サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:採点

    13: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/04/29(水) 07:14:39.73 ID:N61cXGOf0.net

    6f4928d4

     
    RevierSport採点 
    Langerak 1.5 
    Durm 5 
    Sokratis 4 
    Hummels 4 
    Schmelzer 4 
    Blaszczykowski 5 
    Bender 3.5 
    Gundogan 5 
    PAubameyang 3.5 
    Kagawa 5 
    Reus 4 
    Mkhitaryan 2.5 
    Kampl  5 
    Kehl 3 
    http://www.reviersport.de/302777---bvb-noten-zum-spiel-muenchen.html 

    勝ったけど全体的に厳し目
    続きを読む

    133c54e2

    214: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/04/26(日) 00:33:16.74 ID:1FyY9nWQ0.net
    Ruhr Nachrichten採点 
    Langerak 3 
    Durm 3 
    Schmelzer 3 
    Hummels 2.5 
    Ginter 2.5 
    Papastathopoulos 2.5 
    Mkhitaryan 3 
    Blaszczykowski  4.5 
    Bender 3 
    Kagawa 2.5 
    Aubameyang 1.5 
    http://www.ruhrnachrichten.de/sport/bvb/spielerzeugnis/
    続きを読む

    a3ec7c0e
    続きを読む

    961: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/04/12(日) 00:45:22.21 ID:OqAECWb+0.net

    CCUBkqEW8AIPm5d

     
    ビルトでたよ。 
    http://sportdaten.bild.de/sportdaten/verein/sp1/fussball/te258/borussia-dortmund/#sp1,co12,se15388,ro47269,md28,gm0,ma2227022,pe0,to0,te258,ho253,aw258,rl0,na1,nb2,nc1,nd1,ne1,jt0,
    オバメ 6 
    ムヒ6 
    香川6 
    クバ5 
    ケール5 
    ギュン4 
    シュメ3 
    フンメルス5 
    スボ6 
    パパ5 
    バイデン3
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 21:41:52.47 ID:???*.net


    光った森重、水本の貢献

    3月31日、日本対ウズベキスタンの一戦が行われ、5対1で勝利した。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    ------------------------------

    川島永嗣  6  ミスなし。守備陣に安定をもたらした。ビッグセーブも。
    酒井高徳  6  前半は左、後半は右でプレー。前半はやや不安定だったが、後半はやや改善。
    昌子源   5.5 少し慌てることも。ただ、いい経験になったはず。今後に期待。
    森重真人  7  DFリーダーとしての躍動。攻撃の起点としても機能。フンメルスのよう。
    内田篤人  5.5 前半で退く。大きなミスはなかったが、守備での連携が悪かった。
    今野泰幸  6.5 カバーリングでピンチを防ぐ。1つひとつのプレーが正確。縁の下の力持ち。
    青山敏弘  7  先制点。抑えの効いた素晴らしいミドルシュート。攻守に精力的。
    香川真司  5.5 チャンス演出することもあったが、動きが悪く指揮官に叱責させる場面が何度か。
    本田圭佑  5.5 遅攻の時はらしさ見せたが、スピードに乗った攻撃時にあまり絡めていない。
    岡崎慎司  7  1得点。動き出し良く攻撃の核に。ボールを呼びこむのも◎。運動量もいつも通り素晴らしい。
    乾貴士   6.5 いいポジショニングでチャンスに絡む。プレースキックは微妙。

    水本裕貴  6.5 アンカーとして投入される。DFラインの前に空いた穴を埋める。
    太田宏介  6  正確なクロスで2点目をアシスト。守備では軽さも。
    宇佐美貴史 6.5 相手が緩んだ時間帯ではあったが、鮮やかなドリブルからのゴール。彼らしいプレー。
    柴崎岳   6.5 途中出場で狡猾なゴール。正確なキック。
    大迫勇也  5  存在感薄くノーインパクト。イージーなミスも。
    川又堅碁  6.5 短い出場時間で1得点。結果を出した。

    ハリルホジッチ  6.5 初戦よりもさらにコンセプトは徹底された。まだまだ不安定だが、プレッシングの意識は浸透。
               守備の連携面に課題があり、DFラインの前に攻め込まれる穴をが生まれたが、水本の起用で埋めた。采配力も光った。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150331-00010042-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3月31日(火)21時19分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150331-00010042-footballc-socc.view-000
    ハリルジャパン2戦目のパフォーマンスはどうだったのか

    続きを読む

    332: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/28(土) 08:34:12.04 ID:COBG1CdM0.net
    ブラジルのグローボの採点 
    no title


    寸評 
    権田 - 6,0 - ほとんど仕事をすることがなく、難しい守備をする必要がなかった 
    酒井宏樹 - 6,0 - 攻撃ではほとんど生み出せなかったが、守備ではミスがなかった。 
    吉田 - 6,0 - シンプルにこなした。アカイシにスペースを与えなかった。 
    槙野 - 6,5 - ディフェンスラインの中で一番良かった。必要なときは常に上手く姿を現した。 
    藤春 - 6,0 - 守備ではオッケーだったが、左サイドでの攻撃が少なかったフィニッシュする機会もあったが決めきれなかった。 
    長谷部 - 6,5 - 完全を確保、常にしっかりマークしていた 
    山口 - 6,5 - 上手くマークして、攻撃でも幾つか連携プレーを見せた 
    永井 - 6,5 - 前半目立っていた日本人 スピード、良いクロスやプレスを見せた。 
    清武 - 5,5 - 地元(デビューは大分トリニータ)で10番の役割でプレーするも支配できず、決めるチャンスも相手GKに怯んだと言ってもいい 
    武藤 - 6,5 - 沢山動いて守備の仕事もこなした 
    川又 - 5,5 - 良くなかった。クロスバーを叩くヘディングはあったが、それ以外はアブデヌールに消されていた。彼の最大のチャンスも処理がとてもまずく無駄にした。 
    香川 - 7,0 - 清武のところに入ってプレーした30分間とても良くやった。素晴らしいパス、2得点に絡み、ゴール前に出して宇佐美にアシストしかけた。 
    本田 - 7,0 - 香川と共に入って右サイドを務めた。試合中とても活動的で岡崎にアシストして、2点目を自身が決めた。 
    岡崎 - 7,0 - なぜ彼が日本のトップスコアラーなのか先制点を決めて示したそして、2点目にも協力した。 
    宇佐美 - 6,5 - ヒールキックで2点目に関与した得点まであと数センチのところだった。 
    今野 採点なし 残り6分のところで出場、長谷部と共に守備的MFを務めた 
    内田 採点なし 今野と同様にに最後の6分間プレー、今日で27歳になった 

    ハリルホジッチ - 6,5 - そんなに輝きはなかったが、ポジティブの初陣だった 
     色んな選手を試して、後半にスーパースターを送り込み試合に勝利 
     守備が90分間堅実だったことの方が重要かもしれない
    続きを読む

    281: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 01:39:02.82 ID:KZz5klkeO.net
    ビルト紙採点 
    no title
    続きを読む

    546351_heroa


    ミランMF本田圭佑は16日、セリエA第27節フィオレンティーナ戦で先発出場し、81分までプレーした。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手を4.5点と酷評し、チームのワーストプレーヤーに選出している。

    4試合ぶりに先発復帰を果たした本田は、4-3-3の右ウィングを基本ポジションにプレー。12分にはDFルカ・アントネッリからのパスで決定機を迎えたが、シュートはGKネトに阻まれた。

    FWマッティア・デストロの先制点でチームがリードを手にしていた81分、本田はMFアレッシオ・チェルチとの交代を命じられてベンチへ。すると、ミランは直後に同点弾を許し、さらに89分にも追加点を献上。終盤の立て続けの失点で逆転負けを喫している。

    『ガゼッタ』は本田について、「すべてのプレーがひどく遅く、苗字に見合わず」と、「HONDA」のようなスピードがないと指摘。また、12分の決定機をネトの胸にシュートを当てたことも、減点対象となったようだ。

    ミランのベストプレーヤーは、7点のDFガブリエル・パレッタ。MFマルコ・ファン・ヒンケルが6.5点と高く評価されている。

    3試合白星がないミランは、勝ち点35のままで10位。次節は21日、ホームでカリアリと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00000007-goal-socc

    続きを読む

    5aefe289


    ドイツ・ブンデスリーガ第24節が現地時間7日に開催され、MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントは
    アウェイでハンブルガーSVと対戦してスコアレスドローに終わっている。

    リーグ4連勝中で、3日に行われたDFBポカール(ドイツカップ)でも勝利したドルトムント。
    しかし、過密日程の影響からかこの日は思うように攻撃がつながらず無得点に終わり連勝は4でストップした。

    DFBポカールに続きこの日も先発となった香川だが、前半でMFケヴィン・カンプルと交代。ドイツ紙からも厳しい評価を与えられている。

    『ルール・ナッハリヒテン』では「5.0」でチーム最低となる評価。

    『デア・ヴェステン』でも「5.0」で同様にチーム最低点を付けられた。
    同紙は「最初のパスの受け手だったが、効果的なことはできなかった。
    1度のシュートアシスト、1対1の勝率は25%しかなく前半で交代となった」と、評している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150308-00010011-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3月8日(日)8時30分配信

    続きを読む

    1018592_heroa

    ドイツ・ブンデスリーガ第23節が現地時間28日に開催され、MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはホームでDF内田篤人の所属するシャルケと対戦して3-0で勝利している。

    リーグでは86回目となった伝統の”レヴィア・ダービー”。
    チャンピオンズリーグ(CL)ユベントス戦で、ウイルス性胃腸炎のため出場の無かった香川は、同試合も心配されたが先発出場。77分までプレーしている。

    ライバル相手にチームは3-0と快勝。得点もアシストも記録できなかった香川だが、ドイツ紙『デア・ヴェステン』から、FWマルコ・ロイスと並ぶチーム最高タイの「1.5」を与えられた。

    同紙は「香川とロイスによる”魔法”でBVBの勝利」と題し、香川について「”笑顔が戻った”と題されたマッチデープログラムと同様のプレーを見せた。
    精密なパスで(ピエール=エメリク・)オーバメンヤンとロイスにビッグチャンスを演出し、試合の楽しさを表現。復帰後のベストの試合の1つ」と、評している。

    また、地元紙『ルール・ナッハリヒテン』からはチーム2番目タイとなる「2.0」、同じく『レヴィア・シュポルト』からもチーム2番目タイの「2.0」が与えられた。

    『レヴィア・シュポルト』では「危険なシーンと試合の楽しさを演出した。常にドルトムントの攻撃に絡み、
    GKティモン・ヴェレンロイターに対し、決定的なシーンも。時には遊び心も見せ、常に動き回っていた」と評されている。

    ※ドイツ紙は「1」が最高点、「6」が最低点。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150301-00010004-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3月1日(日)2時22分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ