サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:比較

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 13:01:34.23 ID:???*.net

     怪物ロナウドのプレー動画
     
    故障に泣いた怪物と30歳で衝撃のゴールラッシュを続けるスーパースター

     9月22日は、2002年日韓ワールドカップ(W杯)で得点王に輝き、
    ブラジル代表を世界の頂点に導いたロナウドの39回目の誕生日だった。

     史上最高のストライカーとも称された男のバースデーに合わせ、イタリアのサッカー情報サイト
    「カルチョメルカート・コム」では「フェノーメノ(怪物)とCR7、強いのはどっちだ」というタイトルの記事を掲載。
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較して特集した。

     39歳のロナウドの全盛期は、1990年代後半から2000年代前半にかけてだろうか。
    W杯では日韓大会に加え、98年フランス大会と06年ドイツ大会にも出場
    (ブラジルの優勝した94年アメリカ大会は17歳でベンチ入りも出場なし)。
    3大会で合計15得点を挙げ、当時歴代最高記録だったゲルト・ミュラー(西ドイツ)の14得点を超えて新記録を樹立した。
    .
    ロブソン監督の名言「私の戦術はロナウドだ」

     ヨーロッパでのキャリアをオランダのPSVでスタートすると、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、
    ミランといったスペインとイタリアの名門を渡り歩いた。バルセロナに所属していた当時、
    「攻撃の戦術が無い」と批判されたボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウドだ」と胸を張って言い返したというエピソードもある。
    インテル時代にユベントスとし烈なスクデット争いをした当時のルイジ・シモーニ監督も、同様の言葉を残した。
    それほどまでに、絶対的な存在だった。

     残念だったのは、キャリアの絶頂期に大きなけがをしてしまったこと。インテル時代に負った右膝の負傷は、
    ほぼ3シーズンに渡って彼のプレーを見る機会を失わせた。実際のところは、一度は復帰したが、
    その復帰戦で同じ箇所を痛めて長引く不運にも泣かされた。ロナウドがピッチに崩れ落ちた瞬間、
    対戦相手の選手が頭を抱えたほどの衝撃シーンだった。

     W杯日韓大会後に加入したレアルでは、太り気味の体形がしばしば批判の種になった。
    しかし、その体格からは想像もできないような瞬発力で抜け出してゴールを決めると
    「さすが! エル・ゴルド(肥満体)」という横断幕が張られたほど。最終的に11年に母国ブラジルの
    コリンチャンスで引退したが、クラブ通算518試合出場362得点、代表通算98試合出場62得点という
    驚異的な数字を残した。

     一方の、クリスティアーノ・ロナウドは、まだ30歳でバリバリの現役。日韓W杯が開催されていた当時、
    ポルトガルのスポルティング・リスボンで頭角を現すと、03年夏に当時の“サー”・アレックス・ファーガソン監督に
    見いだされてマンチェスター・ユナイテッドに加入。09年夏までにプレミアリーグ196試合出場84得点を記録してきた。

     その後、加入したレアルでもゴールを積み重ね、常に「世界最高の選手は誰だ」という話題で主役になる存在である。

    イタリアメディアアンケートでは80パーセントが「怪物が上」

     同サイトでは「自分にとってロナウドと言えばこっちだ」というタイトルでアンケートも実施している。

     常に数字は変動していくものだが、日本時間22日19時30分ごろの時点では、
    実に83パーセントの票が元ブラジル代表のロナウドに投じられている。
    今回の企画がイタリアメディアゆえに、当時世界最強リーグと呼ばれたセリエAで強烈なインパクトを残した
    “怪物”に多くの票が集まった可能性もある。

     UEFAチャンピオンズリーグ制覇など、クラブレベルでのタイトルやゴール数ではすでに怪物超えを
    果たしている異次元の“CR7”だが、サッカーファンの記憶に残る怪物の幻影を超えるためには、
    道のりはまだ長いのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150923-00010009-soccermzw-socc&p=2

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2015/06/19(金) 11:50:55.85 ID:+Mt21YhZ0.net 

    af91d8

     
    元代表監督のアギーレ氏、UAEクラブで監督に
    2015年06月19日 10時51分

     サッカーのアラブ首長国連邦(UAE)1部リーグ、アルワハダは18日、八百長に関わった疑いで日本代表監督を解任されたハビエル・アギーレ氏(56)が監督に就任したと発表した。

     契約は1年。

     アギーレ氏は、過去に指揮していたスペインリーグのサラゴサの八百長疑惑で同国検察庁から告発され、2月に日本代表監督の契約を解除された。(AFP時事)

    http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/foreign/20150619-OYT1T50049.html

    続きを読む

    1: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/05/08(金) 11:48:26.72 ID:Yc2+CmUf0.net
    なんでやろ

    soccer120523_1_title
     

    続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:24:37.334 ID:KossByXi0.net
    二人とも凄い選手なのは分かるけど



    本田圭佑スーパープレー動画


    小野伸二スーパープレー動画


      続きを読む

    6311_ext_04_0

    続きを読む

    no title


    ボルシア・ドルトムントのMF香川真司とシャルケのDF内田篤人はどちらが不可欠な存在か。
    15日のブンデスリーガ公式サイトが『ツイッター』を使用し、投票を行っている。

    日本代表にとっては2人共不可欠な選手であることは間違いない。
    しかし、チームに戻れば敵同士。しかも、同じルール地方に属するドルトムントとシャルケというライバルチームに所属している。

    この2選手のどちらがユーザーにとって重要だと思うのか?それを同サイトは『ツイッター』を使用して、募集している。

    同SNSのアカウントさえあれば、誰でも簡単に投票可能。

    概要はハッシュタグ「#1gegen1」を付け、リツイートすれば内田、お気に入りで香川に投票できる形となっている。

    投票元のツイートはこちら:http://twitter.com/bundesliga_de/status/533650706926825472

    ちなみに同サイトでは香川と内田の細かいデータを見ることも可能だ。

    日本人としてはどちらも選べないが、果たして勝つのは内田か?香川か?

    11月16日(日)9時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141116-00010011-footballc-socc

    ブンデスリーガ公式サイト
    http://www.bundesliga.com/jp/

    続きを読む

    jpeg


    守備でも貢献の本田圭佑が現地で評価アップ「本田は若手にとって素晴らしい手本」

    2014年10月29日 8時18分

    Sports Watch
    26日のフィオレンティーナ戦では1-1の引き分けに終わったACミラン・本田圭佑選手だが、難しい試合での
    守備貢献が一定の評価を得ている。

    昨今の加熱報道にもやや醒めた感のあるサポーターは、「本田は凄いことを成し遂げているが、今が
    キャリアハイのペースという印象。これを続けられるかが今後のチャレンジだ。当然、対戦相手は彼の
    スペースを限定しようとしてくるだろう」と、徐々にマークがキツくなることを試合前に予想していたが、
    そんな書き込みが的中するような難しい試合運びとなった。

    試合中に「本田はACミランのクリスチアーノ・ロナウドだ」「とにかく素晴らしい走り」と興奮気味
    だったサポーターも、ノーゴールに終わったことでややトーンダウン気味に。「頑張ってたけど実効性が
    なかった」「本田は守備のサポート役でしっかりやってたよ」といった声が上がっているが、実際
    サポートが少なかったのか「エルシャーラウィと本田は全く援護してもらえなかった」といった意見も
    出ている。

    また、単調だった試合内容に関して「本田の得点は好きだけど、トーレスへのスルーパスもそろそろ
    見てみたい」と、他の選手との連携を期待する声もある中、<TUTTO MERCATO>は「右サイドのエンジンと
    して疲れ知らずの仕事ぶり。前線に何本か有効的なボールが出ていて、守備でのカバーも効いていた」と、
    本田の守備での貢献を評価。その他の各社メディアも「守備に専念し効いていた」と軒並み及第点を与えた。

    インザーギ監督の信頼を勝ち取った本田選手だが、最近では現地ファンの間でも「本田は若手にとって
    素晴らしい手本となる選手だ。ぜひセリエAで最も成功した日本人になってほしい」と言われるほどの存在と
    なっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9409477/

    続きを読む

    E382A2E382AEE383BCE383ACE79BA3E79DA3

    続きを読む


    以前より治療現場などで耳にする言葉として、次のようなものがある。
    「野球をやっている人は、どのスポーツも人並み以上にこなす」。
    実際、体育の授業などでレクリエーション的に他スポーツをやった場合でも、野球部出身の選手が難なくこなしてみせるケースはよく聞く。
    対して、他のスポーツ出身の選手で同様のケースを聞くことはそれほど多くない。こうした言葉が生まれる背景には、どういうものがあるのだろうか? 

    まずは、サッカーと野球の競技特性から考えてみたい。
    サッカーは、刻一刻と変化する環境に対し、臨機応変に対応することが求められる比較的“動的”なスポーツだ。
    ボールと自分との関係、敵・味方双方の選手との関係、試合展開など様々な要素が関わり、
    必ずしも正しい動きでなくても対応できる・せざるを得ないケースが多い。
    比較すると、野球は1球ごとにプレーが止まり、投手は常に決められた動作でプレーを開始し、
    打者も比較的決められた動作を行う“静的”なスポーツであるといえる。
     
     一見すると、サッカーのほうがより難易度が高く、より高度な身体能力が求められるように思える。
    しかし、実際はそうではない。確かに運動の難易度は野球のほうが低いが、野球は“ベストのフォームができるか否か”がパフォーマンスに大きく影響する。
    ベストのフォームを反復して行うためには、高度な身体操作が求められる。
    特に松坂大輔の登場以降フォームの分析は一層進み、現在の野球の教則本ではフォームに関する書籍が多い。
    それに対し、サッカーの教則本において正しい身体の使い方・フォームを指摘するものは少なく、
    多くを占めるのは戦術本という傾向があるように思う。

    続きはソース先で
    http://www.baseballchannel.jp/npb/837/

    ★1が立った時間:2014/10/13(月) 06:18:10.63
    サッカー選手は野球選手より身体能力が劣る 課題のある素材はサッカーへ、優秀な素材は野球へ
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413148690/

    続きを読む

    458632_heroa



    進化し続けるホンダ

     ACミランの日本代表MF本田圭佑が、今季開幕6試合4得点で自己記録ペースでゴールを更新していると、イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が特集した。

    「ケイスケは現在自己記録を出している。彼のキャリアで最高の記録だ」

     本田が二桁得点をマークしたのはオランダ2部VVVフェンロ時代の2008-09シーズンの16点のみ。セリエAは今季38試合。
    来年1月のアジア杯オーストラリア大会で日本代表の一員として参加する予定のため、長期の離脱が濃厚だ。
    だが、6試合で4ゴールという驚異的な決定力をこのままのペースで維持できれば、自己記録を更新することも可能だろう。さらには、日本人ゴール記録更新も懸かっている。

    「中田は、日本人の最優秀選手。セリエAのペルージャで32試合出場10ゴールを決めている」

     中田英寿氏は1998-99シーズンに平塚(現J2湘南)からペルージャへと移籍すると、1年目からゴールラッシュで強烈なインパクトを残した。
    世界最高の名手が集う世界最強リーグと呼ばれた当時と、欧州内での競争力低下が著しい現在のセリエAと比較することは難しい。
    だが、絶好調の本田は、この数字を超越することも可能かもしれない。

     また、記事では、こうも伝えられている。

    「本田の代わりを選ぶのはインザーギにとって楽ではない。急成長しているエルシャラウィ、ポジションを多様にこなせるボナべントゥーラ、
    メネズは右FWとしても評価に値する解決法かもしれない」

     開幕前には本田よりも序列の上だったミランの至宝、イタリア代表FWステファン・エルシャラウィですら本田の“代役”として挙げられる辺りも、
    現在の好調さを如実に表しているのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141006-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ