サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:判定

    1: YG防衛軍  2017/01/30(月) 14:00:43.57 ID:CAP_USER9
    リーガ・エスパニョーラ第20節が29日に行われ、ベティスとバルセロナが対戦。同試合の後半に起きた“ノーゴール判定”が波紋を呼んでいる。スペイン紙『マルカ』が報じている。

     試合はスコアレスで迎えた75分にベティスが先制。90分にバルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスのゴールで追いついたが、引き分けに終わり、勝ち点1を得るにとどまった。

     波紋を呼んでいるのはバルセロナ1点ビハインドで迎えた76分のプレー。右サイドのスペイン代表DFアレイクス・ビダルのクロスをベティスDFがクリアしようとして足に当たったボールがゴール方向に転がった。ゴールラインを割ったように見え、バルセロナの選手たちは審判に抗議。しかしながら、アルジェリア代表DFアイサ・マンディがラインを割る前にクリアしたとしてノーゴールの判定となった。

     これを受けて、バルセロナのルイス・エンリケ監督や、選手たちがコメント。エンリケ監督は「テクノロジーが審判を助けてくれるのは明らかだ。前から言っているんだけどね」と話し、A・ビダルも「審判の責任ではない。問題はゴールラインテクノロジーがないことだ」と主張した。

     また、スアレスは「ボールはラインを1メートルは越えていたね。審判は一生懸命やっているんだけど」と苦言。それでも、「相手は上手くプレーしていたし、僕たちはもっと早く目覚めるべきだった。良いパフォーマンスができていなかったことはわかっているよ」と、反省も口にした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00547551-soccerk-socc

    続きを読む

    2014-10-06-21-15-10
     セリエA第6節が5日に行われ、ユヴェントスとローマが対戦。開幕5連勝中同士の対決で、
    敵地に乗り込んだローマは2-3で競り負けた。

     試合後、ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが審判団の判定に不満を爆発させた。
    イタリアメディア『メディアセット』のインタビューでトッティは、2本のPKをユヴェントスに与えた審判について、
    「この試合で起こったことが、試合の結果を左右した。ユーヴェがいる限り、ローマは2位のままだ。
    これまでもそのように話してきたし、これからも話すことになるだろう。恐らくユーヴェは単独で
    リーグを戦っていくことになるだろう」と話した。

     またトッティは、大手メディア『Sky』のインタビューでは、「ここ数年、ユーヴェはいつもこのように
    勝ってきた。映像が明らかに語っている。イタリア中が、今話していることと同じことを言いたいだろう。
    ユーヴェの3得点は全て不当なものだった。彼らと戦って、微妙な判定があると全てPKになる。
    その一方で、対戦するチームにはそのようなものではない。自分へのファウルは明らかなPKだった。
    このような状況をどうやって解決できるか。映像を導入することだ。一刻も早く導入しなければならない」と話し、
    映像判定導入を望んでいることも明かしている。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00239152-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ