で戻った」と手
    厳しく批判されている。昨年ACミランに所属した2人が皮肉にもワンツーフィニッシュを飾ってしまったあたりにも、
    ミラン凋落を感じさせる。

     3位に入っているのはマンチェスター・ユナイテッドのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオだ。寸評では「ファ
    ルカオはマンチェスター・ユナイテッドで酷すぎるパフォーマンスを見せたので、モナコに送還されそうな気配だ。
    ルイス・ファン・ハールの下で22試合出場でたった4得点。昨年フランスリーグでは20試合11得点。ファルカオは
    衰えている選手に思える」と手厳しく批判されている。

     4位に選出されたはパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。寸評では「常軌を
    逸したほどの自己評価通り、彼の素晴らしすぎる価値を誰も否定できないが、彼が思うほど本当に優秀なのか。
    チャンピオンズリーグの優勝経験はない。2010年8月にバルセロナからミランに移籍以来、欧州のトップ3リーグ
    でプレーしていないことが、彼が言うほどの怪物ではないということかもしれない」と指摘している。

     5位には元コロンビア代表FWのファウスティーノ・アスプリージャ氏が入っている。寸評では「疑いなく最高に才
    能に恵まれたFWだが、チームの助けよりも邪魔になることが多かった。ニューカッスル時代の欧州CLバルセロナ
    戦のハットトリックは忘れることをできないし、最高のスキルで印象強い瞬間もあったが、しばしピッチ上をブラブ
    ラしていた」と指摘。パルマ時代に強力なカウンター攻撃の主役となった黒豹だが、ニューカッスル時代は気まぐ
    れなプレーが目立ったようだ。

     残りのランキングは以下の通りとなっている。

     6位はパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFダビド・ルイス。

     7位はパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ。

     8位はガラタサライのオランダ代表MFウェズリー・スナイデル。

     9位はレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。

     10位はアーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー。
    続きは:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150404-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    541: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/01(水) 14:14:01.57 ID:LejLXIl60.net
    英国人が見たウズベク戦。「香川はまだ自信がなさそう…」「よりアグレッシブなチーム。これからが楽しみ」 

    香川真司1

    http://www.footballchannel.jp/2015/04/01/post80327/3/ 

    ――では、香川はいかがでしたか? 

    「ここ2年間と同じ。今日も大きな貢献が出来なかった。 
    まだ自信がなさそう。あまりリラックス出来ていないね」 

    ――最近の報道では、トップ下のポジションで自信を取り戻したとされていましたが、ポジションの問題ではないですか? 

    「ポジッションは全然関係ない。プレッシャーに負けてる。考え過ぎ、頑張り過ぎ。自由にプレー出来ていない」 

    ――かつての輝きを取り戻すことはできるのでしょうか? 

    「香川は本当に上手い選手。本当に、今の姿より良い選手。 
    ただ、4年前はプレーする前に考えなかった。自由にやっていた。 
    最近はそれが出来てない。絶対に取り戻してほしいけど…」
    続きを読む


    E9A699E5B79D2015E38381E383A5E3838BE382B8E382A2E688A6E38391E382B9
     

    英国人が見たハリルJ初陣。「香川、本田、宇佐美、岡崎…これが真の姿」「内田はまるでアイドル…」
    http://www.footballchannel.jp/2015/03/28/post79586/2/
    ――その後、川又に代わって岡崎、武藤に代わって宇佐美を投入しました。
    「香川、本田、宇佐美、岡崎…。恐らく、これが本当のハリルジャパンだろうね」

    ――ゴール!! 結局、岡崎と本田と香川で先制点を奪いましたね。

    「結果的にそうだけど、香川のパスは酷かった。本田に全て救われたね。岡崎も相変わらずよく頑張った。彼は、まさにポーチャー(点取り屋)だね」

    ――香川のアシストで本田が追加点を決めましたね!

    「香川は良いアイデアだったけど、パスかシュート?はまた良くなかった。運が良かったね」

    ――確かに、シュートだとすると甘いですね

    「それより、本当のきっかけは吉田の縦パス。でもハイライトではそのポイントから見せないと思う。日本代表=本田と香川だからね」

    ――その直後、内田と今野が投入されました。内田の登場でスタジアムに女性ファンは黄色い歓声が響き渡りましたね…

    「キャーキャーありすぎ…。まるでアイドル。彼のせいではないけど…」

    続きを読む

    ヴェンゲルの得票率はわずか8%… 英国の選手が選ぶ「理想の上司」1位は?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00000011-goal-socc
    イギリス『フォー・フォー・トゥー』は、興味深い選手アンケートを行っている。イギリスでプレーする選手たちに、「理想の監督」について尋ねたのだ。果たして、英国で選ばれる「理想の上司」は誰なのか…?

    『フォー・フォー・トゥー』は、プレミアリーグとそれに続くフットボールリーグ、またスコットランドのプレミアリーグの123選手にアンケート調査を行った。質問はレフェリングや人種差別など多岐に渡るものだった。

    その中の一つに、興味深い質問があった。「理想の監督は誰か?」というものだ。順にトップ5を見てみよう。

    GOAL 3月5日(木)14時15分配信

    51042866

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ