サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:宮本



    元サッカー日本代表キャプテンの宮本恒靖氏(37)が、古巣のG大阪へ9年ぶりに復帰することが分かった。
    G大阪が26日、同氏がU―13チームのコーチに就任することを発表した。

    大阪府富田林市出身の宮本氏は、G大阪ユースから95年にトップチームへ昇格して06年まで在籍。
    07年から08年にはオーストリア1部のザルツブルクでプレーし、09年には神戸へ移籍。
    11年シーズンを最後に神戸で現役を引退した。日本代表としても02年日韓大会、
    06年ドイツ大会と2度のワールドカップに出場するなど国際Aマッチ71試合3得点。00年シドニー五輪にも出場した。

    現役時代から英語が得意で、頭脳明晰なキャプテンとして日本代表をけん引。
    現役引退後は、FIFAマスター(スポーツに関する国際修士)に進学し、13年に日本人として初めて修了。
    昨年1月にはJリーグ特任理事に就任している。甘いマスクで女性人気も高く“ツネ様”の愛称で呼ばれることも多い。

    宮本氏はクラブを通じ、「この度、ガンバ大阪U―13のコーチに就任することになりました。
    ガンバユースに入団した15歳から、15年間にわたってプレーしたクラブに9年ぶりに戻ることに対して、
    非常に嬉しく、また懐かしく思っています」と素直に喜びを吐露。

    「子供たちがサッカー選手として、また一人の人間として成長していけるよう、
    自身の考えや経験を伝えていきたいと考えています」と前向きにメッセージを送っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000100-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月26日(月)17時31分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000100-spnannex-socc.view-000
    G大阪へ9年ぶりに復帰する宮本恒靖氏

    依頼です
    ◆芸スポ+スレッド作成依頼スレッド★764 [転載禁止](c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1422224970/

    続きを読む

    OSK201006250030


    元日本代表主将でサンケイスポーツ専属評論家の宮本恒靖氏(37)が代表戦を分析する「新マスターチェック!!」。
    今回はアジアのライバル相手に2-1で勝利した18日のキリンチャレンジ杯・豪州戦です。
    前半の苦しい試合展開を好転させたハビエル・アギーレ監督(55)の采配に注目した。
    アルベルト・ザッケローニ前監督(61)とは異なる哲学がMF今野泰幸(31)=G大阪=の起用に表れていた。

    試合の入りは豪州が上回っていた。日本はDFラインでボールを回していたが、相手にプレスをかけられて前半30~35分までは窮屈にプレーしていた。
    アンカー(中盤の底)のMF長谷部の左右のスペースを相手に使われていた。

    センターバックやサイドバックが長谷部のサポートに向かう方法もあったが、アギーレ監督は遠藤と長谷部にダブルボランチを組ませてスペースを埋めた。
    これによりボールを持った遠藤からの縦パスが入りだし、トップ下のMF香川も自由にボールを受け、DF裏へ飛び出す動きも増えた。

    興味深いのは後半から遠藤に代え、MF今野をダブルボランチの一角に起用したアギーレ監督の采配。守備が得意な今野を入れることで、
    それまで劣勢だった中盤のボールの奪い合いで優位に立てた。5分に今野が相手のパスをインターセプトし、香川へと展開した場面は象徴的。
    ザッケローニ前監督であれば遠藤を残してパス主体で攻略を図っただろうが、アギーレ監督は逆だ。「奪ってから速く攻める」という哲学が今野の起用に表れていた。

    12分にMF乾が入るとドリブルで中に切れ込んだり、香川、DF太田とともにボールを動かしたりと効果的な働きを見せた。
    そうして左サイドに注意を引きつけておき、長谷部や森重が機を見てサイドチェンジを繰り出す。右サイドでボールを受けたFW本田が中に切れ込み、
    DF酒井がオーバーラップを仕掛けるなど、スムーズな攻撃の形が生まれた。前半は日本が苦しんでいたアンカーの左右のスペースを突く攻撃を、後半は日本がやり返した。

     よくない時間帯を采配でしのいだことは収穫だが、理想をいえば前半20~25分で修正したい。問題を感じたら選手で話し合い、
    一時的にシステムをいじっても良いのではないか。再びFWケーヒルに得点を許したことも反省すべきだ。DFの泣きどころを知る選手だが、
    あの場面はクロスへのプレッシャーが甘かった。アジア杯までに対応を確認したい。

     ブラジルW杯のメンバーが増えた今回の2試合は、プレーの質が過去4試合より高かった。ベンチを温めたMF柴崎ら若手は思うところがあるだろう。
    0-4と大敗した10月のブラジル戦などの経験を生かし、成長を遂げてほしい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141120/jpn14112005020002-n1.html

    続きを読む

    no title
    【宮本恒靖氏の新マスターチェック!!】

    元日本代表主将でサンケイスポーツ専属評論家の宮本恒靖氏(37)が日本代表の試合を分析。
    今回は14日の国際親善試合・ブラジル戦を振り返り、0-4の大敗の引き金となったポジショニングの「誤差」を指摘した。

    世界トップレベルと戦う上での厳しさと、日本が過去2分け9敗と未勝利の「王国」から大金星を挙げるヒントを探った。

    序盤は日本がプレスをかけ、ブラジルにバックパスを選択させる場面も散見できた。
    しかし、中盤でドリブルなどを繰り出されると日本の選手が持ち場から引き出され、危険なスペースが生まれていた。前半18分の1失点目は象徴的なシーンだった。

    最前線のFWジエゴタルデリが中盤までボールを受けに下がった。その動きにアンカー(中盤の底)のMF田口がバイタルエリアから引き出され、
    中盤とDFラインの間に直径10メートル程度の無人のスペースが生まれた。

    ジエゴタルデリは味方とのワンツーで田口を置き去りにし、バイタルエリアで難なく前を向く。
    森重と塩谷の両センターバックの注意が前方のジエゴタルデリに向いたところで、2人の背後を突いたFWネイマールがスルーパスを受けて先制点を決めた。

    ここで悔やまれるのは右MFの森岡の位置取りだ。(相手ゴール方向を向く)田口の右前方の、スペースを消すところにポジショニングしたかった。
    そうすれば、田口は引き出されずに済んだ。世界のトップとの対戦ではこのように、細かい位置取りの修正を徹底しないとやられてしまう。
    ゴール前のクロスへの対処であれば、数センチの誤差で命取りとなる。

    日本は2点目を取られてから何もできなかった印象がある。4点すべてを決めたネイマールにボールが渡らないように、パスコースを限定するなど対処法はあった。

    攻撃面では、FW岡崎が随所に見せたDF裏を狙う動きはたとえブラジルでも嫌がるものだ。
    私が現地視察したW杯ではブラジルは準決勝のドイツ戦で1-7と大敗を喫した。
    これは運動量でドイツが上回っていたからで、日本もカウンターや守備の連動でハードワークをすれば勝機はある。

    ブラジル相手に先発6人を入れ替えたアギーレ監督の采配には賛否両論があるようだが、私は若手が経験を積むことは良いことだと思う。
    W杯本大会にいけばこうした相手と実際に対戦するし、DF長友やFW本田らすでにブラジルのすごさを知るメンバーで再び挑む必要はない。
    ブラジルの局面での強さ、速さなど若手は大きな差を感じたはずだ。とやかく言われるのは、代表監督の宿命だろう。

    今回の2試合でMF柴崎、DF塩谷らは持ち味を出した。DF太田もいいボールを蹴り、長友との競争意識も高まったはずだ。
    今後は来年1月のアジア杯(豪州)に向けて新しい選手を見る機会は減っていき、チームのベースに質の高い選手を加える作業へと移るだろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)

    2014.10.16 05:03
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141016/jpn14101605030003-n3.html

    【サッカー】武田&前園氏 王国との一戦にベストメンバーで臨まないという“迷采配”を見せたアギーレ監督の戦術を徹底糾弾
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413426943/







    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141016/jpn14101605030003-n1.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ