サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:本田圭佑

    1: THE FURYφ 2017/05/30(火) 17:56:01.68 ID:CAP_USER9

    DAbKOzwXoAAoRXF


    ACミランを退団する日本代表FW本田圭佑(30)が30日、ツイッターで帰国後の第一声を発した。

    若い世代の死因が自殺最多という記事を引用する形で「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!
    生きていることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やっていることが嫌ならやめればいいから。
    成功に囚われるな!成長に囚われろ!」といきなり、つぶやいた。

    この日午後、シーズンを終え、日本代表に合流するためイタリア・ミラノからドイツを経由して成田空港着の
    航空機で帰国した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-01832184-nksports-socc

    続きを読む

    659: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/05/29(月) 02:19:06.57 ID:kd/lW11a0

    Cq0yJc9UsAAkzwr


    ■本田圭佑 

    2014-2017 ACミラン 81試合 9ゴール 

    ■中田英寿 

    1998-2005 セリエA 通算 182試合 24ゴール 
     ペルージャ ローマ パルマ ボローニャ フィオレンティーナ 


    あれれ? 
    ホンシンは中田英のセリエA通算記録(試合数、ゴール数)をすぐ抜けるとも言ってたよね 
    あと40歳までずっとミラン在籍してると当時言ってたホンシン

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/11(木) 06:33:11.87 ID:CAP_USER9

    GettyImages-647981740-1-738x490


    ACミランの日本代表FW本田圭佑(30)が米メジャーリーグサッカー(MLS)からの高額オファーを断り、18年W杯ロシア大会を見据え移籍先を欧州に絞っていることが10日までに分かった。

     本田は6月末で3年半の契約が満了するミラン退団が決定的。移籍金が発生しないため争奪戦に発展する可能性が高い中、強い熱意で獲得に乗り出していたのが、昨年リーグ制覇してさらなる飛躍を目指し、1月には清武にも正式オファーを出していたシアトルだった。関係者によれば本田に対し、最初に年俸150万ドル(約1億7100万円)、最終的には倍額の300万ドル(3億4200万円)を提示したという。

     ただ、本田は約1年後に控えるW杯ロシア大会への思いが強く、より高いレベルでのプレーを希望。かねてMLSに興味を持っていたが、既にシアトルのオファーを断ったという。本田獲得にはJリーグの複数クラブ、中国1部の河北華夏なども興味を示しているというが、関係者によれば、本田は現時点でプレミア、スペイン、ドイツなど欧州主要リーグに絞って移籍先を探しているようで、日本代表のハリルホジッチ監督もそれを勧めているという。

     1月にはプレミアリーグのハルが正式オファーを出し、ほかスペイン1部のセビリアなども獲得に興味を示していた。ここまで安定より常に挑戦し続けるスタンスを貫いてきた本田。来季はW杯に直結する重要なシーズンとなるだけに、日本代表の背番号4の選択に注目が集まる。

    スポニチアネックス 5/11(木) 6:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000013-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/05/10(水) 10:25:34.59 ID:CAP_USER9
    C-G3p8sUQAAWzre


     
    米MLSやJリーグ復帰も囁かれるなか、豪メディアが特集を組んで報道

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は7日の第35節ローマ戦でリーグ戦24試合連続の先発落ちとなり、1-4と惨敗したこの試合で出番は訪れなかった。今季限りで契約満了となる背番号10に対し、ミランは契約延長オファーを出しておらず、退団が既定路線となっている。米メジャーリーグサッカー(MLS)、Jリーグ復帰などの可能性が囁かれるなか、オーストラリアのAリーグに移籍する可能性も浮上してきた。

    できるか」と特集したのは、オーストラリア公共放送「SBS」。本田が今季ミランで6試合98分しかプレーしていない現状を指摘し、「今季終了後に間違いなくイタリアの巨人から去る」と断言されている。

     移籍先の本命は米MLSと報じられる一方、中国リーグ上海上港、Jリーグ復帰という選択肢に加え、オーストラリアリーグに移籍となる可能性があるという。

    「もしも、Aリーグのクラブが本物の看板選手を求めるのなら、リングに帽子を投げ込むしかない」と記事では指摘。ミランでアジアマーケット対策の広告塔として昨季までスポンサー収入などをもたらした本田を「本物の看板選手」と評価している。

    移籍先候補は2クラブ

     そして、移籍先候補はシドニーFCとメルボルン・ビクトリーだという。「この2クラブはアジアの最大のビッグクラブになることを望み、ブランド力を求めており、この野望に真剣だ。本田との契約は正しい方向への大きなステップとなる」と指摘している。

     日本代表とミランで定位置を失った本田だが、その実力に疑念はないという。記事では10番としてプレーメーカーで攻撃を牽引し、セットプレーのキッカーとしても2010年ワールドカップのデンマーク戦での衝撃の一撃から「悪くない」と評価されている。

     最大の恩恵はピッチ外にあるという。

    「過去12カ月から18カ月間にクラブと代表でピッチ上のパフォーマンスは低下しているかもしれないが、彼のタレントに疑問はない。そしてフィールドを離れると、アジアで最もマーケット価値を持つ選手だ。彼のもたらすスポンサー、プロモーション、アジアでの知名度は計り知れない」と指摘した。

     イタリアメディアから命名された「マーケティングマン」という役割では絶大な効果が見込まれると期待している。

    「ベッカムやデルピエロを考えてほしい」

     2012年から14年までシドニーFCでプレーした元イタリア代表のファンタジスタ、アレッサンドロ・デルピエロを例に挙げながら、「LAギャラクシーのデイビッド・ベッカムを、シドニーFCのデルピエロを考えてほしい。本田はアジア、特に日本で同じ効果を望める」と分析されている。

     J1コンサドーレ札幌MF小野伸二も2012年から14年シーズンにウェスタン・シドニー・ワンダラーズで華麗な技術を披露してオーストラリアの観客を魅了した。デルピエロや小野の歩いたオーストラリアへの道を本田も歩むのだろうか。

    Football ZONE web 5/10(水) 10:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170510-00010005-soccermzw-socc

    【サッカー】<本田圭佑>J1クラブ幹部「獲得が決まれば、○○(某有名メーカー)さんがチームスポンサー予定」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494297091/

    続きを読む

    1: @Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★) 2017/05/09(火) 11:31:31.13 ID:CAP_USER9
    今季限りで退団が確実な日本代表FW本田圭佑(30=ACミラン)の獲得に乗り出しているJ1クラブ幹部は7日までに、国内一流企業とチームスポンサー契約を締結する方針を明かした。
    この資金を使ってキング・カズことFW三浦知良(50=J2横浜FC)が全盛期に記録したJクラブ所属日本人の最高額となる年俸2億4000万円超を本田サイドに提示するという。

    今季限りでイタリア1部リーグのACミラン退団が決定的な本田は、契約満了で移籍金が発生しないため、国内外のクラブで争奪戦に発展することが確実な情勢。
    すでに複数の欧州クラブとJ1クラブが今夏の獲得に向けて動きだした。

    そんな中、本田サイドと接触したJ1クラブ幹部は、獲得実現に向け“H資金”を確保したという。
    「本田の獲得が決まれば、○○(某有名メーカー)さんがチームスポンサーに付いてくれる予定。
    (シーズン中で)資金がないから、そこはスポンサーにお願いするしかない。裏付けがないと(獲得に)動けないわけだし、ちゃんと考えている」と明かした。

    移籍金がかからないとはいえ、本田は税抜きで推定年俸250万ユーロ(約3億円)、実質6億円のサラリーを受け取っている。
    しかし再契約に向けては現在のパフォーマンスが低迷していることや一般的に加速的な成長が見込めなくなる30歳を超えたため、大幅な年俸ダウンは避けられない見通しだ。

    ただ、欧州ビッグクラブで10番を背負った“日本のエース”を迎えるには、それにふさわしい金額が必要になる。
    同幹部は「条件面? 本田サイドにはまだ提示していない。いま(適正価格などを)欧州に人を派遣して調査しているところ」と検討段階として明言を避けたものの「2億円以上? それなりの金額になるだろう」と話した。

    これまでJクラブ所属の日本人選手の最高年俸は1998年までV川崎(現J2東京V)でプレーしたカズこと元日本代表FW三浦知良の推定2億4000万円。
    本田の実績を考慮すれば、カズ以上となる過去最高額のサラリーを準備するのは当然と言えるだろう。

    一方、今後の見通しについて、同幹部は「中国には行かないようだけど、欧州クラブとの争奪戦になるかもしれない」と予測。
    今後も獲得レースに参戦するクラブが増えるのは確実で、他クラブとの交渉次第では年俸が高騰する可能性もあって「資金力のあるクラブが出てくるとやっかいだな」とこぼした。

    欧州はまだシーズン中のため、本田の最終的な決断はオフになる見込み。
    同幹部は「今は待ちの状態。ここからどうなっていくのか。しっかりと見極めていきたい」と語り、ビッグネーム獲得に並々ならぬ意欲を示していた。

    東スポWeb 5/9(火) 11:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000004-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/04/22(土) 13:31:03.94 ID:CAP_USER9
     ついに日本のエースがJリーグ復帰へ――。イタリア1部リーグのACミランに所属し、今シーズン限りでの退団が確実となっている日本代表FW本田圭佑(30)に、J1クラブが獲得の意向を伝えたことが20日までに明らかになった。関係者によると、本田サイドもJ1クラブからの“オファー”に前向きだという。すでに獲得に乗り出している欧州クラブと合わせ、争奪戦となるのは必至だが、来夏のロシアW杯が日本復帰の追い風になりそうだ。

     2014年1月にACミランと3年半契約を結んだ背番号10も今夏で契約が満了する。現在までにミラン側から契約延長のオファーは届いていないため、このまま5月下旬のシーズン終了とともに退団することが確実な状況だ。

     今季の本田はACミランで出番が激減。特に17年に入ってからは公式戦で約3分しかプレーしていない。ロシアW杯アジア最終予選を戦う日本代表でも低調なパフォーマンスだが、契約満了により移籍金が発生しないため、かねてJクラブを含め海外クラブとの間で大争奪戦に発展する可能性が指摘されていた。

     すでに米メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズへの移籍が噂される一方、イングランド・プレミアリーグのエバートンや1月の欧州移籍市場でオファーを出したハルが獲得への興味を示していると地元メディアが報じている。またJクラブでは、豊富な資金力を誇るJ1神戸や鳥栖が本田の獲得に動くとささやかれている。

     そんな中、あるJクラブが本田獲得に向け動きだしていた。交渉途中のためチーム名を明示しないことを条件に本紙の取材に応じたJ1クラブ幹部は「本田のアニキ(代理人を務める兄の弘幸氏=33)とはもう会った。いろいろな話をしたし、向こうは『ありがたい申し出』と言ってくれた。いくつか欧州クラブから(獲得の)話はあるみたいなので、これから本田本人と検討してくれるそうだ」と明かした。

     さらに、獲得へ動いた経緯についても「ウチのクラブのことはもちろんだが、まずはロシアW杯に向け日本代表で出番(先発)がなくなった本田にも思うところがあるだろうということ。少なくとも日本でプレーすれば来年の夏(W杯本番)に備えて調整などもうまくできるだろうし、その辺を彼がどう考えるか」(同幹部)と説明した。本田はロシアW杯を「おそらく最後」と位置づけているが、出番のない現状では、いつ日本代表から落選してもおかしくない。

     仮に海外クラブへ移籍した場合、セビリア(スペイン)入りした日本代表MF清武弘嗣(27=現C大阪)のように、クラブの外国人枠問題などで構想外となってしまうことも珍しくない。

     新天地で再び出番を得られなければ、集大成と考えるW杯本番に大きな影響を与えかねない。しかしJリーグ復帰ならば、プラス材料は多い。8月から試合に出場し、コンディションや試合勘を早期に回復させることも可能。さらに通常は欧州組の選手が参加できない東アジアE―1チャンピオンシップ(12月、日本)を戦う日本代表にも参戦できるのだ。

     まだ欧州各国リーグはシーズン中のため、今後さらなるオファーが届く可能性もあるが、少なくとも日本復帰の可能性が高まったのは事実。果たして日本のエースはどんな最終決断を下すのか。

    【今年はリーグ戦出場なし】ACミランでの本田はビンチェンツォ・モンテッラ監督(42)の構想外となり、ベンチを温める日々が続いている。今季リーグ戦はチームワーストとなる92分間しか出場していない。2017年に入ってからはリーグ戦出場なし。唯一イタリアカップ準々決勝の後半アディショナルタイムから“敗戦処理”として投入されただけでプレー時間は約3分だった。

     所属クラブで試合に出られない影響は日本代表にも及んだ。エースとして君臨していたハリルジャパンでは、昨年11月のロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦からスタメン落ちが続いている。3月の同UAE戦前には、体調不良や試合勘の欠如が不安視される本田の招集可否が大きな話題となったほどだ。

     それでもバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が「経験が必要」との意向で強行招集。本田は「試合に出ていないとコンディションが上がらないというのはウソ」と強気に話していたが、同予選では代わりに出場したFW久保裕也(23=ヘント)が大活躍。エースは試合途中から出場も好パフォーマンスを見せられずに評価は急落した。

    東スポWeb 4/22(土) 11:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000001-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/02/24(金) 16:51:08.42 ID:CAP_USER9
    ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑がMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシアトル・サウンダースへ移籍目前であると、イタリアメディア『TuttoMercatoWeb』が報じている。

    本田は今シーズン、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いる若手主体のミランにおいて、出場機会をほとんど与えられていない。1月の移籍市場では、本田と同ポジションを争うFWジェラール・デウロフェウやFWルーカス・オカンポスが新たに加入したことで、さらに状況は厳しくなることが予想される。

    これまでプレミアリーグのサンダーランドやハル・シティ、MLSのLAギャラクシーなどから問い合わせを受けたほか、1月の移籍市場閉幕間際にはラツィオからの電撃オファーが報じられたが、結局ミラノからの“脱出”は叶わなかった。

    しかし、アメリカのMLSでは2月14日から5月8日まで移籍市場が開かれているため、数時間後にもシアトルへの移籍が合意に至るのではないかと伝えられている。

    本田はミランとの契約を6月末まで残しているが、ミランが年俸節約のため契約満了を前に放出する可能性は高い。今後の動向に注目が集まるところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000019-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2016/11/29(火) 08:08:05.41 ID:CAP_USER9
    ミランに所属する日本代表MF本田圭佑が1月に移籍することが濃厚となった。
    イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が報じている。

    本田は今シーズン、ミランではベンチを温め続けている。
    いまだリーグ戦の出場は3試合と、
    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の構想に含まれていないことは明らかだ。

    本田の代理人を務める兄の本田弘幸氏は以前、「現在は新しい中国系オーナーの意向の確認待ちといった状況です」と語っていたが、
    本田自身は来年出場機会を確保するため、移籍を決断していると伝えられている。

    プレミアリーグのクラブから興味を示されていることも伝えられているが、現状中国クラブへ移籍する可能性のほうが高いとみられ、移籍先の候補に挙がっている。
    本田は2014年からミランでプレーし、「10番」を背負っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000025-goal-socc
    GOAL 11/29(火) 8:04配信

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/10/20(木) 05:11:52.60 ID:CAP_USER9
    日本代表FW本田圭佑(30)=ACミラン=が、今冬にも中国スーパーリーグへ移籍する可能性が出てきた。

    同リーグの強豪・上海上港が、ミランで出場機会に恵まれていない本田の本格調査を開始したことが19日に判明。

    本田のミランとの契約は来夏までで、獲得に必要な2~4億円(金額は推定)の移籍金にも問題はない。

    潤沢な資金で世界中の大物監督や選手を“爆買い”しているリーグだけに、日本の“王様”を獲得するメリットは大きい。

    本田が意外なクラブから熱烈なラブコールを送られた。上海上港は今夏から日本代表選手を中心に、日本人選手の獲得へ向けた動きを本格化。
    欧州からの移籍が可能となる2017年1月に本田の獲得を目指すことになった。
    「実現する可能性はかなりある」と中国スーパーリーグ関係者。今後は代理人を通じて詳細な交渉に入る意向という。

    本田は今年6月、ACミランとの契約が残り1年となった段階で契約延長のオファーを受けたが固辞。
    契約満了後の移籍なら移籍金がゼロになるため、ミランにとっては来年1月の移籍市場が、移籍金を取れる最後のチャンスとなる。

    本田は今季のセリエAでの出場も8試合中2試合にとどまっており、合計出場時間はわずか19分。
    日本代表のプレーにも影響が出ており、出場機会の確保が急務となっている。
    中国移籍が実現すれば代表合流時の移動時間が短縮され、時差ボケもなくなるというメリットがある。

    中国政府は昨年3月に「サッカー改革総合プラン」を公表。
    熱心なサッカー・ファンとして知られる習近平国家主席が、国内サッカーの底上げを目的に国策として掲げた。

    各クラブのオーナーらは習主席に近づくため、こぞって欧州や南米から大物の“爆買い”を開始。
    上海上港はアジアでも知名度が抜群の本田獲得に狙いを定めた。

    上海には日系企業も多く、集客増に一役買うことは間違いない。中国リーグを放送していない日本への放映権ビジネスにも期待できる。

    チームはスーパーリーグ優勝とアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)王者を目指しており、率いるのはイングランド代表監督などを歴任した世界的名将のエリクソン監督(68)。
    その要求に応える実力であることはリストアップの大前提と言える。

    今夏にはゼニト(ロシア1部)からブラジル代表FWフッキを移籍金5600万ユーロ(約63億7000万円)で獲得するなど、選手のレベルは高い。
    今季はACLで8強に進出しリーグでも4位につけるなど、着実に力をつけてきている。

    本田は05年にJ1名古屋からプロ生活をスタートさせ、小さい頃からの夢だったACミランでプレーすることをかなえた。
    オーストリア2部・SVホルンの実質的オーナーを務めるなど、固定観念にとらわれない斬新なスタイルを貫いており、次なるチャレンジに中国を選ぶ可能性は十分にある。

    ◆中国スーパーリーグ 2004年にスタート。16チームが参加し、ホーム&アウェーの2回戦総当たり(全30節)で戦う。下位2チームが甲級(2部)に降格。
    外国人枠は4で、3人+アジアサッカー連盟所属協会の国籍選手1人が同時に出場可能。例年3月に開幕し11月に閉幕。最多優勝は広州恒大の5回。

    ◆上海上港 2005年に中国・上海をホームタウンとして創設。当初は上海東亜という名称だったが、15年に上海国際港務グループが経営に入り現名称に。
    13年スーパーリーグ昇格。15年は2位で、今季はACLに出場し8強。ホームスタジアムは上海体育場(収容6万5000人)。
    監督はスウェーデン人のスベン・ゴラン・エリクソン氏(68)。チームカラーは赤と白。ブラジル代表FWフッキらが所属。

    スポーツ報知 10月20日(木)5時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000065-sph-socc

    写真
    no title


    上海上港公式HP
    http://www.sipg-fc.com/sipg/index.php

    【サッカー】<年俸の総額は20億円!?>リッピ氏、中国代表監督就任の可能性!広州恒大と“二足のわらじ”も
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476845115/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/09/12(月) 14:13:25.58 ID:CAP_USER9
     セリエA第3節が11日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはホームでウディネーゼと対戦した。3試合連続でベンチスタートとなった本田は79分からピッチに立ち、今シーズン初出場を果たしたが、チームは0-1で敗れている。

     イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。本田には元アルゼンチン代表MFホセ・ソサとともにチーム最高となる「6」をつけた。

     寸評では、「もはや息切れのソサに代わって途中出場。攻撃を二つ組み立て、そのうちの一つはゴールエリア内の(カルロス・)バッカへの素晴らしいクロスだった」と、短い出場時間で決定機を生み出したことを評価している。

     なお、ミランの最低点は無得点に終わったコロンビア代表FWカルロス・バッカで「5」となっている。
     連敗を喫したミランは次節、16日にアウェーでサンプドリアと対戦する。

    SOCCER KING 9月12日 13時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00491904-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ