サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:川俣

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 14:51:44.50 ID:???*.net

    468206916-500x333

     
    【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

     東アジア杯を振り返ってみる。3試合目の中国戦で1勝を挙げたことに加え、内容的にも見るべきものが、なでしこジャパンにはあった。

     男子の場合、2分け1敗と未勝利に終わり、しかも内容的にも不満が残った。個々の選手を見渡しても、大会通算2ゴールで得点王(というのも寂しい数字だ)になったMF武藤雄樹(26)の奮闘が目立ったくらい。 

    他の選手で「日本代表のレギュラー争いに食い込める」と思わせた選手はいなかった。いずれにしても武藤にしか一縷の望みを託せない状況自体、ハリル日本代表の行く末が心配になってくる。

    「日本代表」というチームのあり方を消化し切れていない選手もいた。中国戦に先発したFW川又堅碁(25)、永井謙佑(26)は名古屋のチームメートだ。

    所属クラブでは、それなりのコンビプレーを見せているが、東アジア杯では結果を残せなかった。なぜか? 

     日々の練習を通して連係を高められるクラブとは違い、代表では「能力を十二分に発揮した上でチームのやり方に柔軟に合わせていく」戦術理解度の高さが要求される。

     局面に応じて「頭を使って」プレーするということだが、この2人からは、残念ながら戦術理解度の高さは感じ取れなかった。周囲とうまくかみ合わなかったら一体、どうすればいいのか? あそこに出せ!

     ここに出せ! もっと早いタイミングで出せ! などと具体的な要求を周囲に強くしないといけない。しかし、川又も永井もピッチ上でのコミュニケーション不足を露呈した。

    ■先制ゴールにこだわって

     攻撃系選手で「要求をきちんと伝えられない」というのは、点取り屋としてのレベルが低いと言うしかない。この2人には、国際試合の経験不足を言い訳にしないで“どうすれば自分の得意の形に持っていけるのか?”を考えながらプレーして欲しい。

     9月からロシアW杯アジア2次予選が再開し、3日にカンボジアと対戦。8日にアフガニスタン戦、10月にシリア戦、11月にシンガポール戦、カンボジア戦と敵地が続く。

    すべて格下の、徹底的に守り、一瞬の隙を突いてカウンター攻撃を仕掛けてくるが、ボールを失うと自陣に戻って守り倒すチームばかりだ。

     何よりも先制ゴールにこだわって欲しい。

     失点した相手は、攻守のバランスを崩してでも攻めざるを得ない。そうなると「力の差」が如実に出るもの。先制することで実力優位の日本がペースを握り、余裕の試合運びができるのだ。

     指揮官も選手も、東アジア杯の反省をW杯予選でどう生かすかにかかっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000025-nkgendai-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 23:37:53.52 ID:???*.net

    200573hp2


     
    大きな期待を背負いながら、武漢の大地に傷跡1つを残すことは出来なかった。

    東アジアカップの日本代表永井謙佑と川又堅碁(名古屋)というFWコンビは、9日の中国戦でも揃って先発出場したが共に途中交代。

    今大会の3試合全てに出場した名古屋コンビだが、ともに無得点のまま大会を去ることになった。

     抜群のスピードを誇り、バヒド・ハリルホジッチ監督から全3試合で先発起用された永井は攻守に運動量を示したが、決定機を演出できず。

    4-2-3-1の右サイドMFで起用されたが、見せ場を作ることは出来ず、ボールロストする場面が目立った。後半39分には2FW浅野拓磨(広島)と途中交代でピッチを後にした。
     
      Jリーグでは7月のリーグ戦で5戦連発中と絶好調で今大会に臨んだ川又も初戦と第3戦で先発起用された。

    しかし、日本代表の青いユニフォーム姿ではその決定力が影を潜めた。7月度Jリーグ月間MVPにノミネートされたストライカーは存在感を示せず。MF武藤雄樹(浦和)のお膳立てから、GKの1対1の絶好機を得たものの、ゴール前でトラップできず。

    ゴールに持ち込むことすら出来なかった。興梠慎三(浦和)と後半途中交代した。

     国内組のみの選手編成で臨んだこの東アジアカップ。海外組選手が不在の中、アピールのチャンスとなった名古屋コンビは大きな失望を残した。

    ハリルジャパンは3試合2分1敗に終わった。1勝も挙げられず、同大会で日本代表初となる最下位という屈辱の責めを負うように、2人は横殴りの大雨の中、うつむいた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150809-00010023-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 00:16:05.01 ID:???*.net
    EAFF東アジアカップ2015が2日に開幕した。日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表との初戦を1-2で落とし、黒星発進となった。
    試合後、先発出場した名古屋グランパスのFW川又堅碁が記者団の取材に応じている。

    この試合ではFWの中央に入った川又。くさびのパスを受け、ワンタッチで簡単に落とすポストプレーを続けていたが、
    これについては「チームとしてそういう意識があった」とチームとしての意図があったことを明かした。
    一方で、「ワンタッチしなくていいところでワンタッチしてしまう部分もいろいろあったし、
    そのへんの自分の判断をもう少し2日間やけど修正したいですね」と、状況に応じて使い分けていかなくてはいけないと反省点を述べた。

    同時に北朝鮮ディフェンスの裏を狙っていたが、「思ったより体が動かなかった」と話すとおり、上手く抜け出すシーンは多くなかった。
    これには「ホントやったらもっと裏に抜けてるはずなんですけど、そのへんの部分が足りなかったかなと思います」と悔しさをにじませている。

    前半の立ち上がりには華麗なパスワークを見せる場面もあったが、「ところどころではありましたけど、
    そこで回りがラクになるような起点になるって部分ではまあ少なかったかなと」と、自身の出来には納得していない様子。

    まさかの初戦黒星発進となったが、今後に向けては「今日は負けちゃいけなかったんですけど、次に勝つしかないんで、切り替えます。
    もっと泥臭いプレーを増やさないといけないなと思います」と、持ち味でもある泥臭いプレーを増やすことで、結果につなげることを誓っている。

    日本は5日に韓国代表と、9日に中国代表と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00336243-soccerk-socc
    SOCCER KING 8月3日(月)0時1分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00336243-soccerk-socc.view-000
    北朝鮮戦に先発出場した川又

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ