サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:久保




    ・食事は自炊、スーパーに毎日通う 
    ・服など、モノは全く買わない 
    ・欲しいもの 特になし 

    ─通訳はつけなかったんですか?言葉分からなかったでしょ?  
    久保 辞書見ながら喋ってました そんなもんだと思ってた 
    ─スイスではサッカー以外に何かやってますか? 
    久保 やってないすねー、やることないんで 
    ─部屋にあるテレビ、映らないですよね? 
    久保 映んないです、見ないんで 
    ─カーテンはいるんじゃないですか?w 
    久保 いります?カーテン 見えてもよくないですか? 
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@^^ 2017/03/24(金) 06:05:36.81 ID:CAP_USER9
    「とにかく前回は不甲斐ない形で終わったので、今回はしっかりチームに貢献したかった」

    現地3月23日に行なわれたロシアワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦で、久保裕也が躍動した。

    まずは13分、酒井宏樹のスルーパスを受けてペナルティエリア内に侵入すると、右足を振り抜き、GKのニアサイドを抜く貴重な先制点をゲット。
    さらに51分には右サイドからのクロスで今野泰幸のゴールをアシストし、2-0の勝利に大きく貢献した。
     
    殊勲の久保は、試合後のインタビューで「(酒井)宏樹さんから良いパス来た。意外とフリーだったので振り抜こうかと思った」と自身のゴールを振り返り、
    「とにかく前回は不甲斐ない形で終わったので、今回はしっかりチームに貢献したかった。それが出来て良かった」と続けた。
     
    久保が言う「前回は不甲斐ない形で終わった」というのは、昨年11月のサウジアラビア戦だ。
    この試合で久保はスタメンに抜擢されながらも、前半だけで負傷交代。
    不完全燃焼に終わっていた。それだけにUAE戦にかける想いは強く、1得点・1アシストという結果に手応えを感じたようだ。
     
    ただ、この1得点・1アシストに満足しているわけではない。
    「まだまだこれからなので、もっと結果を残していきたい」とさらなる結果を求めるとともに、28日に行なわれるタイ戦に向けて
    「個人的にもまたチームに貢献できるように準備していきたい」と気を引き締めていた。

    コンディションに問題がなければ、タイ戦でもスタメンが濃厚だろう。
    長らく日本代表の右ウイングは本田圭佑のポジションだったが、この若武者の台頭が"聖域"を崩しつつある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00023784-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/24(金) 3:25配信

    no title

    no title

    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg1W7mGerqUDb44nJjuQmmiw---x390-y400-q90-exp3h-pril/amd/20170324-01796720-nksports-000-5-view.jpg

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2017/01/30(月) 09:52:07.61 ID:CAP_USER9

    no title
    久保に例えられたカワセミ

     
    デビュー戦でさっそく初ゴールを挙げたゲントFW久保裕也に対し、地元メディアからも称賛の言葉が贈られている。

     25日にスイスのヤングボーイズからクラブ史上最高の移籍金350万ユーロ(約4億3000万円)でゲントに加入した久保。29日にホームで行われた首位クラブ・ブルージュ戦でいきなりスタメンに抜擢されると、後半8分に見事な直接FKで先制点を決め、2-0の勝利に貢献した。

     ベルギー『ヘット・ニウスブラット』では、久保の得点シーンを「日本の忍者が突如としてゴールを決めた! 25メートルの距離からのFKを任されたFW久保裕也は、新クラブでのデビュー戦で得点。ゲントの日本人新戦力のシュートは天才的だった」と絶賛。

     また、流れの中でも高いパフォーマンスを見せた日本人FWに対し、「久保は何度もチャンスを作っていた。ゲントの人たちにとって、久保はまるで飛んでいるカワセミのようだった。ライバルを黙らせた久保は、すでに多くのファンのハートを奪っている」と高い評価を与えている。

     久保自身も試合後にツイッター(@k15189312431y)を更新し、「チームの勝利と初ゴール決める事が出来て幸せです!まだまだこれからも頑張って行きます!」とコメント。新天地でこれ以上ない好スタートを切った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-01636346-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/26(月) 18:20:21.92 ID:CAP_USER9
    連日話題となっている15歳久保建英の活躍。彼はバルセロナのカンテラにいた頃から、NEXTメッシのひとりとして評価を受けていた。

    そんななか、バルサが興味深い映像を公開していた。リオネル・メッシのカンテラ時代のプレー集だ。

    https://www.youtube.com/watch?v=RaQvhgTu7QY



    メッシは16歳で初めてバルサのトップチームの試合に出場すると、17歳で正式なデビューを飾っている。

    メッシと久保には類似点もあるが、単純に比べるのはお門違いだろう。それでも、メッシのような飛躍を遂げるのか、今後も注目は高まりそうだ。

    http://qoly.jp/2016/12/26/messi-skills-during-barca-cantera-iks-1

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/23(金) 23:32:45.54 ID:CAP_USER9
    現在、日本で行われている「Jリーグインターナショナルユースカップ」。

    ユース年代の国際大会である同大会はJユースカップでベスト4に入ったチームの他に海外からも参加しており、長野県の2つの会場で4日間に渡って試合が行われる。

    22日、今年のJユースカップ王者であるFC東京U-18はブラジルのフィゲレンセと対戦。

    前半に2点を許す苦しい展開となったのだが、後半開始直後にあの男がやってくれた!

    46分:久保 建英(1-2)
    https://www.youtube.com/watch?v=FJ6uISO3KLw



    50分:久保 建英(2-2)
    https://www.youtube.com/watch?v=FJ6uISO3KLw



    “日本のメッシ”こと久保建英が2ゴール!

    1点目は相手のミスを突きしっかりと左足を振り抜くと、2点目はペナルティエリアの手前でボールを受け、距離のあるところからボールをファーサイドに突き刺した。

    いずれもしっかりとコースを狙ったシュートであり、思い切りの良さとシュート技術の高さが窺える。

    久保は21日に行われた松本山雅U-18戦でも2ゴールをあげており、これで2戦連続の2得点となった。

    なお、久保のゴールで2-2と追いついたFC東京であったが、この後54分、55分と立て手続き失点。最終的には3-5で敗れている。

    http://qoly.jp/2016/12/23/takefusa-kubo-2-goals-vs-figueirense-kwm-1


    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2016/12/06(火) 17:38:31.98 ID:CAP_USER9
    アルゼンチン遠征を行っているU-19日本代表は5日、ブエノスアイレスでU-19アルゼンチン代表と親善試合を行った。日本サッカー協会(JFA)が試合の内容を伝えている。

     日本はGK山口瑠伊、DF柳貴博、DF橋岡大樹、DF町田浩樹、DF浦田樹、MF長沼洋一、MF市丸瑞希、MF原輝綺、MF黒川淳史、FW和田昌士、中村駿太の11名がスターティングメンバーに名を連ねた。

     序盤から押し込まれる時間が続いた日本は13分、自陣ペナルティエリア内でDFがクリアしたボールが相手FWに当たってしまい、不運な形で先制点を献上。さらに後半立ち上がりの49分にはPKを決められてしまった。

     2点ビハインドで迎えた60分、日本は黒川と和田を下げてMF遠藤渓太と15歳のFW久保建英を投入。65分には原がミドルシュートを決めて1点差に詰め寄った。

     だが、その後は得点を奪うことができず、試合はこのまま終了。日本は1-2で敗れた。

     両者は7日にも親善試合を行う予定となっている。

    【スコア】
    U-19日本代表 1-2 U-19アルゼンチン代表

    【得点者】
    0-1 13分 失点
    0-2 49分 失点
    1-2 65分 原輝綺(日本)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00523892-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/11/06(日) 08:53:16.46 ID:CAP_USER9

    Cwe4E03UAAE7TA8


     
    「J3、FC東京U23 1-2長野」(5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場)

    FC東京U-23のFW久保建英(15)が後半開始から途中出場し、15歳5カ月1日でJリーグ最年少出場を果たした。
    シュート0本で得点はならなかったものの、パス・ドリブルで会場を盛り上げる場面もあった。
    対戦し、マッチアップする場面も多かった長野の元日本代表MF橋本英郎(37)に、久保の印象を聞いた。

    「勝てて良かったです」とまず笑顔を見せた橋本は、久保の印象を「まだ、体ができあがってない感じ。
    技術はすごい高いものがありますし、考えていることも2つ3つ先を考えながらプレーをしていた。
    なかなか、まわりとのコンビネーションだったり、久保くんのプレースタイルをチームメートも分かっていたのかな?
    と感じるところはありました」と良い点、悪い点を挙げ振り返った。

    後半開始から3トップの右で投入された久保は結果的にはシュート0本。
    ボールを足元で受けたい時にもらえなかったり、味方と距離が近くなりすぎてしまったりと、連携面で課題を残した。
    また、後半12分にあったような相手を背負ってボールキープをしようとしてつぶされてしまう“フィジカルの壁”を感じさせることもあった。
    この点は橋本も「「フィジカルで僕らが抑えにいった部分でつぶされていた部分はあった」と指摘した。

    ただ、後方からコントロールされていない速いボールが来た時に久保はぴたりとトラップ。
    こうした技術面は「見ている人も盛り上がった」と印象に残った様子だった。
    その中でもう一つ注目していたのが、二手、三手先を読んで久保がプレーしていたという点。
    久保がパスを受ける時に「直接その選手からもらおうとせず、次の選手に出してほしそうな声を出していた」と振り返り、
    「それは基本的に二つ先で久保くんがもらおうとして、次のプレーを考えて受けようとしていると思った」と感心していた。

    167センチ、60キロの久保はフィジカル面では成長途上。
    G大阪時代に、宇佐美貴史(現アウクスブルク)、家長昭博(現大宮)といったその年代の枠に収まらない有望株を見てきた橋本にとっては、
    「宇佐美とか家長が本当にすごかったので。彼らの方が体格の部分も多少ありましたし、キックの精度もすごかったので。
    今日の試合だけしか見ていないと分からなかった」と、まだまだ判断できない部分があるようだった。

    「こんだけ注目されているので、そのプレシャーの中でどれだけ自信を持ち続けて、過信にならないようにするか。
    回りの声でいい方向性をとっていけば良い状態になっていくと思います」と今後の久保の成長をサッカー人として期待した橋本。
    今日の試合そのものについては「(自分たちは)セットプレーでしか点を取れてないですけど、
    放送が流れた時に、長野が負けずに『ああ順当に勝ったな』と思ってもらえるのがすごく大事だったので」と勝利を喜んでいた。

    試合は長野が前半17分に松原がヘディングを決め先制。同32分には大島がロングスローを押し込んでリードを広げた。
    後半25分にFC東京U-23の林にヘッドを決められたが逃げ切った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12242912/
    2016年11月5日 19時36分 デイリースポーツ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@016/11/05(土) 19:25:29.27 ID:CAP_USER9
    本日行われたJ3リーグ第28節、FC東京U-23対AC長野パルセイロ戦で、久保建英がついにJデビューを果たした。

    駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場での一戦で、久保は後半から出場。得意のドリブルでチャンスを作り出すシーンもあった。

    https://www.youtube.com/watch?v=uNcWF1h2sK8



    試合のハイライト。久保の登場は1:06~。

    https://www.youtube.com/watch?v=IiW7nVq5iNU



    15歳と5カ月1日でのJデビューは史上最年少記録となった。なお、試合は2-1で長野パルセイロが勝利している。

    http://qoly.jp/2016/11/05/takefusa-kubo-vs-ac-nagano-parceiro-iks-1

    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2016/09/30(金) 00:13:51.81 0

    no title

     
    どいつもこいつも夢も希望もポジれる要素が何一つないではないか

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ