サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:前園

    1: Egg  2017/02/28(火) 12:57:18.87 ID:CAP_USER9
    新たな転換期を迎えている日本サッカー界の2017年がいよいよ始動する。2月25日からJリーグが開幕し、1ヶ月後の3月24日からはW杯アジア最終予選が再開される。これからの日本サッカー界の展望を大きく左右する重要なシーズン、その象徴である日本代表について前園真聖氏に訊いた-----

     現状のままでは、日本代表がW杯ロシア大会への出場権を手にできる確率はフィフティ・フィフティだと思っています。代表選手たちの置かれている状況が良ければ、自信を持って「100%」と言えますが、この冬の海外組の移籍を見ると、まだ言い切れませんね。

     日本代表はW杯アジア最終予選初戦でUAE戦に1対2で敗れたことから、最終予選の前半5試合は苦しい戦いが続きました。W杯最終予選の5戦目でサウジアラビア戦に2対1で勝利したことで、勝ち点で首位に並ぶグループ2位で前半戦を終えることはできましたが、海外組のパフォーマンスにバラつきがあったことが苦しんだ要因でした。

     アジア各国のレベルは確実に向上していて、以前のように簡単に勝てなくなっているのは事実です。ただ、これには日本代表に以前よりも海外でプレーする選手が増えたことも関係しています。

    レベルの高い海外リーグでプレーする選手が増えたから、簡単にアジアを勝ち抜けると思われがちですが、実際には国内組が多いアジアのライバルは代表合宿を頻繁に組んで強化できるのに対し、日本代表は海外組が多いので、そうした時間が作れない。そのため日本代表は、選手個々の出来不出来が試合結果に大きく影響するようになりました。

     2016年は海外組の選手たちの多くが、所属するクラブでポジションを奪えず、リーグ戦で試合に出場できない状況にありました。大迫勇也、原口元気、吉田麻也、乾貴士(ハリルJでは未招集)、2017年になってからはケガから復帰した武藤嘉紀が、コンスタントに試合出場していますが、それ以外の選手たちはクラブで出番が得られない。その結果としてコンディションが整わず、日本代表に招集されても本来のパフォーマンスが発揮できない悪循環に陥りました。

     クラブで試合に出ていなくても、代表で最大限パフォーマンスを発揮できれば問題はありません。しかし、僕も経験があるのですが、練習でどれだけ厳しいトレーニングをして追い込んでも、フィジカルや試合勘が実戦ではなかなかフィットしません。クラブで試合に出ている選手はコンディションがいいので、代表でも実力を発揮しやすく、クラブで信頼されてプレーできている自信を持って代表戦でもプレーできている。もちろん、このことは日本代表の選手たちも十分に理解しています。そのため清武弘嗣は、Jリーグの今シーズンからセレッソ大阪に復帰を決めました。

    つづく

    webスポルティーバ 2/28(火) 12:39配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010003-sportiva-socc&p=1

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 18:14:26.03 ID:CAP_USER*.net
    ロシアW杯アジア2次予選シリア戦(29日、埼玉)に臨む日本代表では、攻撃の要となるトップ下のポジション争いが過熱している。
    10番を背負うMF香川真司(27=ドルトムント)の不振が引き金となっているが、元日本代表MF前園真聖氏(42=本紙評論家)は候補選手たちを酷評。

    9月から始まるW杯最終予選に向けて、“トップ下問題”がハリルジャパンの最重要課題と指摘した。

    【前園真聖 ゾノの焦点!】

    最終予選に臨む日本代表は、24日のアフガニスタン戦のスタメンにMF清武弘嗣(26=ハノーバー)、MF原口元気(24=ヘルタ)を抜てきしました。
    ハリルホジッチ監督からトップ下のポジションで不振にあえぐ香川との競争を求められた2人でしたが、結論から言うと、残念ながら「不合格」です。

    その理由は、誰もが納得する結果を出せず、周囲との巧みな連係も見せられなかったこと。

    さらに自分の長所を十分に発揮できなかったからです。少し厳しい見方かもしれませんが、相手は格下で、
    ある程度は自由にプレーできる状況にありながらも大きなインパクトを残せなかった。これが彼らの評価になります。

    代表は基本的に短期間の活動。限られた時間で調整しなければなりません。その中でも国内外を問わずどんな環境でも克服し、
    自分の持てる力を出し切る。さらに勝利を追求することが求められています。それが代表選手の宿命なので、彼らが見せたパフォーマンスには、指揮官も疑問を抱いたはずです。

    レギュラーを奪取する貴重な機会でしたが、クラブでいくら好プレーを見せても代表に呼ばれてダメならアウト。
    もっとがむしゃらな部分をアピールしてほしかったですし、はっきり言えば“ポスト香川”のチャンスを逃し、今後、ハリルホジッチ監督の選手選考にも影響してくるのではないでしょうか。

    一方で、24日の試合に途中出場した香川もよくなかったです。信頼を取り戻すにはアピールが必要でしたが、特に見せ場はなし。
    本来10番を背負う選手は“ここ一番”という場面で結果を出せる勝負強さがないと重責を果たせません。この辺りにもかねて指摘される香川の。

    香川に再浮上の兆しが見えず、代役探しにも失敗。9月から始まるW杯アジア最終予選に向け、ハリルジャパンにとっては深刻な問題になってくるでしょう。
    29日のシリア戦で先発が予想される10番は、逆境をはね返すパフォーマンスを見せてくれるでしょうか。

    東スポWeb 3月28日(月)16時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000031-tospoweb-socc

    【サッカー】<日本代表>紅白戦に大満足のハリル「宇佐美がセンターバックのようなタックルをしていた。リーグ戦で一回も見たことない」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1459155978/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/24(日) 12:10:44.97 ID:CAP_USER*.net
    頼れる背番号10番が五輪決定弾を決める。

    リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねるU-23(23歳以下)アジア選手権に出場中の日本は前日22日、
    イランとの準々決勝で3-0で勝利。1-0の延長後半にMF中島翔哉(21=東京)が芸術的なゴールを2発放ち、難敵を沈めた。

    4強入りした日本は、勝てば6大会連続五輪出場が決定する26日の準決勝で、イラクとUAEの勝者と対戦。目覚めた小さな巨人が鍵を握る。

    中島の2発で120分間の死闘を制した。

    1-0で迎えた延長後半4分、ペナルティーエリアの左外から右足でミドルシュート。ボールはきれいな弧を描いてゴール右隅に吸い込まれた。
    勝利を引き寄せる追加点。MF遠藤に抱き上げられ「背が高くなった」と照れた。

    その71秒後。GKの位置を見ず「感覚でシュートを打った」と再びミドルをゴール左隅へ運んだ。
    手倉森ジャパン最多を更新する14点、15点目(21試合)を連発。
    五輪代表としては、通算14点のシドニー世代の中村俊輔(26試合)アトランタ世代の前園真聖(32試合)を抜いて歴代単独2位に浮上した。

    14年のU-19日本代表のスペイン遠征でも同年U-22アジア選手権でも弾丸ミドルを突き刺した。
    共通点はGKを見ないこと。打つ前にゴールを見るとGKに読まれるからだ。視線を送らなくても決められる。

    東京Vジュニアユース時代。GKの位置に立ち、捕球しづらいコースを覚えた。
    14年に移籍したJ2富山でも、全体練習後に1人で5時間黙々とボールを蹴り続けた。
    大舞台で放った芸術的なシュートは、幼い頃からの積み重ねの結晶だった。
    昨年9月、ラグビーW杯イングランド大会で歴史を変えた日本が猛練習をしたことを知った。
    「練習が結果につながる」という確信が土台にある。

    1次リーグでは苦しんだ。なかなか得点が奪えず背番号10が重かった。しかしイラン戦の2発で
    「両方ともで感覚を取り戻したのかな。迷いがプレーを邪魔していた。迷いが取れるきっかけになれば」と晴れやかな表情になった。

    準決勝は五輪出場が懸かる。中島が力強いシュートでリオへの道を切り開く。

    日刊スポーツ 1月24日(日)8時7分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160124-00000023-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 10:35:33.60 ID:???*.net

    c7171916

     
    ハリルジャパンは東アジアカップ(8月1日開幕、中国・武漢)でどんな戦いを見せるのか。
    ホーム開催のロシアW杯アジア2次予選シンガポール戦(6月)でスコアレスドローと決定力不足を露呈したうえに、
    今大会にはFW本田圭佑(29=ACミラン)ら主力の欧州組が不在。

    チームに新リーダーが求められるなか、元日本代表MF前園真聖氏(41=本紙評論家)はG大阪のFW宇佐美貴史(23)を指名した。

    【前園真聖 ゾノの焦点!】

    今大会は国際ルールで欧州組を招集できないため、基本的に国内組だけでチームを編成しなければなりません。
    バヒド・ハリルホジッチ監督(63)がどういう位置づけで選考するのかはわかりませんが、チームを強化できる数少ないチャンスなので若手の抜てきに期待しています。

    特にリオ五輪を目指すU―22日本代表選手にはA代表で経験を積ませることが重要。高いレベルで刺激を受ければさらなる成長が見込めますし、
    それが世代交代につながります。湘南のMF遠藤航(22)や広島のFW浅野拓磨(20)は、飛躍的に進化する可能性がある選手です。

    そうしたなかで、注目は宇佐美です。今季J1で15得点を挙げており、ポテンシャルはJリーガーの中でも際立っています。
    これまで代表は本田や香川真司(26=ドルトムント)に頼ってきましたが、そろそろ「プラチナ世代」と呼ばれた宇佐美らが台頭してほしいですね。

    そのためにも、宇佐美が攻撃陣をけん引しなければなりません。本田がいないので、FKやPKの場面では宇佐美自らが率先してキッカーに名乗りを上げるべき。
    それくらいの気持ちがなければ、日本代表を背負う資格はないでしょう。

    さらにグラウンド内外で、リーダーとしての役割を積極的にこなしてほしい。練習では先頭を走り、全力でボールを追いかけるなどの姿勢を見せること。
    ハリルホジッチ監督やスタッフとも緊密にコミュニケーションをとれれば、自らが代表の中心選手であると証明できるはずです。

    G大阪では「守備をしなかった」との理由で、長谷川健太監督(49)から“懲罰交代”させられたと報じられました。
    そこは宇佐美も猛省して、今後はしっかりとこなすはず。今大会でニューリーダーとして取り組む姿を見せれば、G大阪や代表の各選手に対し、失った信頼を取り戻せます。

    彼が今後の日本サッカー界を引っ張っていく存在なのは間違いありません。ゴール奪取とともにリーダー就任にも力を注いでほしいですね。

    東スポWeb 7月24日(金)10時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000009-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 10:56:08.27 ID:???*.net
    サッカー元日本代表でタレントの前園真聖(41)が4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。
    女子W杯決勝を前にしたなでしこジャパンが優勝を逃した場合、“丸刈り”になることを宣言した。

    「(大会前には)勝てないとは言ってないが、厳しい戦いになるとは言った。全試合1点差で、簡単に勝てる試合は1試合もなかった。
    常に最後まで緊張感のある戦いで何とかここまで来た」とこれまでの戦いを振り返った前園。
    「ダウンダウン」の松本人志(51)から「決勝はどうですか?」と聞かれると「これは本心ですか?」と確認したうえで「決勝だけは本当に厳しいと思います」と厳しい戦いになると分析した。

    「4年前は勝ちましたけど、ロンドン五輪でも負けてますし、女子の中でアメリカは断トツですから厳しい」とその根拠を示したうえで、
    「準決勝が最後オウンゴールで決まって、攻められてても、サッカーは最後まで何が起こるかわからない」とどっちつかずのコメントを続けた。

    松本から「優勝の可能性は?」と問い詰められ、「50%。フィフティ・フィフティです」と微妙な予想。
    1勝6分23敗というこれまでの対戦成績やこの日の分析からもっと低い数字が出ると予想していた松本も「意外と高い…天気予報士だったら最悪」と思わずツッコミを入れる場面も。
    さらに「限りなく51%に近いのは?」と聞かれると「なでしこです」と即答。「4年前に勝っていて、メンバーも変わってない。
    決勝は一発勝負なので何があるかわからない」と前園の予想は続いた。

    スタジオでは、なでしこが優勝を逃した場合の公約を求める意見が飛び出し、前園は苦笑い。
    議論の末、前園は「(なでしこが負けたら)坊主にしますから、日本が優勝した時は松本さんも僕の要望を聞いてください」と提案。
    松本が「僕も坊主にする」と返すと、東野幸治(47)からは「あまり変わらない」とツッコミが入っていた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/05/kiji/K20150705010672620.html
    2015年7月5日 10:35

    続きを読む

    url



    <前園真聖ゾノの焦点!>
    日本代表がアジアカップベスト8で敗退しました。
    4強に入れなかったのは最近では1996年のUAE大会以来で、日本サッカーの地盤沈下に危機感を持っています。
    アジア相手にゴールを奪えず勝てなかった事実は重いですし、6月から始まるロシアW杯1次予選でも同じような試合になりかねません。

    では、どうすればいいのか。すでにいろいろな意見が出ていますが、活性化のために世代交代は欠かせません。
    3年後のロシアW杯を見据えても、ブラジルW杯メンバーが中心ではチームとして伸びしろはないです。
    そこで思い切って半数の選手を若手に切り替えるくらいのことを考えるべきでしょう。

    たとえば将来のエース候補、G大阪のFW宇佐美貴史(22)は少ない運動量や守備が課題と言われ、アギーレジャパンには招集されていません。
    本来、代表は選手を育てる場所ではないのですが、宇佐美のように少し足りない部分がある選手も積極的に招集し、
    問題点を克服させれば戦力になるはずです。

    もともと完璧な選手などいません。ロシアW杯に向け可能性のある若手選手を、国際舞台で経験を積ませることも大事な強化と言えます。
    特に宇佐美は独自の世界観を持つストライカーですし、少しヤンチャな面もあります。
    チームに刺激を与える“劇薬”としても適任です。

    もちろんリスクもありますが、日本代表の目標はロシアW杯。結果が出なかった今、大胆な戦略の転換も必要でしょう。(元日本代表MF)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000021-tospoweb-socc
    東スポWeb 1月30日(金)16時2分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000021-tospoweb-socc.view-000
    将来のエース候補・宇佐美

    続きを読む


    【前園真聖 ゾノの焦点】

    アジアカップに臨む日本代表メンバー23人が発表になり、G大阪のFW宇佐美貴史(22)は選出されませんでした。
    アギーレジャパンでも大きな力になれると思っていましたし、何より一度は試してほしい選手だったので、非常に残念です。

    宇佐美は、かねて守備での貢献の低さや、90分間を戦うスタミナの不安が指摘されてきました。
    その辺りがアギーレ監督の選手選考に影響したのかもしれません。

    ですが、彼の持ち味である攻撃面の素晴らしさを生かし、引き出していくという考え方があってもよかったのではないでしょうか。

    今季の宇佐美はJリーグで結果を出し、G大阪の3冠獲得に大きく貢献しました。
    シュートもパスもドリブルもできるストライカーで、攻撃的なポジションならどこでもこなせます。
    個人で状況を打開できる能力を持つ選手なので、日本と対戦する国が守備を固めてくるアジア杯でこそ真価を発揮できるはずです。

    それに欧州でのプレー経験も豊富にあり、本田、香川ら代表の主力メンバーと、どう融合できるのかも楽しみでした。
    こればかりは実際にやってみないとわかりませんが、おそらく良いコンビネーションを築けたと思います。
    さらに宇佐美自身がトップ選手たちと長期間過ごすことで“大化け”する可能性にも期待していました。

    アジアカップ後は、6月に2018年ロシアW杯に向けアジア1次予選が始まります。アギーレ監督にはぜひテストしてほしい選手です。(元日本代表MF)

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/346030/

    続きを読む

    no title
    【宮本恒靖氏の新マスターチェック!!】

    元日本代表主将でサンケイスポーツ専属評論家の宮本恒靖氏(37)が日本代表の試合を分析。
    今回は14日の国際親善試合・ブラジル戦を振り返り、0-4の大敗の引き金となったポジショニングの「誤差」を指摘した。

    世界トップレベルと戦う上での厳しさと、日本が過去2分け9敗と未勝利の「王国」から大金星を挙げるヒントを探った。

    序盤は日本がプレスをかけ、ブラジルにバックパスを選択させる場面も散見できた。
    しかし、中盤でドリブルなどを繰り出されると日本の選手が持ち場から引き出され、危険なスペースが生まれていた。前半18分の1失点目は象徴的なシーンだった。

    最前線のFWジエゴタルデリが中盤までボールを受けに下がった。その動きにアンカー(中盤の底)のMF田口がバイタルエリアから引き出され、
    中盤とDFラインの間に直径10メートル程度の無人のスペースが生まれた。

    ジエゴタルデリは味方とのワンツーで田口を置き去りにし、バイタルエリアで難なく前を向く。
    森重と塩谷の両センターバックの注意が前方のジエゴタルデリに向いたところで、2人の背後を突いたFWネイマールがスルーパスを受けて先制点を決めた。

    ここで悔やまれるのは右MFの森岡の位置取りだ。(相手ゴール方向を向く)田口の右前方の、スペースを消すところにポジショニングしたかった。
    そうすれば、田口は引き出されずに済んだ。世界のトップとの対戦ではこのように、細かい位置取りの修正を徹底しないとやられてしまう。
    ゴール前のクロスへの対処であれば、数センチの誤差で命取りとなる。

    日本は2点目を取られてから何もできなかった印象がある。4点すべてを決めたネイマールにボールが渡らないように、パスコースを限定するなど対処法はあった。

    攻撃面では、FW岡崎が随所に見せたDF裏を狙う動きはたとえブラジルでも嫌がるものだ。
    私が現地視察したW杯ではブラジルは準決勝のドイツ戦で1-7と大敗を喫した。
    これは運動量でドイツが上回っていたからで、日本もカウンターや守備の連動でハードワークをすれば勝機はある。

    ブラジル相手に先発6人を入れ替えたアギーレ監督の采配には賛否両論があるようだが、私は若手が経験を積むことは良いことだと思う。
    W杯本大会にいけばこうした相手と実際に対戦するし、DF長友やFW本田らすでにブラジルのすごさを知るメンバーで再び挑む必要はない。
    ブラジルの局面での強さ、速さなど若手は大きな差を感じたはずだ。とやかく言われるのは、代表監督の宿命だろう。

    今回の2試合でMF柴崎、DF塩谷らは持ち味を出した。DF太田もいいボールを蹴り、長友との競争意識も高まったはずだ。
    今後は来年1月のアジア杯(豪州)に向けて新しい選手を見る機会は減っていき、チームのベースに質の高い選手を加える作業へと移るだろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)

    2014.10.16 05:03
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141016/jpn14101605030003-n3.html

    【サッカー】武田&前園氏 王国との一戦にベストメンバーで臨まないという“迷采配”を見せたアギーレ監督の戦術を徹底糾弾
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413426943/







    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141016/jpn14101605030003-n1.html

    続きを読む

    IMG_43721111


    1: 動物園φ ★@研究者 投稿日:2014/06/21(土) 16:41:25.49
    前園真聖氏 ギリシャ戦は「どうしての連続。4年間が無駄になった」

    6月21日(土)16時15分配信

    【前園真聖のゾノの焦点!】

     日本代表のギリシャ戦は非常に残念な結果でしたね。単に勝てなかったという以上に、4年間
    積み重ねてきたサッカーが発揮できなかった。選手もアルベルト・ザッケローニ監督(61)も
    悔しさをかみ締めているはず。

     ギリシャが退場者を出し、日本が数的優位になりながらも攻め切れませんでした。積極的に
    ドリブルで切り込むような場面が見られなかったですし、スピードアップできず、連動性もなし。
    ゴールがほしい状況なのに、交代枠を余らせたのも不思議でなりません。終盤のパワープレーも
    へたくそでしたね。ボールの放り込み方に疑問を感じましたし、前線にいるDF吉田麻也
    (25=サウサンプトン)が競った際に対応するサポートもない。おそらく練習すらして
    いないのでしょう。もともと取り組んでいない作戦を本番で導入するのは無理。これには失望しました。

     決勝トーナメントへ進むには、勝たないといけない試合。後がないのであれば、ベストメン
    バーで臨むべきでした。ところが、スタメンにFW香川真司(25=マンチェスター・ユナイ
    テッド)がいない。「何で?」と思ったし、戦い方も選手交代も「どうして?」の連続でした。
    この試合で4年間が無駄になったと言えます。

     とはいえ、W杯はまだ終わっていません。第3戦コロンビア戦の勝利と、裏カードの結果次第
    では決勝Tの可能性もわずかながら残っています。最後の戦いは開き直る…ではなく、今まで
    やってきた連動性のある日本サッカーをきちんと示してほしいです。(元日本代表MF)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000025-tospoweb-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ