サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:宇佐美

    20: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/02/26(日) 17:46:28.30 ID:/gk/oVpQ0

    38CE4BCB8E381B3500

     
    磯貝→菊原→上野→石塚→財前→家長→宇佐美
    続きを読む

    1: Egg ★@2017/01/08(日) 11:31:21.07 ID:CAP_USER9

    CzUbIYMVIAEgk-X

     
    ブンデスリーガの前半戦で出場機会に恵まれたなかったドルトムントMF香川真司やアウクスブルクFW宇佐美貴史、怪我により離脱していたマインツFW武藤嘉紀が、後半戦に向けてアピールした。なお、ブンデスリーガは今月20日に再開する。

     7日、ドルトムントは親善試合でPSV(オランダ)と対戦。ここまでリーグ戦7試合の出場にとどまっている香川は、先制して迎えた前半40分、MFウスマン・デンベレのパスをPA左で受け、ニアに右足シュートを流し込み、追加点。前半のみの出場に終わったが、PKを獲得するなど4-1の勝利に大きく貢献した。

     今季アウクスブルクに加入もベンチ外の日々が続き、5試合の出場にとどまった宇佐美は、7日に行われたAZ(オランダ)との親善試合に先発出場。前半21分、MFジョナタン・シュミットの折り返しを右足で流し込み、先制点を決めた。チームは1-1の引き分けに終わり、宇佐美は後半22分までプレーした。

     また、昨年9月29日のヨーロッパリーグ(EL)ガバラ戦で内側側副靭帯を損傷し、前半戦は怪我に苦しめられた武藤は、6日にADOデンハーグ(オランダ)との親善試合で先発出場し、前半19分にFWジョン・コルドバの先制点をアシスト。ハーフタイムで交代したが、後半戦に向けて指揮官に猛アピールした。なお、ADOデンハーグのFWハーフナー・マイクはベンチ外だった。

    ゲキサカ 1/8(日) 10:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01635606-gekisaka-socc

    ドルトムント香川真司、新年に好調なスタート…PSV相手に1ゴール&PK獲得
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000003-goal-socc

    香川、先発で1G! ドルトムントはPSVに4発快勝
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000010-ism-socc

    宇佐美、テストマッチでゴール!アウクスブルク2017年初ゴールでアピール
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000000-goal-socc

    アウクスブルク宇佐美 練習試合でゴール 逆襲だ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01762374-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/25(日) 23:31:04.42 ID:CAP_USER9

    no title

     
    天皇杯準々決勝で横浜に敗れたG大阪は25日、大阪府吹田市内のクラブハウスで解団式を行い、2016年シーズンの活動を終了した。今夏にドイツ1部アウクスブルクに移籍したFW宇佐美貴史(24)がサプライズ訪問した。

     ウインターブレークで帰国していた元エースは無冠に終わってしまった古巣について「ファンとして応援する気持ちは持っていたし、悔しい試合になりましたね」とコメント。自身は2度目のドイツ挑戦も、ここまで先発わずか1試合と苦戦が続いている。それでも「僕にとってプラスな状況だと思っている。苦労は必須。このチーム(G大阪)にいたらなかったものだと思うし、必要な経験」と懸命に前を向いていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000555-sanspo-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/11/08(火) 20:48:29.50 ID:CAP_USER9
    今夏、アウクスブルクに加入したFW宇佐美貴史は、依然として出場機会を得られていない状況が続いている。

    だが、同クラブのシュテファン・ロイターSD(スポーツディレクター)によれば、
    今月のインターナショナルウィークは日本人アタッカーにとって好材料となるかもしれないという。

    これまで宇佐美が出場した公式戦はブンデスリーガ第1節のヴォルフスブルク戦の途中出場のみ。
    第4節から3試合連続でベンチメンバーから外れると、続く公式戦3試合は足首の負傷のため、欠場を強いられた。

    第9節バイエルン・ミュンヘン戦、第10節インゴルシュタット戦にはベンチに復帰するも、出番は訪れていない。

    ドイツ紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』は先週、宇佐美の出場機会の少なさを受け、
    ディルク・シュースター監督の構想に含まれていない可能性を指摘。

    だが、同紙が新たに伝えたロイターSDのコメントによれば、
    事態はそれほど深刻ではないとのこと。同SDは宇佐美の現状について次のように話している。

    「彼は昨シーズン、日本で夏までプレーしたため、我々の下に加わるまで休養がほとんどなかった。

    だけど、これから調子を上げることを私は確信しているよ。
    明らかに上向きの傾向にいることが見られるからね。彼は練習ではいつも力強い姿だよ」

    またロイターSDは、宇佐美が今月の代表戦に呼ばれなかったことについて、
    「アウクスブルクのみに集中することができる」とクラブに残ることがアドバンテージとなる可能性を指摘。

    アウクスブルクの2列目でプレーするFWチ・ドンウォン、
    MFク・ジャチョルが韓国代表に招集された中、宇佐美もチャンスを掴みたいところだ。

    GOAL 11/8(火) 20:25配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000017-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/11/06(日) 08:53:16.46 ID:CAP_USER9

    Cwe4E03UAAE7TA8


     
    「J3、FC東京U23 1-2長野」(5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場)

    FC東京U-23のFW久保建英(15)が後半開始から途中出場し、15歳5カ月1日でJリーグ最年少出場を果たした。
    シュート0本で得点はならなかったものの、パス・ドリブルで会場を盛り上げる場面もあった。
    対戦し、マッチアップする場面も多かった長野の元日本代表MF橋本英郎(37)に、久保の印象を聞いた。

    「勝てて良かったです」とまず笑顔を見せた橋本は、久保の印象を「まだ、体ができあがってない感じ。
    技術はすごい高いものがありますし、考えていることも2つ3つ先を考えながらプレーをしていた。
    なかなか、まわりとのコンビネーションだったり、久保くんのプレースタイルをチームメートも分かっていたのかな?
    と感じるところはありました」と良い点、悪い点を挙げ振り返った。

    後半開始から3トップの右で投入された久保は結果的にはシュート0本。
    ボールを足元で受けたい時にもらえなかったり、味方と距離が近くなりすぎてしまったりと、連携面で課題を残した。
    また、後半12分にあったような相手を背負ってボールキープをしようとしてつぶされてしまう“フィジカルの壁”を感じさせることもあった。
    この点は橋本も「「フィジカルで僕らが抑えにいった部分でつぶされていた部分はあった」と指摘した。

    ただ、後方からコントロールされていない速いボールが来た時に久保はぴたりとトラップ。
    こうした技術面は「見ている人も盛り上がった」と印象に残った様子だった。
    その中でもう一つ注目していたのが、二手、三手先を読んで久保がプレーしていたという点。
    久保がパスを受ける時に「直接その選手からもらおうとせず、次の選手に出してほしそうな声を出していた」と振り返り、
    「それは基本的に二つ先で久保くんがもらおうとして、次のプレーを考えて受けようとしていると思った」と感心していた。

    167センチ、60キロの久保はフィジカル面では成長途上。
    G大阪時代に、宇佐美貴史(現アウクスブルク)、家長昭博(現大宮)といったその年代の枠に収まらない有望株を見てきた橋本にとっては、
    「宇佐美とか家長が本当にすごかったので。彼らの方が体格の部分も多少ありましたし、キックの精度もすごかったので。
    今日の試合だけしか見ていないと分からなかった」と、まだまだ判断できない部分があるようだった。

    「こんだけ注目されているので、そのプレシャーの中でどれだけ自信を持ち続けて、過信にならないようにするか。
    回りの声でいい方向性をとっていけば良い状態になっていくと思います」と今後の久保の成長をサッカー人として期待した橋本。
    今日の試合そのものについては「(自分たちは)セットプレーでしか点を取れてないですけど、
    放送が流れた時に、長野が負けずに『ああ順当に勝ったな』と思ってもらえるのがすごく大事だったので」と勝利を喜んでいた。

    試合は長野が前半17分に松原がヘディングを決め先制。同32分には大島がロングスローを押し込んでリードを広げた。
    後半25分にFC東京U-23の林にヘッドを決められたが逃げ切った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12242912/
    2016年11月5日 19時36分 デイリースポーツ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2016/10/30(日) 00:30:58.24 ID:CAP_USER9

    res_IEbHSs4riX

     
    ブンデスリーガ第9節が29日に行われ、アウクスブルクとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。試合はアウェーのバイエルンが3-1で勝利している。

    ミッドウィークにもDFBポカールでも対戦した両チーム。3日前の一戦ではホームのバイエルンが3-1で勝利している。バイエルンは、DFマッツ・フンメルス、FWトーマス・ミュラーらをベンチに置き、ターンオーバーを敢行。一方のアウクスブルクは、宇佐美貴史が9月17日以来にベンチ入りを果たしている。

    いつものようにバイエルンがボールを支配するが、ほとんどの時間で11人が自陣に入るアウクスブルクの前になかなかチャンスを作れない。

    それでもアウクスブルクがカウンターで前に出た隙を狙う。19分、アリエン・ロッベンのパスからロベルト・レヴァンドフスキが見事なトラップから落ち着いてネットを揺らした。さらに21分、今度はレヴァンドフスキのアシストからロッベンが決めて、あっという間に2点差に。

    前半終了間際、バイエルンのミスを突いて、アウクスブルクが決定機を得るも、GKマヌエル・ノイアーの前にネットは揺らせず。前半はバイエルンの2点リードで終了する。

    後半開始早々、アウクスブルクが前からプレスをかけるも、バイエルンがさらにゴールを追加する。48分、再びロッベンのスルーパスからレヴァンドフスキがキーパーをかわしてゴールを挙げ、3点差に。レヴァンドフスキはアウクスブルク戦11試合で13ゴールを挙げ、相性の良さを見せている。

    それでも諦めないアウクスブルクは67分、ク・ジャチョルのゴールで1点を返す。ゴール以降、アウクスブルクがやや盛り返すが、再びバイエルンペースに。フンメルスが続けてヘディングでゴールを狙うも、GKマルヴィン・ヒッツの好守でさらなる追加点は生まれず。

    試合はこのまま終了し、DFBポカールと同じスコアでバイエルンが勝利した。バイエルンは開幕からのリーグ戦無敗を守り、アウクスブルクは公式戦5試合勝利なしとなっている。宇佐美はベンチ入りしたものの、出場機会はなしとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000020-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2016/10/15(土) 23:58:37.33 ID:CAP_USER9
    10月のワールドカップ最終予選メンバーに招集されるも、負傷で代表辞退

    アウクスブルクの日本代表FW宇佐美貴史は、15日の第7節本拠地シャルケ戦において3試合連続でベンチメンバーから外れた。

    宇佐美はここまで今季リーグ戦6試合でスタメン出場なし。
    ベンチ外は今節も含めて早くも5試合目となった。
    開幕戦のヴォルフスブルク戦で後半37分から出場したが、この8分間が公式戦で唯一の出場時間となっている。

    ロシア・ワールドカップアジア最終予選では、10月6日のイラク戦と11日のオーストラリア戦のメンバーに招集されていたが、宇佐美は9月29日の練習で負傷し、代表辞退という羽目に陥っていた。

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は宇佐美のポテンシャルを高く評価し、海外移籍について
    「嬉しい。変わらざるを得ない状況を自分で作った」と大歓迎していた。だが、ブンデスリーガ12位という中位のクラブで“戦力外”状態となってしまったエース候補の窮状を、ハリル監督はどう考えているのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161015-00010025-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月15日(土)22時18分配信

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/10/01(土) 09:19:35.21 ID:CAP_USER9

    c7171916

     
    ハリルジャパンに暗雲が垂れ込めてきた。マインツFW武藤嘉紀(24)が、右膝を負傷し日本代表を辞退することが9月30日、分かった。アウクスブルクFW宇佐美貴史(24)もケガで代表辞退の可能性が出てきた。

     武藤の負傷離脱の追い打ちをかけるように宇佐美にも代表辞退の可能性が浮上した。独ビルト紙がツイッターに「ライプチヒ戦(9月30日)前の最後の練習で捻挫し、検査のためにアウクスブルクへ戻った」と記した。ライプチヒ戦はブンデスリーガ第6節で最も早く開催され、本来なら宇佐美は海外組の中で一番早く代表に合流し、十分調整ができたはずで、辞退となればハリルホジッチ監督にとっても頭が痛いところだ。

    [2016年10月1日7時47分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/1718008_m.html?mode=all

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/09/25(日) 08:24:34.84 ID:CAP_USER9
    [9.24 ブンデスリーガ第5節 アウクスブルク1-0ダルムシュタット]

    ブンデスリーガは25日、第5節を行い、FW宇佐美貴史の所属するアウクスブルクはホームでダルムシュタットと対戦し、1-0で勝利した。
    宇佐美は2試合連続となる今季3度目のベンチ外。
    後半37分から途中出場した8月27日の開幕節・ボルフスブルク戦を最後にピッチに立っていない。

    アウクスブルクは前半31分、FWラウール・ボバディジャがMFペーター・ニーメイヤーの激しいスライディングタックルでファウルを受けると、
    転倒した際に左肩を強打。
    スタッフに支えられながらピッチをあとにし、代わってMFジョナタン・シュミットが同じ右サイドハーフの位置に送り込まれた。
    前半44分にはFWアルフレズ・フィンボガソンがシュートを狙ったが、GKがセーブ。
    同45分、MFク・ジャチョルのシュートは枠を捉えられなかった。

    すると前半終了間際のアディショナルタイム3分、ダルムシュタットにアクシデント。
    DFレオン・グバラがこの日2枚目の警告で退場となり、数的不利に立たされた。
    前半はそのまま0-0で折り返したが、後半2分、アウクスブルクはク・ジャチョルの右クロスに中央でフリーのフィンボガソンがヘディングで合わせ、先制点。
    その後も10人の相手に対して優位に試合を進め、1-0で逃げ切った。

    ホームで2連敗中だったアウクスブルクはこれがうれしい今季ホーム初勝利。
    3試合ぶりの白星で2勝1分1敗の勝ち点7に伸ばした。一方のダルムシュタットはアウェー3連敗となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-01631537-gekisaka-socc
    ゲキサカ 9月25日(日)8時0分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929599.html
    試合スコア

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/09/19(月) 16:50:35.85 ID:CAP_USER9

     ブンデスリーガ第3節が18日に行われ、日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウクスブルクは同FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦。武藤は67分から途中出場して、1ゴールをマークしたが、宇佐美には出番がなかった。

     今シーズン、DFBポカールを含めた公式戦4試合を終えて、わずか8分の出場機会しか与えられていない宇佐美。出番がないことに関して、「俺が言うことじゃないし、監督が決めることなんで。ただ、今やれていること、練習で出せているプレーを出せれば、いつか(出番は)来ると思っています。こういう展開なら攻撃的なカードは僕があと一枚残っていましたし、そこをチョイスしてもらえない現状は自分の力不足だと思います」と、チームが負けている展開で出場できなかったことを悔やんだ。

     自身が出場した時のイメージについては、「自分が入って左サイドで連携が出せたりだとか、仕掛けていくだけじゃなくていろんな連携を左サイドで作っていくというのはできると思う。蹴っていくサッカーで自分の良さをうまく落とし込めるとは思うんですけど、まだ3つ(3試合)終わっただけなので、焦りながらも焦らずという感じでやっていこうかなと思いますけど」とコメント。まだ開幕したばかりと強調し、焦らずに出番を待ちたいと口にした。

     続けて、「焦らないといけない気持ちはもちろんありますけど、焦ってもいいことはないですし、自分のペースでブレずにやれることをやっていくだけだと思う。だからこそ不満を持つこともしないですし、自分に対してなんで出られないんだという気持ちを持つこともない」と、自分ができることをしていくのが重要だと語った。

     同試合では、同じ24歳の武藤が途中出場ながら今シーズン2得点目をマーク。「いい時間帯に出てダメ押し点を決めているわけですから、ああいう状況に自分も持っていければ。使ってもらえれば、やれるというかやらないといけないし、それをどんどん証明していくだけだと思います」と、同級生から刺激を受けたと明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00494975-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ