サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:中村航輔

    1: Egg ★ 2017/12/28(木) 23:45:34.08 ID:CAP_USER9
    2018年6月に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に、日本代表の評判が芳しくない。ハリルホジッチ監督は“迷将”と揶揄され、6大会連続の本大会出場は決まったが、停滞感は著しい。

     こんなとき、待たれるのは新戦力の台頭だ。海外組を招集できず国内組で臨んだ17年12月の東アジアE-1選手権。最終戦で韓国に惨敗するなど散々な結果となったが、3試合のうち2試合に先発したゴールキーパー(GK)の中村航輔(なかむら・こうすけ/柏レイソル)は、数少ない光明となった。

     韓国戦こそ存在感を示せなかったが、代表初出場・初先発となった初戦の北朝鮮戦では好守を連発し、1-0の勝利に貢献。目を引いたのはプレー以上に、その堂々としたたたずまいである。

    「緊張はまったくなかった。いつも通りプレーできた」

     試合後に落ち着き払って淡々と話す姿も、冷静さが求められるGK向きだと感じさせた。

     日本代表が自国開催以外の大会で初めてグループリーグを突破した10年W杯南アフリカ大会では、直前に大胆なメンバーの変更が行われ、正GKが楢崎正剛(名古屋グランパス)から川島永嗣(現メス/フランス)に代わったことが吉と出た。川島は現在も正GKだが、来年は35歳。ライバルは他にもいるが、多くは30歳を超えたベテランだ。

     GKは経験も重視されるだけに、若さはウィークポイントになりかねないが、中村は若さ特有の勢いと同時に、若さに似合わない安心感を漂わせる。

     趣味の将棋がここに来て大ブーム。「頭を使ったり、相手を読むのが好き」だという中村こそ、W杯ロシア大会に向けた代表活性化の切り札かもしれない。(スポーツジャーナリスト・栗原正夫)

    ※AERA 2018年1月1-8日合併号

    12/28(木) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00000054-sasahi-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@無 2016/10/04(火) 15:00:12.27 ID:CAP_USER9
    先週末に開催されたJ1全9試合の中で、唯一スコアレスドローという結果になった湘南ベルマーレ対柏レイソル戦。

    このゲームでは試合終了間際、チームを救うビッグプレーがあった。

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=133&v=Iy_xmnKnn1c



    90分、湘南はセットプレーから決定機。

    神谷優太のフリーキックからペナルティエリア内で岡本拓也が難しい体勢からボレーで合わせこれがゴールラインを割るかに思われたのだが…これに反応したのは柏GK中村航輔!

    マヌエル・ノイアーばりの反応でこれに反応し、右手一本でチームの危機を救ってみせた。横っ飛びの直前にはしっかりとステップを踏んでおり、準備の良さが生んだスーパーセーブとも言えそうだ。

    リオ五輪が終わってから、ここまで全てJ1の試合で先発フル出場を飾っている中村。そう遠くない将来、A代表に選出されていてもかしくないだろう。

    http://qoly.jp/2016/10/04/kosuke-nakamura-save-vs-shonan-bellmare

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ