サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:引退

    1: pathos ★ 2017/10/12(木) 16:51:31.65 ID:CAP_USER9
    452075982-500x333

    最高の日々だった
    美しきドリブルも遂に最終地へと到達したのかもしれない。オランダ代表のキャプテンを務める天才アタッカー、アリエン・ロッベンが同国代表からの引退を表明している。

    オランダ代表は10日、ロシアW杯へのチケットをかけて欧州予選第10節スウェーデン代表との一戦に臨んだ。大量得点での勝利が求められたゲームだったが、2ゴールを挙げるに留まり、グループAの3位でフィニッシュ。多くのタレントを抱えるオランダ代表がロシアW杯本大会への出場権を逃す結果となってしまった。

    そしてこの一戦後、オランダサポーターには第2の悲報が待っていた。常に同国へファンタジーをもたらしてきた天才が、オレンジ色との決別を発表したのだ。英『sky SPORTS』がロッベンの言葉を伝えている。

    「私がオランダ代表として過ごした14年間はいつも美しく、そして最高の日々だったよ。特に2010年の南アフリカW杯は自分のハートに残り続ける。2014年のブラジル大会もそうだ。私にとって決して忘れることのできない思い出さ」

    さらにこの生けるレジェンドは、この決断が一時の感情によって左右されたものでないことを説明した。

    「オランダ代表からの引退は長い時間をかけて考えてきたものだよ。もう私は33歳だ。バイエルン・ミュンヘンでのプレイに集中したい。新たな世代へバトンを渡す最高のタイミングだと思うよ」

    ロッベンとオランダ代表の物語は2003年のポルトガル代表戦からスタートした。その後の彼がいかなる魔法によってスタジアムを熱狂させてきたのかは説明不要だ。誰も追い付くことのできないスピードと、敵の裏をかく一瞬の切り返し。アリエン・ロッベンが残したものを脳裏から消し去ることはもはや不可能だろう。
    http://www.theworldmagazine.jp/20171011/02national_team/182820

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/10/04(火) 22:45:07.17 ID:CAP_USER9
    15年6月に右膝膝蓋腱負傷で手術 回復が思わしくなければ28歳の若さで引退も…

    970642_heroa



    シャルケDF内田篤人は2015年6月に右膝膝蓋腱の負傷で手術を受け、戦列を離れてリハビリの日々を送っているが、ドイツ紙「キッカー」は現役引退の可能性を報じている。

    「内田、現役引退の危機」と見出しで報じたように、2010年からシャルケでプレーする内田が長引く負傷の影響でキャリアの終焉を迎える可能性があると指摘している。

    内田は4日に患部のMRI検査を受けるとレポートされており、この結果次第で次の治療方針が決まるという。
    患部の回復が思わしくなければ、28歳の若さでスパイクを脱ぐ可能性もあるという。

    内田はブンデスリーガ通算104試合出場1得点。
    欧州チャンピオンズリーグでは出場29試合1得点という日本人最多試合出場記録を保持している。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00010018-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月4日(火)22時21分配信

    https://farm8.staticflickr.com/7485/15542952460_19b2435af3_o.jpg

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/06/29(水) 14:47:44.60 ID:CAP_USER9

    no title

     
    「またしてもPK戦で負けてしまった。チャンピオンになるという思いは誰より持っていたが、残念ながら、それを達成できずに去ることになる。私にとっての代表は終わった」

    コパ・アメリカ決勝戦後の記者会見で、リオネル・メッシの口から衝撃の言葉が飛び出した。アルゼンチン代表からの引退宣言だ。

     メッシ率いる同代表は、2014年ブラジルW杯、2015年コパ・アメリカ、2016年コパ・アメリカ100周年大会と、3年連続でビッグトーナメントの決勝戦に駒を進めたが、いずれも準優勝に終わっている。FWのメッシにとって不本意だったのは、3試合とも延長に突入してトータル360分プレーしながら、チームが1ゴールも奪えなかったこと。

     特に今大会の決勝戦では、立ち上がりから圧倒的優位に立ちながら詰め切れなかったことで、忸怩(じくじ)たる思いがある。PK戦では、GKのセルヒオ・ロメロがチリ1人目のアルトゥーロ・ビダルのキックを止めたのに、アルゼンチンの先鋒として臨んだメッシは、上に大きく外してしまった。

    「あれを決めていたら、流れが一気にこっちへきて勝てたのに」と、アルゼンチン人なら誰もが思うが、それを一番痛感しているのは本人だ。チリの優勝が決まると、メッシは無人のベンチでひとり号泣。その後チームメイトらに慰められても、憔悴したもぬけの殻のような表情だった。完全に燃え尽きてしまったのだ。

     決勝の2日前には、「決勝まで来られたので、たとえ負けても(今大会で)失敗したとはいえない」と語っていたが、それは自らをリラックスさせるためのものだったのか。本心では、勝利を渇望していたに違いない。

     アルゼンチンのファンは激しい。応援も熱いが批判も痛烈だ。期待に反するとすぐにバッシングをはじめる。

     元代表のカルロス・テベス。彼は通称”アパッチ砦”と呼ばれる、犯罪者が多く貧しい地区で生まれ育った。アルゼンチンにはそのような環境が多いため、彼にシンパシーを感じるファンは多い。幼くしてバルセロナへ渡り、逆輸入されたメッシがエリートなら、テベスはまさに雑草。そして人々から愛され親しまれるのは、メッシよりテベスである。

     そのテベスですら激しいバッシングを受け、「もう代表ではプレーしない」と宣言したことがある(後に復帰)。エリートのメッシは、ブラジルW杯直前のテストマッチ中にストレスで嘔吐するほど繊細な神経の持ち主。負ければ叩かれるという代表キャプテンの座は、彼にとって居心地のいいものでないことは確かだ。

    続きを読む

    1: Egg ★2016/06/27(月) 15:01:22.79 ID:CAP_USER9

    Cl7SHqzVYAQQlxS

     
    栄光に満ち溢れたバルセロナでの生活とは反対に、アルゼンチン代表ではタイトルに縁がないリオネル・メッシ。
    現地時間26日のコパ・アメリカ・センテナリオ決勝でチリ相手に敗れた後、代表引退の意思を表明した。

    メッシにとって主要国際大会の決勝で敗れるのは4度目だった。
    2007年のコパ・アメリカに始まり、2014年のブラジルW杯、2015年のコパ・アメリカに続き今回は3年連続の悲劇となってしまった。

    代表では不思議とタイトルに恵まれないメッシだが、周囲の選手達も同様にアルゼンチン代表では結果を残せていない。
    2008年に北京五輪を制した“メッシ世代”の彼らは失意のまま代表でのキャリアを終えてしまうのだろうか。

    メッシを始め、北京五輪出場メンバーからはセルヒオ・ロメロ、エベル・バネガ、エゼキエル・ラベッシ、
    アンヘル・ディ・マリア、ハビエル・マスチェラーノ、セルヒオ・アグエロと多くの選手がコパ・アメリカ・センテナリオに出場していた。

    そしてメッシに続き、マスチェラーノも代表引退の意思を示していると国際的なスポーツネットワーク『ESPN』などが報じている。
    また、アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』によればアグエロも代表から引退する意向で「何人かの選手が大方ではもうプレーしないことを検討している」と発言したという。

    また『ESPN』のファン・アランゴ記者は彼らの他に「ラベッシ、ゴンサロ・イグアイン、ルーカス・ビリアも代表から退くだろう」とツイートしている。

    仮に彼らが一度に去れば、アルゼンチン代表の弱体化は必至。
    パウロ・ディバラやマウロ・イカルディら新世代の台頭も期待されるが、メッシから始まった大量引退はどこまで広がりを見せるだろうか。

    フットボールチャンネル 6月27日(月)14時55分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00010026-footballc-socc

    【サッカー】<涙のメッシ>代表引退も?「僕にとっての代表は終わった」「PKを失敗してしまったこと。本当に悲しく思う」©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1467004083/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2016/05/11(水) 05:07:51.58 ID:CAP_USER9
    5月上旬、普段なら黄色い声援が送られていたであろう芝生の上を、ファンたちの心配そうな声が飛び交う。

    「え~、なんかめっちゃ肌、白いんだけど……」

    「なんか足ヒョコヒョコして、ひきずってない?」

    そんな中、1人のイケメンがグラウンドの真ん中で脚の具合を気にしつつ、恐る恐るといった感じで踏み出していく……。

    サッカー日本代表の内田篤人。“ウッチー”の愛称で、女性からも熱烈な支持を受ける彼がいま、引退の危機にあるという。

    「内田選手は現在、ひざの故障でドイツから帰国し、元所属チームの鹿島アントラーズの練習場でリハビリしています」(サッカー雑誌編集者)

    久々にウッチーの姿が見られるとあって、練習場には多数の女性ファンが訪れているのだが、憧れの人を目の前にしているのに、彼女たちの表情は暗い。

    「ずっと屋内にいたのか、肌の白さに驚きました。ドイツでひと回り大きくなった身体も小さくなって、脚も細くなった気がします。
    早く復帰してほしいけど、姿を見てもっと心配になっちゃいました……」(見学していたファン)

    ウッチーのひざが問題をきたし始めたのは、日本代表として活躍した'14年のブラジルワールドカップが終わったころ。
    以降、故障を抱えながらドイツでの試合出場を続けたものの、'15年3月から試合出場はゼロ。

    「ひざの下にある膝蓋腱という大きな靭帯が、海外でのハードなプレーや疲労で損傷してしまったのです。
    膝蓋腱は人間の身体でいちばん強いと言われる靭帯ですが、'15年6月に行った手術でだいぶ切除したそうです」(サッカー雑誌編集者)

    出術したのなら安心、と思いきや……。

    「この故障は一時的に痛みが消えても、すぐ再発するというやっかいなもの。
    内田選手は昨年時点で“年内に復帰したい”と言っていましたが、今年に入り“シーズン中の復帰を目指す”と、
    時期を後ろ倒しに。結局、リーグは今月終わってしまうので、それも不可能に」(スポーツ紙記者)

    故障についてウッチーは、スポーツ新聞の取材に対してこう語っている。

    《年齢とか考えると、もうそろそろ終わりが近いかなって。みんなに「サッカー終わっちゃうよ」と言われるくらい大けがだったから》

    彼自身すでに「引退」の2文字が頭をよぎっているようだ。わずか15分ほどで、その日のリハビリを切り上げた内田を直撃した。

    ――内田選手、ひざの調子はいかがですか?

    「…………」

    残念ながら反応はナシ。ひざの状態について所属事務所に問い合わせてみた。

    「いい方向に向かっています。しばらくは日本でリハビリをして7月を目標にドイツに帰ります。
    確かにもう1年プレーしていないので、いろいろな憶測が出るのもしょうがない……とは思っていますが、本当にいい状態になってきていますから。
    これで日本のチームに復帰するということもないです。引退? ないです」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160511-00027020-jprime-ent
    週刊女性PRIME 5月11日(水)5時0分配信

    no title

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウ Sa73-nwpq) 2016/01/09(土) 16:57:16.21 

    turio1


     
     名古屋グランパスは9日、DF田中マルクス闘莉王が退団することを発表した。

     現在34歳の闘莉王は、2001年にサンフレッチェ広島に入団。2003年に水戸ホーリーホックに移籍し、
    2004年には浦和レッズに加入した。2006年には浦和をクラブ初のJリーグ優勝に導き、
    Jリーグ最優秀選手賞を受賞。2010年に名古屋に移籍し、同年にチームを優勝に導いた。
    J1通算388試合に出場し、75得点を記録している。

     また、日本代表としても活躍。2006年にイビチャ・オシム監督に初めて招集されると、
    2010年のFIFA ワールドカップに出場するなど、国際Aマッチ43試合出場で8得点を記録した。

     退団に際し同選手は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

    「名古屋グランパスのファン・サポーター、パートナー企業、そしてスタッフの皆様、
    6年間大変お世話になりました。名古屋での6年間を振り返ると様々な思い出があります。
    私が移籍してきた2010年、名古屋グランパスはJリーグ初優勝を遂げることができました。
    移籍後最初のシーズンで優勝できたことは、私にとって非常に思い出深い出来事です」

    「2011年には、東日本大震災が発生しました。地震が発生したのは、私たちがアウェイの仙台戦に向かう
    移動中のこと でした。震災後、東北出身のJリーガーが集まって、『東北人魂』という支援プロジェクトを
    スタートさせ、今も東北の子供たちに対し、サッカーを通した地道な支援活動を続けています。
    私も水戸ホーリーホックに在籍した経験もあることから、楢崎選手と一緒に、被災した茨城県水戸市の子供たちを慰問しました。
    その後、愛知トヨタさんのご支援で、東日本大震災のためのチャリティオークションにも協力することができました」

    「2014年、2015年は西野監督のもと、キャプテンに指名されましたが、期待された成績をあげることができず、
    本当に申し訳なく思っています。また、昨年は、私が最初にプロ選手として加入したサンフレッチェ広島が、
    Jリーグ優勝とクラブワールドカップ3位という偉業を達成しました。広島の森保監督は『平和と命の大切さ』を
    メッセージとして世界に発信しましたが、私も人として何が大切かを教わりました」

    「2016年、名古屋グランパスは大変革の年と位置づけています。広島で2年、水戸で1年、浦和で6年、
    そして名古屋で6年、プロサッカー選手として闘い続けてきました。今回、ブラジルに帰ってゆっくり考える時間を
    持ち、私自身が変わらなければいけないという想いに達しました」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160109-00389090-soccerk-socc

    続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 13:54:46.53 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    サッカー女子の日本代表、「なでしこジャパン」の中心選手として、20年以上にわたり活躍し、
    女子サッカー界を引っ張ってきた澤穂希選手が、今シーズン限りで現役を引退することを発表しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151216/k10010342751000.html

    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 18:52:08.83 ID:???*.net
    現在アメリカのNASL(2部相当)ニューヨーク・コスモスでプレーする元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスが、
    来月のシーズン終了とともに現役を引退する意向であることがわかった。
    スペイン紙『アス』が報じている。

    38歳のラウールは今季26試合に出場して7得点を挙げるなど健在ぶりをアピールしていたが、
    年齢からくる衰えで日々のトレーニングをこなしてトップコンディションを維持するのが難しくなってきたうえ、
    マドリードに住む家族に関する個人的な理由で引退を決めたようだ。

    同紙によればすでにラウールからNYコスモスのフロントやコーチングスタッフに引退の意思が伝えられており、
    本人の考えを尊重して引き止めなどは行われないと見られている。

    リーガ・エスパニョーラ優勝6回に3度のチャンピオンズリーグ制覇、
    レアル・マドリーでの741試合出場や歴代最多得点など、記憶と記録に残る名ストライカーが
    ついにスパイクを脱ぐ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151014-00010028-footballc-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/07/25(土) 20:46:08.30 ID:???*.net

    8708e22e

     
    24日付独ビルト紙は、前十字靱帯(じんたい)を断裂し、手術を受けたドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市亮(22)が
    7~9カ月離脱すると報じた。年内復帰の可能性は消滅したと考えられる。

    同紙によると宮市はザンクトパウリ唯一の“本物の補強”で、関係者は一様にショックを受けているという。

     ハンブルクの専門医カベルカ医師は「おそらく7~9カ月離脱することになるだろう」とコメントしている。

     宮市は18日のRバリェカノ戦で負傷したとみられるが、試合直後に膝の違和感を訴え、
    22日に違和感がひどくなり精密検査を受けたところ、靱帯断裂が発覚し、手術を受けたという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000134-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/15(水) 18:07:40.00 ID:???*.net

    aimar-500x356

     
    リーベル・プレートの元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマール(35)が、現役引退を決意したようだ。

    リーベルは14日に行われたコパ・リベルタドーレス準決勝ファーストレグ、パラグアイのグアラニとの試合に2-0で先勝して決勝進出へ前進。
    だが、右足首に負傷を抱えてこの試合のメンバーから外れたアイマールは引退を考えているのではないかの憶測が持たれていた。

    その後、アイマールはチームメートに宛てた手紙で引退の意志を明らかにした模様だ。メディア関係者が手紙を入手したとして、『ESPN』スペイン版など複数メディアがその内容を伝えている。

    「チームメートのみんな、まずはこの数カ月間に良くしてくれたことについて感謝したい。ファンタスティックなメンバーの一員として気持ちよく過ごすことができた。
    一緒に戦える体の状態になるように全力を尽くしたが、メンバーには入らないと昨日伝えられた」

    「ほかの選手たちのための場所を占めたいとは思わない。だから、プロしてプレーすることを終える決意をした。
    外側からチームを応援し続けて、彼らにふさわしいすべての結果が得られることを願っている。みんなに心からの抱擁を!」

    リーベルの下部組織で育ったアイマールは、1996年にトップチームにデビュー。
    欧州に渡ってバレンシア、レアル・サラゴサ、ベンフィカで活躍し、アルゼンチン代表としても50試合以上に出場した。

    その後マレーシアでのプレーを経て、今年はじめに14年ぶりのリーベル復帰を果たしたが、2月には以前から問題を抱えていた右足首を手術。
    5月31日に行われたロサリオ・セントラル戦でようやく2度目のデビューを果たしたものの、
    コパ・アルヘンティーナのもう1試合を含め、復帰後は2試合のみのプレーに終わることになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000012-goal-socc
    GOAL 7月15日(水)14時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000012-goal-socc.view-000

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ