サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:久保

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2017/09/01(金) 05:43:05.10 ID:CAP_USER9
    ◆2018年ロシアW杯アジア最終予選B組 日本2―0オーストラリア(31日、埼玉スタジアム2002)

    スペイン1部バルセロナ下部組織出身のFW久保建英(16)=F東京U―18=が、ロシアW杯のメンバー入りする可能性があることが31日、分かった。
    日本協会幹部が「日本の将来を考えるとロシアでは10代で入る選手が必要」と構想に入っていることを示唆。
    現在はJ3が主戦場の久保だが、今季中にJ1デビューの見込み。
    W杯のピッチに立てば、18歳で98年フランスW杯出場を果たしたMF小野伸二(現札幌)を抜き日本史上最年少の17歳。
    出場日次第では82年スペイン大会ユーゴスラビア戦に17歳41日で出場したノーマン・ホワイトサイド(北アイルランド)の最年少記録を抜く。

    久保はW杯開幕の来年6月14日は17歳10日。
    世界では10代での代表選手は少なくなく、関係者は「フランスの小野のような選手が必要」と話した。
    小野は浦和新人時代の98年、18歳で代表に抜てきされフランスW杯にも出場。
    02年日韓、06年ドイツと3大会連続で出場する代表の常連となった。
    久保がW杯メンバー23人に入らない場合は、バックアップメンバー候補となる。

    久保は5月のU―20W杯(韓国)に出場し、10月のU―17W杯(インド)への選出も確実だ。
    所属先も含めて厳しい日程が続くため、技術委員会はオーバーワークを避けるため心身の状態を見極めながら代表に招集する方針を確認済み。
    西野朗技術委員長(62)は「日本の宝。しっかり状態を把握しないと」と説明している。

    来年6月までに代表招集されれば、98年に元清水DF市川大祐氏が記録した日本史上最年少17歳322日でのA代表デビューを更新する可能性も浮上。
    日本協会では今後も、久保の成長を細かく追跡していく方針だ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000089-sph-socc
    9/1(金) 4:38配信

    続きを読む

    1: プエルトリコ ★@^^ 2017/08/30(水) 21:05:01.16 ID:CAP_USER9

    20141205-01


    31日のオーストラリア戦、勝てばワールドカップ出場権が手中に収まる。試合会場で調整を行なったFW久保裕也(ヘント)は、「しっかりやるだけ」と静かに闘志を燃やした。

     今シーズン、23歳のFWは開幕から5試合無得点と鳴りを潜めている。決定機には絡むも、シュートが入らない。「あとは決めるだけ」という状態に多少の焦りがあってもおかしくはないが、久保は「入らない時は入らないし、入る時は入る。そういう時期もあると捉えています」とあくまで平常心を貫く。

     代表に目を向ければ、定位置を確保しつつある。昨年11月のサウジアラビア戦から5試合連続でスタメン出場。3月の2連戦では2ゴール3アシストの活躍を見せた。左右と中央の3つのポジションをこなせる久保は、フィニッシャーとしても、チャンスメーカーとしても鍵を握る存在だ。迎える大一番でもゴールを期待せずにはいられない。

    「もちろん、ゴールは狙っていきたい。大舞台で得点できることは、すごいことだと思う。でも、まずはチームが勝つことが大事なので、自分がやれることをしっかりとやって、貢献できたらいい」

     久保の口調はいつもと変わらない。冷静に、普段通りのプレーをすることだけに集中する。「チャンスが来た時に、しっかりと集中して決めたい」。若きアタッカーが得点への感覚を研ぎ澄ます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00635992-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★^^ 2017/08/02(水) 08:53:00.73 ID:CAP_USER9
    クラシコ勃発か

    493620157-500x332



    “日本の至宝”をめぐり、スペインの2強が壮絶なバトルを繰り広げるかもしれない。

    ディビッド・ベッカムやネイマール、そして直近ではダニ・セバージョスなど、過去何年にもわたって移籍マーケットでの争奪戦に臨んできたレアル・マドリードとバルセロナ。多くのサッカー少年にとっては選択があまりにも困難な2つの巨大ブランドだが、FC東京の久保建英にも遅かれ早かれ決断の時が訪れようとしている。

    英紙『THE Sun』は、先日のスペイン紙『SPORT』による報道に続き、「レアル・マドリードが16歳の元バルセロナの神童タケ・クボを強奪か」と大々的に掲載。未成年選手との契約におけるバルサの規約違反により、カタルーニャとの別れを余儀無くされた久保を「アジアで最も有望な選手」と紹介し、「今やジネディーヌ・ジダン監督が彼の強奪を企んでいる」とも綴った。もちろん現在の久保はバルセロナと契約しているわけではない為、仮に彼が白いシャツを纏ったとしても、“バルサからの強奪”という格好にはならない。しかし、志し半ばでバルセロナを離れた久保は退団後も同クラブのトレーニング施設を訪れるなど、世界最高クラブとの関係性を継続。最近ではテオ・エルナンデスやセバージョスなど両チーム間での争奪戦が続いているだけに、バルセロナ側もレアルからの関心にはナーバスになっているはずだ。

    過去にはバルセロナ幹部が「退団後も常に彼の成長をチェックしている」と話すなど、日本へ帰還した後も熱視線を送り続けていることを示唆。多くの日本人サポーターは将来的なバルサ復帰を願っているが、ここにきてレアルが引き抜きを検討中となれば、久保自身も頭を悩ませていることだろう。

    レアルにはすでに13歳の中井卓大が下部組織に在籍しており、白い巨人が久保とのサインを実現した場合はサンティアゴ・ベルナベウでまさかの日本人コンビが見られるかもしれない。

    8/2(水) 0:10配信 theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00010000-theworld-socc

    写真http://www.theworldmagazine.jp/wp-content/uploads/2017/08/809cc70d016bc5f5ecb2c4a9f1b25566.jpg

    続きを読む

    1: Egg ★2017/06/04(日) 16:04:19.13 ID:CAP_USER9

    DAbKOzwXoAAoRXF


    7日のキリンチャレンジ杯・シリア戦(味スタ)、13日のW杯アジア最終予選・イラク戦(テヘラン)に向けて合宿中の日本代表は4日、千葉県内で午前練習を行い、海外組による事前合宿を打ち上げた。右アキレス腱痛のFW浅野拓磨は2日連続で宿舎で静養。バックアップメンバーのFW宇佐美貴史を含めた14選手で調整した。チームは同日午後に都内へ移動。明日5日に国内組を含めた全選手がそろう。

     練習後にはFW本田圭佑(ミラン)が取材に対応。「結果のみで言えば、1試合目は親善試合なので結果を出さなくてもいいが、リズムや雰囲気を2戦目にいい形で反映させる意味で次のシリア戦はコンディション、戦術の面でも重要になる」と、今回の2連戦が持つ意味を語った。

     10年南アフリカW杯以降、日本代表で絶対的な地位を築いてきた本田だが、昨年11月15日のサウジアラビア戦(2-1)以降は3試合連続のベンチスタート。成長著しいFW久保裕也に右ウイングの定位置を奪われた格好だ。

    「実際に僕自身、(久保)裕也にポジションを奪われている真っ只中にいる。それでも(チーム内に)競争がなさすぎると感じている。競争がもっとないといけない」

     今回の代表メンバーではGK西川周作、DF森重真人、MF清武弘嗣ら常連組が落選。MF加藤恒平ら4人が初選出となるサプライズもあり、ハリルホジッチ監督は「私は競争を生んでいる」と胸を張ったが、本田自身はまだ物足りないと考えているようだ。

     とはいえ、自分自身、久保からポジションを奪い返さなければならない立場にいることも確か。「ワクワクしながら、最初に代表に来たときの感覚に戻れている。チャレンジャー精神を持って臨みたいし、そういう精神状態にいる」と、あくまでも不敵だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-01640520-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/05/25(木) 11:09:50.30 ID:CAP_USER9
    90分を通して見れば、決定機の数は日本のほうが少し上回っている。後半、相手を押し込んでいたのも日本のほうだった。

    だが、善戦したという印象はない。後半のアディショナルタイムに追加点を奪われて0-2で敗れたが、
    0-1のままでも完敗という印象に変わりはないだろう。それくらいの差があるように感じられた。
     
    韓国で行われているU-20ワールドカップ。グループステージ初戦で南アフリカを2-1で下した日本は5月24日、ウルグアイと対戦した。
    ブラジルが5位で敗退した南米予選を1位で通過したウルグアイは、今大会の優勝候補の一角に数えられている強豪だ。

    センターフォワードのニコラス・スキアパカッセはスペインのアトレティコ・マドリーに所属するストライカー。
    大会屈指の司令塔との呼び声があるMF ロドリゴ・ベンタンクールは大会終了後にイタリアの名門、ユベントスへの移籍が決まっている。

    そんなタレント軍団が個の能力を発揮してボールを支配し、日本を圧倒してきたのかというと、そうではない。
    日本にボールを持たせておいてミスを誘おうとしたり、自陣に日本を引き込んでおいてカウンターのチャンスを虎視眈々と狙ったりしている。

    パスをつないで攻め込んでいるのは日本だから、「やれるじゃないか」と錯覚してしまうかもしれないが、それこそが、南米のチーム特有のしたたかさ、駆け引きなのだ。
    つまり、20歳以下の選手たちでも、ウルグアイはウルグアイ、なのだ。
     
    ◆先制点も突然、奪われた。
     
    前半38分、ロングフィード1本で左サイドバックの舩木翔が裏を取られ、センターバックの中山雄太がカバーに向かう。
    そこでスキアパカッセに繋がれると、中山のタックルがかわされ、冨安健洋のカバーの甲斐なく、逆サイドネットに正確に叩き込まれてしまった。
    これには中山も「立ち上がりは自分たちのほうに流れがあったのに、ワンチャンスで決められてしまった。詰めが甘かった」と反省するほかなかった。
     
    ダメ押しゴールとなった2失点目も、ウルグアイの左サイドバックであるマティアス・オリベイラがこの時間であっても
    爆発的なランニングで藤谷壮のマークを振り切り、スルーパスを受けてフィニッシュした。

    「あそこで走り抜く体力を付けないとダメだと思った」と藤谷は嘆いたが、体力というよりも判断の問題だろう。
    90分間全力でプレーする必要などなく、いつ温存して、いつ出力するか――。ウルグアイは勝負どころが分かっていたのだ。

    >>2以降につづく

    THE PAGE 5/25(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000002-wordleafs-socc

    続きを読む

    124: 名無しさん@恐縮です 2017/05/24(水) 23:08:42.16 ID:ZERs+FFM0
    no title



    しかし久保除いた最年少ランキングだけど 
    これ見たら怖いな。活躍したと言えるのが宇佐美、柿谷と阿部だけだ 

    ▼1位 
    森本貴幸 
    15歳10カ月6日 

    ▼2位 
    宮吉拓実/FW 
    16歳1カ月14日 

    ▼3位 
    呉章銀/MF 
    FC東京 
    16歳8カ月20日 

    ▼4位 
    エスクデロ競飛王/FW 
    16歳10カ月22日 

    ▼5位 
    柿谷曜一朗/FW 
    16歳10カ月23日 

    ▼6位 
    山本康裕/MF 
    16歳10カ月25日 

    ▼7位 
    阿部勇樹/MF 
    16歳10カ月30日 

    ▼8位 
    堂安律/MF 
    16歳11カ月18日 

    ▼9位 
    小松原学/FW 
    17歳9日 

    ▼10位 
    宇佐美貴史/FW 
    17歳18日

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/05/24(水) 05:50:05.03 ID:CAP_USER9
    no title


    1次リーグD組の日本は、24日の第2戦で勝ち点3で並ぶウルグアイと対戦する。23日は水原で調整し、南アフリカ戦で途中出場から決勝点をアシストしたFW久保建英(15=FC東京U―18)は戦術練習で控え組に入った。

    今回もスーパーサブとして期待されるウルグアイ戦は、今夏のセリエAユベントス入りが決まっているMFロドリゴ・ベンタンクール(19)との対決に注目が集まる。日本は勝てば、決勝トーナメント進出が決まる。

     再び「ジョーカー」として暴れる準備は出来上がった。戦術練習で控え組に入った久保は、主力組に対して直接FKをねじ込むなど好調をアピール。先輩たちに交じって居残りでFKも蹴り、笑顔で調整を終えた。初戦の南アフリカ戦では、途中出場で決勝点をアシスト。南米王者・ウルグアイとの一戦を前にしても落ち着いた口ぶりは変わらなかった。

     「守備では一丸で守って、攻撃では出場機会があれば自分のプレーをどんどん出していきたいです。前の選手なんで、毎試合、ゴールは狙っています」

     久保は韓国紙「スポーツ・ソウル」で今大会の注目選手として開幕前に取り上げられた。3選手が紹介され、フランス1部パリSGに所属するフランス代表の19歳のFWオギュスタン、そしてもう一人がウルグアイ代表のベンタンクールだった。

     今季までアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズに所属し、今夏からユベントスに加入することが決定済みだ。17年7月からの5年契約で移籍金は950万ユーロ(約11億8700万円)。インサイドハーフとして低い位置でもプレーするだけに、久保とマッチアップする可能性もある。

     そのベンタンクールがフル出場して勝利したイタリア戦は、ミーティングでチェック済みだ。久保は「非常にレベルが高い」としつつも、「レベルの高い方が緊張感がありますし、レベルの高い相手に、自分が、チームが結果を残せればレベルアップにつながると思います」と自信を漂わせながら語った。

     15歳354日で迎えるウルグアイ戦でゴールを決めれば、U―20W杯歴代最年少得点となる。勝てば、決勝トーナメント進出が決まる一戦。名門に所属する選手を敵に回しても、一歩も引くつもりはない。

     ▽日本の24日の1次リーグ突破条件 日本はウルグアイ戦(20時開始)に○で、勝ち点6とすれば決勝トーナメント(各組2位以内と3位の成績上位4カ国の計16カ国)進出が決まる。17時開始の南アフリカ―イタリア戦が△または南アフリカが○の場合はD組2位以内が確定。

    イタリアが○の場合は2位以内は確定しないが、これまでの結果から他組3位の3カ国以上が最終的に勝ち点5以下となることが確定したため、日本は3位になっても1次リーグ突破となる。△●の場合は最終戦(27日・イタリア戦)まで持ち越し。

    [ 2017年5月24日 05:30 ] スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/05/24/kiji/20170523s00002014377000c.html

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/05/23(火) 06:51:34.04 ID:CAP_USER9
    アルゼンチンの老舗が「なんて15歳だ!」と銘打ち。
    no title



     南アフリカ戦の快勝劇から一夜明け、欧米の各国メディアがこぞって取り上げたのが、決勝アシストでU-20日本代表に勝利をもたらした久保建英だ。なにをおいてもまず、その15歳という年齢に衝撃を受けたようだ。

     世界の報道機関はどう伝えたのか。いくつかの記事をピックアップして紹介しよう。

    「なんて15歳だ!」との見出しで久保を称えたのが、アルゼンチンの老舗スポーツ紙『Ole!』のインターナショナル版だ。
     
    「マシア(バルセロナの下部組織)出身のリトルボーイのパスがアジア王者の日本に勝利をもたらした。そう、彼はまだ15歳。そう、20歳以下の大会で5歳も飛び越してプレーしているのだ」と驚きをもって報じ、「福岡のバルセロナスクールで才能を見出された」と、マシア時代の写真を使い、その生い立ちを書き綴っている。
     
     ポルトガルからはスポーツオンラインの『MAIS FUTEBOL』。そのヘッドラインは「15歳のアシストが試合を決めた」で、「59分に登場するや流れを変え、すぐさまピッチ上の主人公となった」と褒めちぎった。「バルセロナで将来を嘱望されていたが、契約上の問題で日本への帰国を余儀なくされた。現在はFC東京で才能を育まれている」と記している。
     
     U-20ワールドカップのホストントリー、韓国国内でも話題沸騰。『朝鮮日報』オンラインは「背番号20のあどけない日本人選手が準備を始めると、サポーターから歓声が上がった。日本サッカー界が『天才』と呼ぶ久保建英だ。我らのイ・スンウが『韓国のメッシ』と称されるように、久保は日本で『リトル・メッシ』と呼ばれている」と説明。
     
     さらに、「所属チームはもちろん、日本のサッカー界全体が久保をサポートしはじめた。2020年の東京オリンピックを控え、さまざまな代表チームに久保を選抜してキャリアを積ませている」とした。

    『ESPN』は「(南アフリカの)守備陣を完全に欺いた」。

     日本が初戦で対戦した南アフリカのサッカー専門サイト『SOCCER LADUMA』は、「1-0とリードしてからお互いに好機があり、我らがアマジタ(U-20南アフリカ代表の愛称)はスコアをダブルにできる可能性が十分にあったが、あの時間帯に逃がし続けたのが結果的に響いた」と悔やみつつ、「15歳の久保はピッチに入るやいなや、立ちどころに才能を見せつけた。ゴールにこそ繋がらなかったが、いきなり小川に通したスルーパスは見事」と評した。
     
     そのほか、『ESPN』は堂安律の決勝点を導いた久保の折り返しを「(南アフリカの)守備陣を完全に欺いた」と伝え、『EURO SPORTS』は「日本のヤングアタッカーたちが躍動した。なかでも久保建英は15歳ながら観衆を大いに沸かせた」と報じている。
     
     先発かベンチスタートかは定かでないが、水曜日の第2戦・ウルグアイ戦でも確実に出場機会は訪れるだろう。1年前、高円宮プレミアリーグに飛び級で出場して話題をさらっていた神童は、ついに世界中のメディアの関心を集めるまでの存在となった。

    SOCCER DIGEST Web 5/23(火) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00025994-sdigestw-socc

    【サッカー】<U-20W杯>日本代表、小川&堂安のGOALで南アフリカに逆転勝利!15歳久保が決勝点を絶妙アシスト!初戦を勝利で飾る★4
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495450924/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/05/21(日) 19:10:46.29 ID:CAP_USER9
    5月21日、日本対南アフリカの一戦が行われ2-1で勝利。内山ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    小島亨介 5.5 ほとんどの時間で日本がボールを握ったため、ピンチは少ない。しかし1失点

    舩木翔 5.5 何度か積極的なオーバーラップを見せ、攻撃を活性化させた

    冨安健洋 6.5 局面で強さを見せ、失点後も浮き足立つことがなかった

    中山雄太 6 ビルドアップは安定しており、何度か縦パスを供給した。

    初瀬亮 5 ラインを揃えられず失点を招いたが、後半は思い切りよくプレー

    坂井大将 5 後半はプレーに関わる場面がやや増えたが、守備の強度が低い

    板倉滉 5 横に散らすことはできていたが、守備面で後手を踏む場面も

    三好康児 6 相手の間でボールを受け、球離れも良かった。巧みな突破も披露

    堂安律 6.5 後半はリズムを取り戻し、一列下の初瀬も活きるようになった。値千金の逆転弾を奪う

    小川航基 7 駆け引きからマーカーの前に入り込み、貴重な同点ゴールを奪った

    岩崎悠人 6.5 快速を活かす場面はなかったが、ポストプレーなど安定していた。同点弾を演出

    久保建英 7 随所に違いを見せ、日本の流れを生み出した。冷静に逆転ゴールをアシスト

    遠藤渓太 5.5 逆転に成功したチームで、主に守備で奮闘した
    原輝綺 - 出場時間短く採点不可

    内山篤監督 6.5 久保の投入で流れを引き寄せ、逆転勝利に導く。課題は短期間で修正したい

    フットボールチャンネル 5/21(日) 18:53
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00010028-footballc-socc

    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ