サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:日本

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/07/19(水) 09:23:20.54 ID:vqeJuGFh0

    jpg-thmbnail2

    サッカー人気も最近落ちてるし
    もう後がないじゃん・・・

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★@^^ 2017/07/05(水) 06:18:56.19 ID:CAP_USER9

    C_Yxc1aXYAA4mI6-1


    ハリルJAPANに試練 9・5サウジ戦は40度灼熱地獄のジッダ開催に決定

     日本サッカー協会は4日、日本代表が9月5日に敵地で行うロシアW杯アジア最終予選最終節・サウジアラビア戦の会場が、同国西部ジッダにあるキング・アブドゥラー・スポーツ・シティーに決まったと発表した。

     9月のジッダは、40度近い最高気温が予想され、紅海に面していることから湿度も高い“灼熱地獄”。
    日本は8月31日のオーストラリア戦で勝てなければ、W杯出場を懸けた戦いはサウジ戦に持ち越しとなる。
    強烈な暑さ、負けられない重圧に加え、約6万人収容の完全アウェーの雰囲気の中では過酷な戦いとなることが確実だ。
    日本が過去にジッダで試合したのは1回で、2006年9月にアジア杯予選・サウジ戦を行い0―1で敗れている。

     また、14年建設の会場は、同国リーグのアルイテハドが本拠地として使用。
    バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は06年に同クラブの監督に就任したが、幹部との摩擦などを理由に開幕から短期間で契約解除に至った。
    日本協会関係者に「わずか3か月だったよ」と語るなど、“苦い”思い出が残る。
    当時と会場は違うが、因縁の地・ジッダでの大勝負は避けたいところ。何としてもオーストラリア戦で6大会連続W杯切符をつかむ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000019-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/06/20(火) 00:00:53.37 ID:CAP_USER9

    DCNGi4pVwAEEuGe


    近年、日本では欧州各国クラブのスクールが行われ、ジュニア世代から各国の育成メソッドを経験する機会が増えた。U-20日本代表のFW久保建英(FC東京U-18)はバルセロナの下部組織に所属した経験があり、レアル・マドリードの下部組織に所属する中井卓大くんのような存在もいる。

     そのなかでアーセン・ベンゲル監督がトップチームを率い、今シーズンのFAカップ制覇を果たしたプレミア屈指の強豪アーセナルも、昨年より「アーセナル夏休みサッカーキャンプ」を開催している。

     アーセナルと言えばドイツ代表MFメスト・エジルらを筆頭に華麗なパスサッカーを仕掛けるイメージが強いが、その育成組織の担当者が日本人選手を教えることで感じた、「世界レベル」に達するためのポイントとは――。

     男子は9歳から17歳、女子は9歳から15歳までの生徒が参加できる本スクールでは、現地からサッカーのスキル向上と同時にロンドンがホームタウンというクラブであることを生かして、コーチとは別に現地から来日する英語講師が授業を行うといったユニークな取り組みも行なっている。

     スクール参加者からも「自分の英語の力を上げることができた」、「練習のメニューが毎回違って、頭を使わなければいけない」と話している。有意義かつ楽しみながらのトレーニングの中で、アーセナルから派遣されたコーチ陣はしっかりと日本人選手の特徴、そして伸ばすべき能力をアドバイスしてくれた。

    「基礎の反復練習を嫌い、全体的にパワー不足」

     今回質問に答えてくれたのは、実際に指導するマニング氏、タイラー氏だ。まずは日本人選手の特徴と課題について、二人はこう指摘していた。

    「アーセナルキャンプの参加対象年齢の9歳~17歳の年代、特に若年層は総じて技術力は非常に高いです。また、規律、勤勉という意味では感心するほど高く評価できます。ただ課題としては、基礎の反復練習を嫌う傾向があります。これは非常に重要なことで、もっと認識してほしいとも感じます。技術力は高いのですが、全体的にパワー不足で、ロングパスやシュート力がそれに当たります。一定年代からは筋力トレーニングに励んでほしいと思います」

     また日本では「決められたことをチームで取り組む」練習を重視する一方で、イングランドでは「基礎練習から楽しみながら個の強さを伸ばす、ゴールを決める喜び」を強く意識させるメニューを意識づけているともいう。また世界に伍するためには、メンタル面の意識改革も一つのポイントとなるという。

    「日本人選手は若年層からも“ミスを恐れる傾向がある”と思います。プレーを見ていると、ミスをするより安全なパスを送る傾向にある。だからこそミスを恐れず、指導者側はミスを責めない前を向く指導が必要になります」

    「トラップやパスの正確性に欠けている」

     また技術力が高いと称したものの「基礎練習不足の影響か、トラップやパスの正確性に欠けている」とファーストタッチの置きどころなど、“魅せるプレー”ではなく“個の力で勝つためのプレー”を磨く意図を持つべきだとも指摘。激しい球際の局面が連続するプレミアならではのアプローチと言える。

     アーセナルのコーチ陣が認めた勤勉性などに加えて、個人でも闘える強さを身につける――。組織と個のレベルアップは分離したものではなく、並行していくものだ。それだけにプレミア強豪クラブのアドバイスは、育成年代の選手にとって頭の片隅に置いて損はないはずだ。

    フットボールマガジンZONE 6/19(月) 21:16配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-00010019-soccermzw-socc

    写真
    http://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2017/06/GettyImages-664960666-crop-1497875026-890x591.jpg

    【サッカー】<リッケン氏>日本人選手の特長は、テクニックに優れ、素早さ、スピードがある。足りないのはヘディングとシュートの技術
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497764960/

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/06/14(水) 07:04:03.34 ID:CAP_USER9

    C_Yxc1aXYAA4mI6-1


    大迫勇也のゴールで先制したイラク戦は十分に勝てるチャンスがあった。それだけに、日本にとっては失望感を拭えないドローだ。アウェーで勝点1を積み上げたとはいえ、残り2試合の相手はオーストラリアとサウジアラビアである。決して楽観視できない。
     
    ・グループBの上位3か国の順位表(6月13日現在)

    1位 日本 勝点17/5勝2分け1敗/15得点・6失点/得失点差+9
    2位 サウジアラビア 勝点16/5勝1分け2敗/15得点・8失点/得失点差+7
    3位 オーストラリア 勝点16/4勝4分け0敗/14得点・8失点/得失点差+6
    ※消化試合はいずれも8試合。
     
     このように、アジア最終予選のグループBは三つ巴の戦いとなっており、日本が2位以内を確保するには次のオーストラリア戦で引き分けさえ許されない状況なのだ。もちろん、オーストラリア戦をドローで終えても勝ち抜けのチャンスはある。ただ、最終節はアウェーのサウジアラビア戦。9月のサウジアラビアは気候的にも厳しいため、日本としてはできれば最終節まで引っ張りたくない。
     
    ・上位3か国の今後の予定
    1位 日本
    2017年8月31日 vsオーストラリア(ホーム)
    2017年9月5日 vsサウジアラビア(アウェー)
     
    2位 サウジアラビア
    2017年8月31日 vsUAE(アウェー)
    2017年9月5日 vs日本(ホーム)
     
    3位 オーストラリア
    2017年8月31日 vs日本(アウェー)
    2017年9月5日 vsタイ(ホーム)
     
     残り2試合、対戦相手だけで判断すればもっとも厳しいのが日本。サウジアラビアはアウェーとはいえUAE、オーストラリアはタイといずれも下位グループとの対戦を残しているのは多少なりともアドバンテージだ。
     
     次節、日本はホームでオーストラリアを下せば6大会連続のワールドカップ出場が決まるが、裏を返せばオーストラリアに引き分けるか黒星で予選敗退の危機に瀕するのだ。
     
     例えば、次節、日本がオーストラリアにドロー、そしてサウジアラビアがUAEを下すと、上位3か国の勝点はサウジアラビアが「19」、日本が「18」、オーストラリアが「17」となる。続く最終節でオーストラリアがタイを破ると想定すれば……。日本はサウジアラビアに勝たないといけなくなる。これは極めて困難なミッションと言わざるを得ない。

    「もう1試合あるから」が命取りになる。

     怖いのは、「オーストラリアに勝てなくても次がある」という楽観的なスタンスだ。
     
     14年ワールドカップの本大会を振り返ると、日本はコートジボワールとの初戦に敗れたにもかかわらず、続くギリシャ戦で勝ちにこだわらなかった(その証拠に交代枠をひとつ使わなかった)。言ってみれば、このギリシャ戦のドローは「もう1試合あるから」という甘さが招いた結果だった。結局、日本はグループリーグ最終戦でコロンビアに惨敗(1-4)してブラジルの地を去ることになる。
     
     ここぞという大一番で何度も甘さを露呈してきた日本だけに、次のオーストラリア戦で躓く可能性は十分ある。本田圭佑はイラク戦後、「中途半端に次の試合が引き分けでOKというよりはクリアになって良かったのかなと」とコメントしているが、果たしてどうなるか……。
     
     今予選のオーストラリアはここまで8戦無敗。そのオーストラリアに日本はワールドカップの予選で一度も勝ったことがない。こうした相性の悪さを踏まえても、8月31日のホームゲームに向けて楽観はできないだろう。
     
     今のハリルジャパンは正直、勝負強いとは言い切れない。イラク戦のパフォーマンスだけで判断するかぎり、暑さにも苦しめられるだろう次のオーストラリア戦で勝点3を掴めるとは……。ちらつくのは“地獄のサウジ戦”だ。

    サッカーダイジェスト 6/14(水) 6:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00026786-sdigestw-socc&p=2

    続きを読む

    1: pathos ★2017/06/14(水) 01:46:06.60 ID:CAP_USER9
    no title


    「変な誤解を招くし、あまり喋りたくはないけど」と前置きした上で、「当然ながら監督がやりたいサッカーはしっかりとあって、それをストレートに伝える人なんで、若い選手は聞きすぎてしまうっていうところですね。うまく消化し切れていない」

    「監督が(自由にやっていいと)言っているんですけど、どうしてもそこの整理をうまくできずに、こういう大事な試合で自分の持っている力の半分くらいしか出せない選手も実際にはいるわけで、それっていうのはまさに技術的な問題ではなくて、精神的な問題です」と、指揮官の要求を意識しすぎるあまり、本来の力を発揮できていない選手がいるとの見解を示した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00600260-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 神々廻 ★ 2017/06/13(火) 23:47:47.55 ID:CAP_USER9
     オーストラリア代表対ブラジル代表の国際親善試合が13日に行われ、ブラジルが4-0で快勝を収めた。

     ロシアW杯アジア最終予選で日本代表と同じグループBを戦っているオーストラリアだが、今月から開催されるコンフェデレーションズカップに
    アジア代表として出場するため、他チームに先立って予選のサウジアラビア戦を8日に戦い終えた。その上で、コンフェデ杯に向けた最終テストとして、
    ブラジル代表をホームのメルボルンに迎えての親善試合を行った。

     だが開始直後、ブラジルがいきなりの先制点を奪う。キックオフ直後のミスパスをジュリアーノが奪い、スルーパスを受けて抜け出したジエゴ・ソウザが
    そのままゴール。試合開始からわずか12秒ほどでの先制点だった。

     その後は1点差のまま耐えていたオーストラリアだが、62分にはCKから2失点目。ロドリゴ・カイオのヘディングがクロスバーを叩いたあと、
    最後はチアゴ・シウバが頭で押し込んだ。さらに75分、ブラジルの巧みなパスワークから、パウリーニョのヒールパスを受けたタイソンが決めて3-0とする。

     後半アディショナルタイムのラストプレーでは、ジエゴ・ソウザがCKに合わせて自身2点目のゴール。ブラジルがアウェイでの快勝を飾る結果に終わった。

     日本代表は8月31日にホームでオーストラリア代表と対戦する。13日に行われているイラク戦で勝ち点を獲得した上で、オーストラリアに勝ったとすれば、
    1試合を残して日本代表の6大会連続W杯出場が決定する。

    https://www.footballchannel.jp/2017/06/13/post216526/

    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県)2017/06/13(火) 23:21:13.04

    no title




    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/06/13(火) 23:19:02.83 ID:CAP_USER9

    DCNGi4pVwAEEuGe


    日本代表1-1でイラクと引き分け!!

    6/13(火) FIFA W杯アジア最終予選第8節
    日本 対 イラク
    (アウェー)

    日本 1-1イラク

    ▼GK
    1 川島永嗣
    ▼DF
    19 酒井宏樹 →21 酒井高徳(76分IN)
    22 吉田麻也
    3 昌子源
    5 長友佑都
    ▼MF
    6 遠藤航
    14 井手口陽介 →17 今野泰幸(62分IN)
    8 原口元気 →7 倉田秋(70分IN)
    ▼FW
    4 本田圭佑
    11 久保裕也
    15 大迫勇也

    【得点者】
    1-0 大迫勇也
    1-1 マハディ

    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/score/2017/2017061301_m.html

    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ