サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:乾

    1: Egg ★@^^ 2017/05/24(水) 18:00:10.26 ID:CAP_USER9
    no title


    21日の敵地バルセロナ戦で日本人初ゴールを決める活躍を見せたエイバルMF乾貴士の、約2年ぶりとなる日本代表招集が内定した。現地視察したバヒド・ハリルホジッチ監督が、6月7日の国際親善試合シリア戦と13日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦での招集を決断したと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

     乾は現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦の前半7分と後半16分に、難易度の高い左足ダイレクトシュートを叩き込み、日本人史上初となるバルサ戦でのゴールゲッターとなった。その後エイバルはバルサの猛反撃に遭い、2-4で逆転負けを喫したが、同紙によるとこの一戦をハリルホジッチ監督が視察に訪れており、乾の活躍を目の当たりにしたという。

     バルサ戦での2ゴールのみならず、リーガ2年目の乾は28試合に出場し、うち26試合で先発を務めた。4月初旬にはクラブの経営戦略の意向もあって日本に一時帰国し、2試合欠場する時期があったものの、帰国直前のビジャレアル戦(3-2)で今季初得点を決めるなど、しっかりと結果を残した。

    技巧派ドリブラーが満を持して再招集か

     そんな乾を、ハリルホジッチ監督はこれまであまり評価していなかった。日本代表FW本田圭佑ら欧州組の主力が、所属クラブで軒並みベンチウォーマーとなった際にも、世界で最もレベルの高いリーガでスタメンを張る技巧派ドリブラーの招集には踏みきらなかった。

     最後に代表招集されたのは2015年3月31日のウズベキスタン戦(5-1)。つまりハリルホジッチ監督就任直後の一戦で、約2年間にわたって日本代表のユニフォームに袖を通していない。

     同紙は「最終節ではエイバルでチーム最優秀選手の一人になった」と乾を称賛している。充実のシーズンを過ごした日本屈指のテクニシャンは、満を持してシリア戦、そしてイラクとのW杯最終予選に参戦することになりそうだ。

    Football ZONE web 5/24(水) 10:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00010006-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★^^ 2017/05/23(火) 19:37:33.40 ID:CAP_USER9
    このほど行われたリーガ最終節、エイバルの乾貴士はバルセロナ相手に2ゴールを奪う大暴れを見せた。

    本人は「このような特別なピッチで(競り合う?)試合ができたのは重要。でも最も印象的だったのは、メッシの最後のゴール」と述べていた。だが、カンプ・ノウでの2発は驚異的という他ない。

    カンプ・ノウでバルサ相手に2ゴールを奪ったのは、一体だれ以来なのかを調べてみた。

    結果は、今季のリーガ開幕節となった昨年8月のベティス戦(○6-2)以来のことだった。

    GKクラウディオ・ブラボが移籍前に最後に出場した一戦では、ベティスFWルベン・カストロが2ゴールをマークしている(動画再生はYoutube上で)。

    https://www.youtube.com/watch?v=jLubvhF9fEo



    その前は、2014年5月に行われたリーガ第36節、ヘタフェ戦(2-2)。この時はヘタフェMFアンヘル・ラフィタが2ゴールをマークしている(動画再生はYoutube上で)。

    https://www.youtube.com/watch?v=Di6OY8JS0HY



    そして、その前は2013年2月のコパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦(●1-3)。この時はクリスティアーノ・ロナウドがPKを含めて2得点を記録した。

    いずれにしても、乾はこの4年でわずか3人しか成し遂げていなかった快挙を達成したと言える。

    http://qoly.jp/2017/05/22/ronaldo-2-goal-vs-barcelona-2013-copa-del-rey-iks-1

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/05/22(月) 13:54:44.05 ID:CAP_USER9
    現地時間5月21日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ38節で、バルセロナ相手に2得点を奪う衝撃の活躍を見せたエイバルのMF乾貴士にスペイン紙が高評価を与えている。
     
     21日の『アス』紙はこの試合の乾に対し、最高評価となるクローバーマーク3つをつけている。これはリオネル・メッシのPKをストップする活躍を見せたGKのジョエル・ロドリゲスと並びチームトップだ。
     
     また『マルカ』紙も同じく星3つの満点評価。こちらもジョエルと並びエイバルでは最高で、「乾は可能な限りで最高のパフォーマンスを披露した」と評した。
     
     バルサ相手にゴールを奪った初の日本人選手となった乾だが、プレミアリーグのレスターに所属する日本代表FWの岡崎慎司も自身の『ツイッター』でその偉業を讃えている。
     
    「乾たかしがカンプノウで2発。 このニュースを知って興奮しない日本のサッカーファンはいないと思う。 負けたけど、今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした。 サッカー小僧が伝説残したと思う。 興奮が冷めない」
     
     試合は2-4と敗れてしまったものの、バルサ相手に衝撃の活躍を見せた乾。最高の形で今シーズンを締めくくった日本人MFのさらなる飛躍を期待したいところだ。

    SOCCER DIGEST Web 5/22(月) 11:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00025974-sdigestw-socc

    【サッカー】<乾貴士>バルセロナから2ゴール!カンプ・ノウで左足2発の衝撃..試合はバルサが逆転勝利 ★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495411564/

    【サッカー】<欧州各国メディア>乾貴士のバルサ戦2発に衝撃!「信じられない」「バルサ相手に初めてゴールを決めた日本人」★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495414433/

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ 2017/05/22(月) 09:53:53.33 ID:CAP_USER9
    敵地カンプ・ノウで躍動! バルサ相手にゴールを奪った初めての日本人選手に

     エイバルMF乾貴士がバルサ相手に挙げた2ゴールは、欧州各国に衝撃を与えているようだ。乾貴士は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦に先発出場。日本人史上初となる対バルサ戦での得点となる先制ゴールを含む2得点をマークした。この大活躍に、スペインをはじめとした各国メディアが速報で扱っている。

     乾はこの日も左サイド2列目でキックオフの笛を聞いた。すると前半7分、MFアンデル・カパが上げた右サイドのクロスに対して、乾が左サイドでフリーとなると、左足ダイレクトで合わせて先制ゴール。逆転優勝を狙うバルサの勢いをそぐ今季リーグ戦2得点目に、乾は喜びを露わにした。

     乾はその後もカウンターを仕掛けるエイバルでチャンスメーク、フィニッシュと攻撃に関与し続ける。すると後半17分、カウンターからFWセルジ・エンリクのパスを受けて左サイドでフリーになると、左足ハーフボレー。再びバルサGKテア・シュテーゲンの頭上を打ち破った。

     このゴールは各国メディアでも取り上げられた。英紙「デイリー・ミラー」、スペイン紙「AS」、欧州のスポーツ専門放送局「EURO SPORT」の公式ツイッターではそれぞれこう記された。

    “鬼門”のリーガで存在感を発揮

    「ゴーーーール! バルセロナ0-2エイバル。イヌイは2得点目をゲット! カンプ・ノウで信じられないシーンだ!」(デイリー・ミラー)
    「なんというゴール!」(AS)
    「エイバル、2-0! イヌイの2ゴール目だ!」(EURO SPORT)

     またスペイン最大級の全国紙「マルカ」でも、「イヌイはバルサ相手に初めてゴールを決めた日本人選手となった」とのタイトルで速報。「バスクのサイドアタッカーはカンプ・ノウでの2得点で、2-0のリードを奪うサプライズを巻き起こした」と記されている。

     試合こそ、その後“MSNトリオ”の破壊力が牙を剥いたバルサの猛攻に遭い、エイバルは2-4の逆転負けを喫した。しかし今季の乾はレギュラーの座を確立し、日本人選手にとって“鬼門”と言われるリーガの舞台で存在感を示した。世界的ビッグクラブ相手に叩き込んだ2ゴールは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対しても大きなアピールになったことは間違いない。

    Football ZONE web 5/22(月) 5:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010009-soccermzw-socc

    2017/05/22(月) 06:02:46.36
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495400566/

    【サッカー】<乾貴士>バルセロナから2ゴール!カンプ・ノウで左足2発の衝撃..試合はバルサが逆転勝利 ★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495411564/

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/05/22(月) 06:02:46.36 ID:CAP_USER9
    敵地カンプ・ノウで躍動! バルサ相手にゴールを奪った初めての日本人選手に

     エイバルMF乾貴士がバルサ相手に挙げた2ゴールは、欧州各国に衝撃を与えているようだ。乾貴士は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦に先発出場。日本人史上初となる対バルサ戦での得点となる先制ゴールを含む2得点をマークした。この大活躍に、スペインをはじめとした各国メディアが速報で扱っている。

     乾はこの日も左サイド2列目でキックオフの笛を聞いた。すると前半7分、MFアンデル・カパが上げた右サイドのクロスに対して、乾が左サイドでフリーとなると、左足ダイレクトで合わせて先制ゴール。逆転優勝を狙うバルサの勢いをそぐ今季リーグ戦2得点目に、乾は喜びを露わにした。

     乾はその後もカウンターを仕掛けるエイバルでチャンスメーク、フィニッシュと攻撃に関与し続ける。すると後半17分、カウンターからFWセルジ・エンリクのパスを受けて左サイドでフリーになると、左足ハーフボレー。再びバルサGKテア・シュテーゲンの頭上を打ち破った。

     このゴールは各国メディアでも取り上げられた。英紙「デイリー・ミラー」、スペイン紙「AS」、欧州のスポーツ専門放送局「EURO SPORT」の公式ツイッターではそれぞれこう記された。

    “鬼門”のリーガで存在感を発揮

    「ゴーーーール! バルセロナ0-2エイバル。イヌイは2得点目をゲット! カンプ・ノウで信じられないシーンだ!」(デイリー・ミラー)
    「なんというゴール!」(AS)
    「エイバル、2-0! イヌイの2ゴール目だ!」(EURO SPORT)

     またスペイン最大級の全国紙「マルカ」でも、「イヌイはバルサ相手に初めてゴールを決めた日本人選手となった」とのタイトルで速報。「バスクのサイドアタッカーはカンプ・ノウでの2得点で、2-0のリードを奪うサプライズを巻き起こした」と記されている。

     試合こそ、その後“MSNトリオ”の破壊力が牙を剥いたバルサの猛攻に遭い、エイバルは2-4の逆転負けを喫した。しかし今季の乾はレギュラーの座を確立し、日本人選手にとって“鬼門”と言われるリーガの舞台で存在感を示した。世界的ビッグクラブ相手に叩き込んだ2ゴールは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対しても大きなアピールになったことは間違いない。

    Football ZONE web 5/22(月) 5:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/01/23(月) 22:46:26.79 ID:CAP_USER9
    『マルカ』も乾がリーガの日本人最多出場選手となったことを紹介している。あとは得点さえ決められれば、「エイバルを引っ張れる」との見解だ。

    22日のリーガエスパニョーラ第19節バルセロナ戦で、同リーグにおける日本人最多出場記録を更新したエイバルMF乾貴士だが、スペイン『マルカ』紙は同選手を「スペインサッカーの日本大使」と紹介している。

    バルセロナ戦でスタメンとしてピッチに立った乾は、リーガ1部で40試合出場を達成。マジョルカでプレーした大久保嘉人(現FC東京)の39試合出場を上回って、日本人のリーガ最多試合出場記録を塗り替えた。

    23日付の『マルカ』紙もこの記録を取り上げ、「40試合出場というのは、そこまで強調されることではないかもしれない。しかし乾は大久保を上回り、スペインサッカーで最も多くの試合に出場した日本人選手となった。エイバルのウィングは18カ月を要して、日本大使の最たる存在になったのだ」と記している。

    『マルカ』紙はまた、乾が「ロッカールームでは愛される存在で、いつもからかいの対象になっている」とチームに溶け込んでいることを強調。そして日本人MFがエスパニョール戦、ベティス戦、アトレティコ・マドリー戦など、ここ数カ月間にわたって「煌びやかなプレーを連発」しており、「最高のバージョンに近づきつつある」との見解を示した。

    しかし同紙も、選手本人と同様に今季ゴールを記録していないことを課題に挙げる。「エイバルの攻撃を引っ張るため、乾に欠けているのは得点だけ」として、記事を締めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00010003-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/11/26(土) 07:44:17.38 ID:CAP_USER9
    【スコア】 エイバル3-1ベティス

    【得点者】
    [エ]19分 ペドロ・レオン
    [エ]23分 セルジ
    [ベ]84分 ルベン
    [エ]90分+キケ


    GOAL.com
    http://www.goal.com/jp/match/%E3%A8%E3%A4%E3%90%E3%AB-vs-%E3%99%E3%86%E3%A3%E3%B9/2283026?ICID=LS

    リーガ・エスパニョーラ第13節1日目が25日に行われ、MF乾貴士の所属するエイバルがベティスをホームに迎え、3-1の勝利を収めた。
    5試合連続でスターティングメンバーに名を連ねた乾は、前半23分に今季初アシストを記録している。

    左サイドハーフの位置に入った乾は前半17分、右サイドのFWセルジ・エンリクからパスを呼び込むと、PA外でDFクリスティアーノ・ピッチーニのファウルを誘う。
    決定機を阻止したとしてピッチーニを退場に追いやると、このプレーで得たFKをMFペドロ・レオンが鮮やかに沈めてエイバルが先制に成功する。

    数的優位に立ったエイバルは前半23分、左サイドでボールを受けた乾が鋭いクロスを送ると、
    ゴール前に走り込んだセルジ・エンリクがダイレクトで合わせてネットを揺らし、リードを2点差に広げる。

    乾にとって、今季初アシストとなった。さらに同37分にはDFダニ・ガルシアのロングフィードを受けた乾が、
    PA内でキレのある切り返しでDFを置き去りにするも、シュートは距離を詰めたGKアントニオ・アダンに阻まれてしまう。

    2-0とエイバルがリードしたまま後半を迎えても、数的優位に立つホームチームが主導権を握って試合を進める。
    後半37分には乾が左サイドから前線にドリブルで運び、DFアントニオ・ルナとのパス交換から決定機を迎えるが、
    フリーで放ったシュートはアダンに右手1本でストップされて今季初ゴールとはならず。

    後半39分にはDFフロリアン・ルジュンのバックパスをFWルベン・カストロに奪わると、
    右足シュートでネットを揺らされてベティスに1点差に詰め寄られる。

    しかし、後半アディショナルタイムにP・レオンのシュートのこぼれ球をFWキケ・ガルシアがヘッドで押し込み、
    エイバルが3-1の勝利を収め、2連勝を飾った。

    なお、後半アディショナルタイムにFWベベに代わって乾がピッチを去る際には、
    ホームのサポーターから大きな拍手が贈られている。

    ゲキサカ 11/26(土) 7:25配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-01633705-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 13:16:43.07 ID:CAP_USER9.net
    乾貴士インタビュー part.2


     今シーズン、リーガ・エスパニョーラ1部のエイバルでプレーする乾貴士。ドイツ、ブンデスリーガのフランクフルトから移籍した乾にとって、スペインは以前から憧れの地だった。

    「絶対にスペインでやりたい」という思いが芽生えたきっかけは、「(テレビで)バルサとかレアルの試合を見ていて、サッカーって面白いなって思った」こと。ひとりのサッカーファンとしての純粋な気持ちからだった。

    そのころ、セレッソ大阪でチームメイトだった香川真司がドルトムントに移籍。その翌年、乾にもブンデスリーガに行くチャンスが訪れた。ボーフム移籍の話があった時、一も二もなく飛びついた。その視線の先は、スペインリーグを捉えていた。

     そして、日本を出てから4年が経過して、ようやく憧れのスペインにやってきたのだ。ただ、最初の1カ月間、乾はリーガのピッチを踏むことができずにいた。その理由のひとつは、3年間ドイツでやって身につけたサッカーが、ここではあまり役に立たないという現実に直面したからだった。

    「サッカー自体が全然、違いました。監督も、少し戸惑っている僕を使いづらい部分があったんでしょう」と乾は振り返る。日本では、「欧州組」とひと言で片づけられてしまうが、ドイツとスペインでは「もう全然、違う」と乾は語気を強め、適応するのには「苦労しました」と正直に漏らす。

    「守備の仕方も全然違います。スペインはチーム全体でやっている。ドイツは1対1で負けるなという感じですが、こっちはもっと組織的にやっている。そのへんは対応に苦労しました」

     一方で、スペインだからこそ生かせる乾の持ち味もあった。そのひとつが、ボールを持った時にひとり、あるいは複数の相手をかわして、攻撃のリズムを作ることだ。しかし、ドイツではそういった特長を生かせず「封印していた」と言う。

    「ボールを持った時も、ドイツではあまり仕掛けるなと言われることが多いです。仕掛けることを好まないというか、パスを出すことを優先する。でも、こっちでは仕掛けてもいいし、何をしてもいい。  

    自分の好きなこともやっていいし、そのなかでチームでの役割もやるという印象です。言い換えると、いろんなことをやらないといけないということでもありますね」と、自らに課された課題を意識しながらプレーしている。

     乾自身、「自分に合っている」と思っているリーガ・エスパニョーラだが、だからといってすぐに出場できるわけではなかった。その理由は、スペインリーグ全体のレベルの高さにあった。

     過去、リーガ1部でプレーした日本人FWは、城彰二(99-00シーズン/2得点)、西澤明訓(00-01シーズン/0得点)、大久保嘉人(04-05シーズン/3得点、05-06シーズン/2得点)らがいるが、ゴールを量産できずにスペインを去っている。

    2年前の2014年には、ハーフナー・マイク(現在オランダリーグのデンハーグ所属)がコルドバでプレーしていたが、5試合出場無得点に終わり、2年契約の途中、わずか半年でスペインを後にした。

    2 以降につづく

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160501-00010002-sportiva-socc&p=1

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 3186-pwAm) 2016/04/08(金) 23:43:52.82 

    493620157-500x332

     
    スペイン・リーガエスパニョーラのRマドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督(43)が8日、次節のホーム・エイバル戦(9日)の前日会見に出席。
    対戦相手、エイバルのMF乾貴士(27)について語った。

     試合会場となるサンチャゴ・ベルナベウでメディアの前に現れたジダン監督は会見に最後に乾について問われると、
    「彼は重要な選手。出場時間も多いからエイバルで重要な選手になっている。日本人がリーガ(=スペインリーグ)にいることは良いことだ」とコメント。
    元フランス代表の世界的スターが対戦相手として警戒するとともに、乾がスペインでプレーすることを歓迎した。

     昨年11月29日にアウェーで対戦した際はレアルが2―0とエイバルに完勝。
    だが当時は1月に解任されたベニテス監督が指揮を執っており、リーグ戦ではジダン監督はエイバルの乾と初めて対戦することになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000174-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:13:14.44 ID:CAP_USER*.net

    493620157-500x332

     
    スペイン・リーガエスパニョーラのRマドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督(43)が8日、次節のホーム・エイバル戦(9日)の前日会見に出席。対戦相手、エイバルのMF乾貴士(27)について語った。

     試合会場となるサンチャゴ・ベルナベウでメディアの前に現れたジダン監督は会見に最後に乾について問われると、「彼は重要な選手。出場時間も多いからエイバルで重要な選手になっている。日本人がリーガ(=スペインリーグ)にいることは良いことだ」とコメント。元フランス代表の世界的スターが対戦相手として警戒するとともに、乾がスペインでプレーすることを歓迎した。

     昨年11月29日にアウェーで対戦した際はレアルが2―0とエイバルに完勝。だが当時は1月に解任されたベニテス監督が指揮を執っており、リーグ戦ではジダン監督はエイバルの乾と初めて対戦することになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000174-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ