サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:小笠原

    1: Egg ★^^©2ch.net 2017/09/20(水) 07:17:08.83 ID:CAP_USER9
    J1浦和は19日、さいたま市内で天皇杯4回戦・鹿島戦(熊谷陸)に向けて調整した。

    DF森脇(31)は「相手が好調だからとビビることはない。
    必要なこと、できることをやっていきたい。鹿島は攻守にバランスがとれている。打ち破ることが大事」と打倒鹿島を誓った。

    森脇にとって因縁の一戦でもある。5月4日・鹿島戦で、自身の暴言に端を発した騒動で2試合の出場停止を科された。この日は騒動には触れなかった。
    リーグ戦は8位に甘んじ来季のACLに自力で出場する唯一の手段が天皇杯制覇。「チーム全体で取りにいくスタンスは変わらない」と話した。

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170920-00000022-dal-000-view.jpg

    9/20(水) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000022-dal-socc

    【4回戦】9月20日(水)

    筑波大 19:00 大宮 [カシマ]
    浦和 19:00 鹿島 [熊谷陸]
    川崎F 19:00 清水 [等々力]
    横浜FM 19:00 広島 [ニッパツ]
    松本 19:00 神戸 [松本]
    長野 19:00 磐田 [長野U]
    名古屋 19:00 C大阪 [パロ瑞穂]
    G大阪 19:00 柏 [吹田S]

    ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208642-208642-fl

    NHK天皇杯
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/onair/onair.html


    【サッカー】<筑波大>大学勢初の天皇杯8強をかけ「サッカー界の歴史を変えたい」4回戦(20日・カシマ)でJ1・17位・大宮と対戦
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505719467/

    続きを読む

    no title

    1: Egg ★@2017/05/10(水) 23:02:57.19 ID:CAP_USER9

    AFCアジアチャンピオンズリーグ1次リーグ最終節▽E組 鹿島2―1ムアントン(10日・カシマスタジアム)

     鹿島MF小笠原満男が試合後に報道陣の取材に応じ、4日の浦和―鹿島(埼玉)で侮辱的発言をした浦和のDF森脇良太に2試合の出場停止処分が下ったことについてコメントした。

     小笠原は「彼の言葉の中に、今後こういうことがないようにという内容があった。それを信じたい」と話した。

     処分内容については「処分を求めていたわけではないし、Jの発表にどうこういうつもりはない」と前置きした上で、「(過去に)ダヴィだったりカイオだったりチームメートがピッチ上でいろいろ言われているのは見てきたので。自分と森脇選手から聴取して、誰に向けて言われたものか確定できないということだった。でもあの場には(鹿島の)チームメートも浦和の選手も審判団もいた。レオにも話を聞いていない。もう少し調査できる対象もいたのではないかと思います」と語った。

     「レオには試合後もそうですし、何度か話はしました。こういうのがないリーグになることが一番。自分もそうだし、他の選手も気をつけないといけない」と話した。

    スポーツ報知 5/10(水) 22:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000229-sph-socc

    続きを読む

    99: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/05/09(火) 11:06:10.02 ID:oisgEDgu0
    リーグはついでに他の浦和の選手の行為も検証して欲しいな 

    相手が小物で、やられたのが自分ってこともあり、この場面では満男は怒らなかったけど 
    これって人としてやっては駄目な行為だよ↓ 

    http://up.gc-img.net/post_img_web/2017/05/4eec090081c937b0598eeaae6174bc41_23205.gif

    続きを読む

    1: Egg 2017/05/05(金) 10:17:40.89 ID:CAP_USER9
    ◆明治安田生命J1リーグ 第10節 浦和0―1鹿島(4日・埼玉スタジアム2002)

     3位の鹿島が首位の浦和を1―0で下し、暫定ながら今季初めて首位に浮上した。前半24分にFW金崎夢生(28)が決勝点。後半33分には浦和DF森脇良太(31)が暴言と疑われる発言をしたとして小競り合いも起きた。

     鹿島は浦和戦で浦和DF森脇から暴言と疑われる発言があったとして、試合後マッチコミッショナーに口頭で報告した。MF小笠原と鹿島広報らによると、後半33分にプレーを巡って小競り合いとなった中で、森脇が鹿島MFレオ・シルバに「死ねよ」「口くせえんだよ」と発言したという。来日5年目で日本語を理解するレオ・シルバにも意味が伝わり、小笠原が主審に抗議した。

     森脇によると、小競り合いで小笠原のツバが顔にかかり「子どものような話ですが『口が臭いんだよ』と(小笠原に)言った」と説明。レオ・シルバに対して「侮辱的な発言はしていません」としたが「『口が臭い』というのは反省しないといけない。あってはいけないことでした」と話した。「死ねよ」発言については、森脇の取材対応時には判明していなかった。

     森脇は否定しているが、小笠原は過去にも元鹿島のFWダヴィ、MFカイオに対して同じような言動があったとし「今回は我慢できなかった」と明かした。レオ・シルバは「日本人は外国人に対して尊重してくれるイメージがある。がっかりしている。体だけじゃなく、言葉の暴力というのが世の中にある。撲滅しなきゃいけない」と話した。

    スポーツ報知 5/5(金) 6:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000040-sph-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/05(金) 09:22:49.60 ID:CAP_USER9
    暴言に揺れる森脇コメント全文。「思い当たるフシはないです」
    theWORLD(ザ・ワールド) 5/5(金) 5:50配信

    興梠と槙野に囲まれた土居がファウルを犯し、浦和のFKになる。直後に興梠が土居を押し倒して揉め事になり、駆けつけた森脇による「臭い」発言があった。Photo/Getty Images

    ■鹿島の小笠原が試合後に検証を求めた森脇の発言&行為とは?

    4日に埼玉スタジアムで開催されたJ1(第10節)の首位攻防戦、浦和×鹿島の78分に浦和陣内の奥深くで揉め事が起こった。1点をリードする鹿島の土居聖真がボールをキープしているところに浦和の興梠慎三と槙野智章がアタックにいき、最終的には土居のファウルとなって浦和がFKを得た。

    すぐに試合を再開させるべく、興梠は両手を使って槙野もろとも土居を押し倒してマイボールにしようとした。鹿島はこの行為に怒り、興梠に謝ることを求めるとともにレフェリーに警告を出すように要求。現場に両チームから数名が集結し、その輪のなかでより大きな問題が発生した。

    試合後の小笠原満男(鹿島)の説明によれば、このときに森脇良太(浦和)がレオ・シルバ(鹿島)に対して「臭いんだ、お前」という言葉を浴びせたと言う。また、森脇がこうした発言をするのは今回がはじめてではなく、過去のチームメイトにも同じような発言をしてきたとも。

    「過去の対戦でも同じようなことが繰り返されていて、もうちょっと、自分のなかでは限界。チームメイトとも話をして、繰り返されているので、少し謹慎をするなり、言葉の暴力でもあるので、差別と捉えられてもおかしくないと思う」(小笠原)

    さらには、言葉だけではなく鼻をつまむようなゼスチャーがあったとも訴えた。その行為は、「映像で確認できると思う」としてメディアに検証を求めるほどだった。

    こうした発言、行為は本当にあったのか? 映像で確認すると、たしかに森脇はなんらかの言葉を発し、右手をサッと顔の前に持ってくる行為をしている。レオ・シルバに向かって──。

    一方、試合後の森脇は小笠原の主張を否定している。以下、コメント全文である。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00010003-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 21:54:05.61 ID:???*.net

    endo zac2013-11

     
     あの18人のなかで、彼らふたりがかくも抜きん出たキャリアを築くとは──。1999年のワールドユース
    (現U?20ワールドカップ)準優勝メンバーで、遠藤保仁(G大阪)と小笠原満男(鹿島)が2015年も
    Jリーグの最前線を疾走する現実を、16年前に想像できたサッカー関係者は少数派だったに違いない。

     日本サッカーに新たな地平を開いた黄金世代のなかでは、必ずしもメインキャストでなかったふたりである。
    同世代のリーダー格は小野伸二であり、稲本潤一(ともに札幌)であり、高原直泰(相模原)だった。
    言ってみれば遠藤と小笠原は、「エリート集団のなかの非エリート」だったのである。
     それがどうだろう。
     2015年10月29日現在のJ1リーグ通算出場試合数で、遠藤は歴代3位タイの501試合を記録している。
    同世代では断トツのナンバー1だ。
     黄金世代で遠藤に続くのは小笠原と曽ヶ端準(鹿島)である。こちらは歴代8位タイの462試合に出場している。
     小野、稲本、高原、中田浩二らは海外で長くプレーしていたため、J1での実績に空白期間が生じている。
    だが、遠藤と小笠原が作り上げてきた数字は、毎シーズンの稼働が大前提だ。ケガによる長期の戦線離脱がなく、
    監督が代わっても必要とされてきたからこそ、彼らはJ1の歴史に名を刻んでいるのだ。

    「苦しいときに人間性が出る」と、小笠原は話す。
    「自分の状態が良い時は、誰だって頑張ることができる。ホントに苦しいときにどうするか。
    ちょっと試合に出られないだけで愚痴ったり、ふて腐れたりというのは、絶対にやっちゃいけない。
    『試合に出られなくてもしょうがないな』とか、『誰かレギュラーの選手がケガをしないかな』とか、
    そういう気持ちでいたら自分が成長できない。試合に出られない悔しさを抱きつつ、自分の頑張りで
    ポジションを奪い取る。そういう気持ちで、僕はやってきた」

    「段階を踏んできた」と、遠藤は語る。
    「プロに入ったばかりのころは、『15年間はトップレベルでレギュラーをつかんでいたい』というのが、
    漠然とした思いでした。とは言っても、『まずは試合に出る』『次にレギュラーをつかむ』『翌年も
    またレギュラーとして試合に出る』『その翌年もまた……』と、段階を踏んでいかないといけない。
    目の前の目標をひとつずつクリアしていったらいまに至っている、という感じで」

     用意した言葉こそ違うものの、胸中に宿る思いは共通する。
     自分に妥協しない。
     限界を設けない。

    アスリートなら誰もが心に刻むフレーズを、彼らは日々の練習を通して磨き上げてきた。今日も、明日も、磨き上げていく。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ