サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:動画



    【動画あり】現役引退を発表した「柳沢敦選手」の記憶に残るプレーベスト5

    またしてもサッカーファンにとっては寂しいニュースだ。2014年12月4日、中田浩二選手に続き、柳沢敦選手が
    今季限りでの引退を発表した。いつか訪れる瞬間だが、長らく日本サッカーの飛躍を支えた存在であるだけに、
    寂しさを覚える人も多いことだろう。

    高校時代にJリーグの13クラブが獲得に動き、W杯に二度出場。イタリアでもプレーした、日本を代表するスト
    ライカーであった柳沢選手。思い返せば記憶に残るプレーは数多い。ということで、勝手にランキングベスト
    5として、動画と共にお届けしたい。

    【柳沢敦選手の記憶に残るプレーベスト5】

    5位:柳沢選手が起点となったスーパーゴール
    サッカー日本代表の史上最高ゴールと呼び声が高いのが、2006年5月30日にドイツ代表との試合で高原選手が
    決めたゴール。しかし注目したいのは、自陣前からカウンターの起点となった柳沢選手だ。ヘディングでパスを
    出し、すぐに立ち上がる柳沢選手がいなければ、歴史に残るスーパーゴールは生まれなかった。

    4位:無人のゴールにシュートミス
    スーパーゴールとは正反対だが、思わぬところでミスをしてしまうのも、今となっては柳沢選手らしいプレーで
    あった。2011年8月20日の名古屋グランパスとの試合では、ゴールキーパーからボールを奪うも、痛恨のシュート
    ミス。無人のゴールの横を、シュートが通り過ぎるシーンを覚えている人も多いはずだ。

    3位:意表を突いた技ありゴール
    続いては2008年11月8日に柳沢選手が、横浜F・マリノスを相手に決めたゴールだ。中盤でFKを得ると、柳沢選手は
    自らボールをセットし、前線へ猛ダッシュ。味方のスルーパスをダイレクトでゴールへ流し込んだ。相手の
    意表を突いたリスタートからの技ありゴールであった。

    2位:通称「QBK」
    2006年のW杯ドイツ大会、グループリーグのクロアチア戦で決定的なチャンスを外してしまった柳沢選手。
    試合後、「急にボールが来たので……」と発言したことで、ネットでは「QBK」と略された。W杯という
    大舞台であったため、このプレーが記憶に残っている人も多いだろう。

    1位:イタリア戦でのスーパーボレー
    そして1位に輝いたのは、2001年11月7日に行われた日本 vs イタリアの親善試合で決めたスーパーボレーだ。
    稲本選手のピンポイントクロスにアウトサイドで流し込んだゴールは美しく、鮮明に覚えている人も多いはず。
    彼ほど多くのチャンスを演出し、ゴールを決めてきた選手はそういないだろう。

    ……以上が、勝手にランキングベスト5である。ちなみに柳沢選手は、所属するベガルタ仙台のオフィシャル
    サイトを通じて、次のようにコメントしている。

    http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20141205/Rocketnews24_517804.html

    続きを読む

    ■バルサ対アポエル ハイライト動画


    ■バイエルン対マンC ハイライト動画




    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 第5節

    ◆ E組
     CSKAモスクワ(ロシア) 1-1 ローマ(イタリア)
     マンチェスター・シティ(イングランド) 3-2 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

    ◆ F組
     アポエル(キプロス) 0-4 バルセロナ(スペイン)
     パリ・サンジェルマン(フランス) 3-1 アヤックス(オランダ)

    ◆ G組
     シャルケ(ドイツ) 0-5 チェルシー(イングランド)
    【サッカー】UEFA-CL第5節 内田篤人フル出場! シャルケ×チェルシーの結果[11/26] [転載禁止](c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1416951245/
     スポルティング・リスボン(ポルトガル) 3-1 マリボル(スロベニア)
    ◇ スポルティングの田中順也はベンチ入りせず
      照明の故障のため、50分ほど遅れて後半開始。

    ◆ H組
     BATEボリソフ(ベラルーシ) 0-3 ポルト(ポルトガル)
     シャフタール・ドネツク(ウクライナ) 0-1 アスレティック・ビルバオ(スペイン)

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    (11/26)
    ◇ A組
     アトレティコ・マドリード(スペイン) - オリンピアコス(ギリシャ)
     マルメ(スウェーデン) - ユベントス(イタリア)
    ◇ B組
     ルドゴレツ(ブルガリア) - リバプール(イングランド)
     バーゼル(スイス) - レアル・マドリード(スペイン)
    ◇ C組
     ゼニト(ロシア) - ベンフィカ(ポルトガル)
     レバークーゼン(ドイツ) - モナコ(フランス)
    ◇ D組
     アンデルレヒト(ベルギー) - ガラタサライ(トルコ)
     アーセナル(イングランド) - ドルトムント(ドイツ)

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 17:01:23.01 ID:???0.net
    今シーズンに入って突如大ブレイク、ヨーロッパ中から大きな注目を集めているのが、リエカでプレーするクロアチア代表の23歳アンドレイ・クラマリッチだ。
    クロアチア・リーグで14試合・21得点、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合・6得点、代表でも2得点と、たった4か月で29ゴールという驚異的な数字を叩き出している。

    現時点で最も強い興味を示しているのはチェルシーで、他にもストーク、ボルシアMG、フィオレンティーナ、サンプドリア、ミラン、インテルが獲得の可能性を探り始めている。
    とはいえ、数日前まではどのクラブもまだ打診レベルで、具体的なオファーを出す動きは見られなかった。

    しかしここにきて、ライバルを出し抜くような動きを見せたのがユベントス。代理人を務めるクラマリッチの父親とリエカの双方にコンタクトを取り、
    具体的な数字を示して合意を取りつけようとアプローチしている。

    選手サイドとの合意は早くも成立した模様だが、クラブ間にはまだ隔たりがある。1000万ユーロ(約14億円)での完全移籍を求めるリエカに対し、
    ユーベは今のところ「600万ユーロ(約8億4000万円)+ボーナス」という提示に留まっている。

    ユーベのパラティチSDは、11月27日に予定されているELのリエカ対スタンダール・リエージュ戦を直接観戦して最終的な判断を下したいと考えているようだ。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=6331

    アンドレイ・クラマリッチ
    no title

    続きを読む

    no title

    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第12節

     メンヘングラードバッハ 1-3 フランクフルト
    1-0 ハヴァルト・ノルトヴァイト(前5分)
    1-1 マーク・ステンデラ(後9分)
    1-2 アレクサンデル・マイアー(後12分)
    1-3 乾貴士(後28分)
    ■ メンヘングラードバッハ、グラニト・シャカがイエロー2枚目で退場(後45+2分)
    ◇ フランクフルトの長谷部誠と乾貴士はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627028
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2014-15/12/2407328/livematch_borussia-mgladbach-15_eintracht-frankfurt-32.html
    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=56

    乾が今季初ゴール!!長谷部もフル出場で連敗ストップ
    ゲキサカ 11月23日(日)1時26分配信

    [11.22 ブンデスリーガ第12節 ボルシアMG1-3フランクフルト]
     ブンデスリーガは22日、第12節1日目を行い、
    MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトは
    敵地でボルシアMGと対戦し、3-1で逆転勝ちした。
    長谷部はボランチ、乾は左MFでフル出場。
    乾は後半28分に今季初ゴールとなる追加点を決めた。

     立ち上がりから主導権を握ったボルシアMGは前半5分、
    MFホーバル・ノルトベイトの左足ミドルが相手DFに当たってコースが変わり、
    先制点。劣勢の展開が続いたフランクフルトも前半28分に
    FWアレクサンダー・マイヤーが直接FKを狙ったが、
    GKの好セーブに阻まれ、前半を1点ビハインドで折り返した。

     それでも後半9分にMFマルク・シュテンデラ、
    同12分にマイヤーがゴールを決め、
    後半立ち上がりの連続ゴールで試合をひっくり返したフランクフルト。
    後半28分には相手GKのキックミスを奪ってパスをつなぎ、
    ゴール正面で受けた乾がPA手前から右足でゴール右隅へ流し込んだ。

     相手GKが一歩も動けなかった追加点。
    乾のブンデスリーガでのゴールは2シーズンぶりで、
    昨年3月31日のG・フュルト戦以来、約1年8か月ぶりとなった。
    10日のホンジュラス戦(6-0)で代表初ゴールを含む2得点を挙げた乾が
    代表の勢いそのままに待望の今季初ゴール。3-1の逆転勝利で
    連敗を4で止めたフランクフルトが5試合ぶりの白星を飾った。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00220245-gekisaka-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56
    CSフジテレビ:http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/914200178.html
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1071
    J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/others/#sportsInfoBundesliga

    続きを読む



    マンチェスターCのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(31)が、少女にユニホームをプレゼントした。

    英サン紙によると、Y・トゥーレはアウェーで行われた8日のクイーンズパーク戦で、
    観戦していたクロエちゃん(5)の顔面にシュートを当ててしまい、謝罪。

    試合後にクロエちゃんの父親に電話をし、「ごめんなさい(sorry)」と書かれたサイン入りのユニホームをプレゼントすることを約束した。

    その後、トゥーレはツイッターに「ボールを当ててしまった女の子が何ともなくて安心した。
    今、お父さん、クロエちゃんと電話で話をしたところ。彼女が無事で本当に良かった」とつぶやいた。
    また、クイーンズパーク側もサイン入りユニホームのプレゼントを申し出ているという。

    一緒に観戦していたクロエちゃんの叔父ポールさんは「テレビでそのシーンを見て、結構、ひどい当たり方だったと分かったよ。
    でもクロエは大丈夫だし、泣きさえもしなかったよ」と話している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000060-nksports-socc

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=4uTRDaWbvgg


    続きを読む

    574401_heroa


    サンプドリア 2-2 ACミラン

    得点
    前半10分 サンプドリア 0-1 ミラン ステファン・エル・シャーラウィ
    前半46分 サンプドリア 1-1 ミラン ステファノ・オカカ
    後半6分.. サンプドリア 2-1 ミラン エデル
    後半20分 サンプドリア 2-2 ミラン ジェレミ・メネス(PK)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634825

    本田圭佑は先発出場し後半14分にフェルナンド・トーレスと交代

    続きを読む

    544041_heroa


    プレミアリーグ(イングランド)第10節
    2014年11月2日(日)
    キックオフ:22:30 / 試合会場:エティハド・スタジアム

    マンチェスター・シティ 1-0 マンチェスター・ユナイテッド
    (前半0-0)

     得点者(マンチェスター・シティ):
      セルヒオ・アグエロ(後半18分)

    ※前半39分 累積警告の為退場:クリス・スモーリング

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625853

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ