サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:吉田

    1: Egg ★ 2017/01/27(金) 07:12:46.83 ID:CAP_USER9

    Cso9PNTVYAAUj63

     
    【スコア】
    ハル 2-1(2戦合計2-3)マンチェスター・U

    【得点者】
    1-0 35分 トム・ハドルストーン(PK)(ハル)
    1-1 66分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
    2-1 84分 バイエ・オウマル・ニアッセ(ハル)

    GOAL..com
    http://www.goal.com/en/match/hull-city-vs-manchester-united/2378100/lineups?ICID=MP_MS_2

    フットボール・リーグカップ(EFLカップ)準決勝セカンドレグが26日に行われ、ハルとマンチェスター・Uが対戦した。

    公式戦17試合負けなしと好調が続くマンチェスター・U。10日にホームで行われたファーストレグでは2-0と完封勝利を収めており、優位な状況でセカンドレグを迎えた。
    先発メンバーには、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表MFポール・ポグバらが名を連ねた。

    試合は35分、アウェーのハルが先制に成功する。左CKからのクロスに対してエリア内で競り合う際にハリー・マグワイアがマルコス・ロホに倒され、PKを獲得。
    キッカーのトム・ハドルストーンがゴール左下に決めた。前半はハル1点リードで折り返した。

    突破に向けて少なくとももう1点が必要なハルは、後半に入って立て続けに交代カードを切る。
    59分にラザル・マルコヴィッチ、64分にはエヴァンドロと今冬獲得した2選手をピッチに送り込んだ。

    しかしながら66分、マンチェスター・Uが貴重なアウェーゴールを奪う。イブラヒモヴィッチのスルーパスにラッシュフォードがエリア内左に抜け出す。
    相手DFがクリアしようと触ったボールがエリア内中央にこぼれると、走り込んだポグバが右足でシュート。ボールは相手DFの股間を通過して、ゴール右下に吸い込まれた。

    84分、ハルが再びリードを奪う。右サイドのデイヴィッド・メイラーのクロスに、エリア内左でフリーになっていたバイエ・オウマル・ニアッセが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。
    試合はこのまま終了し、ハルが2-1で勝利。2戦合計3-2としたマンチェスター・Uが優勝した2010年以来の決勝進出を決めた。

    マンチェスター・Uは2月26日に行われる決勝で、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

    SOCCER KING?1/27(金) 6:58配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00546257-soccerk-socc

    ハルがホームで意地を見せて勝利も、決勝進出はマンチェスター・U/EFLカップ準決勝 GOAL?1/27(金) 6:43配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000035-goal-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggPFOzwXYOIs4cgFn8m61f5Q---x900-y506-q90/amd/20170127-00000035-goal-000-view.jpg

    公式HP リーグ杯
    http://cup.efl.com/

    【サッカー】<EFLカップ準決勝>サウサンプトンが敵地でもリヴァプールに完封勝利で決勝進出!DF吉田麻也はフル出場
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485381969/

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/22(日) 22:54:18.47 ID:CAP_USER9
    第22節

    C2yEqA0UoAIAkBc


    1/22(日)21:00セント・メリーズ・スタジアム

    【スコア】
    サウザンプトン 3-0 レスター・シティ

    【得点者】
    【得点者】
    1-0 26分 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)
    2-0 40分 ジェイ・ロドリゲス(サウサンプトン)
    3-0 86分 ドゥシャン・タディッチ(PK)(サウサンプトン)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927800

    サウサンプトンにアクシデント! ファン・ダイクがレスター戦で負傷、主力CB吉田のみの緊急事態
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010022-soccermzw-socc

    プレミアリーグ第22節が22日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと同代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。吉田はセンターバック、岡崎は2トップの一角で先発出場している。

     ホームのサウサンプトンは現在、リーグ戦4連敗中で13位に沈んでいる。今節は下位から抜け出すために、ホームで2017年初勝利を狙う。一方、優勝した昨シーズンから一転、残留争いを強いられている15位のレスターは、この試合で3戦ぶりの白星を目指す。両チームの勝ち点は3差の下位直接対決となる。

     最初にチャンスを作ったのはサウサンプトン。6分、左サイドを駆け上がったドゥシャン・タディッチがフリーでクロスを入れると、逆サイドのネイサン・レドモンドがヘディングで合わせたが、ここはクロスバーのわずか上に外れた。

     一方、レスターはカウンターからチャンスを作る。20分、サウサンプトンのCKをしのぐと、カウンターからデマレイ・グレイが左サイドを持ち上がる。そのままエリア左横までドリブルすると、カットインしてシュートを放ったが、ここはGKフレイザー・フォースターが弾いた。さらに24分、中盤でグレイがボールをカットすると、岡崎に渡してエリア内に走り込む。岡崎がグレイにスルーパスを送ったが、ここはシュートまで持ち込めなかった。

     スコアが動いたのは26分。サウサンプトンが右サイドから攻め込むと、セドリク・ソアレスがレドモンドとのワンツーから縦へ突破する。マイナスの折り返しを送ると、ジェームズ・ウォード・プラウズがダイレクトで合わせて先制に成功した。

     1点を追うレスターは31分にエリア手前でFKを獲得する。キッカーのグレイが右足で狙ったが、壁に当たってしまいチャンスを生かせなかった。

     するとサウサンプトンは40分に追加点を奪う。左サイドでFKを獲得すると、ウォード・プラウズがクロスを入れる。ファーサイドの吉田がヘディングで落とすと、これをジェイ・ロドリゲスが左足で押し込み、リードを2点に広げた。吉田にとっては今シーズンのリーグ戦初アシストとなった。このまま2-0でサウサンプトンがリードしてハーフタイムを迎える。

     レスターはハーフタイムにナンパリス・メンディを下げ、後半からマーク・オルブライトンを投入した。一方、サウサンプトンは55分にフィルジル・ファン・ダイクが負傷交代し、代わってジャック・スティーヴンスがピッチに入った。

     サウサンプトンは60分、相手のミスからビッグチャンスを手にする。レスターのクリスティアン・フクスがエリア手前でバックパスを奪われると、ピエール・エミル・ホイビュルクがフリーでシュートを放ったが、バランスを崩してしまい、ボールはゴール左に外れてしまった。

     レスターは62分に岡崎を下げてアーメド・ムサを投入する。75分、サウサンプトンはタディッチが左足でクロスを入れると、吉田と競り合ったウェズ・モーガンがクリアしきれずに自陣のゴールに入れてしまう。しかし、ここは吉田がわずかにオフサイドポジションにいたため、得点は取り消された。

     85分、サウサンプトンはカウンターから途中出場のシェーン・ロングが左サイドで抜け出すと、モーガンがエリア内で倒してしまい、PKが与えられる。これをキッカーのタディッチが右上に豪快に蹴り込み、サウサンプトンが3点差をつけた。

     このままサウサンプトンが3-0でレスターを下し、第17節以来5試合ぶりの白星を収めた。一方、レスターはリーグ戦2連敗を喫した。なお、吉田はフル出場、岡崎は62分まで出場した。

     次節、サウサンプトンはスウォンジーと、レスターはバーンリーと、それぞれ敵地で対戦する。

    SOCCER KING 1/22(日) 22:52配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544524-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/10/28(金) 15:16:28.78 ID:CAP_USER9
    news_168215_1


    サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也がブログ(http://lineblog.me/mayayoshida/archives/12413544.html)を更新し、先日英国メディアによってプレミアの最高時速上位10傑選手として取り上げられたことに言及した。

     記事は英『デイリー・ミラー』が報じたもので、プレミアの選手たちが今季ここまで記録した最高速度の上位10名を発表。吉田はスピードスターとして知られるアーセナルのFWセオ・ウォルコットと同じ34.78 km/hを記録し、8位にランクインした。7つのトピックスの一つとして吉田が取り上げられたことで、日本でも“7不思議”として伝えられた。

     これについて「イギリスのスピードランキングに関してのツッコミは受け付けてませんので。笑」と照れた吉田だが、「意識して取り組むというのは大切だということですね。もちろんもっと向上しなきゃいけないですが」と記録向上を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-01632683-gekisaka-socc

    続きを読む

    26: 名無しさん@恐縮です ^^ 2016/10/27(木) 12:10:23.00 ID:LpePYNZm0
    ザックは吉田に今後成長し続けないと代表に呼ばないと言われてたらしいからな
    続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★2016/10/21(金) 06:34:33.77 ID:CAP_USER9

    CvO96jiUsAAXTKc
     
     ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が現地時間の20日に行なわれ、長友佑都が所属するインテルは吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦。インテルが勝利し、EL日本人対決は長友に軍配が上がった。

     リーグ戦では出場機会に恵まれていない長友と吉田だが、この日は両選手揃って先発に名を連ねた。前半はサウサンプトンがチャンスを多く作るもGKサミール・ハンダノビッチがゴールマウスを割らせない。0-0でハーフタイムを迎える。

     すると67分、ここまで相手にペースを握られていたインテルが先制に成功する。インテル左サイドバックのダビデ・サントンからのクロスにアントニオ・カンドレーバがボレーシュートで合わせる。これが左上隅に決まり1-0とインテルがリードを奪う。

     その後、規律違反で長く戦列から離れていたインテルのMFマルセロ・ブロゾビッチが2枚目のイエローカードで退場。終盤に再びサウサンプトンが攻め込むも、そのまま1-0で試合は終了した。長友はアディショナルタイム91分にDFダニーロ・ダンブロージオと交代。吉田はフル出場を果たしている。

     この勝利でインテルは今季EL初勝利を挙げ、2位サウサンプトンと3位ハポエルとの勝点差を1としている。


    インテル 1-0 サウサンプトン EL 第3節

    【得点者】
    67分 1-0 カンドレーバ(インテル)


    フットボールチャンネル 10月21日 5時54分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010001-footballc-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/10/06(木) 18:07:09.14 ID:CAP_USER9
     英ミラー紙(電子版)が5日、ショッキングなデータを公開した。
    yoshida maya mono

     同紙の読者投票(6日午後5時現在)でも85%が「ショックだ」と答えた、そのデータとは。なんとサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(28)の足の速さが、快足で知られるアーセナルFWセオ・ウォルコット(27)と同じ、というものだった。

     ミラー紙は今季プレミアリーグでプレーした選手の足の速さをランキングで紹介。1位がロング(サウサンプトンFW)の時速35・31キロで、以下2位グーチ(サンダーランドMF)、3位ウォーカー(トットナムDF)、4位バーディー(レスターFW)、5位グレイ(バーンリーFW)…と続く。中でも衝撃的だったのは8位。吉田とウォルコットが時速34・78キロで並んだのだ。ミラー紙も「マヤ本人も信じないだろう」と記したほどの驚きだ。

     10位のベリェリン(アーセナルDF)も40メートルを4・42秒で走り、ウォルコットの持つクラブ記録を破った快足。あの陸上のボルトですら100メートルの世界記録9秒58を出した際の40メートルは4・64秒。ベリェリンはボルトにスプリントの勝負を持ち掛けているほどだが、吉田はそのベリェリンよりも速かったのだ。

     吉田は現時点でバイリー(マンチェスターU)に次いで、プレミアリーグで2番目に速いセンターバックと認定された。今後は「データが間違っていた」ということのないように、簡単に抜き去られるシーンはなくしてほしい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000109-nksports-socc

    続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2016/06/04(土) 02:18:52.61 ID:CAP_USER9
    ゲキサカ 6月4日 0時36分配信

    [6.3 キリン杯準決勝 日本7-2ブルガリア 豊田ス]

     自身初の1試合2ゴールにも表情は冴えなかった。古巣・名古屋の本拠地でもある豊田スタジアムでの
    代表戦。日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は前半38分と後半8分にゴールを決め、7-2の大勝に貢献した。

     この日の2得点で国際Aマッチ通算9ゴールとなった吉田だが、1試合複数得点は初めて。試合後の
    インタビューでは「2得点を取ったことがなかったので素直にうれしい」と話したが、6-0と大量リード
    してからの2失点はもちろん、対戦相手の“レベル”にも不満が残った。

    「もうちょっとブルガリアはやるかなと期待していた。僕らにとって欧州のチームと対戦できるのは
    貴重なこと。もうちょっとフィットして来てくれることを期待していたけど、ちょっと拍子抜けというか、
    残念だった」

     ハリルジャパンにとって初の欧州勢との試合。日本代表としても、14年ブラジルW杯のギリシャ戦以来となる
    対欧州の国際Aマッチだった。どうしてもアジア相手の試合が多くなる日本にとって、欧州勢と“本気”の
    勝負ができる機会が限られているのは、W杯を見据えたとき大きなハンデとなっている。

     だからこそ、2失点にも納得するわけにはいかない。7日の決勝では再び欧州勢のボスニア・
    ヘルツェゴビナと対戦する。この日の準決勝では198cmの長身FWミラン・ジュリッチ(チェゼーナ)が
    2ゴールを決め、PK戦の末、デンマークを下した。「まずは無失点で」。決勝がさらにハイレベルな
    試合となることに期待する麻也は、そのうえで完封勝利を目指すつもりだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-01627952-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@ 2016/05/02(月) 13:00:34.77 ID:CAP_USER9
    [2016年5月2日9時47分]

    <プレミアリーグ:サウサンプトン4-2マンチェスターC>◇1日◇サウサンプトン

     サウサンプトンDF吉田麻也は出番がなかったが、「(今季の)残りは2試合。じたばたしても仕方がない」と冷静に受け止めた。

     日本代表で同僚のFW岡崎慎司が所属するレスターはリーグ優勝が目前。快進撃の要因については「分からない。分からないぐらいすごいことをやっている」と話した。

     次節はレスターと優勝を争うトットナムが対戦相手。「(レスターの)優勝の可能性が残っているならば、僕らが勝って優勝させてあげたら面白い」と岡崎の援護を約束した

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1640744.html

    https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xpl1/v/t1.0-9/13133389_10154132056987769_1640179644131451959_n.jpg?oh=cc2cb8e25caadd0d9cce4ebb6c350b1f&oe=57E5AD38

    続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 00:50:26.43 ID:CAP_USER*.net
    2016/03/21-00:34

     サッカーのイングランド・プレミアリーグで20日、吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでリバプールに3-2で逆転勝ちした。吉田はベンチ入りしたが、出番はなかった。 (時事)

    (2016/03/21-00:34)

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016032100006


    ※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ