サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:浦和

    1: 名無し募集中。。。 2018/02/03(土) 20:51:09.87 0
    ズラタンとマウリシオの部分だけ他からとってくればいい
    個の力だと負けてる選手もいるだろうけど寄せ集めじゃなくて最初から統率取れてるから強いぞ

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/12(火) 22:15:42.99 ID:CAP_USER9
    DQo31L2XUAAnh7Q

    12/12(火) 22:11配信
    SOCCER KING
    クラブW杯5位決定戦に臨む浦和、長澤&マウリシオがスタメン復帰

    5位決定戦に臨む浦和レッズ [写真]=Getty Images
     FIFAクラブワールドカップUAE 2017・5位決定戦に臨む、アジア王者・浦和レッズのスタメンが発表された。準々決勝のアル・ジャジーラ戦からスタメンを3名変更して臨む。

    ▼GK
    1 西川周作
    ▼DF
    46 森脇良太
    22 阿部勇樹
    2 マウリシオ
    5 槙野智章
    ▼MF
    9 武藤雄樹
    10 柏木陽介
    16 青木拓矢
    15 長澤和輝
    8 ラファエル・シルバ
    ▼FW
    30 興梠慎三

    □控えメンバー

    ▽GK
    23 岩館直
    25 榎本哲也

    3 宇賀神友弥
    4 那須大亮
    6 遠藤航
    ▽MF
    7 梅崎司
    18 駒井善成
    38 菊池大介
    39 矢島慎也
    ▽FW
    13 高木俊幸
    20 李忠成
    21 ズラタン

     準々決勝で開催国王者のアル・ジャジーラに敗れた浦和は、5位決定戦でアフリカ王者のウィダード・カサブランカと対戦する。浦和対ウィダード・カサブランカの一戦は、日本時間23時キックオフ。この試合の模様は22時50分からBS日テレにて中継される。

    SOCCER KING

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00683453-soccerk-socc

    続きを読む

    30: 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ 85ba-BHLZ [60.96.195.19]) 2017/12/10(日) 09:35:21.43 ID:OMuy+b8G0

    DQm_OQLVQAEAY8_
    DQo31L2XUAAnh7Q


    パチューカひよっとしてレアル倒して優勝あるかもな 
    しかし浦和はひでーなw 
    パチューカの試合観たあとに浦和観たら 
    明らかにJリーグがゴミか理解出来るのな
    続きを読む

    340: 名無しさん@恐縮です 2017/12/10(日) 10:55:08.39 ID:8lrjc4Nm0

    DQoLNbEVQAAl_V9

    日本サッカー史上、もっとも恥ずかしい負け方なのが現実。 
    試合前にレアルについてコメントしすぎ。 
    目先の試合よりレアルを見てた時点でクソダサイw
    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2017/07/23(日) 08:34:38.63 ID:CAP_USER9

    ■セレッソ大阪 4-2 浦和レッズ [ヤンマースタジアム長居]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072201/live/#live

    [C]杉本健勇(6分)
    [C]杉本健勇(8分)
    [浦]ズラタン(18分)
    [C]山口蛍(27分)
    [C]丸橋祐介(35分)
    [浦]ラファエル・シルバ(45分+1)

    2017明治安田生命J1リーグ第22節が22日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。

     8月15日に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA」に浦和が出場する関係で、他カードに先立って行われたこの試合。C大阪は山村和也や柿谷曜一朗、杉本健勇らが先発メンバーに名を連ねた。対する浦和は遠藤航が出場停止から復帰。前線にはズラタン、ラファエル・シルバ、興梠慎三が入っている。

     試合は6分にいきなり動く。C大阪は右CKの流れから水沼宏太のクロスを杉本が右足で合わせて先制。さらに8分、C大阪は柿谷のクロスを杉本がヘディングで合わせて早くも2-0とする。杉本はこれで今季リーグ戦10得点目となった。早々に2点ビハインドとなった浦和も18分、興梠のシュートがC大阪GKキム・ジンヒョンに弾かれたところをズラタンが詰めて1点差に迫る。

     27分、再びC大阪が突き放す。中盤で山口蛍がボールを奪うと、そのまま持ち込んで右足を一閃。強烈なシュートが決まり、点差を再び2点差に広げた。35分には右から水沼がクロスを入れると丸橋祐介が胸トラップからシュートを沈め、早くも4-1とする。前半アディショナルタイム1分、浦和はR・シルバが遠目からミドルシュートを決めて点差を2点に。前半から両チーム合わせて6点が生まれる荒れた展開となった。

     後半開始から浦和は森脇良太と宇賀神友弥を下げ、那須大亮と駒井善成を投入。反撃を目指す。60分、浦和はC大阪のバックパスをR・シルバが追いかけると、GKキム・ジンヒョンのクリアをブロック。ボールは無人のゴールへと向かっていったが、ゴール手前でDFにクリアされ、得点とはならない。

     後半は3バックに変更して守るC大阪を浦和が攻め立てたがスコアは変わらず、4-2で試合終了。首位を走るC大阪が浦和に快勝した。

     次戦、29日の第19節でC大阪はガンバ大阪と、浦和は北海道コンサドーレ札幌と、それぞれアウェイで対戦する。

    7/22(土) 20:59配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00616307-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d

    2017/07/22(土) 21:01:52.42
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500724912/

    【サッカー】<J2第24節>京都DF闘莉王、古巣・名古屋沈める2発!12点目 3-1で勝利。山形、首位湘南に3発完勝!カズ最年長出場記録更新!
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500729893/

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/07/21(金) 10:37:03.50 ID:CAP_USER9

    20150522144214


    今回レッズ及びサッカー・ファンを愚弄するかのようなツイートで炎上した挙げ句、レッズ・ファンとの直接対話の場を要求してきた上西小百合議員に対し、レッズは彼女との面会を辞退したということだ。彼女のいわゆる炎上商法に巻き込まれる必要はなく、レッズの対応こそが大正解というべきだろう。

     これまで上西議員が何度炎上しようが、興味もなければ関心もなかった。だが自分が長年携わり、愛してきたスポーツ界に矛先が向けられたのであれば話は別だ。初めてツイッターの公式アカウントを閲覧し、一連の騒動をネットでチェックさせてもらった。そこで結論に至ったのが、上西議員が如何に否定しようとも、SNS上の炎上を巧みに利用し彼女の政治活動に繋げているのが明らかな以上、炎上商法以外の何ものでもない、ということだ。

     今回も自分のツイートが炎上した途端、周囲の反応ツイートを次々にリツイートし、さらには220万という自らのツイートの反応度を報告するなどして騒動の拡散を狙っている。その上で「浦和で街頭演説をやりたい」とか「レッズ・ファンと直接対話しないと解決できない」などと主張することで、メディアと人々の関心が集まる中で自分の意見を披瀝する場を設けようとしているのだ。もしそれが実現できれば、政治家として下手な集会を開催するよりも影響力絶大な発言機会を容易に得ることができてしまうのだ。紛れもなく政治活動の一環と言っていいだろう。

     しかし今回の一連のツイートを見てもわかるように、上西議員はものの本質を見抜く能力がなければ、最適な言葉を選ぶ知性にも欠けている。そんな人物に発言する場を与えても何の意味もない。レッズ・ファンと直接対話しても火に油を注ぐだけだ。今回のレッズのように関わらないようにするのが得策なのだ。レッズ・ファン、サッカー・ファンも彼女のやり口に応じる必要は無い。SNS上のことはSNS上でやりとりすればいいだけの話なのだ。ましてや殺人予告やカッターナイフを送りつけるのは以ての外だ(もちろんサッカー・ファンがやった行為だとは思っていないが…)。

     スポーツは極上のエンターテイメントの1つだと思っている。誰もが様々な観点から楽しんでいいものだ。そういう意味では上西議員もどんな意見であろうと主張していいし、他のファンと議論を戦わせても一向に構わない。だが姑息な手段で自分の政治活動にスポーツを利用するのは断じて許すことはできない。

     そもそも上西議員に容易に主張の場を与え続け、こんな手法の政治活動を編み出させてしまったのはメディアの責任もあるだろう。彼女が炎上を繰り返す度に面白がって追いかけるから、増長してしまったように思えて仕方がない。

     今後上西議員の炎上商法をスポーツ界に拡散させないためにも、チーム、選手、ファンを含めレッズのような冷静で大人な対応で臨むべきではないか。SNS上以外で彼女に応対する必要はまったくないのだ。自分もこれを最後に関わるつもりはない。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170720-00073532/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ