サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:森脇

    1: Egg ★^^©2ch.net 2017/09/20(水) 07:17:08.83 ID:CAP_USER9
    J1浦和は19日、さいたま市内で天皇杯4回戦・鹿島戦(熊谷陸)に向けて調整した。

    DF森脇(31)は「相手が好調だからとビビることはない。
    必要なこと、できることをやっていきたい。鹿島は攻守にバランスがとれている。打ち破ることが大事」と打倒鹿島を誓った。

    森脇にとって因縁の一戦でもある。5月4日・鹿島戦で、自身の暴言に端を発した騒動で2試合の出場停止を科された。この日は騒動には触れなかった。
    リーグ戦は8位に甘んじ来季のACLに自力で出場する唯一の手段が天皇杯制覇。「チーム全体で取りにいくスタンスは変わらない」と話した。

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170920-00000022-dal-000-view.jpg

    9/20(水) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000022-dal-socc

    【4回戦】9月20日(水)

    筑波大 19:00 大宮 [カシマ]
    浦和 19:00 鹿島 [熊谷陸]
    川崎F 19:00 清水 [等々力]
    横浜FM 19:00 広島 [ニッパツ]
    松本 19:00 神戸 [松本]
    長野 19:00 磐田 [長野U]
    名古屋 19:00 C大阪 [パロ瑞穂]
    G大阪 19:00 柏 [吹田S]

    ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208642-208642-fl

    NHK天皇杯
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/onair/onair.html


    【サッカー】<筑波大>大学勢初の天皇杯8強をかけ「サッカー界の歴史を変えたい」4回戦(20日・カシマ)でJ1・17位・大宮と対戦
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505719467/

    続きを読む

    18: U-名無しさん@実況・^^です (ワッチョイWW 632b-nwTS) 2017/05/14(日) 22:26:29.95 ID:sdYp6S8b0

    no title


     
    遠藤康 左太もも裏肉離れ 
    レオ・シルバ 半月板や内側側副靱帯(じんたい)を損傷している可能性 
    植田直通 右太もも痛 
    昌子源 左足首痛 
    ペドロ・ジュニオール 足首に不安 
    金崎夢生 足首に不安 
    ブエノ 左膝痛
    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/09(火) 17:46:48.55 ID:CAP_USER9

    no title

     
    スポニチアネックス 5/9(火) 16:16配信

    浦和DF森脇が2試合の出場停止に 鹿島戦「臭い」と暴言、侮辱に相当

    4日の浦和―鹿島戦で暴言騒動を起こした浦和DF森脇

     Jリーグは9日、浦和のDF森脇良太(31)に2試合の出場停止処分を科したと発表した。森脇は4日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節・浦和―鹿島戦(埼玉)の試合中に鹿島のMF小笠原満男(38)と小競り合いを起こしていた。

     問題となった場面は後半33分、コーナー付近でのボールの奪い合いから浦和FW興梠慎三(30)が鹿島MF土居聖真(24)を突き飛ばしたことから発生。ヒートアップした両チームの選手が入り乱れて小競り合いに発展し、その中で小笠原は森脇が鹿島MFレオ・シルバ(31)に対し「臭いんだよ、おまえ」と侮辱的な発言をしたと主張した。森脇は複数の選手に唾がかかった小笠原に対して「口が臭いんだよ」と言ったとしてレオ・シルバへの侮辱や差別を否定。7日にJリーグの規律委員会から森脇と小笠原が個別に聴取を受けていた。

     規律委員会では日本サッカー協会の競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は「他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱」に相当すると判断、2試合の出場停止処分とする、としている。対象試合は14日の第11節・新潟戦(デンカS)と20日の清水戦(埼玉)。

     試合は後半24分にFW金崎夢生(28)の放ったシュートが森脇に当たってネットを揺らして先制した鹿島が1―0で勝利を収め、浦和に代わって今季初の首位に浮上している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000118-spnannex-socc

    1
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494314650/

    続きを読む

    1: Egg  2017/05/05(金) 18:42:00.71 ID:CAP_USER9

    no title


    小笠原と森脇の間でトラブル勃発、食い違う両者の主張

     浦和レッズのDF森脇良太が、4日の鹿島アントラーズ戦で暴言を吐いた件について、浦和の広報部は「本人が話した以上のことは何も確認できなかった」としている。

     問題になったシーンは後半33分だった。浦和のDF槙野智章が自陣コーナー付近でボールをキープした鹿島MF土居聖真と競り合い、そこにFW興梠慎三がサポートに入る。主審が笛を吹き浦和ボールとなったが、判定後に興梠が土居を突き飛ばしたことに鹿島側が猛抗議し、両チームがもみ合いになった。最終的に興梠にイエローカードが提示されて事態は収まるが、その輪の中に小笠原満男、森脇、レオ・シルバもいた。

     そこで、小笠原と森脇の間でトラブルが起こった。言い争うような状態になったところを、森脇はチームメートのDF那須大亮に引き離されるようにして輪から外されている。その際、森脇が「口が臭い」と暴言を吐いたが、小笠原と森脇の間でそのターゲットが誰であったのかの主張が食い違っていた。森脇は小笠原に対するものとし、小笠原はL・シルバをターゲットにした「差別につながりかねない発言」と主張していた。

     一夜明け、浦和はチームの練習場でトレーニングを行ったが、浦和の広報部は見解を次のように話している。

    「Jの対応を待って、クラブとして対応」

    「クラブとしても、昨日は本人としか話をできていなかったが、今日はピッチの中で近くにいた数人に事実を確認した。だが、本人が話した以上のことは何も確認できなかった。それが今の時点で分かっている全て。鹿島さんもマッチコミッショナーに報告をしているので、今後はJリーグからどのような対応をしていくかを待って、クラブとしても対応していきたい」

     また、浦和側からのマッチコミッショナーへの報告は「通常の試合と同様にしている」とした。

     森脇は神妙な面持ちで「昨日に話した言葉に嘘はない」としたうえで、「僕が発した言葉で多くの人に迷惑をかけてしまった。レッズに関わるスポンサー、スタッフ、チームメート、サポーターの皆さんにも迷惑をかけて心配をさせてしまった。大いに反省して、レッズに関わる人にも謝罪したい」と心境を語っている。

    Football ZONE web 5/5(金) 17:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170505-00010013-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ