サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:戦術

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/09/07(木) 07:59:21.23 ID:CAP_USER9
    jpg-thmbnail2



     【藤田俊哉の目】

    サウジ戦ではこれまで以上に大胆な選手起用にチャレンジしてほしかった。

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170907-00029717-sdigestw-000-2-view.jpg

    高温多湿のジッダで迎えた9月5日のロシア・ワールドカップのアジア最終予選最終戦のサウジアラビア戦。絶対に勝利が必要な状況で、したたかに戦ってきたサウジアラビアに対し、日本は見せ場を作ることなく0対1で落とした。
     
     キャプテンマークを巻いてスタメン復帰した本田は右サイドで起点を作ってゲームをコントロールしたかったはずだが、プランどおりには進まず、前半でピッチを後にした。本田の低調なパフォーマンスは、この日の日本の苦しい戦いぶりを象徴しているようでもあった。GK川島のビックセーブだけが印象に残ってしまったというのが本音だ。
     
     タフなゲームになることは戦前から予想できていた。この試合の6時間前に、オーストラリアがタイに2対1で勝利し、サウジアラビアがワールドカップ出場権を手にするためには勝利が絶対に必要となった。彼らのモチベーションは高く、さらに高温多湿という劣悪な気候に加え、満員のスタジアムという完全アウェーのシチュエーション。これぞ最終予選という雰囲気のなかで、日本は最終戦に挑むことになったわけだ。
     
     そんななか、僕が注目していたのは、サウジアラビア戦をどんな位置付けで挑むのか、ということだ。
     
     ロシア行きのミッションは前節のオーストラリア戦でクリアしていた。「消化試合」のサウジアラビア戦で、とにかく結果を求めるのか、若手の成長の場とするのか。ハリルホジッチ監督が、この一戦でどんな戦略を立てて勝利を目指すのか、興味深く見ていた。
     
     今までどおり「コンディション」を優先した采配を見せるならば、本田のスタメン起用は難しかっただろう。柴崎だけでなく、クラブで結果を残している小林、杉本らに親善試合とは違う状況でプレー機会を与え、今後のオプションを増やすチャンスでもあった。
     
     大胆な選手起用はハリルホジッチ監督の良さでもあり、前節の勝利でその評価を上げてきた。世代交代を進めていくことで進化を遂げてきたチームだからこそ、サウジアラビア戦では、これまで以上にチャレンジしてほしかった。

    つづく

    9/7(木) 6:45配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00029717-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2016/02/19(金) 05:07:18.88 ID:ZaOhT4yn.net

    CXW_4yLUAAAAXV8



     
    選手間の距離の広さが尋常じゃないんだけど
    今ってサイドはある程度捨てて守備時は中央に寄ってブロック作って、
    ボールサイドに真横にスライドするのが普通じゃないのか?
    攻撃時は反対サイドは中に絞って常に近い距離感保って三角形でパス回すのが普通じゃないの?

    あの異様な横幅の広さはなんなんだ?
    素人からすると常に逆サイドに死に駒作って9人対11人で戦ってるようにしか見えないんだが

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 05:50:44.28 ID:???*.net
    482331313_aaa


     
    サッカー日本代表は31日、9月に行われる18年ロシアW杯アジア2次予選に向けた合宿を埼玉県内でスタート。
    1日合流のMF香川真司(26)=ドルトムント=ら3選手をのぞく20選手が集合した。
    FW本田圭祐(29)=ACミラン=は、アジア勢との公式戦4戦勝ちなしの状況に危機感をあらわにし、
    バヒド・ハリルホジッチ監督(63)の戦術に“本田色”をアレンジする考えを示した。

    かつてない危機感―。初日の軽めのトレーニングを終えた本田は、胸の内を思い切りはき出した。
    「最近、勝利がないのは、あってはいけないこと。日本代表は結果を残し続けないといけない存在。
    自分としても、しっかり結果を出さないといけない」。6月のW杯アジア2次予選シンガポール戦(0―0)からアジア勢との公式戦4戦未勝利。
    勝が課せられる今後2戦に向け、エースは“ハリル流”からの逸脱も辞さない覚悟を固めた。

    ハリルホジッチ監督の理想は、縦への速い攻め。だが「監督の言う状況が全てに当てはまるわけではない。
    それができて勝てれば理想的だが、引かれてスピードを落とす場面もある」。
    シンガポール戦は、シュート23本の猛攻を仕掛けながらも人数をかけて守る相手を粉砕することができなかった。
    「縦へ」という指揮官の強いメッセージにとらわれ、一本調子になった反省もあった。

    同じ状況が予想されるカンボジア戦に向けて本田がイメージするのは、臨機応変な戦い方。
    ゴールが決まらずに「ジワジワと『決めないと』という雰囲気になったら、あえてひねったプレーをする。
    わざとテンポを変えるプレーも必要」とザッケローニ体制で本田らが得意とした遅攻に切り替える。
    もちろん「前半で点が入ればテンポを変える必要はない」。あくまで状況に即した判断をピッチ内で行う構えだ。

    シンガポール戦後は、国際電話などで指揮官とコミュニケーションをとり続けた。
    指揮官の要求は「分かりやすく言うと、スピード感」(本田)。ただ、それは世界の強豪を倒すための到達点。
    今は未来を語る余裕を見せている場合ではない。急がば回れ。
    眼前のアジアの敵を見据え、落ち着いてボールを回し、ゴールを陥れる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000276-sph-socc
    スポーツ報知 9月1日(火)5時3分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000276-sph-socc.view-000
    雨の中でW杯アジア予選の合宿がスタート、全体でランニングする本田(中央)ら日本代表イレブン(手前左から森重、柴崎、岡崎、1人おいて宇佐美、武藤)

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 14:51:44.50 ID:???*.net

    468206916-500x333

     
    【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

     東アジア杯を振り返ってみる。3試合目の中国戦で1勝を挙げたことに加え、内容的にも見るべきものが、なでしこジャパンにはあった。

     男子の場合、2分け1敗と未勝利に終わり、しかも内容的にも不満が残った。個々の選手を見渡しても、大会通算2ゴールで得点王(というのも寂しい数字だ)になったMF武藤雄樹(26)の奮闘が目立ったくらい。 

    他の選手で「日本代表のレギュラー争いに食い込める」と思わせた選手はいなかった。いずれにしても武藤にしか一縷の望みを託せない状況自体、ハリル日本代表の行く末が心配になってくる。

    「日本代表」というチームのあり方を消化し切れていない選手もいた。中国戦に先発したFW川又堅碁(25)、永井謙佑(26)は名古屋のチームメートだ。

    所属クラブでは、それなりのコンビプレーを見せているが、東アジア杯では結果を残せなかった。なぜか? 

     日々の練習を通して連係を高められるクラブとは違い、代表では「能力を十二分に発揮した上でチームのやり方に柔軟に合わせていく」戦術理解度の高さが要求される。

     局面に応じて「頭を使って」プレーするということだが、この2人からは、残念ながら戦術理解度の高さは感じ取れなかった。周囲とうまくかみ合わなかったら一体、どうすればいいのか? あそこに出せ!

     ここに出せ! もっと早いタイミングで出せ! などと具体的な要求を周囲に強くしないといけない。しかし、川又も永井もピッチ上でのコミュニケーション不足を露呈した。

    ■先制ゴールにこだわって

     攻撃系選手で「要求をきちんと伝えられない」というのは、点取り屋としてのレベルが低いと言うしかない。この2人には、国際試合の経験不足を言い訳にしないで“どうすれば自分の得意の形に持っていけるのか?”を考えながらプレーして欲しい。

     9月からロシアW杯アジア2次予選が再開し、3日にカンボジアと対戦。8日にアフガニスタン戦、10月にシリア戦、11月にシンガポール戦、カンボジア戦と敵地が続く。

    すべて格下の、徹底的に守り、一瞬の隙を突いてカウンター攻撃を仕掛けてくるが、ボールを失うと自陣に戻って守り倒すチームばかりだ。

     何よりも先制ゴールにこだわって欲しい。

     失点した相手は、攻守のバランスを崩してでも攻めざるを得ない。そうなると「力の差」が如実に出るもの。先制することで実力優位の日本がペースを握り、余裕の試合運びができるのだ。

     指揮官も選手も、東アジア杯の反省をW杯予選でどう生かすかにかかっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000025-nkgendai-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:47:11.11 ID:???*.net

    CG-FbxsUkAAijPk

     
    文=元川悦子

     2連覇を賭けて挑んだ2015年東アジアカップ(武漢)の重要な初戦・北朝鮮戦でまさかの逆転負けを食らい、タイトル死守にいきなり黄色信号が点った日本代表。 

    悔しい敗戦から一夜明けた3日、彼らは朝9時半から武漢スポーツセンター隣のサブグランドで回復トレーニングを行った。

     負け試合の翌日とあって、練習15分前に到着したヴァイッド・ハリルホジッチ監督と選手たちは険しい表情だった。  

    午前中ながら陽の当たるピッチ上の気温が40度をはるかに超える猛暑の最中ということで、彼らは室内での話し合いを少し長めに行い、恒例の青空ミーティングは2分程度にとどめて練習を開始した。

     前日スタメンだった森重真人(FC東京)や槙野智章、武藤雄樹(ともに浦和レッズ)らがウォーキングや軽いランニングなどでダウンに努める傍らで、

    途中出場した柴崎岳(鹿島アントラーズ)や浅野拓磨(サンフレッチェ広島)を含めた12人はランニング、ボール回し、5対5といった実践的なメニューを1時間超にわたって精力的に消化した。

    5対5+GKのゲーム中には丹羽大輝(ガンバ大阪)が右足を負傷するアクシデントが発生。周囲をヒヤリとさせたが、大事に至らなず、すぐにプレーを続行させた。 

    ここからの連戦は総力戦になるため、バックアップメンバーの存在も非常に重要。「自分がやるのはゴールに向かってどんどんアグレッシブにプレーするだけ」と倉田秋(G大阪)らも意気込みを新たにしていた。

     選手たちは5日の韓国戦に向けていち早く気持ちを切り替えつつあるが、北朝鮮戦で犯したミスから目をそらすわけにはいかない。  

    前半こそ主導権を握れていたが、後半は防戦一方となり、自分たちのペースで戦えなかった。特に攻撃がタテ一辺倒になって自滅したのは大きな反省点。

    ハリルホジッチ監督がタテに速いスタイルを志向しているのは事実だが、相手次第で臨機応変に戦い方を変えられなければ、同じ轍を踏む可能性も大いにある。そこには槙野も警鐘を鳴らしていた。

    「もう少しゲーム全体として落ち着かせる時間帯だとか、遊びのパスというか、相手を走らせるパスっていうのも必要だったかなと。この気温やピッチ条件だと、 

    90分間タテに速いサッカーをするのはあまりにも不可能なので、ゆっくりする時間帯とタメを作る時間っていうのはやはり必要だと思いますね。 

    ただ、何度も言いますけど、今はチャレンジの時期。タテに速いサッカーから後ろと横に下げてるようではよくはない。

    監督のやりたいことは意図として出せてはいましたけど、少しミスは多かったかなと思います」と彼も指揮官の狙いを踏まえつつ、状況に応じてボールを落ち着かせる時間帯のメリハリをつけていくことの大切さを語っていた。

     確かに北朝鮮戦の後半にそれができていれば、残り15分という時間帯にあそこまでチーム全体がズルズルと引かされ、蹴り込まれ続けることはなかったはずだ。  

    槙野自身が長身FWパク・ヒョンイルに1対1で競り負け、逆転弾を浴びるという最悪のシナリオも避けられたかもしれない。

    「結局、彼のところで1本でやられてしまったっていうのも事実ですし、もう少し個のところの強さっていうのを出していかないといけないと思います。  

    ただ、自分の横の選手、センターバック、サイドバックの選手とで2人で挟むだとか、ボランチの選手で挟むといった、1人に対して2人で挟むってことは必要だったかな」と本人も反省点を口にしたが、 

    最終ラインで跳ね返し続けなければいけない状況をまずは最小限に抑えるような戦い方にシフトチェンジすることが第一歩ではないか。

     韓国にも196cmのFWキム・シンウク(蔚山現代)、中国にも185cmの長身FWガオ・リン(広州広大)がいて、北朝鮮と同じような放り込みスタイルを採ってくる可能性も否定できない。

    それを回避するためにも、日本の方が主導権を握る時間帯を増やすことをまず考えるべきだ。

     前回大会経験者のベテランDF槙野には、今こそハリルホジッチ監督と選手たちのパイプ役として献身的に働く必要がある。ここでチームが一枚岩になれる否かは、彼の行動力、統率力にかかる部分が大と言っていいだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00336422-soccerk-socc

    続きを読む

    265:  2015/02/02(月) 12:30:07.38 ID:8B2rNRJ80
    本田が語る変化と戸惑い「今までと全然違う」 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150202-00010012-footballc-socc 


    jpeg

    復帰した試合で、チームにとってはリーグ戦6試合ぶりの勝利。ただ本田としては、戸惑いも多かった試合のようだ。4-3-3のFWから4-4-2のMFとしてプレイ位置が5~10m下がったことは、本田のプレイに変化を要求していた。

    「まあ役割が、(アジアカップに)行く前と少しシステムも変わって、多少ね。(インザーギ)監督から『そこまで変わってはいない』というふうに言われてはいるんですけど、とはいえやはり、かなり中まで絞るということを考えても、以前3トップをやっていた時のポジショニングとは明らかに変わってくる。そういった意味ではバランスをとったりしないといけない状況が試合の中で以前に比べれば多くなったかなと」

     さらに前半途中からは左サイドにも回った。このポジション変更についてインザーギ監督は「(左で先発した)チェルチが左サイドでは機能しなかったので、彼の得意とするポジションに戻すことにした。本田は右でも左でも遜色ないから大丈夫だ」と語っていたが、視野の違いは戸惑いとなっていたようだ。

    「まあでも全体的に4-3-3になっても左は左なんでね。持った時のやり方というのは、今までのやり方と全然違いますよ。チャンスメイクというか、詰まっちゃいますよね。左、左に追いやられた時に選択肢がなくなっている印象を受けるんで、そこをまあ、どういうふうに、もうちょっとあらかじめFWに『ワンツーしたいから早めにサポートきてくれ』とか、もっと早めにボランチのところにつけて、自分が中でもう一回受けて、反対側に斜めに出るべきかとか」


    やっぱり本田も使われ方にかなり不満そうだな

    続きを読む

    733: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/14(水) 07:26:48.22 ID:MOkuEqY00.net
    アギーレ監督が活!大勝も「クロスのミスが多すぎる」修正に着手 

     練習前の円陣で、アギーレ監督がチームに活を入れた。パレスチナ戦でクロスの精度が低かったことに言及。
    特にニアサイドに立つ相手DFに何度も阻まれたことを問題視し「クロスのミスが多すぎる。ニアに引っ掛けるのは問題外だ」と声を荒げた。 
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/14/kiji/K20150114009626560.html


    以前の日本代表のクロスの練習風景
    続きを読む

    p32a


    ■「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない」

    監督の成功には、チームの主力と共にスタッフの活躍が付き物。「スペシャル」が代名詞のジョゼ・モウリーニョも例外ではない。
    昨夏に復帰を果たしたチェルシーには、母国ポルトガル時代からの忠誠心旺盛なチームスタッフ2名が帯同している。

    GK担当のシルビーノ・ロウロと、フィットネス担当のルイ・ファリアだ。
    彼らの肩書きが、前回チェルシー時代の「GKコーチ」と「フィットネス・コーチ」ではなく「アシスタント・コーチ」である事実からは、
    再招聘されたモウリーニョの発言権と、両者に対する指揮官の敬意が窺える。

    特にファリアは、モウリーニョの信頼が最も厚い補佐役だ。監督とスタッフとしての始動開始は、ロウロのポルト時代よりも古いウニオン・レイリア時代に遡る。
    2001年以来の「片腕」を、モウリーニョは「メソドロジー(方法論)のスペシャリスト」と呼ぶ。

    ここで言う「方法」とは「モウリーニョ流」に他ならない。その1つが、「ボールありき」の練習法。
    モウリーニョ語録の中には、「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない。腕を磨くためにはピアノを弾く。

    同じく、サッカーの名手になるための最善の練習方法はサッカーをすることだ」という発言があるが、
    これはモウリーニョのポリシーであると同時にファリアの持論でもある。ファリア自身は次のように表現している。

    「私が指導するのはサッカー選手であって、マラソン選手ではない。だから、同じペースで2時間走り続けるような練習メニューなど必要ないんだ。
    彼らに求められるのは、必要な時にボールをコントロール下に置きながら走ることさ」

    またモウリーニョは、対戦相手に応じて綿密に組まれた練習メニューを「言われたからこなすのではなく、最適なメニューだと選手に自覚してもらった上で消化させる」
    ことを基本とする。この点に関してもファリアは貢献する。

    ■フィットネス指導の域を越える“スペシャル・ツー”

    チェルシーでの前回モウリーニョ体制当時、クラブの歴史を知る元選手として助監督を任されたスティーブ・クラークは、
    「短時間だが高密度の練習メニューを熱烈に指導するポルトガル人スタッフの姿勢に目を見張った」と言っていた。

    勝利にこだわる指揮官が次の試合に勝つために組んだメニューを、「勝つためには次のセッション、次のエクササイズをこなすことが不可欠だ」と、
    選手たちに説きながら指導していたスタッフの代表格が、当時はまだ29歳のファリアだった。

    過去には、「モウリーニョ流」での勝利に懸けるファリアの情熱が、試合会場でオーバーヒートしてしまったこともある。
    昨季終盤のサンダーランド戦、モウリーニョに抑えられていなければ、審判に飛びかからんばかりの勢いで判定に激怒した姿は記憶に新しい。

    04年からのモウリーニョ体制プレミアリーグ戦ホームゲーム無敗が途絶え、昨季の優勝争いで手痛い敗北を味わった一戦での暴走だった。
    今季も、アーセン・ヴェンゲル監督がモウリーニョに手を出した先のアーセナル戦で、敵軍助監督のスティーブ・ボールドと口頭で激しくやり合っている。

    誉められた行動ではないが、共に闘い、仲間のためには危険を顧みない12歳年下の「アシスタント」に、モウリーニョはかつての自分と同じ匂いを嗅ぎ取っているのだろう。
    実際、ファリアは指揮官と最も密なチームスタッフだ。対戦相手の偵察や、レンタル移籍中の若手の観察に赴く際には、往々にしてスタンドの隣席にファリアの姿がある。
    運転手を兼ねて帯同することさえある。

    チェルシー帰還後のモウリーニョは、本職であるフィットネス指導の域を越えて貢献し続けるファリアを、「スタッフの中でもやはり特別な存在だ」と認めている。
    そして、「我がメソッドの完璧な理解者であり、彼の協力があるからこそ私なりの練習メニューがある」と評価している。

    ビッグゲームでの様々な局面でさえも、練習で“リハーサル済み”であることが多い“スペシャル・ワン”。
    頼れる補佐役であり続けるファリアは、差し詰め“スペシャル・ツー”といったところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141031-00010009-footballc-socc

    続きを読む

    no title


    サッカー日本代表は14日、シンガポールでブラジルと対戦し、0―4と惨敗。FWネイマール(22=バルセロナ)に4ゴールを奪われる屈辱を味わった。

     この日のブラジル戦をはじめ、アギーレ監督の就任後4試合で試された4―3―3システムは全く機能していない。選手の間でも「いろんなことを考えてやっていかないといけない」との声が上がる。

    実際、この日もFW岡崎は「自分たちで話をして、ある程度引いていこうと」とイレブンの判断で戦術を微調整したとし「今のやり方でやるなら、もっと徹底的にやらないと」と納得していない様子だった。

     それはエース本田も痛感している。日本人選手になじまない4―3―3には「それを話すと長くなる」と含みを持たせたうえで持論を展開した。

    「まずは中盤の3枚が逆三角形になっているということは、攻撃陣とボランチの1枚が人数を一人ひとり多くしてポゼッションできる。そこはメリットとしてはある。ただ、それを今は生かしきれていない。

    本当に強いチームはこのシステムでやった場合、後ろはゆっくり回す。そのうえで、できるだけ多くのチャンスを作っていく。そういう感じなんじゃないかなと思う」

     このシステムでは中盤を構成する3人に攻守両面の高い能力と並外れた運動量が求められる。ただし、現段階ではその4―3―3で効果的な動きをできる選手はおらず、そうなると中盤で全くゲームメークできず“空白地帯”が現れる。

    そうした弱点が、ブラジルのような強豪相手だと露呈してしまうのだ。

     本田は自らが中盤に入るシステム変更について「ちょっと整理は必要だとは思いますが、変えるつもりはないと思っている」と言いつつも歯切れが悪く「今のところはね」と付け加えた。“アギーレシステム”は早くも限界を迎えているかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000025-tospoweb-socc

    1:2014/10/15(水) 17:19:23.40
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413361163/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ