サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ヴェンゲル

    1: 豆次郎 ★ 2017/11/17(金) 13:28:19.21 ID:CAP_USER9
    11/17(金) 13:26配信

    ヴェンゲル監督、ライバルチームの指揮官に“タイトル獲得法”を指南

     18日に行われるプレミアリーグ第12節で、アーセナルはトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”を戦う。大一番を前にして、アーセン・ヴェンゲル監督は敵将のマウリシオ・ポチェッティーノ監督にタイトル獲得に関するアドバイスを送った。16日付のイギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じている。

     2014年にポチェッティーノ監督が就任して以降、プレミアリーグではトッテナムに勝利したことがないヴェンゲル監督。しかし、トッテナムが2008年のリーグカップ優勝を最後にタイトルから遠ざかっているのとは対照的に、アーセナルは昨シーズンもFAカップで優勝を果たすなど、ヴェンゲル監督就任以降の21年間で17個のタイトルを獲得している。

     記者会見で「ポチェッティーノ監督は、どうすれば監督として初のタイトルを獲得できるのか?」との質問を受けたヴェンゲル監督は、自身の経験則をもとに次のようにアドバイスした。

    「自分は冷静さを保ったうえで、選手たちには重要なことに集中させるべきだ」

    「『タイトルを獲得できないんじゃないか』という不安に襲われて本来のパフォーマンスを発揮しづらくなる時期もあるが、それに打ち勝って本当に大事なことだけに集中しなければならない。タイトルのことを考え過ぎてはいけないんだ」

     なお昨シーズン、アーセナルはヴェンゲル監督就任後で初めてトッテナムより低い順位でシーズンを終えた。だが、同監督は「私はつねにチャンピオンズリーグ出場権を獲得することを優先してきた。金銭的に厳しい状況にあったときには、スタジアム建設にかかった費用を回収することがトッテナム戦よりも大事だった。私はトッテナムを過剰に意識したことはない」とコメント。ライバルチームの動向は自身にとって最大の関心事でないと強調している。

    (記事/Footmedia)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00669971-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/05/30(火) 12:47:46.53 ID:CAP_USER9
    54e2023ec7



    トニー・アダムス氏は、アーセン・ヴェンゲル監督が長期政権を築けた一番の理由はアーセナルにあり、レアル・マドリーなら即解任されていたと『ガーディアン』で語っている。

    今夏でヴェンゲル監督とアーセナルの契約は満了を迎える。続投に懐疑的な見方がされているものの、首脳陣は監督交代に踏み切らず、来シーズン以降もエミレーツ・スタジアムでの指揮を任せると考えられている。さらに、ノースロンドンで仕事を続けるために世界中のビッグクラブからのオファーを拒否したとヴェンゲル監督は話していたが、アダムス氏は異なる考えを持っているようだ。

    元アーセナル主将のアダムス氏は「彼は世界中のすべてのクラブに断りを入れたと話していた。しかしマドリーだったら1年で解任されていた」とヴェンゲル監督にビッグクラブを率いるだけの能力はないと断言した。

    続けて「そうなれば彼はさまざまなクラブを転々とせざるを得ないはずだ。アーセナルの首脳陣は特に何もしないから、彼はここで全てを掌握する権利を持っている。アーセンはこのクラブで思い通りに何でもできる。それにここでやりたいようにやってきた。アーセンは出て行かないだろう。これは何かしらの中毒だ」と、20年を超える長期政権を築けた理由はクラブにある語っている。

    さらに、アダムス氏はアーセナル指揮官が受け取っている報酬についても不満を持っているようだ。

    「それに彼は大金を稼いでいる。1年に800万ポンド(約11億円)もの報酬を受け取っているが、アーセナルのアカデミーコーチはたったの3万ポンドで、チェルシーのコーチも9万ポンドほどだ。アーセンから700万ポンドを差し引いて彼らに分ければちょうどいい。彼はその金で友人とパーティをするわけではない。なぜなら彼の友人はここにはいない。フランスに少しいる程度だ。だから少しばかり哀れに思う」

    FAカップ終了後、ヴェンゲル監督は30日か31日に去就は決定すると明かしていた。来シーズン以降もエミレーツ・スタジアムでアーセナルを指揮する同指揮官の姿を見られるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000006-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/02/16(木) 12:46:56.58 ID:CAP_USER9
    現地時間15日に行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアーセナルがバイエルンに惨敗したことを受けて、
    ファンは指揮官のアーセン・ヴェンゲル監督に退任するよう強く求めているようだ。15日付の英紙『メトロ』が報じている。

    この試合の11分にバイエルンに先制を許すも、1-1の引き分けで前半を折り返したアーセナル。
    しかし、後半になるとバイエルンの猛攻に沈み、結局5-1で惨敗。

    この結果、昨季のCLグループステージで対戦した時と同スコアで敗れたアーセナルは、CLベスト16敗退の危機に追い詰められている。

    来夏までとなっている契約をまだ延長していないことで、
    今シーズン限りで退任することになるのではないかと盛んに騒がれているヴェンゲル監督だが、試合後にはファンから退任を強く求めるコメントが殺到。

    「恥ずかしい限りだ…とは言っても予想通りの結果だった」

    「頼むから次の試合にみんなで退任を求める横断幕を持って行かないか? 俺たちの声が届かなければ、彼は契約を延長してしまう」

    「ヴェンゲル出て行け。(エバートンを率いるロナルド・)クーマン監督を連れて来てくれ。これらの役立たずではなく、才能のある選手を買い漁りに行け」

    「新しい体制になる時だ」

    などとファンはヴェンゲル監督を強烈に批判し、「#WengerOut」のハッシュタグがツイッター中を駆け巡っている。

    この結果、7シーズン連続のCLベスト16敗退が現実味を帯びてきたアーセナル。
    10ポイント差を離された首位チェルシーに追いつくことも依然として厳しい状況の中、指揮官に対して溜まり続けたファンの鬱憤が遂に爆発したようだ。

    フットボールチャンネル 2/16(木) 9:11配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170216-00010008-footballc-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170216-00010008-footballc-000-view.jpg

    続きを読む

    cdd6a0db



    アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が10月1日で就任20周年を迎えた。名古屋グランパス時代にヴェンゲルから指導を受けた経験を持つ現スポーツジャーナリストの中西哲生氏が『DAZN』のインタビューに応じ、世界的名将について語ってくれた。

    ヴェンゲルは1996年10月1日にアーセナルの指揮官に就任。以降、プレミアリーグやFAカップといったビッグタイトルを獲得して世界的名将の地位を不動のものとしている。また、ティエリ・アンリ、パトリック・ヴィエラ、セスク・ファブレガスらを世界的なプレーヤーに育て上げ、選手育成の面でも高い評価を得ている。

    就任20周年を迎え、次なる目標はマンチェスター・ユナイテッドを率いていたサー・アレックス・ファーガソン監督の27年半になる。中西氏は「ファーガソン監督を抜いてほしいか?」という質問に対し、「個人的な意見を言わせてもらうと、抜いて欲しい気持ちも当然ある」とした上で、「僕は以前、ヴェンゲルに『いつ日本代表の監督をやってくれないですか』と聞いたことがあります。その時は『60歳まではクラブチームの監督をやりたい。ただ、60歳を超えればクラブチームの監督は体の状況を見ても難しいかもしれない。その後は、代表監督をやる可能性はある』と答えていました」と回答。現在66歳のフランス人指揮官に対し、「もういま60を超えているわけですから、そろそろ日本に来てくれないかなというのが僕の本音です(笑)」と語った。

    さらに、「ヴェンゲルは本当に日本人のことを理解して、成長させてくれたし、最後は日本代表の監督というものをやって欲しい気持ちはある。まだまだ元気でまだまだ監督をやってくれると思うが、プレミアリーグもいいけど、そろそろ、日本代表の監督をやってくれませんかね、というのが本音です」と続け、再び指導者として日本に降り立つ日に期待した。

    なお、インタビューの全編は今後、『DAZN』にて放送される予定となっている。

    GOAL 10月13日 18時12分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000015-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 01:18:29.13 ID:???*.net

    720p-185472516

     
    技術のあるMFが溢れすぎていると懸念

    決定力のあるFWはどこかにいないのか。日本代表を応援する者ならば、1度や2度思ったことがあるだろう。
    欧州や南米の強豪国にはいて、日本を含むアジアにはいない。これが世界との差だと感じる人も多いはずだ。
    しかしアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、欧州にも得点力のあるFWはいないと考えているようだ。

    『ガーディアン』によると、エリートクラブの指揮官が集められるUEFA監督フォーラムにおいて、
    ヴェンゲル監督はストライカーが欧州にいないことが話題に上がったと明かした。

    「現代のストライカーの多くは南米出身者だ。欧州ではこれ以上のストライカーは生まれてこない。
    以前のスペインはセスク・ファブレガスを最前線で起用していたし、
    EURO予選のドイツもスコットランドとシンガポール相手にマリオ・ゲッツェを最前線で起用した。
    彼らは典型的なストライカーではなく、あくまで創造性のあるMFだ。
    つまり彼らのチームにはストライカーがいないんだ。欧州では誰がストライカーなんだ?」

    確かに現代サッカー界で得点力のあるFWといえば、ウルグアイ代表のルイス・スアレス、
    アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロといった南米の選手が思い付くかもしれない。
    ヴェンゲルはこうした状況を作り出した原因は育成の現場にあると語っている。

    「現代の育成は技術のある攻撃的MFを無限に作り出してしまっている。
    私はもっとアカデミーの若い世代から専門性のある選手を育成する必要があると思う。
    5~12歳の間に技術的なスキルを習得し、12~14歳でスピードとフィジカルの部分を鍛え始めていく。
    そして14歳からはポジションの特異性を学ぶ。もっと若い時期から専門的な仕事を身に付けさせるべきだろう」

    俊敏さと技術を持ち合わせた攻撃的MFは、現代サッカーには溢れている。
    日本代表では、香川真司や清武弘嗣といった人材がそれに当たる。
    彼らは日本にとっても完成品であり、育てるうえで1つのモデルとしてしまっている部分があるかもしれない。
    岡崎慎司は代表の得点源だが、岡崎のような選手を輩出しようとしているアカデミーがどれほどあるのか。
    ボールコントロールにこだわりすぎているところもあるだろう。
    点を取るというサッカーの基本中の基本にこだわる育成が求められているのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00010001-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ