サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:岡崎

    1: 豆次郎 ★ 2018/01/02(火) 02:18:13.49 ID:CAP_USER9
    1/2(火) 1:55配信
    DSeHFPFUEAAyDOH



    岡崎慎司がフル出場のレスター、3発快勝で新年初戦を飾る/プレミアリーグ第22節

    ■プレミア第22節 レスター 3-0 ハダースフィールド
    レスター:マフレズ(53分)、スリマニ(60分)、オルブライトン(90+2分)

    現地時間1日、イングランド・プレミアリーグ第22節が行われ、岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームのキングパワー・スタジアムにハダースフィールド・タウンと迎え3-0で快勝した。岡崎はフル出場を果たし、最後まで前線で精力的な動きを見せた。

    ここ4試合で1分3敗と白星が遠いレスター。一方のハダースフィールドも3試合連続ドローと勝ちきれない試合が続いている。そんな両者の新年一発目となる一戦は、立ち上がりから中盤で激しい攻防が繰り広げられ、互いにシュートチャンスの少ない展開に。

    すると27分、この年末年始の過密日程で一番気をつけたい負傷者が、この試合でも出てしまう。レスターの主将を務めるウェス・モーガンが接触プレーにより、アレクサンダル・ドラゴヴィッチとの負傷交代を余儀なくされた。さらに岡崎も29分、DFとの競り合いでもつれ合って倒れた際に左手を踏まれ、テーピングで応急処置を施す必要があった。

    その後も互いに出足が鋭く、中盤での些細なミスも見逃さない拮抗した展開の中、岡崎は精力的にプレスをかけ、前線でボールを引き出そうと動き回る。しかしコンビを組むイスラム・スリマニといい形で絡むことができず、レスターの攻撃も停滞。前半でレスターのシュート数は3本、ハダースフィールドは2本に終わり、枠内シュートではレスターが0本、ハダースフィールドが1本というスタッツだった。

    ボールポゼッションは50%とまったくの五分でスコアレスのまま迎えた後半、先手を取ったのはホームのレスターだった。53分、左サイドからのクリスティアン・フクスのロングスローは跳ね返されるが、こぼれ球を拾ったマーク・オルブライトンがダイレクトでゴール前に送る。これをファーサイドでフリーとなっていたリヤド・マフレズがこちらも左足ダイレクトで合わせると、コントロールされたシュートがゴール左隅へと吸い込まれ、レスターが先制に成功する。

    勢いに乗るレスターは56分、カウンターから右サイドでキープしたマフレズが中央に送ると、フリーで抜け出した岡崎が戻ったDFと入れ替わってゴール右へとシュートを決める。しかし、これはDFをファールで倒したとしてノーゴールとなった。

    岡崎のゴールは幻となったが、すぐに追加点が生まれる。60分、カウンターからマフレズのスルーパスに抜け出したスリマニが冷静にGKの頭上を抜くループシュートを沈め、2-0とリードを広げた。

    効率よくカウンターを決めるレスターは前半よりも岡崎とスリマニの連携が見られるようになり、そこにマフレズも絡むことでハダースフィールドに脅威を与えていた。そのマフレズは77分、デマライ・グレイと交代。その後も攻勢を続けるレスターは85分、右CKをウィルフレッド・ンディディが頭一つ抜けたヘディングを見せるも、クロスバーを叩き3点目は入らず。

    86分、マシュー・ジェームスに代えてアドリエン・シウヴァを投入し最後の交代枠を使い切る。アディショナルタイムには、中央で粘ったスリマニが右に展開し、グレイの折り返しを最後はオルブライトンが決めて勝負あり。3-0としたレスターがハダースフィールドに反撃を許さず、クリーンシートで勝ち点3を手にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000033-goal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/24(日) 07:09:53.64 ID:CAP_USER9
    12/24(日) 6:49配信
    岡崎途中出場のレスター、劇的後半AT弾で追いつきドロー…マンチェスター・Uは首位と13差に/プレミアリーグ第19節
    ■プレミア第19節 レスター 2-2 マンチェスター・U

    レスター:バーディ(27分)、マグアイア(90+4分)
    マンチェスター・U:マタ(40分、61分)


    イングランド・プレミアリーグ第19節が23日に行われ、レスターはマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。

    前節ホームで完敗を喫し、連勝が4でストップしたレスター。ミッドウィークに行われたマンチェスター・シティとのカラバオ・カップでも善戦しながらPK戦で敗れ、連敗中のなかビッグクラブをホームに迎えた。

    そのカップ戦で120分フル出場したFW岡崎慎司は、この試合でベンチスタートに。バーディの下にはグレイが入っている。

    一方、カップ戦で2部相手にまさかの敗退を喫したマンチェスター・Uは、出場停止明け後、リーグ戦で初めてポグバを起用。1トップはルカクが入り、イブラヒモビッチはベンチスタートとなっている。

    立ち上がりから両チームとも積極的な入りを見せる。すると、ホームの声援を受けるレスターが先手を取る。27分、ロングカウンターから抜け出したマフレズがバーディにラストパス。これを背番号9が確実に決めた。この得点はバーディにとって、プレミアリーグ通算50ゴール目となっている。

    しかし、連敗は避けたいマンチェスター・Uが反撃。40分、ゴール前の連携からエリア内でリンガードが落とすと、受けたマタが狙いすましたシュートを放つ。これが枠に収まり、アウェイチームが同点に追いつく。

    後半は開始直後に両チームともビッグチャンスを迎える。すると61分、エリア手前で得たFKをマタが直接狙う。きれいなカーブのかかったシュートは、ネットに吸い込まれた。ユナイテッドが逆転に成功する。

    逆転されたレスターは、67分に岡崎を投入。得点を奪いに行く。だが、73分に途中出場のアマーティが4分間で2枚目のイエローカードを受けて退場に。数的不利に陥ったレスターは、さらなる苦境に立たされる。

    それでも諦めないホームチームは、後半アディショナルタイムに同点に追いつく。左サイドからオルブライトンがクロスを挙げると、ファーサイドにいたマグアイアがヘッドで叩き込んだ。スコアは2-2となり、劇的なゴールでレスターが同点に追いついて試合を終えた。

    追いつかれたマンチェスター・ユナイテッドは、これで首位のマンチェスター・Cとの差が13に広がっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00010002-goal-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/16(土) 02:26:52.78 ID:Qx7g4sDP0
    数字の左が得点、右が出場試合

    no title

    1位 モハメド・サラー リヴァプール 13 17
    2位 ハリー・ケイン トテナム・ホットスパー 12 16
    3位 セルヒオ・アグエロ マンチェスター・シティ 10 12
    4位 アルバロ・モラタ チェルシー 9 15
    4位 ウェイン・ルーニー エヴァートン 9 15
    4位 ロメロ・ルカク マンチェスター・ユナイテッド 9 18
    4位 ラヒム・スターリング マンチェスター・シティ 9 15
    8位 アレクサンドル・ラカゼット アーセナル 8 17
    8位 ガブリエル・ジェズス マンチェスター・シティ 8 15
    10位 ジェイミー・ヴァルディ レスター・シティ 7 17
    11位 アントニー・マルシャル マンチェスター・ユナイテッド 6 17
    11位 レロイ・サネ マンチェスター・シティ 6 15
    11位 岡崎慎司 レスター・シティ 6 14
    14位 エデン・アザール チェルシー 5 14
    14位 バイエ・オウマル・ニアッセ エヴァートン 5 8
    14位 ロベルト・フィルミーノ リヴァプール 5 16
    14位 ソン・フンミン トテナム・ホットスパー 5 16
    14位 ケヴィン・デ・ブラウネ マンチェスター・シティ 5 17
    14位 ダビド・シルバ マンチェスター・シティ 5 17
    14位 リヤド・マフレズ レスター・シティ 5 17

    続きを読む

    1: pathos ★ 2017/12/14(木) 14:07:50.33 ID:CAP_USER9

    C2yEqA0UoAIAkBc


     英メディアがレスター・シティに所属するFW岡崎慎司を絶賛し、マン・オブ・ザ・マッチに選出している。

     プレミアリーグ第17節が13日に行われ、レスターはDF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦。先発出場した岡崎は、前半11分にMFリヤド・マフレズの先制点に絡むと、20分に自らゴールネットを揺らす。右CKからクリスティアン・フクスが放ったボレーシュートのこぼれ球にいち早く反応。右足で押し込み、10月21日の第9節スウォンジー戦以来、7試合ぶりのゴールを挙げた。

     その後も献身的な動きで守備でも存在感を示した岡崎は、吉田に1点を返されて迎えた後半24分、カウンターからバーディのクロスを右足で合わせ、4-1とダメ押し。プレミアリーグで自身初となる1試合2ゴールを記録し、レスターを4連勝に導いた。岡崎はこれで今季6点目とし、得点ランキング11位に浮上している。

     地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎の得点シーンを「真のシンジスタイルでチームに2点目をもたらした」と興奮気味に伝え、ダメ押しゴールについては、「もちろん、ゲームを終わらせるための最高の方法は追加点を決めることだ。岡崎はそれをまさにやってのけた」と称えた。

     また、吉田とともにフル出場した岡崎に対して、『スカイ・スポーツ』はトップタイの「9」、『デイリー・メール』は単独トップの「8.5」を与え、ともに岡崎をMOMに選出。また、『レスター・マーキュリー』は、トップタイの「9」をつけて「2ゴールを決め、バーディと並んで素晴らしいパフォーマンスだった」と書き綴った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-01647640-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/11(月) 14:35:45.58 ID:CAP_USER
    ピュエル監督は試合後のインタビューで「私たちの選手たちは本当に最善を尽くした。代表的な例が岡崎だ。彼は神風のようだった(he is a kamikaze).彼は私たちのチームに多いに役立った。岡崎は不屈の精神を持ったファンタスティックな選手だ。すべてのレスター選手たちは岡崎がチームのために全てを捧げているので彼を好きだ」とほめた。

    神風は日帝が第二次世界大戦終盤に敗色が深まるとすぐに自国民と植民地の人々に強要した飛行機自爆テロだ。英米圏の国家で日帝の戦争犯罪を意味すると同時に潜在的に自らを害するほど無謀な行為を現わす。一部では日本人を侮辱する意味に使われることもある。

    しかし、第二次世界大戦当時の日帝についてあまり知らない一部の西洋人にはサムライとともに日本を象徴する代表的なイメージだ。それでピュエル監督もやはり格別な考えなしに岡崎をほめるために神風という単語を使ったと見られる。

    一言で言えば神風は岡崎の活躍をほめるために使うには適さない単語だ。岡崎のチームのための献身をほめるためにはより良い単語も多い。一部のレスターファンたちもピュエル監督のソーシャルネットワークサービス(SNS)で誤った言動を指摘していた。

    劇的な勝利後、ピュエル監督の誤った言語選択が物足りなさを与えている。

    ソース
    http://www.sportalkorea.com/general/view.php?gisa_uniq=201712101646775940

    続きを読む

    9: 名無しさん@恐縮です 2017/12/10(日) 07:14:32.60 ID:8vdqRgwr0
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ