サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:柴崎

    1: 動物園φ ★ 2017/02/20(月) 11:20:51.90 ID:CAP_USER9

    C3rXOsjXAAAolqM

     
    2017年2月20日

     鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍し、体調不良で離脱しているMF柴崎岳(24)が“引きこもり状態”を脱した。18日にホームで行われたアルメリア戦をスタンドで観戦。早ければチーム練習が再開する21日にも合流する可能性が出てきた。

     引きこもり状態と地元メディアで報じられていた柴崎が久々に公の場に姿を見せた。18日に本拠スタジアムで開催されたアルメリア戦をスタンドから観戦。胃の不調のため7日から離脱し「不安障害」の可能性も指摘される中、1-0で勝利した試合に熱視線を送った。有名レストランで食事する姿が目撃されるなど回復に向かっており、同日付の地元ニュースサイト「エル・ドルサル」は「今週中の全体練習合流を目指している」と報道。早ければチーム練習が再開する21日から合流する可能性も出てきた。

     柴崎は急激な環境の変化に適応できず、体調を崩してダウン。現地報道によると、食事が合わずに体重は昨季64キロから6キロも減ったという。非常事態を受け、13日には代理人、セラーノ・スポーツディレクター、クラブ幹部らを集めた緊急ミーティングを実施。専門医の診察も受けて復帰を目指すことになり、一時は日本代表スタッフも現地入りしていた。

     この日の試合はテネリフェに本拠を置くスペイン女子1部グラナディージャに所属するDF堂園彩乃(26)も観戦。柴崎は順応に協力する姿勢を示してくれている元U-20女子日本代表DFと初対面を果たした。食事以外はほとんど部屋を出られなかったと伝えられた状況を考えれば、大きな前進だ。チーム内の信頼低下は避けられない中、どん底からはい上がれるのか。巻き返しへ向け、ようやくスタートラインに立つ日が見えてきた。(スポニチ)

    http://mainichi.jp/articles/20170220/spn/00m/050/012000c

    続きを読む

    1: サインコサイン ★ 2017/02/19(日) 17:21:36.25 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 2/19(日) 17:18配信

     鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍し、7日から離脱しているMF柴崎岳(24)が18日、ホームのアルメリア戦をスタンドで観戦した。地元情報サイト「エルドルサル」によると、スタジアムでテネリフェの女子チームでプレーする元U―20日本代表のDF堂園彩乃(26)と対面。柴崎は来週中にも全体練習に合流できるよう、心理療法士と治療に取り組んでいるという。地元メディアでは“ホテル引きこもり報道”もあったが、地元有名レストランで食事するまで回復していると伝えた。

     柴崎について、テネリフェは当初、胃の不調で離脱と発表していたが、クラブの医療部門が13日に「不安障害」の可能性を指摘。ボレゴ・ゼネラルディレクターは地元メディアで「適応に苦しんでいる」「適応過程がいつ終わるのか、誰にも分からない」などと説明。退団報道については否定していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000123-spnannex-socc

    続きを読む

    1: サインコサイン2017/02/16(木) 16:05:54.56 ID:CAP_USER9

    no title

     
    逆境こそ「心が満たされる」柴崎のスペイン挑戦
    スポーツ報知 2/16(木) 16:01配信

     12年間、鹿島担当を務め、欧州リーグに挑む多くの選手を見てきた。2006年にイタリア1部メッシーナに期限付き移籍したのはMF小笠原満男。ドイツW杯を不完全燃焼で終えていた悔しさもあり、刺激を求めて飛び立った。海外に関心がなかった内田篤人は、ブンデスリーガを観戦に行ったことで「ここでやりたい」と感じ、半年後の2010年6月にドイツ1部シャルケ04へ移籍。2014年、大迫勇也(1FCケルン)は日本一のストライカーになるため、ドイツ2部1860ミュンヘンに渡った。

    【写真】クラブW杯でレアル相手に2ゴールを決めた柴崎

     今冬、柴崎岳がスペイン2部テネリフェに移籍した。昨年クラブW杯の決勝でレアル・マドリードを相手に2得点するなど活躍。スペイン1部ラスパルマスなどが獲得に興味を示したが、交渉は難航。欧州の移籍市場が閉まる最終日の1月31日に、2部クラブへの移籍が決まった。注目された海外挑戦の結果としては物足りなかったのか、柴崎の選択には否定的な意見も耳にする。ある代理人は「スペインにこだわるより、1部にこだわった方が良かったんじゃないか」と感想を漏らし、別の代理人は「スペインには柴崎のようなタイプ(攻撃参加もできるボランチ)はたくさんいる。日本人が求められていないポジション」と苦戦を予想した。他クラブの関係者は「鹿島に残って、シーズンが始まる夏に移籍を目指した方が良かったのでは」との意見だった。

     欧州を目指す理由は選手によって違う。鹿島でタイトルを重ね、次のステップを踏むために海外を選ぶケースが多い。柴崎は高校時代から海外挑戦をサッカー人生のプランに組み込んでいた。プロ入り初のインタビューを担当する幸運に恵まれた当時は18歳。「海外に行く」と語っていた。「プロになる」と決めたのは小学生の頃。「みんなが言う、夢とか目標じゃなかった。どうすればプロになれるか。常に考え、進路を選び、練習をした」と考えてきた。だから、欧州移籍も卒業アルバムに記すような、漠然とした“将来の夢”ではなかった。海外進出を見据え、国内で最もレベルの高い鹿島を選んだ。

     近年は欧州の移籍市場が開くたびに「何か情報、聞いてる?」と私に尋ねてきた。移籍に関しては「不確定な情報は書かないでよ」と念を押された。報道が先行することで、移籍話が消えないように願う気持ちの表れだったのかもしれない。病気やけがをきっかけに日本代表から遠ざかり、海外クラブのスカウトの目から遠ざかる時期が続いたという、背景もあったのだろう。24歳になる前には「海外に行くには、ぎりぎりの年齢になってきている」と珍しく不安をのぞかせた。

     「勝ち方を知りたい」と鹿島を選んだものの、プロは厳しかった。「俺は腰高(重心が落ちない)だからさ」と悩み、不格好な「がに股」に変えてまで重心を落とそうとしていた。体を大きくしたくて、白飯を食べる量を増やした。日本代表からチームに戻ると、監督や先輩の助言に耳を傾け、すぐに実戦した。色白でクールな顔立ちのせいかスマートに映るが、素顔は愚直そのものだ。

     そんな柴崎が鹿島で6シーズンを終え、スペインに渡った。日本人の中盤選手がスペインで存在感を示した例はなく、難しい挑戦になるだろう。シーズン途中の冬より夏に合わせて移籍した方が良かった―という意見も理解できる。ただ、鹿島に入る前から海外を目指して準備してきた。「どこ(の国)でもいい、と言うわけじゃない。自分が生きる所はある」と検討を重ねて選んだのがスペインだった。

     鹿島ではよく腹の不調に悩まされていたが、テネリフェでも体調を崩し、練習に参加できない状態だという。現地では「日本への帰国を要望している」との報道もあった。今は苦しんでいる様子ばかりが目立つが、「すぐに何でもできてしまう環境より、できないことが多くあった方が俺(の心)は満たされる」と逆境を力に変えられるタイプ。サッカー人生で地道に課題をクリアしてきた柴崎らしく、スペインでも一歩一歩、着実に歩んでいくだろう。(記者コラム・内田 知宏)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00010006-spht-socc

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/02/15(水) 18:21:24.812 ID:3I4DLFf10

    Cq0yJc9UsAAkzwr

     
    冷静に考えたら本田やべえな

    続きを読む

    42: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/02/14(火) 08:37:43.77 ID:1RXr29jU0
    【悲報】柴崎缶さん、げっそりやせ細る 

    no title
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/02/09(木) 21:40:45.52 ID:CAP_USER9

    Cz9e6ltUoAAek5K

     
    欧州の冬の移籍市場が1月31日に閉じられた。その締め切り間際に、J1鹿島の柴崎岳が移籍したという報道がスペインから伝わってきた。

    柴崎はもともと海外志向が強く、特にスペインのサッカーに興味を持っていたらしい。しかし、外国人選手の枠に縛りのないドイツ1部リーグなどと違って、スペインは欧州連合(EU)圏外の国籍の選手保有枠が、ベンチ入り、出場ともに3人と定められている。

    日本国籍を持つ選手はEU圏外となるので、獲得するチームとしてはスペイン人選手以上の能力を求めてくる。最初から主力として活躍できる“助っ人”としての戦力でなければ、外国人枠を使う意味がないのだ。

    一連の報道を見ていると、柴崎の移籍先はスペイン1部リーグのラスパルマスが有力なのだろうと思っていた。ところがふたを開けてみると、契約書にサインしたのは2部のテネリフェだった。

    シーズン途中に行う補強の目的は、チームに足りない部分をカバーすることだ。契約に至らなかったということは、現在のラスパルマスに欠けるものを柴崎というピースでは埋められないと判断されたということだろう。

    それを考えれば、昨年末に行われたクラブワールドカップ(W杯)のレアル・マドリード戦で柴崎が挙げた2ゴールは、われわれ日本人が思うほどにスペインでは評価されていなかったのかもしれない。スペインの2部リーグが、どのようなレベルにあるのかはわからない。ただ、必ずしもトップレベルではないだろう。そのリーグで6位(1月31日現在)のテネリフェが、柴崎と交した契約期間は今年6月30日までだ。

     このわずか5カ月間という日数が意味するものは、テネリフェが柴崎という選手をまだ見極められてはいないということだろうか。5カ月はお試し期間。そして、使い勝手がよければ契約延長。見方によっては、テネリフェにとって都合のいい契約のように思える。

     それでも、考えようによってはプラスの面がある。柴崎自身がプレーのスタイルを見直して、さらなる幅を持った選手に変身する可能性があるということだ。

     青森山田高校に在籍していた柴崎をインタビューしたことがあったが、当時から思慮深い青年で一つの質問をじっくり考えてから答えてきた。だからこそ、微妙な間が流れた思い出がある。余談だが、その空気を和やかにしてくれたのが同級生のGK櫛引政敏(J2岡山)だった。取材を通して柴崎に対して持った印象は、頭を絶え間なく働かせる人間だなというものだった。もちろんU―17W杯本大会で日本代表の背番号10を背負った選手なのだから、頭脳派であることは間違いないのだが。

     柴崎がテネリフェでどのポジションを与えられるのかはわからない。鹿島のようにボランチなのか、それともさらに攻撃的な2列目なのか。そのいずれであっても、いままで以上に意識しなければならないのはゴールという結果だろう。なぜなら、スペインの人々が柴崎という新しい選手に抱くイメージは、レアル・マドリード戦で見せたようなゴールであることは疑いないからだ。

     どんなに素晴らしいラストパスを通しても得点を挙げない柴崎に対し、テネリフェのサポーターたちは不満を抱くだろう。海外のサッカーファンは、日本人が考える以上にストレートだ。ゴールした選手が一番の評価を得る。「あの得点になったシュートの二つ前のパスが」というように、ゴール以上にそのプロセスに価値を見いだすのはアニメにもなった人気漫画「キャプテン翼」をバイブルに育ってきた日本人ぐらいだ。

     スペインで思い出したことがある。日本人選手として初めて同国1部でプレーした城彰二さんが、バリャドリードに移籍した1999―2000シーズン。デポルティボ戦に出場した城さんはGKと1対1の場面でシュートを打たず、味方にパスを出した。結果、得点を生んだそのプレーが話題になったのだ。

     現地でこの試合を見ていたのが、現在はJリーグ副理事長を務める原博実さんだ。原さんは試合後、デポルティボのコーチにこう言われたという。「すごい」。そして「あそこでシュートを打たないスペイン人は一人もいない」と。スペインは得点者が全てなのだ。

     素晴らしいパスを出せる選手は、当然だがキックがうまく視野も広い。その技術を生かせば、ゴールを奪うことも難しくないはずだ。問題は自らが「決める」という強い意欲を持つかどうか。レアル・マドリード戦の2点目は、気持ちが表れたものの典型だろう。それを考えれば、柴崎がJ1で残した172試合17ゴールは、いかにも少ない。

     24歳で迎えた新天地でのチャレンジ。試合に出場しさえすれば、そこに「失敗」という文字はないだろう。ネガティブな要素さえも、プラスに変えられる年齢だ。それを思えば、これからの柴崎岳の変化が楽しみだ。

    https://this.kiji.is/199786453669773317?c=92619697908483575

    続きを読む

    1: nita ★ 2017/02/01(水) 12:35:11.80 ID:CAP_USER9

    no title

     
    GOAL 2/1(水) 12:18配信

    「今のところ日本に戻るということは考えていない。できるだけ長くトップレベルでプレーしたい」

    念願だった海外移籍を実現し、柴崎岳は力強く語った。

    理想の移籍先となったかは定かではない。当初から加入が有力視されていたラス・パルマスとの交渉はまとまらなかった。一時は鹿島アントラーズとの再契約があるのではないかとの憶測が飛び交ったほど。2部クラブへの加入や、テネリフェとの契約期間がわずか半年という点も含め、ステップアップを意識した決断となったことは間違いない。

    それでも柴崎がテネリフェへの加入を決断したのは「熱心に誘ってくれた」ことに加え、半年という限られた期間で結果を残す自信があったからだろう。テネリフェは1部昇格プレーオフ圏内の6位につけている。来シーズン、1部で戦う可能性が十分にあるクラブだ。そして言うまでもなく、日本にいるより強豪クラブのスカウトの目にとまりやすい環境にある。

    「(自分は)攻撃が好きな選手で、得点もアシストも好き。ゴールに繋がるプレーをしていきたい」

    トップレベルの環境、強豪クラブでプレーするためには得点やアシストといった目に見える結果を出すことが一番手っ取り早い。柴崎の発言からも、数字へのこだわりを垣間見ることができる。

    繰り返しになるが、柴崎とテネリフェの契約期間はわずか半年だ。2017年夏にはフリーとなる。昨年末、FIFAクラブ・ワールドカップ決勝でレアル・マドリーを相手に2ゴールをマークした衝撃を超えるインパクトを、スペインの地で残せるのか? 柴崎の挑戦が、幕を開ける。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000006-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/14(土) 06:01:51.87 ID:CAP_USER9
    スペインの名門レアル・マドリーから2ゴールを奪った選手として、
    同国での知名度を高めた鹿島アントラーズのMF柴崎岳。しかし、顔まではしっかりと認知されていなかったようだ。

    鹿島は昨年12月のクラブW杯決勝でレアルと対戦。延長戦の末に2-4で敗れたが、柴崎は一時2-1と逆転を導く2ゴールを挙げ、
    大会後にはブロンズボール賞を受賞した。スペイン『アス』はこの柴崎に対し、リーガ・エスパニョーラ1部のラス・パルマスが獲得に動いていると報道。

    また、昨年夏に2部のヘタフェやラージョが柴崎に興味を示したが、本人が1部でのプレーを希望したため、移籍が実現しなかったことなども紹介した。

    ほかにも柴崎のこれまでの経歴や日本代表での実績などを伝えた同紙だったが、この記事とともに掲載された写真のセンターには、
    “崎”違いのFW金崎夢生。両脇に写っているのもMF永木亮太とFW土居聖真になっており、完全に柴崎の顔写真と取り違える痛恨のミスを犯してしまったようだ。

    ゲキサカ 1/14(土) 2:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-01635859-gekisaka-socc

    写真
    no title

    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170114-01635859-gekisaka-000-view.jpg

    スペイン紙『アス』  Shibasaki; de golear al Madrid a ser ofrecido a Las Palmas
    http://futbol.as.com/futbol/2017/01/13/primera/1484304476_452595.html

    【サッカー】<“レアルから2ゴール“の柴崎岳(鹿島アントラーズ)>スペイン1部ラス・パルマスへの移籍話が浮上!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484318924/






























    柴崎岳、スペイン1部へ移籍か…地元紙は金崎の写真を掲載する誤報

    サッカーキング / 2017年1月14日 5時8分
    http://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_541339/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/31(土) 18:17:29.93 ID:CAP_USER9

    C0AltWcUoAAxKch

     
    99位に堂々ノミネート 「無名から注目の存在に」
     
    FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)で、欧州王者レアル・マドリードを相手に2ゴールを決めたインパクトは絶大だったようだ。
    鹿島アントラーズのMF柴崎岳が、スペイン紙「マルカ」が選ぶ「2016年のトップ100選手」に日本人として唯一の選出を果たしている。

    同紙の電子版では、「マルカの100人」というタイトルで2016年に活躍した選手を特集。100位からカウントダウン形式で紹介している。

    100位には今年11月にコロンビアで発生したチャーター機墜落事故で被害にあったブラジル1部シャペコエンセが例外的にチームとして選出されているが、
    それに続く99位に柴崎が選出されている。12月に日本で開催されたクラブW杯の決勝レアル戦では2得点を決めて一躍その名を世界に知らしめたプレーメーカーの活躍は、決してまぐれではないと絶賛されている。

    「この日本人MFはクラブW杯決勝でレアル相手に2得点を決め、無名から世間の注目を浴びる存在になった。ケイラー・ナバスを破った2ゴールは偶然ではない。
    彼はチームで最も価値のある選手で、今では日本を去りヨーロッパで成功することも選択肢にある」

    「柴崎の成長は止めることができない」
     
    柴崎は29日の天皇杯準決勝、横浜F・マリノス戦(2-0)でも2アシストを記録する活躍を見せて勝利に貢献した。
    「4年前、Jリーグの新人王(Jリーグベストヤングプレーヤー賞)に選ばれて以降、柴崎の成長は止めることができなくなっている」と、
    “常勝軍団”鹿島の背番号10の実力には太鼓判が押されている。

    マルカの100人は、日本時間31日午前10時の段階でカウントダウン形式で100位から11位まで発表されているが、
    11位にレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、12位レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、
    13位にアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスらワールドクラスのスーパースターが名を連ねている。

    スペインメディアはクラブW杯直後から柴崎のリーガ移籍の噂を報じている。
    レアル戦の二発で世界屈指の名手100人に選ばれた男は、今後もその去就に大きな注目が集まりそうだ。

    Football ZONE web 12/31(土) 12:14配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161231-00010005-soccermzw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20161231-00010005-soccermzw-000-view.jpg

    【サッカー】<米メディアが選ぶ16年サッカー界10大サプライズ>大トリでレアルと死闘の鹿島アントラーズ「歴史を打ち立てる」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483144846/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/25(日) 15:52:08.18 ID:CAP_USER9
    あの疑惑がさらに深まった!?

    12月18日に行われた「FIFAクラブワールドカップ2016」の決勝戦「レアル・マドリード×鹿島アントラーズ」で、欧州王者のレアルを追い詰めひと際存在感を放ったのが、
    この試合で2得点をマークした鹿島のMF柴崎岳だ。なんと、2016年にレアル相手に1選手が公式戦で2得点を記録したのは、柴崎が2人目だったとのこと。
    非常に質の高いプレーを見せた柴崎に、鹿島も「海外移籍」を容認するほどだった。

    また、柴崎はサッカーの実力はもちろん、青森山田高校時代からルックスでも注目を浴びていたが、今回のブレイクで女性たちからの注目度がさらに急上昇している。
    そうなってくると、気になるのは“恋人”の存在だが、現在のところ“正式には”熱愛報道は出ていない。しかし調べていくと、必ずと言っていいほど行き着く有名女性タレントがいる。桐谷美玲だ。

    「桐谷と柴崎が一緒にいたという目撃情報がSNS上で常に目立っていますね。ただ、こちらは週刊誌のスクープではなく、一般人の証言ばかりでウワサの域は出ていない。
    しかも桐谷は今回の『クラブワールドカップ』でも日本テレビの中継キャスターを務めており、決勝戦も現地で観戦しました。

    その翌日、出席したイベントでも決勝での柴崎のゴールについて、『2得点を挙げた柴崎岳選手。すごかったですよね!』と、興奮気味にコメント。
    むしろ、この第三者的な立場の接し方を『怪しい』と勘ぐる柴崎ファンが急増しています」(女性誌記者)

    桐谷がモデルとして活躍する女性ファッション誌「non-no」の元専属モデルで、桐谷と親しい関係にある佐藤ありさがサッカー日本代表の長谷部誠と結婚していることからも、
    2人が繋がっていてもおかしくはない。真偽は不明だが、もしも本当なら“アモーレ”も霞む、お似合いの美男美女カップルの誕生かもしれない。

    (本多ヒロシ)

    2016年12月25日 09:59
    http://www.asagei.com/72784

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ