サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:吉田麻也

    1: 動物園φ ★@^^ 2017/05/18(木) 09:39:40.33 ID:CAP_USER9
    吉田麻也、勝利ならずもマンチェスター・Uを完封…英紙は「堅い守備」を評価

    ルーニーと競る吉田 (C)Getty Images
    no title


    セインツvsユナイテッドはスコアレス決着…吉田麻也は先発フル出場/プレミアリーグ第28節順延分

    2017/05/18 7:49:50

    吉田は公式戦16試合連続でフル出場を果たした。安定したパフォーマンスが評価されている。

    サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也のパフォーマンスはまずまずの評価を受けている。

    サウサンプトンは17日、プレミアリーグ第28節の延期試合でマンチェスター・Uと対戦。吉田は公式戦16試合連続のフル出場を果たした。試合は、どちらのチームも得点を奪うことができずに0-0の引き分けに終わった。

    吉田は、相手の攻撃陣を完封したサウサンプトンの守備をけん引。チームは勝利を飾れなかったが、まずまずの評価が与えられている。イギリス紙『ミラー』では「7」の評価を受け、寸評では「ファン・ダイクの離脱中に大きく成長した。この試合でも堅い守備を見せた」と記されている。

    サウサンプトンは21日、プレミアリーグ第38節でストーク・シティと対戦する。吉田には最終節でも、安定したパフォーマンスで、チームの守備をけん引する活躍が期待される。

    http://www.goal.com/jp/news/74/england/2017/05/18/35608752/maya

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ 2017/05/15(月) 12:26:41.62 ID:CAP_USER9

    225635hp2

     
    サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、サポーターが選出するクラブの4月度月間最優秀選手賞を受賞した。

    Armour Player of the Month award」を受賞した。同選手は4月に行われたプレミアリーグ全6試合でフルタイム出場を果たし、3試合で完封に貢献したほか、5日の第31節クリスタル・パレス戦では決勝ゴールを挙げる活躍も見せた。

     吉田は「僕と他の選手、ジョゼ(フォンテ)やフィルジル(ファン・ダイク)を比べられるのは理解していますが、ジャック(スティーブンス)といいプレーができていると思います。彼もこの賞を受け取る資格があります」と、センターバックコンビを組むスティーブンスへの感謝の思いも語っている。

     吉田は今シーズン、プレミアリーグ第37節終了時点(1試合未消化)で21試合出場1ゴールを記録している。

    SOCCER KING 5/15(月) 9:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587543-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/10/27(木) 11:54:46.24 ID:CAP_USER9
    4回戦

    【スコア】
    サウサンプトン 1-0 サンダーランド 

    【得点者】

    66分 1-0 ブファル(サウサンプトン)

    Goal.com
    https://goo.gl/xfgJ8H

    元マンチェスター・ユナイテッドの指揮官デイビッド・モイーズ監督は吉田麻也のタックルに対する判定に激怒している。
    26日、英紙『デイリー・メール』が報じた。

    イングランド・リーグ・カップ4回戦が現地時間の25日に開催された。
    サウサンプトンはサンダーランドと対戦し1-0で勝利。試合中にモイーズ監督が退席処分となっている。

    モイーズ監督が激怒したのは吉田のヴィクター・アニチェベに対するタックルだ。
    試合後のコメント同指揮官は「もしもう一度あのシーンを見直せばファウルだとわかる。疑問は皆無だ」と語った。

    「ヨシダはヴィクターに対してファウルを犯した。あれは明確なPKだったよ」

    審判に対して猛抗議したモイーズは結局退席処分となっている。
    試合はサウサンプトンが1点のリードを守りきり、モイーズ監督にとっては悔しい一戦に終わった。
    サウサンプトンは次戦アーセナルと対戦する。

    フットボールチャンネル 10月27日(木)11時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010013-footballc-socc

    写真
    no title

    http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2016/10/27/00/39BF53A400000578-3876714-image-a-50_1477525428750.jpg


    【サッカー】<イングランド・EFL杯>マタの決勝点でマンUが伝統のダービー制す!9人替えのマンCは6戦未勝利に
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477515605/

    イングランド・フットボールリーグ杯の準々決勝は来月28日に開催予定となっている。
    すべての組み合わせは以下のとおり。

    リバプール対リーズ・ユナイテッド
    マンチェスター・ユナイテッド対ウェストハム
    ハル・シティ対ニューカッスル
    アーセナル対サウサンプトン

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010008-footballc-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 14:08:45.16 ID:jvT4s6D40.net
    「まあ日本人の中で…なんて言ったらいいんだろうなぁ。
    日本サッカー史上最高の選手になりつつあるんじゃない? これで優勝したら、誰も何も言えない」。

    100理ある

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 04:24:44.76 ID:CAP_USER*.net
    キックオフ:26:30 / 試合会場:セント・メリーズ・スタジアム

    サウサンプトン 1-0 ウェストハム・ユナイテッド

    前半9分 1-0 吉田麻也

    後半8分 ヴィクター・ワンヤマ(サウサンプトン)退場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784794

    吉田麻也は先発フル出場

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 16:23:05.02 ID:CAP_USER*.net


    ◆イングランド・リーグ杯準々決勝 リバプール 6―1 サウサンプトン

     イングランドのリーグ杯準々決勝が行われ、日本代表DF(27)の所属するサウサンプトンは2日、ホームでリバプールと対戦し、1―6で大敗した。
    吉田はベンチスタートになり、最後まで出番がなかったが、試合後に報道陣の質問に答えた。吉田の一問一答は次の通り。

     ―今日出番がなかったのはなぜ?

     吉田「分かりません。分かりませんけど、うーん、カップ戦だけど、本当に(優勝に近づく)チャンスだったんで。今日はセンターバックで出られると思った。
    ただ、監督には監督の考えがあるし、そこにどうこうということはないですけど。しかし残念な結果だった」

     ―守備が崩壊して、昨季からの堅守を考えると、サウサンプトンらしくない試合だったが。

     吉田「試合の結果は残念の一言。しかしこれで週末(出場の)チャンスがあるかもしれない。12月は試合も多いし、
    ジョゼ(主将でセンターバックのレギュラー、フォンテ)もケガをしているので、このチャンスを生かさないといけないと思う。
    今日、試合に出られないで、チャンスを逃したかなと思いましたけど、まだ(監督に)見放されていない感じはあるので」

     ―今日のプログラム内のインタビューにもあったが、出る出ないに一喜一憂せず、しっかりやるという気持ちか?

     吉田「まあ、そこで言った通りです。サイドバックもやっていることで、コンディションはフィットしているので、
    出られれば結果は出せると思う。出られたらチャンスを逃さず、しっかりやりたい」

    スポーツ報知 12月3日(木)16時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000088-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 06:22:52.87 ID:???*.net

    news_168215_1

     
    プレミアリーグ第5節が12日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でウェスト・ブロムウィッチ(WBA)と対戦した。

    同試合に途中出場した吉田が、コンサドーレ札幌MF稲本潤一の保有していた日本人選手のプレミアリーグ最多出場記録を更新した。

     今シーズンのリーグ戦で初めて先発メンバーから外れた吉田は、75分にセドリック・ソアレスと交代で投入されて右サイドバックとして約15分間プレーした。

    この試合でプレミアリーグでの通算出場記録を67試合に伸ばし、稲本が樹立したプレミアリーグでの日本人選手最多出場記録を更新している。

     吉田は2012年にオランダのVVVフェンローからサウサンプトンに移籍。同年9月15日のアーセナル戦で途中出場し、プレミアリーグ初出場を果たしていた。これまでの通算記録は67試合に出場し2ゴールを記録。イエローカードは通算5枚受けている。

     これまで記録を保持していた稲本は、2001-02シーズンにアーセナルへ加入。その後、フルアム、ウェスト・ブロムウィッチでプレーしていた。

    日本人史上初となった稲本のプレミアリーグ初出場は、2002年8月17日のボルトン戦。そして、同年9月11日のトッテナム戦ではプレミア初ゴールも記録していた。

     なお、試合は0-0のままスコアレスドローに終わっている。

    ■プレミアリーグ日本人選手出場記録(データはリーグ公式サイトより)
    67試合 吉田麻也
    66試合 稲本潤一
    38試合 香川真司
    21試合 中田英寿
    17試合 宮市亮
    4試合 戸田和幸/岡崎慎司

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00349365-soccerk-socc

    【サッカー】吉田は途中出場 WBAと0-0で引き分け=イングランド・サッカー [転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1442074590/

    続きを読む

    9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/23(月) 12:01:56.03 ID:7hyHNjbF0.net
    麻也、本田らに遅れて到着「最初から良いアピールをしていきたい」 

    no title


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150323-00000040-sph-socc 

    > 「新しい監督になれば1からの競争だし、ザックさんの時とアギーレさんの時と 
    > 同じように最初から良いアピールをしていきたい。結果的に次のロシアW杯に 
    > 向けて半年棒に振ってる訳なので、質の高い練習をして、半年分を取り戻したい」 

    > 半年棒に振ってる 
    > 半年棒に振ってる 
    > 半年棒に振ってる 

    いいぞ吉田もっと言え! 金も時間もまるまる無駄にしたからな!
    続きを読む


    yoshida maya mono

    吉田麻也、W杯を振り返る「4年間を否定したくない」

    吉田麻也(撮影/岸本勉・PICSPORT)

    2014年07月12日10時15分

    日本テレビ「NEWS ZERO」(11日放送分)では、1分2敗でW杯を終えた日本代表DF・
    吉田麻也の帰国後初のインタビューを放送した。

    「整理はついた?」というインタビュアーの北澤豪氏に、「もう一週間以上経ってますし、終わって
    すぐのミックスゾーンだったり次の日っていうのは何を答えていいか分からなかったんですけど、今
    はある程度自分の頭の中で整理もついている」と答えた吉田は、「子供達はサッカー好きですし、
    W杯で悔しい思いをして多くの国民の方もしているんですけど、それでもサッカーは続いているんでこ
    こでサッカーの人気を絶やしちゃいけない」などと言葉を続けた。

    また、吉田にとって初めてのW杯を「“自分もこんな緊張するんだな”っていうのは思いました。特
    に初戦なんですけど。グッと足が重くなった」と振り返ると、コートジボワール戦で喫した2失点(
    =魔の2分間)を「(同点にされて)相手の勢いが変わった。明らかに走れてなかった選手が走れる
    ようになっていた」といい、その理由を「ドログバが入ってきて一気に雰囲気が変わった」と切り出
    したが、事実、ドログバは最初のドリブルで一気に日本ゴールへ攻め込むなど、チームに勢いをもた
    らしている。

    「ピッチの中で選手ができるのはいかに勢いの芽を摘むか。例えば最初にドログバが入ってきた時に
    ファウルでいいから、激しくいって勢いを鎮めるようなプレーをするとか。そういうのもあったらま
    た変わったかもしれない」と後悔の弁を述べた吉田。

    この4年間について改めて訊かれると「プロとして結果が全てなので結果を受け止めると間違ってた
    のかもしれない。でも僕はこのサッカー、日本人の特徴を活かしてチームプレーを重視してフィジカ
    ルではなくアジリティを用いたサッカーっていうベクトルは間違ってないと思います」と話すと「ブ
    ラジルのためにやってきたので、この4年間を否定したくないなっていう思いも強いのでまた次のW
    杯でメンバーに選ばれて今までやってきたことは間違いじゃなかったですって言えたら」と前を向い
    た。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9035355/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ