サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:柴崎

    550: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/10/16(木) 06:39:15.59 ID:CMTARg210.net
    本田 柴崎、武藤らに海外移籍説く「吸収できる時に行く方がいい」 

    ブラジル戦終了後の14日深夜にシンガポールからイタリアに出発した日本代表MF本田(ACミラン)が 
    若手に“海外移籍の勧め”を説いた。 

     今回の代表戦は柴崎や武藤、森岡ら20代前半の若手が多く、合宿中に「(海外へ飛び出せと)声を掛けました」と明かした。 
    「Jリーグを軽視しているわけではない」と前置きしつつ「スタイルが固まった年齢で海外リーグにいくのは厳しい。 
    吸収できる時に行く方がいい」と持論を展開した。 

    ブラジル戦では柴崎が2失点目につながるトラップミス。少しのミスも見逃さない世界の厳しさを思い知った。 
    本田はピッチ外でも「差別を受けたりするかもしれない」とし、日本国内で味わえない経験が 
    選手個人や日本サッカー界を成長させると強調した。 

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/10/16/kiji/K20141016009109190.html
    続きを読む

    maxresdefault


    日本代表は11日、ブラジル戦(14日)のため新潟発の航空機で出発し、同日夜に開催地のシンガポール入りした。

    アギーレジャパン初勝利となった10日のジャマイカ戦で活躍したMF柴崎岳(22=鹿島)は09年U―17W杯でブラジル代表のエースFWネイマール(22=バルセロナ)と対戦しており、今回が“再戦”となる。

    2―3で敗れた一戦から5年の時を経て、世界的ストライカーに成長した姿を見せつける。

     機は熟した。アギーレ監督が主軸の1人として認める柴崎が、5年ぶりに同世代のエースと対戦する。チームはこの日、新潟からブラジルとの決戦地のシンガポール入り。

    アギーレジャパンではピッチ、取材ゾーンにも常に最初に姿を見せる若き司令塔は、この日の新潟空港にも先頭で姿を現し、終始リラックスした表情で機内へと乗り込んだ。

     日本代表としては13年のコンフェデ杯以来となるブラジル戦。柴崎にとっても特別な一戦となる。背番号10を背負って出場した09年U―17W杯ナイジェリア大会。

    1次リーグ初戦で戦った当時のU―17ブラジル代表には、同じく背番号10をつけた若きネイマールがいた。今や世界的スターとなったネイマールとはそれ以来の顔合わせ。
    5年前に柴崎はアシストを記録したが試合に敗れただけに、今回は借りを返す大きなチャンスとなる。

     「あまり覚えていない。でもブラジルの中でも一番インパクトはあった」。柴崎は当時をそう振り返ったように、5年前は既に遠い記憶になっているが印象は脳裏に焼き付いていた。

    ネイマールは昨季、世界屈指のビッグクラブに移籍しただけに「バルセロナに行ってどうなってるかな、というのはある」と再戦を楽しみにしている。

    W杯ブラジル大会については「同世代が活躍した大会」と捉え「ネイマールやハメス・ロドリゲスは刺激になった」とあくまでライバルとして見ていた。

     柴崎もこの5年間で着実に成長している。今や鹿島の不動の司令塔となり、アギーレジャパンでも出場2試合で主軸の1人となった。

    同じインサイドハーフの香川が脳振とうにより離脱したため、ブラジル戦はより大きな期待がかかる。ジャマイカ戦で放った輝きをブラジル戦でも見せられるか。サムライブルーの新司令塔が決戦を心待ちにしている。

     ▽柴崎VSネイマールVTR 09年10月24日、ナイジェリアで行われたU―17W杯の1次リーグB組初戦で日本とブラジルが激突。

    柴崎(当時青森山田高)とネイマール(同サントス)はともに背番号10をつけた。1―1の後半22分にネイマールが勝ち越しゴールを挙げたが、同39分に柴崎が自陣からのロングフィードで杉本(現C大阪)の同点弾をアシスト。

    日本は同ロスタイムのオウンゴールにより、2―3で破れた。3戦全敗となった日本は同組最下位で1次リーグで敗退した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000031-spnannex-socc

    続きを読む

    maxresdefault


    [10.10 キリンチャレンジ杯 日本1-0ジャマイカ デンカS]

     日本代表は10日、ジャマイカ代表とのキリンチャレンジ杯を行い、1-0で勝利した。前半16分にオウンゴールで奪った得点が決勝点になった。W杯後に日本代表の指揮官に就任したハビエル・アギーレ監督にとっては、3戦目にして初勝利となった。

     9月に代表デビュー戦で初ゴールを奪ったMF柴崎岳は、この日も先発メンバーに名を連ねると、前半16分にクロスボールからオウンゴールを誘発。

    日本の若き司令塔が、初めて同じピッチでプレーするMF香川真司を始め、欧州で得点ランクを賑わす前線の先輩たちをコントロールした。

     試合後は「(アギーレ監督からは)細かい指示はあったが、勝ちたいという意欲だけは強く伝わってきたし、選手全員にもそれが伝わって、試合で表せたかなと思う」。

    日の丸をつけてのプレーについて問われると、「特別な思いはある。国を代表して戦ってプレーできる喜びもありますし、また新たな気持ちでプレーすることができる」と話し、充実の汗をぬぐった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00156673-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title


    柴崎の存在感が増している。
    香川や岡崎ら欧州組との連係も良く、アギーレ監督は「彼はワールドクラス。
    香川と、まるで20年もやってきたかのようだ」と褒めた。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000212-jij-spo

    柴崎が存在感を発揮した。右MFで先発し、「(細貝)萌さんが真ん中にいて、
    前に(プレーの)重心を置いた。味方を追い越す動きからゲームメークできた」。

    前半16分に相手のOGを誘うシュートを放つだけでなく、本田や香川との連係で好機を演出した。

    アギーレ監督も「柴崎はワールドクラス。かなり遠くまで行き着くことができると思う」
    と活躍を喜び、今後の成長に期待した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000156-mai-socc

    「柴崎はワールドクラスだ。圭佑、真司と自然にプレーできているし、
    まるで20も経験を積んだかのようなプレーを見せてくれる。
    彼はかなり遠いところまで行き着くことができる選手だ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000027-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ