サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:浦和

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/07/21(金) 10:37:03.50 ID:CAP_USER9

    20150522144214


    今回レッズ及びサッカー・ファンを愚弄するかのようなツイートで炎上した挙げ句、レッズ・ファンとの直接対話の場を要求してきた上西小百合議員に対し、レッズは彼女との面会を辞退したということだ。彼女のいわゆる炎上商法に巻き込まれる必要はなく、レッズの対応こそが大正解というべきだろう。

     これまで上西議員が何度炎上しようが、興味もなければ関心もなかった。だが自分が長年携わり、愛してきたスポーツ界に矛先が向けられたのであれば話は別だ。初めてツイッターの公式アカウントを閲覧し、一連の騒動をネットでチェックさせてもらった。そこで結論に至ったのが、上西議員が如何に否定しようとも、SNS上の炎上を巧みに利用し彼女の政治活動に繋げているのが明らかな以上、炎上商法以外の何ものでもない、ということだ。

     今回も自分のツイートが炎上した途端、周囲の反応ツイートを次々にリツイートし、さらには220万という自らのツイートの反応度を報告するなどして騒動の拡散を狙っている。その上で「浦和で街頭演説をやりたい」とか「レッズ・ファンと直接対話しないと解決できない」などと主張することで、メディアと人々の関心が集まる中で自分の意見を披瀝する場を設けようとしているのだ。もしそれが実現できれば、政治家として下手な集会を開催するよりも影響力絶大な発言機会を容易に得ることができてしまうのだ。紛れもなく政治活動の一環と言っていいだろう。

     しかし今回の一連のツイートを見てもわかるように、上西議員はものの本質を見抜く能力がなければ、最適な言葉を選ぶ知性にも欠けている。そんな人物に発言する場を与えても何の意味もない。レッズ・ファンと直接対話しても火に油を注ぐだけだ。今回のレッズのように関わらないようにするのが得策なのだ。レッズ・ファン、サッカー・ファンも彼女のやり口に応じる必要は無い。SNS上のことはSNS上でやりとりすればいいだけの話なのだ。ましてや殺人予告やカッターナイフを送りつけるのは以ての外だ(もちろんサッカー・ファンがやった行為だとは思っていないが…)。

     スポーツは極上のエンターテイメントの1つだと思っている。誰もが様々な観点から楽しんでいいものだ。そういう意味では上西議員もどんな意見であろうと主張していいし、他のファンと議論を戦わせても一向に構わない。だが姑息な手段で自分の政治活動にスポーツを利用するのは断じて許すことはできない。

     そもそも上西議員に容易に主張の場を与え続け、こんな手法の政治活動を編み出させてしまったのはメディアの責任もあるだろう。彼女が炎上を繰り返す度に面白がって追いかけるから、増長してしまったように思えて仕方がない。

     今後上西議員の炎上商法をスポーツ界に拡散させないためにも、チーム、選手、ファンを含めレッズのような冷静で大人な対応で臨むべきではないか。SNS上以外で彼女に応対する必要はまったくないのだ。自分もこれを最後に関わるつもりはない。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170720-00073532/

    続きを読む

    1: あちゃこ ★@^^ 2017/07/20(木) 17:08:29.63 ID:CAP_USER9

    アジアサッカー連盟(AFC)は20日、済州ユナイテッド(韓国)の2選手が
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・浦和レッズ戦の乱闘騒ぎで受けた処分を軽減すると発表した。

     AFCは当初、浦和戦で問題を起こしたDFチョ・ヨンヒョンに6か月の出場停止と
    罰金2万ドル(約220万円)、DFペク・ドンギュに3か月の出場停止と
    罰金1万5000ドル(約165万円)の処分を科すことを決定。前者は試合中に
    退場処分となりながらも終了後にピッチへ乱入して審判に抗議を行い、
    後者は浦和MF阿部勇樹の顔にエルボーを入れる暴力行為に及んでいた。

     しかし、処分を不服として済州が行った異議申し立てが認められ、
    チョ・ヨンヒョンの出場停止が6か月から3か月、ペク・ドンギュの出場停止が
    3か月から2か月にそれぞれ軽減。韓国『朝鮮日報』では
    「浦和の選手たちの挑発があり、チョ・ヨンヒョンの場合は意図的ではなく、
    模範的なキャリアを積んできた」と理由を挙げている。

    ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01641940-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: あちゃこ ★@^^ 2017/07/18(火) 09:49:51.47 ID:CAP_USER9
    DExmbc2UAAAc3tH


    ◆明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ 浦和2―3ドルトムント(15日・埼玉スタジアム)

     15日にフジテレビ系で生中継された「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」の浦和―ドルトムント戦(土曜・後7時)の平均視聴率が
    6・4%だったことが18日分かった。

     この試合は、ドルトムントが、トルコ代表FWエムレ・モル(19)の2得点などで3―2と逆転勝利した。浦和は前半24分、
    エースFW興梠慎三(30)が先制し、後半40分にDF遠藤航(24)が同点ゴールを決めるなど2得点。前日に来日した
    始動1週間のチームが相手とはいえ、欧州8強の強豪に善戦した。ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)は左肩脱臼の
    影響で欠場した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000086-sph-ent

    続きを読む

    89: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/07/15(土) 20:31:27.06 ID:8GMS5g6Q0

    DExmbc2UAAAc3tH


    これドルがガチでやってんならヤバくないか 
    球際弱いし、カウンターくらって穴だらけで弱いわ、
    続きを読む

    1: ranran roo ★@2017/07/15(土) 21:07:09.47 ID:CAP_USER9

    DExmbc2UAAAc3tH



    浦和 2-3 ドルトムント

    24' 興梠 慎三
    76' エムレ モル
    79' エムレ モル
    85' 遠藤 航
    88' アンドレ シュルレ 
    続きを読む

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/07/13(木) 22:33:36.57 ID:CAP_USER9
    7月15日に浦和との一戦を迎える。
     
    Jリーグは7月13日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」で来日するドルトムントのメンバーを発表した。
     
    その中には、怪我明けで出場が危ぶまれた日本代表MFの香川真司をはじめ、退団が取沙汰されるガボン代表FWのピエール=エメリク・オーバメヤン、

    代謝障害から復帰したばかりのドイツ代表MFのマリオ・ゲッツェら24名が名を連ねた。故障離脱中のマルコ・ロイスを除けばほぼベストメンバーだ。
     
    ドルトムントは15日に、埼玉スタジアムで浦和レッズと戦う。香川やオーバメヤン、ウスマンヌ・デンベレらがどのようなプレーを見せるのか注目だ。
     
    ドルトムントの来日メンバーは以下のとおり。
     
    [GK]
    ロマン・ヴァイデンフェラー
    ロマン・ビュルキ
    ドミニク・レイマン
     
    [DF]
    スベン・ベンダー
    マルク・バルトラ
    ソクラティス・パパスタソプーロス
    エメル・トプラク
    ダン=アクセル・ザガドゥー
    ネベン・スボティッチ
    マルセル・シュメルツァー
    ウカシュ・ピスチェク
    フェリックス・パスラック
    エリック・ドゥルム
     
    [MF]
    セバスティアン・ロデ
    ヌリ・シャヒン
    ゴンサロ・カストロ
    マリオ・ゲッツェ
    香川真司
     
    [FW]
    ウスマンヌ・デンベレ
    アンドレ・シュールレ
    エムレ・モル
    クリスティアン・プリシッチ
    アレクサンデル・イサク
    ピエール=エメリク・オーバメヤン

    サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00027752-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/07/12(水) 19:12:27.29 ID:CAP_USER9


    C9dzcwFVwAAa1it


     明治安田生命Jリーグは、15日に行われる明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017、浦和レッズ対ドルトムント戦のチケットが完売したことを発表した。

     同試合はテレビ中継に加えてインターネット配信も予定している。埼玉スタジアム2002で19:10(予定)にキックオフ。フジテレビ系列にて全国生中継、およびDAZN(ダ・ゾーン)にて当日21:10以降に配信される(試合開催状況によってDAZNの配信時間が遅れる可能性もあり)。

     そして、22日に行われる鹿島アントラーズとセビージャの一戦は、県立カシマサッカースタジアムで18:00(予定)にキックオフ。こちらはDAZNにてライブ中継される。

     日本の強豪クラブ対世界の強豪クラブの一戦はサッカーファンには必見の一戦となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00611823-soccerk-socc

    続きを読む

    1: ranran roo ★@ 2017/06/06(火) 10:33:00.84 ID:CAP_USER9

    no title


    6/5(月) 19:14配信
    フットボールチャンネル

     浦和レッズとの試合で乱闘騒ぎを起こした韓国・Kリーグの済州ユナイテッドが、アジアサッカー連盟(AFC)に意見書を提出したと韓国紙『スポーツソウル』が伝えている。

     先月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝2ndレグで浦和は済州とホームで対戦。2戦合計スコア2-2から浦和DF森脇良太が逆転ゴールを奪った直後に済州が起こした乱闘騒ぎが世界中から非難の的となっている。

     敵陣でボールをキープした浦和に対し、済州の選手が逆上。両チームの選手が小競り合いとなる中で、ベンチに座っていた控え選手のペク・ドンギュが浦和MF阿部勇樹にエルボーを見舞い一発退場となった。

     試合終了後も済州の怒りは収まらず、過去に柏レイソルなどでプレーしたクォン・ハンジンもレッドカードを受ける事態に発展している。

     同紙によれば、済州のコーチやスタッフなどで問題のシーンを映像で検証し、選手たちにも事情聴取を行ったうえで英語に翻訳された意見書をAFCに送信したという。

     一連の騒動で済州はペク・ドンギュの退場のみ非を認めており、本人も阿部への謝罪を希望しているが、その他に関しては浦和側からの挑発があったことが原因だと同紙は主張している。

     さらに済州のスタッフは「浦和のコーチングスタッフに水をかけられた」などとも語っている。

     これらの事態を受け、「選手はもちろん、コーチングスタッフまでもが加担して済州を嘲笑し続け、刺激したことについて浦和は正確な解明と謝罪しなければならない」と、『スポーツソウル』紙は浦和に謝罪を要求する不可解な報道を展開している。

     韓国の多くのメディアは正当に済州の乱闘を批判している一方で、一部ではこのような理不尽ともとれる報道もある。いかなる理由であろうと暴力が容認されるべきではなく、AFCが公平な判断を下すことを願うばかりだ。

    フットボールチャンネル編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170605-00214731-footballc-socc

    続きを読む

    1: 荒波φ ★ ©2ch.net 2017/06/01(木) 11:28:21.46 ID:CAP_USER
    no title


    2017年6月1日、埼玉スタジアム2002で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で乱闘騒ぎが起きたとのニュースが韓国でも報じられ、注目を集めている。

    浦和は31日、ホームで済州と対戦し、延長戦の末に3?0で勝利して準々決勝進出を果たした。しかし、試合終盤と終了後、選手同士の小競り合いをきっかけに両チームの選手やスタッフによる乱闘騒ぎが発生した。済州は控え選手がピッチに入り込み浦和の選手に肘打ちをして退場処分になるなど、3人の退場者を出した。

    韓国メディア「スポーツ韓国」はこの乱闘騒ぎを「結果・マナーの全てを失った」との見出しで伝え、「韓国の選手らは試合中、審判が済州に不利なジャッジをしていると不満を示していたが、理由はともあれ、日本の選手に暴力を振るったことは間違いなくマナー違反」と指摘した。

    また、「スポーツソウル」は済州のチョ・ソンファン監督が試合後の会見で、乱闘騒ぎの原因について「試合の終了間際に浦和の選手がわれわれのベンチに向かって勝利のセレブレーションをした」と説明し、「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要だ」と主張したことを伝えている。

    そのほか「マネートゥデイ」などは今回の乱闘騒ぎがドイツなど海外のメディアでも報じられたことを伝え、「国際的な恥さらしだ」と批判している。

    今回の乱闘騒ぎについて、韓国のネットユーザーからは

    「日本選手のマナーに問題がある」
    「先に挑発行為をした日本の選手が悪い」
    「日本の選手は試合中もひきょうなプレーをしていた。被害者ぶることがサムライ精神なの?」

    など日本側に原因があると主張する声が数多く寄せられている。

    そのほか

    「よくやった。試合に負けてもけんかには勝たないとね!」
    「日韓戦はたとえじゃんけんでも負けてはいけない」と主張する声や、
    「審判を調査するべきでは?」「審判に飛びかかるべきだった」と指摘する声も。

    一方「負けた上に暴力騒動を起こすなんて本当に恥ずかしい」
    「済州を擁護したいが、暴力は絶対に許されない」
    「実力のない人ほどすぐにカッとなる。反省すべき」

    など済州の選手らに批判的なコメントもみられた。


    2017年6月1日(木) 11時0分
    http://www.recordchina.co.jp/b179839-s0-c50.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ