サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:攻略

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 23:19:23.63 ID:???*.net
    優勝候補の呼び声も高いバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、
    バルセロナ(スペイン)が登場した16日(日本時間)の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝。

    敵地に乗り込んでポルト(ポルトガル)と対戦したバイエルン。開始早々、ポルト選手の術中にまんまとハマった。

    「バイエルンのダンテとボアテングのCB2人とアンカーを務めたMFシャビ・アロンソがボールを持つと猛然とプレスを掛けてきた」
    (テレビ解説者の鈴木良平氏=ドイツサッカー協会公認S級ライセンス保持者)

    前半3分、シャビ・アロンソの背後から忍び寄ってボールを奪ったポルトFWジャクソン・マルティネスが、GKノイアーに倒されてPK。
    これを決めたFWクアレスマが7分後、今度はダンテに襲い掛かってボールを奪い、ノイアーとの1対1を制して2点目を決めた。
    序盤の連続失点で毒気を抜かれたバイエルンは攻守の連係がスムーズにいかず、28分に1点を返しても波に乗れない。 

    後半20分、ボアテングが致命的なミスを犯した。
    左サイドからのロングボールをヘディングでクリアしようとして目測を誤り、
    後ろにそらしてしまったボールをジャクソン・マルティネスが持ち込み、勝利を決定付ける3点目をゲットした。

    「私自身もビックリしましたが、ポルトがあれほどの強烈プレスをCBとアンカーに掛けてくるとは想定外でした。
    ポルトの攻勢に面食らったバイエルンは、対応に苦慮したままの状態で90分を過ごしてしまった。
    来週はホームにポルトを迎え撃つバイエルンだが、2点のビハインドはキツイとしか言いようがない」(前出の鈴木氏)

    欠点をさらけ出したバイエルン。この日も欠場したFWロッベン、FWリベリの両サイドアタッカーの復調も遅れ気味だし、
    優勝候補バイエルンが準々決勝で姿を消す可能性は十分にある。

    日刊ゲンダイ 4月16日(木)14時42分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000030-nkgendai-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ