サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:武藤

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 11:56:53.87 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    トップ下ルーニー、左ウイング神童、右マタの豪華“武藤システム”

     マインツの日本代表FW武藤嘉紀に対し、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していると、
    複数の英地元メディアが大体的に報じた。英サッカー情報サイト「Squawka」では、武藤についての特集を組み、
    これまでの経歴やプレースタイルを紹介。「ボックス内でボールがどこに来るかを熟知している」と、
    ストライカーとしての実力に太鼓判を押した。さらに、移籍した際の起用法を予想するなど、
    今年4月にチェルシーからもオファーが届いた23歳には、より一層の注目が集まっている。

     特集の冒頭では、武藤がFC東京で活躍し、チェルシーのオファーを断ってマインツと2019年までの
    契約を結んだことなどの経歴を伝えた。さらに、マンUが、冬の移籍市場で獲得のために
    1500万ポンド(約27億円)前後での獲得を狙っていることを説明。伝説的名将のアレックス・ファーガソン元監督が
    高く評価していたことも紹介されている。

     FC東京U-18時代から主にサイドアタッカーとして起用されていたが、プロ入り後に1トップ、
    あるいは2トップの一角として起用され得点力に磨きをかけている。ブンデスリーガ初挑戦の今季は
    前半戦17試合で7得点。日本人選手の1年目の成績としては、10-11シーズンの香川真司の8得点の
    更新も間近に迫る勢いだ。

     7ゴールのいずれもエリア内で決めたと、今季の得点についても分析し、
    「プレデター(決定力)としての能力が際立ち、ボックス内でボールがどこに来るのかを熟知しており、
    得点を奪う才能があることは明らかだ」とストライカーとしての能力を絶賛。7得点だけでなく、2アシスト、
    13度のチャンス演出、そしてシュートの65%が枠内という正確性なども高く評価している。
    .
    54年ぶりの4連敗で揺れるマンU

     そして、武藤の起用法も予想。あくまで現在ルイス・ファン・ハール監督が採用する4-2-3-1システムを
    ベースにしたものだが、1トップに武藤を配置し、2列目左からFWアンソニー・マルシアル、
    主将FWウェイン・ルーニー、スペイン代表MFフアン・マタという並びとなった。

     現在公式戦7戦未勝利が続き、54年ぶりの4連敗と大不振に陥るチームにおいて「もし武藤を獲得し、
    すぐにスターティングイレブンに入ったとしても驚く必要はない」とリポートしている。

     ドイツで着実に実力をつけ、注目度も高まっている中で、武藤は現ドルトムントのMF香川真司以来となる
    日本人2人目のユナイテッド移籍を果たすことはあるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151228-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 22:15:16.07 ID:CAP_USER*.net
     
    18億円で今冬の獲得候補にリストアップと英紙が報じる

     香川と同じ道を歩むのだろうか。マンチェスター・ユナイテッドが1月の移籍市場での補強候補として、
    マインツの日本代表FW武藤嘉紀をリストアップしたと英紙「デイリー・メール」が報じた。
    そこでは選手の目利きにおいて絶大な定評を誇る、偉大なるサー・アレックス・ファーガソン元監督も
    武藤を高く評価しているとレポートされている。

     主将FWウェイン・ルーニーら攻撃陣が不調で得点力不足に悩むユナイテッドは、
    ここ公式戦15試合で14得点と不振にあえいでいる。リーグ戦のチーム得点王は
    スペイン代表MFフアン・マタとフランス代表FWアンソニー・マルシアルの4得点となっている。

     そうした中で、今季マインツで海外リーグ初挑戦ながらブンデスリーガ前半戦の17試合で7得点を挙げるなど、
    高い得点能力を見せている武藤に白羽の矢を立てた。移籍金1000万ポンド(約18億円)を用意して、
    今冬に獲得に動く可能性が浮上したという。

     そこには偉大な人物の名前が出てくる。「現在オールド・トラッフォードで経営陣に名を連ねるかつての
    レッズのボス、サー・アレックス・ファーガソンも、このFWを高く評価していることで知られている」
    .

    香川も振り返る「素晴らしい経験」

     欧州1年目の武藤がサーの眼鏡に適ったとレポートされている。ファーガソン元監督はドルトムントで
    輝いた香川の才能に惚れ込み、2012年に自ら獲得に動いた。香川も移籍1年目にリーグ優勝に貢献。
    そこで、名将は監督としてのキャリアに幕を引き、後任にデイビッド・モイーズ前監督を指名したことが、
    香川とユナイテッドの運命を暗いものにした。

     様々なワールドクラスを育て上げてきたファーガソン監督との邂逅を、
    香川はドイツ地元テレビ局のインタビューでこう振り返っている。

    「サッカー界で一番タイトルを獲って、誰よりもレジェンドである監督の最後の年に、一緒にできたというのは
    自分にとって今後のサッカー人生で素晴らしい経験になったと思う」

     香川も宝物のように振り返るレジェンドと過ごした1年。そんな偉大な人物に武藤も見染められたのなら、
    「夢の劇場」と呼ばれるオールド・トラッフォードで挑戦する資格はすでに十二分に持ち合わせているのかもしれない。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151227-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 20:40:32.56 ID:CAP_USER*.net

     img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437
    武藤はベストポジションで起用されるか

    先日マンチェスター・ユナイテッドからの興味が伝えられたマインツ所属の日本代表FW武藤嘉紀。
    英メディアは武藤への関心を大きく取り上げており、一躍マンUの得点力不足を解決するタレントかもしれないと
    注目を集めている。

    しかしマンUサポーターが思い出すのは同じくドイツからやってきた日本代表の香川真司だ。
    ドルトムントで見せていたパフォーマンスはアレックス・ファーガソンをも唸らせるものだったが、
    マンUではほとんど仕事ができなかった。香川と同じく、武藤も能力は確かでもイングランドの
    サッカーにフィットできないのではないかと不安視する者もいるだろう。しかし英『Sportsjoe』は
    その不安はないと主張する。

    香川を苦しめたのは、ベストポジションであるトップ下でプレイできなかったからだ。
    2012年夏にマンUにやってきた香川はドルトムントと同じくトップ下で起用されると予想されていたが、
    その2ヶ月後にオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーがやってきたことで状況が変わる。
    それまで最前線を務めていたウェイン・ルーニーが1列下がり、香川は左サイドやボランチで
    起用されることになってしまった。

    しかし同メディアは、武藤の場合はベストポジションであるセンターフォワードで起用されることになると伝え、
    不慣れな位置で起用される可能性は低いとの予想だ。武藤のベストポジションがセンターフォワードなのかは
    意見が分かれるところだが、欧州では武藤はセンターフォワードの選手と認識されているのだろう。

    武藤の獲得理由はゴール前で得点を決められないチームの課題を解決するためで、
    香川の時に比べて獲得理由がはっきりしていることも大きい。香川と同じように自身のフォームを失う危険性は
    低いように感じられるが、武藤は今冬にどのような決断を下すのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00010015-theworld-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 17:09:51.63 ID:CAP_USER*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     
    英紙『デイリー・スター』など複数メディアは25日、マンチェスター・ユナイテッドがマインツの日本代表FW武藤嘉紀獲得に動いていると報じた。

     イングランドの名門は2019年までマインツとの契約を残す武藤に対し、移籍金1500万ポンド(約27億円)を提示して1月にも引き抜く方針だとしている。
    また英紙『ガーディアン』などは移籍金は1000万ポンド(約18億円)と伝えた。

     いずれにしろ武藤の市場価値は渡欧から半年で一気に跳ね上がったことになる。
    大手選手データベース『transfermarkt』によればマインツがFC東京に支払った移籍金はおよそ200万ポンド(約3億6000万円)で、
    ユナイテッドが用意している額は報道が正しければ当時の5倍以上だ。

     さらに香川真司がドルトムントからユナイテッドへ移籍した際の違約金は1120万ポンド(約20億円)とされており、
    武藤は半年間に挙げた7得点でこの額に並ぶか上回る計算になる。

     ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン元監督が武藤のことを気に入っており、
    すでに数回スカウトをマインツの試合に派遣して調査も開始されているという。
    深刻な得点力不足に悩む”赤い悪魔”はノリに乗っている日本代表ストライカーへの投資を後半戦の起爆剤にしようと考えているようだ。

    http://www.footballchannel.jp/2015/12/26/post129378/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 17:52:30.72 ID:CAP_USER*.net
    no title

     
    武藤はマンUに行くべき? チェルシー行きは断ったが……

    マンチェスター・ユナイテッドが1月にマインツ所属の日本代表FW武藤嘉紀を狙っているという報道は
    日本のサッカーファンを驚かせたことだろう。チェルシーに続いてビッグクラブが武藤に興味を示すこととなったが、
    果たして武藤はマンUへ行くべきだろうか。

    米『ESPN』はマンUの指揮官にセンターフォワードの選択肢が増えることになるかもしれないと述べており、
    不調のウェイン・ルーニー、若いアントニー・マルシャルに次いで武藤を1トップに指名することができる。
    現在のマンUに絶対的なストライカーがいないことを考えると、武藤にとってセンターフォワードの
    レギュラーポジションを掴むチャンスになるかもしれない。

    しかし武藤は今夏に自身のレベルに合わないとの考えからチェルシー行きを断り、ドイツの中堅クラブである
    マインツを選択した経緯がある。結果的にチェルシーは降格圏内付近まで落ち込み、
    武藤もマインツでしっかりレギュラーポジションを掴み、武藤の選択は正しいものとなった。
    その賢明な選択からまだ半年しか経っておらず、思いきってマンU行きを選択するとは考えづらい。
    しかし同メディアは、マンU移籍のチャンスをみすみす逃すのは愚かだと伝えており、武藤の移籍を期待している。

    恐らく今の武藤ならマンUである程度の出場機会を与えられるだろう。今のマンUの前線に絶対外せない選手は
    マルシャルくらいで、武藤はセンターフォワードでもサイドでもプレイできる。
    チェルシーより成功する可能性は高いように思えるが、武藤はこのチャンスを活かすべきだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00010013-theworld-socc

    続きを読む

    343: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/12/26(土) 07:54:05.27 ID:J9eUd6ne0.net
    マンチェスター武藤 


    Saturday's Daily Star back page: 

    Van's Yosh Dosh 
    no title
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 08:45:08.78 ID:CAP_USER*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     
    かつて日本代表MF香川真司が所属したマンチェスター・ユナイテッドが、マインツの日本代表FW武藤嘉紀を狙っているようだ。
    25日、英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

    今季よりブンデスリーガのマインツで活躍している武藤。欧州初挑戦となる2015/2016シーズンで、
    ここまで7ゴール4アシストと好調を維持している。
    ユナイテッドの指揮官であるルイス・ファン・ハール監督は現在総得点が22と
    得点力不足に苦しむチームを改善するため、武藤の獲得を画策しているようだ。
    ユナイテッドは武藤に対して移籍金1000万ポンド(約18億円)を用意しているとみられている。
    これは今年4月にチェルシーが用意した400万ポンド(約7億円)を大きく上回る数字だ。
    欧州で確かな存在感を示している武藤。一気にビッグクラブへの階段を駆け上がるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151226-00010010-footballc-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:02:34.19 ID:CAP_USER*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     
    マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、28日に行われたブンデスリーガ第14節の同代表MF長谷部誠が所属するフランクフルト戦で、3試合ぶりとなる今シーズン7ゴール目を決めた。

    同試合に先発出場した武藤は、6分に右サイドのパブロ・デ・ブラシスが入れたグラウンダーのクロスを右足で押し込み、先制ゴールを奪った。

    武藤は10月24日に行われたブレーメン戦で1ゴールを決めると、同31日に行われたアウクスブルク戦で自身初のハットトリックを達成。直近の5試合で5ゴール目となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00367694-soccerk-socc
    SOCCER KING 11月28日(土)23時55分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00367694-soccerk-socc.view-000
    マインツでプレーするFW武藤嘉紀(写真は24日のブレーメン戦)

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10786961.html

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 01:28:33.75 ID:???*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     
     ブンデスリーガ第12節が7日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとヴォルフスブルクが対戦した。

     前節のアウクスブルク戦は、武藤のハットトリックで何とか引き分けに持ち込んだマインツ。今節は、3位のヴォルフスブルクをホームに迎えて、4試合ぶりの勝利を目指す。

    ここ2試合で4ゴールと絶好調の武藤は11試合連続の先発出場で、3試合連続のゴールに期待がかかる。

     試合は13分に意外な形で動く。ユリアン・ドラクスラーが、浮き球に触ろうとするが、飛び出てきたゴンサロ・ハラの頭に足が入ってしまう。

    この行為がレッドカードの判定で一発退場となり、ヴォルフスブルクは10人となった。なお、ハラにけがはなくそのままプレーを続けている。

     すると31分、数的有利のマインツが先制に成功する。武藤のスルーパスでハイロ・サンペリオが左サイドに抜け出し、クロスを供給。

    相手GKディエゴ・べナリオに弾かれるが、パブロ・デ・ブラシスがこぼれ球に合わせて無人のゴールに流し込んだ。前半はこのままマインツの1点リードで折り返す。

     後半に入って66分、追加点を狙うマインツは、右サイドからのクロスに、武藤がニアサイドに飛び込むが、わずかに合わない。68分には、味方のロングボールでエリア内右に抜け出した武藤が中央へラストパスを送る。

    走り上がってきたユヌス・マッリが、相手DFに詰められてしっかり合わせる事ができず、シュートは枠の左に外れた。

     75分、マインツがカウンターから追加点を奪う。武藤のパスを受けたマッリが、ワントラップから右足を振り抜き、シュートをゴール左隅に沈めた。武藤は今シーズンのリーグ戦で2アシストを記録。

    試合はこのままタイムアップを迎え、ホームのマインツが2-0でリーグ戦4試合ぶりの勝利を収めた。敗れたヴォルフスブルクは連勝が3でストップした。なお、先制点の起点と2点目のアシストで2得点に絡んだ武藤はフル出場を果たした。

     マインツは次節、代表ウィーク明けの21日にFW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと対戦。ヴォルフスブルクは同日にブレーメンをホームに迎える。

    【スコア】
    マインツ 2-0 ヴォルフスブルク

    【得点者】
    1-0 31分 パブロ・デ・ブラシス(マインツ)
    2-0 75分 ユヌス・マッリ(マインツ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151108-00367617-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 16:41:55.06 ID:???*.net

    G20150626010614420_view


     
     欧州サッカーの主要リーグが開幕して約3カ月が経過した。
    今季、日本や海外から海外チームに移籍した日本人選手は明暗が分かれ始めている。
    主力に上り詰めた選手、正念場に立った選手…。新天地での表情は実にさまざまだ。
    海外でプレーする選手は日本代表の主力も多い。所属チームで表れた各選手の立場の変化は
    代表選考にも影響しそうだ。(小川寛太)

     ■開花した素質

     今季初めて欧州に挑戦しているマインツの武藤は、鮮烈な印象を残している。
    リーグ戦全11試合に出場し6ゴール。10月31日のアウクスブルク戦では、後半ロスタイムの
    同点ゴールなど全3得点を挙げた。ドイツ1部では2006年の高原直泰(現J3相模原)以来、
    日本人2人目のハットトリックだった。

     現地メディアの評価はうなぎ上り。大衆紙「ビルト」は「マインツの新たな点取り屋」と題した
    特集記事を電子版に掲載し、現在12位につけるチームで「武藤がマインツを勇気づけている」と称賛した。
    武藤自身も「裏をとる姿勢はマインツでさらに良くなっている」と手応えを口にする。

     もう1人、ハーフナーも点取り屋の素質を発揮している。8月15日のトウェンテ戦から10戦連続先発し
    フル出場。うち6試合で得点を挙げた。活躍は日本代表のハリルホジッチ監督の目にも止まり、
    チームは代表招集へ協力を求める文書が届いたことを明かした。

     ■輝きはどこへ

     昨季までマインツのエースに君臨した岡崎は、レスターでの立場が日に日に厳しくなっている。

     イングランド・プレミアリーグの開幕2戦目だった8月15日のウェストハム戦で移籍後初得点を挙げ、
    ラニエリ監督はゴールだけでなく、前線から献身的に守備に走る姿勢を評価してきた。

     岡崎は最近、違和感を隠せない。「ゴールへの意識は強いのに取れていない」。
    9戦連続無得点と結果が出ない。10月31日のウェストブロミッジ戦では2戦連続の先発落ち。
    後半43分からようやくピッチに立った。

     シュツットガルト時代の恩師ラバディア監督に請われて新天地に移った酒井高も途中出場の1試合のみ。
    10月の代表戦ではプレー機会を得たものの、ハンブルガーSVに戻ってからも状況は好転していない。
    昨季限りでスタンダールを退団していた川島は無所属で今季がスタート。ようやくチームにメドがついた。

     ■代表に影響も

     ハリルホジッチ監督は代表選考の重要なポイントに、所属チームでの出場機会を挙げている。
    日本協会の霜田強化担当技術委員長は「選手には、『(試合に)出られなければ代表にも呼ばれなくなるよ』
    といっている」と明言している。

     一方で、霜田委員長は「どんな環境で戦っているかも考慮している」とも。世界最高峰の舞台で
    貴重な経験を積む海外組と、Jリーグに常時出場している国内組-。一筋縄ではいかない難しい比較の中で、
    代表選手を選ぶ作業が続きそうだ。

    海外チームに移籍した主な選手の今季リーグ戦成績(写真:産経新聞)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000085-san-socc.view-000

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000085-san-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ