サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ワールドカップ

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/07/20(木) 05:21:50.53 ID:+MucNR3NK

    fda1cbdd-1e51-4e1d-9d5b-bf6ee67c41a5

    とりあえず本田批判

    続きを読む

    1: Egg ★@^^2017/06/19(月) 06:36:31.68 ID:CAP_USER9
    no title


    サッカー日本代表FW本田圭佑(31)=ACミラン=が18日、18年ロシアW杯を自身最後のW杯と位置づけた。実質的オーナーを務めるカンボジア2部ソルティーロ・アンコールFCの新ユニホーム発表会見と合同練習を千葉市内で実施。「W杯に(これから)2回行くつもりもない。どことやろうと本気で勝つというスタンスは、次のW杯に持っていこうと思っています」と明かした。

     前回の14年ブラジル大会では「世界一」を目標に掲げ、その意識をチームメートにも求めた。ただ、ロシアへ向けては「(目標を)あえて発言する必要があるかと言われれば、スタンスを変えていこうと思っています」と断言。「ブラジルであろうとドイツであろうとスペインであろうと、やる限りは真剣に勝ちたいと思っている」という思いは今でもあるが、それを「世界一」という言葉ではなく、目の前の試合や日々の姿勢で示していく。

     3年半を過ごしたACミランを今季限りで退団。「多くのクラブが興味を示してくれている」という中で「慌てず」「最後まで粘って」と多くの選択肢の中から最善なクラブを選ぶ。「W杯へ向けて自分のすべてをぶつけたいという思いでいます。本当に後悔がないように。移籍の決断から含めて」と全力で臨んでいく。(内田 知宏)

    6/19(月) 6:06配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000332-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg t 2017/01/10(火) 23:56:57.11 ID:CAP_USER9
    世界中のサッカーファンから反発 「予選から熱狂がなくなった」

    20140627-00206111-soccerk-000-3-view



     国際サッカー連盟(FIFA)は10日の理事会にて、2026年大会よりワールドカップを48カ国に拡大することを全会一致で可決したと、FIFAメディアの公式ツイッターで発表したが、その返信欄は世界中のサッカーファンから非難の嵐となっている。

    「この愚か者ども。お前たちはワールドカップの息の根を止めた」

    「1次リーグは6-0とか7-0の試合ばかりになるのか? 冗談きついぜ」

    「予選からは熱狂がなくなったね」

     他にも親指を下に向ける絵文字や、不快感を示していることがハッキリと伝わる画像などで返信欄は埋め尽くされ、大きな反発で受け止められている。

     発表では3カ国が16のグループに分かれる組み分けになっているが、そのシステムへの批判も多く、各チームの1次リーグが2試合になることや最終戦に試合がないチームが不利という意見が見られた。また、6カ国を8グループに分ける案なども求められている。

     FIFAの決断は、世界的には行為を持って受け止められているとは到底言えない状況にある模様だ。

    Football ZONE web 1/10(火) 22:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010029-soccermzw-socc

    【サッカー】<48か国参加の2026年W杯>公平性担保のため、FIFA会長がグループリーグでPK戦導入提案!©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484060024/

    続きを読む

    8: 名無しさん@恐縮です^^/ 2016/09/01(木) 00:19:15.03 ID:gDGH5YW50
    no title


     
    ブラジルWCでも満身創痍だったのにいい加減外してやれよ 
    本戦で必要なら呼ぶでいいじゃないか
    続きを読む

    1: 47の素敵な(神奈川県)2016/05/21(土) 12:30:51.73 ID:9jWMGojf0
    日本戦でも、日本戦じゃない外国同士の試合でもおk

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 20:03:02.31 ID:CAP_USER*.net
     日本代表のG大阪FW宇佐美がセンター奪取を宣言した。

     アジア最終予選の組み合わせ決定を受け「厳しい戦いになる。
    予選を突破するメンバーに加わりたいし、その真ん中にいたい」と気合を込めた。
    B組のライバルには昨年1月のアジア杯で敗れたUAEを“指名”。
    宇佐美は同杯のメンバー外だったが「リベンジに加わりたい。
    中東らしからぬキングダムサッカー。10番の選手が王様」と分析した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000020-nksports-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 12:28:35.60 ID:CAP_USER*.net
    本田は言いたいブラジルの悔しさ忘れるな/独占取材

    eadsda


    日刊スポーツ 4月13日(水)12時3分配信

    本田圭佑(2016年3月13日=PNP)

     ブラジルで味わった悔しさを思い出せ! 日本代表FW本田圭佑(29=ACミラン)が、日刊スポーツの独占取材でW杯への枯れぬ思いを語った。12日、18年W杯アジア最終予選の組み合わせが決定。1勝もできず1次リーグ敗退した14年ブラジル大会を回顧して「W杯で勝つ基準は、あの悔しさがベースになる」と明かした。まずは、自身3度目となるW杯出場権獲得に全力を注ぐ。

    【写真】本田圭佑が離日 春を感じさせる水色のスーツ姿

     W杯へと続く道が、本格的に始まる。この日、最終予選の組み合わせが決定。前回14年大会までの本田は、世界一を公言し続けることで、周囲を感化させながら日本を引っ張ってきた。それとは対照的に18年大会を目指す今は、不言実行を貫こうとしている。決して簡単ではない最終予選を前に、最近では珍しく声を大にして思いの丈を明かした。

     本田 W杯で勝つことを、真剣に考えられている人間と、考えられていない人間。(代表内に)それぞれいますよね。真剣に考えている人は、
    W杯を経験した人しか論理的にはあり得ないと思う。でも経験していても時間とともに忘れてしまうのが人間なんです。あの悔しさ、感覚、(世界との)基準。勝つ基準というのは、あの(ブラジルの)悔しさがベースになるんです。
    忘れてしまっている人には僕がまた、病的なくらいに意識付けをしていく。

     自身3度目のW杯まであと2年2カ月。残された時間は多くない。今年6月に30歳。18年大会は、まさしく集大成のW杯になる。

     本田 日本のレベルが上がっているのは事実。代表に入るのも、欧州でレギュラーでやっているのが条件になっているから。(各選手の)所属クラブのレベルも高くなっている。でも、それじゃ足りない。それとW杯で勝つというのは比例しなかったりする。(14年)ブラジルでは勝てなかった。(10年)南アフリカの成績(ベスト16)は最低限の結果。日本は盛り上がったかも知れへんけど、あれは僕に言わしたら最低限なんです。

     もう本田は「W杯優勝」とは口にしない。あえて封印しながらも、日本を世界一に近づけようとしている。若手選手の成長が遅れていることについては「物足りない」と言う。その上でG大阪FW宇佐美や、鹿島MF柴崎らには早く欧州に出ることを勧める。

     本田 自分の環境は自分で作るもの。僕は自分の実力より、3歩先を求めるタイプやしね。でも今の(若手)選手は環境が整わないところには行かないですよね。僕が言及したいのは、そうではない。(欧州に)行って(よりよい環境を)つかむんです。そうしないと、劇的には成長しない。

     W杯経験者には「ブラジルの悔しさを忘れるな!」。未経験の若手には「劇的な成長」を求める。アジアの最終関門の先にあるロシア大会へ。最後に、こう締めくくった。

     本田 1つ言いたいのは(日本には)ポテンシャルがあるということ。その気になれば変われる。その覚悟を持てるかどうか。そこにかかっていると思う。【取材・構成=益子浩一】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000070-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:33:17.53 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    ドイツの強豪ドルトムントでプレーするMF香川真司は、今月17日に27歳の誕生日を迎え、日本代表の「顔」になるべき年齢となった。だが、このところ日本代表では停滞感ばかり漂い、24日のW杯2次予選アフガニスタン戦でも、同ポジションのライバルMF清武弘嗣(26)の4点に絡む活躍とは裏腹に何のインパクトも残せなかった。

     29日のW杯2次予選最終戦シリア戦、トップ下でスタメン出場した香川は、序盤からシュートチャンスを外し続けたが、後半21分にようやく大仕事をやった。ペナルティーエリア内でゴールに背を向けた状態で浮き球を胸トラップ。そのまま時計回りに回転しながら左足ボレー。ゴール右に決まり、シリアの選手は戦意喪失。後半41分45分にも相手GKと1対1のシュートチャンスを確実に決め2得点。試合も終わってみれば5―0のゴールラッシュ。日本は2次予選E組を1位で突破した。

     とはいえ、香川がこれで代表での不調から脱し、9月開幕のW杯最終予選に臨めるとは言い切れないようだ。サッカージャーナリストの六川亨氏がこう言う。

    「日本代表の香川は、これまでも試合ごとに天才と凡人の間を行き来し、継続して好調を維持できていません。これが、日本代表の大黒柱になれない要因のひとつです」

     相手ペナルティーエリア付近の敵味方が入り乱れた密集地帯の中で、素晴らしいファーストタッチから冷静にゴールを陥れる天才・香川。かと思うと、ボールに絡めずに焦燥感を募らせ、お膳立てからゴールまで自分でやろうとしてミスを犯してしまう凡人・香川。なぜこうも振幅が激しいのか?

    「その原因に『W杯のトラウマ』が考えられます。たとえばFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都の主軸組は『10年南アW杯16強入り』という金看板がある。しかし、香川はW杯の登録メンバーから漏れ、主力として臨んだ14年ブラジルW杯では結果を残せなかった。

    W杯での実績がないというトラウマがマイナスに作用し、香川は『ゴールもアシストも自分一人でやろうとして』自滅する場面が少なくない。香川には『常にシュートの狙える位置でゴールを意識してプレーする』という割り切りが必要――というアドバイスを送りたい」(前出の六川氏)

     香川は13年6月のブラジルで行われたコンフェデ杯のイタリア戦で同じような場所から、やはり同じような左足ボレーシュートを決めている。強豪相手のスーパーゴールは世界中から称賛され、メンタル的にひ弱い香川も

    「これを契機にひと皮もふた皮もむけるだろう」と言われたものだが、結局その後もパッとしなかった。シリア戦のゴールがイタリア戦でのゴールと酷似している分、これから香川が日本の大黒柱になれるのか、微妙と言うしかない。

    「香川完全復調」はまだ先なのか、それとも永遠にやって来ないのか――。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000017-nkgendai-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 00:53:04.98 ID:???*.net

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 09:26:38.88 ID:???.net

    no title

     
    FOCUS-ASIA.COM 8月7日(金)6時37分配信

    独立70周年、韓国人が最も誇らしかった瞬間とは・・韓国ネット「国民全員が一つになった」「また金融危機が来たら…」

    韓国・国際新聞は5日、韓国人が独立以来最も誇らしい瞬間と考えているのは「2002年韓日ワールドカップの4強進出」であるとする世論調査結果を報じた。

    記事によると、MBCが光復(独立)70周年を迎えて実施した国民認識調査では、「解放以来、最も誇らしい瞬間」に29.5%が「韓日W杯」を選んだ。2位は「1988年ソウル五輪開催」で19.0%、3位が「IMF克服、金集め運動」の6.3%だった。

    調査はMBCが世論調査会社の韓国ギャラップに委託し、一般人3000人と各分野の専門家200人を対象に実施した。

    「光復後に韓国を経済的・社会的に成長させた韓国人の良さ」を問う質問では「勤勉」が1位、「忍耐と粘り強さ」が2位になった。「大韓民国のイメージ」を問う質問では、「太極旗」「ムクゲ」「ワールドカップ」「分断国家」といった回答があった。

    一方、「韓国の国際的地位」を問う質問には、19.0%が「先進国」と回答。2005年の調査の1.9%から10倍に伸びた。

    これに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「ワールドカップはすごかった。国民全員が一つになった瞬間」

    「今の中学生は、ワールドカップが韓国で開かれたことも知らない」

    「ベスト4の実力はなかったが、精神力でがんばってくれた」

    「ワールドカップの時は泣いて喜んだ」

    「大学入学が私の人生で一番輝かしい瞬間だった。就職は、厳しそう」

    「88五輪なんて忘れてた」

    「平昌五輪は最悪の瞬間として記録される」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150807-00000006-xinhua-cn

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ