サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:吉田

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/05/24(水) 16:18:12.87 ID:CAP_USER9

    C2yEqA0UoAIAkBc


    今シーズンもプレミアリーグで戦う2人の日本代表プレーヤーを追いかけた。ひとりは、サウサンプトンのDF吉田麻也。もうひとりは、レスターのFW岡崎慎司である。

    プレミア在籍5季目となった吉田の出場記録は、リーグ戦の先発数は23試合。カップ戦を含めた今季通算では37試合で先発出場した。
    一方、在籍2季目の岡崎慎司は、リーグ戦の先発数が21試合(途中出場が9試合)。今季通算では29試合で先発した(途中出場が11試合)。

    充実度が高かったのは吉田だ。昨季まで控え扱いに甘んじていたが、シーズン後半戦からレギュラーに昇格し、今季を飛躍の1年にした。
    もっとも、その背景にはポルトガル代表DFのジョゼ・フォンテ(現ウェストハム)が冬の市場で移籍したことがあるが、吉田の成長がなければ、レギュラーCBに昇格することはなかった。
    実際、レギュラーにふさわしい安定感のあるプレーを続け、クラブの年間表彰式では「会長賞」を受賞した。

    コツコツと取り組んだ個人トレーニングも吉田の成長を促した。控え時代に筋力トレーニングを続け、2012年入団時に比べると体重は7~8キロも増えた。
    加えて、岡崎慎司のパーソナルコーチを務める杉本龍勇氏(法政大学教授)の指導を受けながら、
    アジリティ(俊敏性)を落とさずスピードアップも図った。おかげで、守備の局面では力強く、そして動きも軽快そのものだった。

    そんな今シーズンを吉田は次のように振り返る。

    「今季は自分にとっていいシーズンだった。チャンスが来るのを今までずっと待っていたので。
    (そのチャンスが)来た時にしっかりつかめてよかったと思います。いまは試合に出続けているので、これを継続していくことが大事。
    よりいい選手になっていかないといけない。プレミアリーグは世界でも一番、競争が激しいリーグだと思う。クラブの成長に伴って、自分も成長していかないと置いていかれる。
    そうやって置いて行かれた選手も見てきたし、逆に言うと、期待された以上の伸びを見せてステップアップした選手も見てきた。
    もちろん、自分は後者になりたい。サウサンプトンで結果を出していくことが大事。もっといい選手になりたいです」

    一方、リーグ優勝を経験した昨シーズンから、さらにもう一?、前に進めなかったのが岡崎だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00000050-sasahi-socc
    AERA dot. 5/24(水) 16:00配信

    続きを読む

    1: チキン ★@^^ 2017/05/18(木) 10:33:17.34 ID:CAP_USER9
    吉田麻也、ルーニー辛口批評「なんでストライカー」
    日刊スポーツ 5/18(木) 9:29配信

    <プレミアリーグ:サウサンプトン0-0マンチェスターU>◇17日◇サウサンプトン

     DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと0-0で引き分けた。

     吉田はセンターバックでフル出場した。

     サウサンプトンは勝ち点を46と伸ばし、8位。最終節はホームでストークと対戦する。

     以下は吉田との一問一答。

     -引き分けという結果になったが、PKのチャンスもあったし、勝てたのでは?

     吉田 勝てたでしょ(笑)。勝てたな~。

     -マンUにひと泡吹かせたかった?

     吉田 そうですね。全然チャンスあったと思うんですけどね。(点が)入んないね。後ろは良かったとは思うんですけど、やっぱりアタッキングサードのところでのインパクトがちょっと、あとクリニカルな部分が足りなかったし。マンUもやっぱり良くないけど、やっぱり最後のところは体張ってくるなっていう感じはありましたね。

     -個人的にはどうだった? やられる場面はほぼなかった

     吉田 守ってるぶんには全然。ルーニーだったから、動きもほとんどなかったし。なんでストライカーやってるんだろうって感じです。

     -ルーニーは最近衰えが指摘されているが、それは感じた?

     吉田 裏に抜ける感じもないし、足元でつくる感じも別にないし。逆にラッシュフォードが入ってきてから、斜めに、背後に動かれて結構しんどかったですけどね。

     -ラッシュフォードにはどういう意識で対応した? 裏に抜かれないことに注意しながら?

     吉田 そうですね。とにかく斜めの動きについて行くこと、オフサイドに逃げずについて行って、それでインターセプトできればベストだし、仮に1対1になってもしっかり対応できればいいなと思ってたんですけど。前で奪うことができたんで良かったですね。

     ー前節でイングランドでの公式戦最多出場(35)を記録して、4月のクラブの最優秀選手にも選ばれた。いいシーズンだったといえる?

     吉田 8位で終われたらそう思える。だから最後の試合しっかり勝って、というのが大事になってくる。勝ちたいっすね。ストークも調子が良くないし、チャンスはある。ホームで立て続けに2試合できるんで。そこはやっぱりチャンスだと思う。

     -今シーズンを振り返ると、1月からレギュラーをつかみ、フル出場を続けて終わろうとしている

     吉田 最後までいいパフォーマンスを継続したいし、最後もゼロで終わりたいと思っている。今季は自分にとっていいシーズンだったし、チャンスが来るのを今までずっと待っていたので。(そのチャンスが)来た時にしっかりつかめてよかったとは思いますけど、また夏の補強でどうなるかわからないし、監督も出るかもしれないというニュースが出ている。わからないですけど、状況はまた変わるんで。もちろん今はまだ考えていないですけど、オフシーズンをいい過ごし方をして、またいい状況でプレシーズンを迎えたい。ただ1年出続けたので、しっかりメンテもしなければいけないし。もちろん継続してパワーアップもしなければいけないとも思う。

     -サウサンプトンではレギュラーをつかんだという感触はあるか?

     吉田 いやないっすね。半年半年が勝負なんで。一瞬でも気を抜いたらまた足元救われるという感覚の方が強いです。

    >>2以降に続く

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/05/09(火) 12:31:48.02 ID:CAP_USER9
    サウサンプトンでリーグ16試合連続スタメン 米メディアがチーム3位タイの採点与える
     
    サウサンプトンのは、7日の敵地リバプール戦(0-0)でリーグ戦16試合連続の先発フル出場を果たした。
    両チームトップとなる9回のクリアを記録するなど、安定した守備で失点を許さず。英国外でも「隠れた英雄」「日本のエース」と高い評価を手にしている。

    この日の英雄は、後半にリバプールのMFジェームズ・ミルナーのPKを止めたサウサンプトン守護神フレイザー・フォースターだったが、
    吉田もアンフィールドで見せ場を作った。

    前半15分だった。サウサンプトンはMFオリオル・ロメウが自陣でボールを失うと、
    リバプールFWロベルト・フィルミーノが持ち込んで右足を振り抜く。ここで立ちはだかった吉田は、このシュートをブロックした。

    英紙「デイリー・メール」の採点でも、トップは守護神のフォースターで7.5点。
    吉田は単独2位の7点と高く評価されているが、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」も吉田に高評価を与えた。

    輝けるパフォーマンスを見せた」

    「またしても日本のエースが輝けるパフォーマンスを見せた。急速にサウサンプトンの隠れた英雄になろうとしている」

    寸評ではこう絶賛され、10点満点の採点で合格点となる7点を手にした。
    フォースターの9点、MFロメウの8点に続くチーム3位タイの評価だった。

    これまでは時折不安定さや失点に直結するようなミスを犯していた吉田だが、
    今季途中に定位置を確保してからは隙のないパフォーマンスを見せて、イングランド内外で評価を高めている。

    Football ZONE web 5/9(火) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170509-00010000-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★^^2017/04/06(木) 06:59:32.76 ID:CAP_USER9

    no title

     
    [スコア]

    サウサンプトン 3-1 クリスタル・パレス

    [得点者]

    サウサンプトン:レドモンド(45)、吉田麻也(84)、ウォード・プラウズ(85)

    クリスタル・パレス:ベンテケ(31)

    [メンバー]

    サウサンプトン:フォースター、セドリック、スティーブンス、吉田麻也、マックイーン、ロメウ、S・デイビス(→ホイビュルク 87)、ウォード・プラウズ、タディッチ、レドモンド(→ロドリゲス 90)、ロング

    クリスタル・パレス:ヘネシー、ウォード、サコ、シュルップ(→ディレイニー 58)、ケリー、キャバイェ(→バカリ・サコ 46)、ミリボイェビッチ(→ フラミニ 88)、タウンゼント、パンチョン、ザハ、ベンテケ

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2242068&season=12653

    最後まで攻め続けたサウサンプトン

    5日、サウサンプトンはプレミアリーグ第31節でクリスタル・パレスと対戦した。

    序盤はサウサンプトンがペースを握り、いきなりロングが裏に抜け出して際どいシュートを放つなど幸先良いスタートを切る。
    一方のクリスタル・パレスはチャンスの数はそれほど多くなかったが、クリスティアン・ベンテケを活かすパターンで対抗。
    高さ、パワーのあるベンテケにジャック・スティーブンスと吉田麻也のセンターバックコンビが手を焼く場面もあった。

    すると31分、そのベンテケが結果を出す。左サイドからザハ、パンチョンと繋ぎ、最後は右サイドを駆け上がったタウンゼントのクロスに
    ベンテケが合わせてクリスタル・パレスが先制。吉田もベンテケについていたのだが、クロスの場面では完全に見失っていた。
    ザハ、パンチョン、タウンゼント、そしてベンテケとクリスタル・パレスの豪華なアタッカー陣が上手く絡んだのも特徴的だ。

    しかしサウサンプトンも前半終了間際に追いつく。右サイドの高い位置でボールを奪うと、クロスのこぼれ球をレドモンドが蹴り込んで同点に追いつく。
    後半もペースを握っていたのはサウサンプトンで、クリスタル・パレスのゴールを何度も脅かした。
    77分にはセットプレイから吉田がヘディングでゴールを狙うが、これはGKがキャッチ。サウサンプトンは攻め込みながらなかなか得点を奪えない。

    このまま同点で終了かと思われたが、吉田が大仕事を果たす。84分、セットプレイで上がっていた吉田は、左サイドから味方が折り返したボールのこぼれ球に反応。
    左足で押し込んで貴重な逆転弾を記録する。その吉田のゴールで勢いがついたのか、その1分後にはウォード・プラウズが決めて3-1。一気にリードを広げる。

    試合はそのまま3-1で終了。執念で攻め続けたサウサンプトンがホームで勝ち点3を獲得することに成功した。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/6(木) 5:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00010008-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/27(金) 07:12:46.83 ID:CAP_USER9

    Cso9PNTVYAAUj63

     
    【スコア】
    ハル 2-1(2戦合計2-3)マンチェスター・U

    【得点者】
    1-0 35分 トム・ハドルストーン(PK)(ハル)
    1-1 66分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
    2-1 84分 バイエ・オウマル・ニアッセ(ハル)

    GOAL..com
    http://www.goal.com/en/match/hull-city-vs-manchester-united/2378100/lineups?ICID=MP_MS_2

    フットボール・リーグカップ(EFLカップ)準決勝セカンドレグが26日に行われ、ハルとマンチェスター・Uが対戦した。

    公式戦17試合負けなしと好調が続くマンチェスター・U。10日にホームで行われたファーストレグでは2-0と完封勝利を収めており、優位な状況でセカンドレグを迎えた。
    先発メンバーには、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表MFポール・ポグバらが名を連ねた。

    試合は35分、アウェーのハルが先制に成功する。左CKからのクロスに対してエリア内で競り合う際にハリー・マグワイアがマルコス・ロホに倒され、PKを獲得。
    キッカーのトム・ハドルストーンがゴール左下に決めた。前半はハル1点リードで折り返した。

    突破に向けて少なくとももう1点が必要なハルは、後半に入って立て続けに交代カードを切る。
    59分にラザル・マルコヴィッチ、64分にはエヴァンドロと今冬獲得した2選手をピッチに送り込んだ。

    しかしながら66分、マンチェスター・Uが貴重なアウェーゴールを奪う。イブラヒモヴィッチのスルーパスにラッシュフォードがエリア内左に抜け出す。
    相手DFがクリアしようと触ったボールがエリア内中央にこぼれると、走り込んだポグバが右足でシュート。ボールは相手DFの股間を通過して、ゴール右下に吸い込まれた。

    84分、ハルが再びリードを奪う。右サイドのデイヴィッド・メイラーのクロスに、エリア内左でフリーになっていたバイエ・オウマル・ニアッセが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。
    試合はこのまま終了し、ハルが2-1で勝利。2戦合計3-2としたマンチェスター・Uが優勝した2010年以来の決勝進出を決めた。

    マンチェスター・Uは2月26日に行われる決勝で、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

    SOCCER KING?1/27(金) 6:58配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00546257-soccerk-socc

    ハルがホームで意地を見せて勝利も、決勝進出はマンチェスター・U/EFLカップ準決勝 GOAL?1/27(金) 6:43配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000035-goal-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggPFOzwXYOIs4cgFn8m61f5Q---x900-y506-q90/amd/20170127-00000035-goal-000-view.jpg

    公式HP リーグ杯
    http://cup.efl.com/

    【サッカー】<EFLカップ準決勝>サウサンプトンが敵地でもリヴァプールに完封勝利で決勝進出!DF吉田麻也はフル出場
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485381969/

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/22(日) 22:54:18.47 ID:CAP_USER9
    第22節

    C2yEqA0UoAIAkBc


    1/22(日)21:00セント・メリーズ・スタジアム

    【スコア】
    サウザンプトン 3-0 レスター・シティ

    【得点者】
    【得点者】
    1-0 26分 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)
    2-0 40分 ジェイ・ロドリゲス(サウサンプトン)
    3-0 86分 ドゥシャン・タディッチ(PK)(サウサンプトン)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927800

    サウサンプトンにアクシデント! ファン・ダイクがレスター戦で負傷、主力CB吉田のみの緊急事態
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010022-soccermzw-socc

    プレミアリーグ第22節が22日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと同代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。吉田はセンターバック、岡崎は2トップの一角で先発出場している。

     ホームのサウサンプトンは現在、リーグ戦4連敗中で13位に沈んでいる。今節は下位から抜け出すために、ホームで2017年初勝利を狙う。一方、優勝した昨シーズンから一転、残留争いを強いられている15位のレスターは、この試合で3戦ぶりの白星を目指す。両チームの勝ち点は3差の下位直接対決となる。

     最初にチャンスを作ったのはサウサンプトン。6分、左サイドを駆け上がったドゥシャン・タディッチがフリーでクロスを入れると、逆サイドのネイサン・レドモンドがヘディングで合わせたが、ここはクロスバーのわずか上に外れた。

     一方、レスターはカウンターからチャンスを作る。20分、サウサンプトンのCKをしのぐと、カウンターからデマレイ・グレイが左サイドを持ち上がる。そのままエリア左横までドリブルすると、カットインしてシュートを放ったが、ここはGKフレイザー・フォースターが弾いた。さらに24分、中盤でグレイがボールをカットすると、岡崎に渡してエリア内に走り込む。岡崎がグレイにスルーパスを送ったが、ここはシュートまで持ち込めなかった。

     スコアが動いたのは26分。サウサンプトンが右サイドから攻め込むと、セドリク・ソアレスがレドモンドとのワンツーから縦へ突破する。マイナスの折り返しを送ると、ジェームズ・ウォード・プラウズがダイレクトで合わせて先制に成功した。

     1点を追うレスターは31分にエリア手前でFKを獲得する。キッカーのグレイが右足で狙ったが、壁に当たってしまいチャンスを生かせなかった。

     するとサウサンプトンは40分に追加点を奪う。左サイドでFKを獲得すると、ウォード・プラウズがクロスを入れる。ファーサイドの吉田がヘディングで落とすと、これをジェイ・ロドリゲスが左足で押し込み、リードを2点に広げた。吉田にとっては今シーズンのリーグ戦初アシストとなった。このまま2-0でサウサンプトンがリードしてハーフタイムを迎える。

     レスターはハーフタイムにナンパリス・メンディを下げ、後半からマーク・オルブライトンを投入した。一方、サウサンプトンは55分にフィルジル・ファン・ダイクが負傷交代し、代わってジャック・スティーヴンスがピッチに入った。

     サウサンプトンは60分、相手のミスからビッグチャンスを手にする。レスターのクリスティアン・フクスがエリア手前でバックパスを奪われると、ピエール・エミル・ホイビュルクがフリーでシュートを放ったが、バランスを崩してしまい、ボールはゴール左に外れてしまった。

     レスターは62分に岡崎を下げてアーメド・ムサを投入する。75分、サウサンプトンはタディッチが左足でクロスを入れると、吉田と競り合ったウェズ・モーガンがクリアしきれずに自陣のゴールに入れてしまう。しかし、ここは吉田がわずかにオフサイドポジションにいたため、得点は取り消された。

     85分、サウサンプトンはカウンターから途中出場のシェーン・ロングが左サイドで抜け出すと、モーガンがエリア内で倒してしまい、PKが与えられる。これをキッカーのタディッチが右上に豪快に蹴り込み、サウサンプトンが3点差をつけた。

     このままサウサンプトンが3-0でレスターを下し、第17節以来5試合ぶりの白星を収めた。一方、レスターはリーグ戦2連敗を喫した。なお、吉田はフル出場、岡崎は62分まで出場した。

     次節、サウサンプトンはスウォンジーと、レスターはバーンリーと、それぞれ敵地で対戦する。

    SOCCER KING 1/22(日) 22:52配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544524-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/10/28(金) 15:16:28.78 ID:CAP_USER9
    news_168215_1


    サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也がブログ(http://lineblog.me/mayayoshida/archives/12413544.html)を更新し、先日英国メディアによってプレミアの最高時速上位10傑選手として取り上げられたことに言及した。

     記事は英『デイリー・ミラー』が報じたもので、プレミアの選手たちが今季ここまで記録した最高速度の上位10名を発表。吉田はスピードスターとして知られるアーセナルのFWセオ・ウォルコットと同じ34.78 km/hを記録し、8位にランクインした。7つのトピックスの一つとして吉田が取り上げられたことで、日本でも“7不思議”として伝えられた。

     これについて「イギリスのスピードランキングに関してのツッコミは受け付けてませんので。笑」と照れた吉田だが、「意識して取り組むというのは大切だということですね。もちろんもっと向上しなきゃいけないですが」と記録向上を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-01632683-gekisaka-socc

    続きを読む

    26: 名無しさん@恐縮です ^^ 2016/10/27(木) 12:10:23.00 ID:LpePYNZm0
    ザックは吉田に今後成長し続けないと代表に呼ばないと言われてたらしいからな
    続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★2016/10/21(金) 06:34:33.77 ID:CAP_USER9

    CvO96jiUsAAXTKc
     
     ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が現地時間の20日に行なわれ、長友佑都が所属するインテルは吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦。インテルが勝利し、EL日本人対決は長友に軍配が上がった。

     リーグ戦では出場機会に恵まれていない長友と吉田だが、この日は両選手揃って先発に名を連ねた。前半はサウサンプトンがチャンスを多く作るもGKサミール・ハンダノビッチがゴールマウスを割らせない。0-0でハーフタイムを迎える。

     すると67分、ここまで相手にペースを握られていたインテルが先制に成功する。インテル左サイドバックのダビデ・サントンからのクロスにアントニオ・カンドレーバがボレーシュートで合わせる。これが左上隅に決まり1-0とインテルがリードを奪う。

     その後、規律違反で長く戦列から離れていたインテルのMFマルセロ・ブロゾビッチが2枚目のイエローカードで退場。終盤に再びサウサンプトンが攻め込むも、そのまま1-0で試合は終了した。長友はアディショナルタイム91分にDFダニーロ・ダンブロージオと交代。吉田はフル出場を果たしている。

     この勝利でインテルは今季EL初勝利を挙げ、2位サウサンプトンと3位ハポエルとの勝点差を1としている。


    インテル 1-0 サウサンプトン EL 第3節

    【得点者】
    67分 1-0 カンドレーバ(インテル)


    フットボールチャンネル 10月21日 5時54分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010001-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ