予算は少なくてもブレない強化姿勢で、2012年、13年とJリーグを連覇! さらには、自身がモデルとなったゆるキャラがサポーターに大人気!

そんなJリーグの名物社長として知られていた“こやのん”こと小谷野薫氏が突如、政界へ殴り込み。
Jリーグ強豪クラブの社長から政令指定都市の市長という前代未聞の転身は実現するか? 

今年1月17日に広島市長選(4月12日投開票)への立候補を表明し、
2月12日にサンフレッチェ広島の社長を退任した小谷野薫氏を直撃。その意気込みを聞いた!

* * *

―まずは社長退任、お疲れさまでした。

小谷野 サンフレッチェでの2年間は短い時間ですが、僕にとっては人生の宝物。
それまではディールやったりコンサルやったりの切った張ったばかり。
サンフレッチェの経営もその延長線上で関わり始めたんですけど、サポーターや地域の皆さんとのつながりなど、これまでの仕事にはなかった膨らみがあった。
もっと私がうまくやれば、もっと皆さんに喜んでもらって、私自身も楽しくなる。今後もその感覚を大事にしたいです。

―そして、突然の市長選立候補表明。驚きました。

小谷野 サッカーの仕事をしていると、地域の皆さんと触れ合う機会が多いんです。
ホームタウン活動、新スタジアム建設のための運動、さらに昨年でいえば、土砂災害への義援金集め。
そうした活動を通して、市民の皆さんのいろいろな声が聞こえてきて、広島の街をもっとよくするにはどうしたらいいのだろうという意識が芽生えてきました。

―経営再建のプロでもある小谷野さんから見て、今の広島市には問題がある?

小谷野 元気がないですね。広島の場合は景気が停滞している中で財政赤字も拡大していて、街の活性化も進んでいない。
市債の残高がどんどん積み上がっている。支出項目の見直しをやっていないわけではありませんが、単なる弱者切り捨てになっている。
遊休地の問題、赤字を垂れ流している第三セクター、基金、公社など手つかずのところもたくさんあるのに…。

そんな状況で、現職の方(松井一實[かずみ]市長)が、今後も同じような市政を当たり前に続けるのはおかしいんじゃないのか、という気持ちがあります。

―とはいえ、立候補に反対する声もあったのでは?

小谷野 やめたほうがいいと言ってくる人は多かった。でも、真剣に広島のことを考えれば、自然とこうなるよねって感じです。
今までのキャリアもそうですが、目の前の困難やチャレンジに対して燃える性格なんですよ。

―東京出身なのに“広島愛”にあふれていますね。

小谷野 今までは(サンフレッチェの社長という)立場上、大きな声では言えなかったんですが、もともとカープのファンだったんです(笑)。
カープの試合を見るためだけに広島を訪れたりしてましたから。
足を生かして貪(どん)欲に次の塁を狙う野球が好きでね。
と言いつつ、三村(敏之)監督時代の(1996年の)ビッグレッドマシン(当時のカープの強力打線の愛称)も大好きだったんですが(笑)。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150311-00044874-playboyz-spo
週プレNEWS 3月11日(水)6時0分配信

続きを読む