サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:練習

    555: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ (アウアウ Sad1-mIZC [106.139.168.207]) 2016/02/21(日) 19:03:43.64 ID:ij31a3dJa.net
    香川いじめられてるわ 
    こんな集団リンチありかよ 

    http://i.imgur.com/vr4aIVY.gif

    続きを読む

    eff04b28-s
    続きを読む

    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 13:31:38.93 ID:???*.net

    275613_heroa

     
    安心してください!練習してますよ。昨季限りでベルギー1部スタンダール・リエージュを退団して所属クラブがないGK川島が自身のブログを更新した。

    現在はベルギーで練習していることを明かし、今後は周囲に心配をかけないために練習メニューをブログで公開する方針を示した。
    前回の更新は9月22日で、所属先が決まらない現状を報告。
    「前回のメールだけだと、皆さんに余計心配をかけてしまう。ということで、こちらでのトレーニングの日々を書いていきたい」と記した。
    「心と体を鍛え直して、これからのキャリアに向けて新たなベースを築きたい」と前向きだった。


    ◆スポニチアネックス
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/09/kiji/K20151009011286340.html
    ◆川島永嗣オフィシャルサイト
    http://www.eiji-kawashima.com/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 19:28:34.84 ID:???*.net
    7月特集 ああ、涙の夏合宿物語(7)

    帝京、市立船橋、清水市商、国見、鹿児島実……かつて、日本の高校サッカー界をリードしてきた強豪校を卒業し、プロになってからも活躍する選手の多くは、
    「今があるのは、高校時代に厳しい練習をこなしてきたからこそ」と口をそろえる。
    それらの高校では、まさにハードで過酷な練習が、日々行なわれてきたという。なかでも、練習量の多さでは「日本一」と言われていたのが、長崎県の名門・国見高。
    はたして、国見高の「夏合宿」とはどんなものだったのか、同校出身の三浦淳寛氏に話を聞いた ――。

    ―― 国見高サッカー部は、高校サッカー界屈指の練習量を誇ると聞いています。
    普段から、かなりきつい練習をこなしていたと思うのですが、「夏合宿」となると、さらに厳しさが増していたのでしょうか。

    「国見高のサッカー部は、夏休みに入ると、チームバスで遠征するんです。
    長崎県を出発して、佐賀県で佐賀商と試合をして、福岡県では福岡大と試合をして……といった具合に、日本列島を南から北へ、試合をしながら上がっていく感じです。

    なかでも、一番きつかったのは、新潟県での合宿でしたね。
    全国から強い高校が集まって、僕らのときは、静岡学園とか帝京も来ていたかな。とにかく何校かがそこに集結して、一日、3試合とか4試合とかやっていました。
    それも、最初の試合のキックオフが朝6時。もう、起きてすぐ、という感じでした」

    ―― 真夏の暑い日に、3、4試合もやっていたんですか。

    「そう。しかも僕らは、他の学校が試合をしているときも、ずっと走っていましたからね。
    他校の選手たちは、次の試合に備えて日陰で休んでいるのに……。新潟工高のグラウンドでやっていたと思うんですが、そこにはまた、いい具合に走る場所があったんですよ……。

    そればかりか、場合によっては、試合のハーフタイムの間にも走らされていました。
    前半の内容が悪かったりすると、確実です。でも、そんな状態にあっても、僕らは後半、いい試合をするわけですよ。
    だって、後半もダメだったりすると、また余計に走らされますから(笑)。ほんと、よく走らされましたよ。水も飲まずに、ね」

    ―― 今では常識の水分補給ですが、当時はまだだったんですね。

    「僕らの頃はまだ、(練習中に)水を飲んではいけない時代でした。いやぁ~、今の選手なら、間違いなく倒れているでしょうね。

    もっとも、国見は普段からそれくらい厳しい練習をしていました。
    学校の裏に『タヌキ山』というところがあるんですが、そこをずっと走っていましたからね。
    途中、田んぼの用水路があるんですが、そこに横倒れになって、はまって動けなくなっているヤツとか、結構いましたよ。
    あまりにもきついから、そこで水分補給をしていたんです。もう、生きるための本能ですよ」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150805-00010000-sportiva-socc
    webスポルティーバ 8月5日(水)14時0分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150805-00010000-sportiva-socc.view-000

    前スレ               2015/08/05(水) 14:10
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1438751434/

    続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/28(火) 18:26:01.418 ID:Tqt9+2eP0.net

    no title


    弱小がこなしたら死ぬレベル?

    続きを読む

    続きを読む

    312: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 19:16:05.06 ID:9sDFZKCq0.net
    ヴァヒドがこんなに可愛いって知ってるの? 

    no title

    何この構図w
    続きを読む

    CA_jcmMU8AANHWs
    続きを読む



     アジアカップで1次リーグB組で突破を決めている中国の準々決勝の対戦相手が、オーストラリアに決まった。
    一部有識者が優勝候補に挙げるオーストラリア戦は厳しいものになることが予想されるが、
    中国メディア関係者はやはりこの試合を勝ち抜いて日本と試合をしたいという意識が強いようだ。

    中国中央テレビ(CCTV)のサッカー番組「足球之夜」の記者は18日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で、
    オーストラリアメディアが中国代表の研究を開始したと伝えるとともに、日本代表の練習を取材しに行ったさいのエピソードを紹介した。

    それは、日本代表の広報担当者から冗談で「日本の練習は中国メディアには解放できません」と言われた、ということだ。

     この出来事に対して記者は「われわれを重要視するようになった。試合に勝つというのは実にいいことだ」と感想を述べた。

     記者のツイートに対して、中国ネットユーザーからは「完全に同意する。相手のリスペクトを得るには、まず自らがその価値を持たなければならない」、
    「はは、よく言った」、「勝ってこそ得られる相手からのリスペクト」と賛同意見が複数寄せられた。

     もちろん、「相手はユーモアを見せたに過ぎない」、「中国メディアも中国サポーターも単純」といった冷静なコメントを残すユーザーもいた。
    ただ、このツイートに対する反応に限らず、今大会の中国ネットユーザーからは、とても生き生きとした印象を受ける。
    「白星は最良の薬」という言葉があるが、中国代表選手のみならず、
    中国サポーターにとっても当てはまる。彼らがこれまでいかに勝利に飢えていたか、というのが分かる。

     決勝トーナメントでどんな戦いぶりを見せるかは、はっきり言って未知数だ。
    「オーストラリア戦では負けてもどうと言うことはない。ただ、負けたとしても、カンガルー(オーストラリアのこと)の毛を“すべてむしる”
    くらいの善戦をすることが大事だ」というユーザーがいた。選手たちがこのように勝利へのプレッシャーから解放されてのびのびと試合に臨むことができるならば
    、中国の快進撃はさらに続くかもしれない

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000223-scn-cn

    続きを読む

    no title


    香川再生へクロス100本!アギーレ監督「武器増やしたい」

    日本代表合宿(7日、豪州・セスノック)クロスの猛特訓で、背番号「10」を再生! 

    オフ明けのこの日、異例ともいえる左右のサイドから、約100本のクロスなどの練習を行った。
    アギーレ・ジャパン発足後、3試合無得点のMF香川真司(25)=ドルトムント=は
    「自分は点を取って評価を上げてきた」と決意を口にし、クロスからの一撃に復活を誓った。
    大会は9日開幕、日本は12日に1次リーグ初戦のパレスチナ戦に臨む。

    練習の最後に初めての特訓が待っていた。
    ゴール前、5対5に分かれた選手たちがクロスに対する攻防を繰り広げる。
    攻撃と守備を入れ替えながら、約15分間、矢継ぎ早に左右から100本近くが上がった。

    「この前の試合でアギーレ監督は“クロスが合っていない”と言っていた。
    そこの質を上げていきたい」。MF香川が意図を明かした。

    4日のオークランドとの練習試合はDF長友が左サイドから果敢にクロスを上げたが、中央で待つ香川、FW本田らが決めきれなかった。
    身長が高くない日本の選手たちはパスをつなぐ地上戦を好むが、一辺倒では相手に読まれる。
    クロス特訓には「武器を増やしたい」との指揮官の思いが込められている。

    中盤の左MFでプレーする香川の狙い目は、相手が退いたときに空くペナルティーエリア前のスペースに飛び込むこと。
    とくにアジア杯では日本が攻める試合展開が続く。
    「あそこは空くのでマイナスのクロスを要求したい」。ダイレクトで振り抜くミドル弾や、クロスを受けてからのドリブルが有効。
    本田も「相手を押し込めば、真司(香川)はフリーになる」と話した。両雄のイメージは合致する。

    「自分は攻撃で点を取って評価を上げてきた。狙っていきたい」

    香川が力を込めた。
    アギーレ体制では3試合無得点と結果を残しておらず、所属先のドルトムントでもわずか1得点で最近は4試合連続で先発を外れた。
    背番号10の再生は日本の連覇に直結する。
    立ち直りのきっかけをクロスに見いだすべく、真夏の南半球でゴールを目指してひたむきに走る。 

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150108/jpn15010805040007-n1.html
    2015.1.8 05:04

    http://www.sanspo.com/soccer/photos/20150108/jpn15010805040007-p1.html
    香川(中央)らは開幕を目前に控え、クロスの練習を繰り返した 

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ